★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 305.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今後、日本で巨大地震が起これば、 311の悪夢が再現されることがほぼ確定している!(wantonのブログ)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/305.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 26 日 18:31:06: igsppGRN/E9PQ
 

今後、日本で巨大地震が起これば、311の悪夢が再現されることがほぼ確定している!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12042871459.html
2015-06-25 07:24:31 wantonのブログ


1986年4月26日のチェルノブイリ原発も
2011年3月11日の地震を起点に起こった福島第一原発も
大きな地震に誘発されてメルトダウンを起こした。
結果的に、双方とも大爆発を起こすに到った。


福島第一原発には、安全の為に冷却装置が設置されて
いたが、地震津波による電源喪失の為に冷却装置が
働かずに、大事故に到った経緯がある。


その際に、冷却用補助電源を設置していれば、
あそこまでの大事故には、到底、到らなかった。


ドイツの新聞は・・・


「3.11以前に原発の冷却用補助電源を
設置していなかった国は日本だけ。
その設置の要望を却下したのは、何と第一次安倍内閣だった。
そこから検証すべきだろう‥‥フクシマは政治的な人災、」


・・・と、その巨悪大罪を厳しく指弾している。


ところで・・・
311以降、その問題の冷却用補助電源が新たに設置される
ことになったといった報道は全く目にすることが出来ない。
これは、実に、驚くべき事実です。


つまり・・・
今現在、311以前と何も変わっていない訳です。
巨大地震が起こり、大きな津波が発生した場合、
311の悪夢が再現されることが、ほぼ確定している
という事実を誰も騒がないなんて・・・
それこそ、悪夢以外の何物ではないと感じるのは、
果たして、私だけなのでしょうか!?


何も反省しない・・・
何も学習しない・・・
何と愚かな国なのでしょうか!?


それどころか、再稼動せよの大合唱が湧き上がる始末。
愚かさを通り越して、もはや、狂人のレベルですらある。


もう一度言います。
原発は、大きな地震が起こったら、必ずメルトダウンを
起こします。
冷却装置が機能しなかったら、必ず、大爆発します。
これは、必ず覚えておいて下さい。
つまり、津波に襲われたらアウトということです。


それから、原発の天井に、通常ミサイルが着弾しても
同様のことが起こります。
冷却装置は、5階に設置されていますが、
日本の原発の天井は、極めて貧弱に出来ており、
ミサイルは、その天井を簡単に貫通してしまいます。


集団自衛権を行使した国から、常に、その危険性を
覚悟しなければならなくなる訳です。
日本の国は、一体どこまで馬鹿ぞろいなのか!?
まさに、世界最狂レベルを独走している有様。


冷却用補助電源の問題が議題に上がらないのは、
当時と今の安倍内閣の責任問題が追及されるからに
他ならない。
これこそが、国家を挙げて国民が最も騒がなければならない
最大急所の核心部分であることが分からないのであろうか!?


反原発の看板が泣いている!!!



チェルノブイリ原発事故は地震が原因だった


3号機はプルトニウムの核爆発、
4号機はミサイルで爆発された
http://www.link-21.com/earth/b06.html


1 3号機はプルトニウムの核爆発


1号機と2号機は発電プラントであるが、
3号機と4号機の原子炉はウラン濃縮プラントであり、
原子炉内には核燃料棒ではなく拡散筒が入れられていた。


これは、従来の六フッ化ウランガスを濃縮するだけではなく、
六フッ化プルトニウムガスも同時に濃縮する新型の
濃縮プラントであった。(特開2006-46967)


2011年3月11日に日本の東北を襲った地震は、
新型の濃縮プラントの原子炉を襲った。
4号機は停止中で、稼動していた3号機は地震で緊急停止した。


職員はメルトダウンが起きる心配も、使用済み核燃料ではなく、
拡散筒が入れられている燃料プールの水素発生はないと判断していた。


しかし、13日の14時に3号機の原子炉内の温度が急上昇した。
原子炉内の拡散筒を覆っていた軽水の水位は下がり、
拡散筒が高温状態になっていた。


これは、チェルノブイリ事故と同じで、地震の揺れで
拡散筒内の濃縮ウランが臨界が起こしたのである。


この臨界で原子炉内の温度が上昇し、軽水が沸騰して水素が発生する。


14日11時に、原子炉内炉内の濃縮中のプルトニウムを
包むように水素爆発が起き、炉内でインプロージョン
(爆縮型)の過早核爆発を誘発した。


原子炉はこの衝撃に耐え切れずに破壊。
核爆発による衝撃波をともなう爆発がおきた。


インプロージョン型(wikipediaから引用)


インプロージョン型(英:Implosion)または爆縮方式は、
英語のexplosion「爆発」という語のex-(外へ)という
接頭辞をin-(内へ)に置き換えた造語で、
「爆縮」はその和訳である。
爆縮方式とはその名の通り、プルトニウムを球形に配置し、
その外側に並べた火薬を同時に爆発させて位相の揃った
衝撃波を与え、プルトニウムを一瞬で均等に圧縮し、
高密度にすることで超臨界を達成させる方法である。
長崎市に投下されたファットマンで採用された。
プルトニウムは自発核分裂の確率が高く、
プルトニウム原爆は過早爆発防止の為にこの方式でのみ
実用可能となるのに対し、ウラン原爆はインプロージョン型、
ガンバレル型のどちらでも可能である。


過早爆発 (wikipediaから引用)


プルトニウム原爆において、反応材のプルトニウム240含有量が
7%を超過、爆縮が不完全、軽量化のため爆縮火薬を削減しすぎた
余裕のない設計、などの場合では、爆縮方式であっても
プルトニウム240の自発核分裂の発生する外向きの爆風が、
TNT爆縮火薬の内向きの圧力に打ち勝ってプルトニウム239の
塊が充分に核分裂を完了する前に吹き飛ばしてしまう。
この現象が過早爆発であり、プルトニウム239の一部しか
核分裂しないため、爆発力が計画値を大幅に下回ってしまう。
2006年の北朝鮮の核実験は過早爆発だったと見られている。


3号機の爆発は2回続けて起きているが、
1回目は原子炉内の水素爆発で、
二回目は、原子炉内での水素爆発で、
炉の中心にあったと思われるプルトニウムが、
インプロージョン(爆縮)により核爆発を起こした。
ただし、この核爆発は、不完全な過早爆発である。


福島第一原発では、発電プラントとしての原子炉事故と
ウラン濃縮プラントの原子炉事故が同時におきたのである。
そして、チェルノブイリ同様に、臨界を引き起こしたのは地震である。
地震による揺れで臨界が発生し、チェルノブイリでは、
拡散筒が干渉することで広島に落とされた原爆と同じ
ガンバレル型の核爆発がおきた。


これに対して、福島第一原発では、水素爆発が、
濃縮中のプルトニウムを核爆発させた長崎の落とされた
インプロージョン型の核爆と同じ爆発を引き起こしたのである。



2 4号機はミサイルで爆発された



3月11日の地震当日、4号機は原子炉圧力容器の上蓋が外され
ウラン濃縮は行われていなかった。


拡散筒には濃縮前の六フッ化プルトニウムがガス化して
充填されていたが、筒内のプルトニウムは臨界する量に
達していないので、地震の揺れで3号機のような臨界が起きなかった。


使用済み核燃料プールには、使用前の拡散筒が入っていて
燃料プールの温度上昇は起こらない。
4号機は1号機から3号機までの状況と違って危険はなかった。


しかし、この状況は、ウラン濃縮プラントである3号機が
爆発した状況で、4号機が残ることは米国と日本政府に
とってはまずい状況であった。
ウラン濃縮の施設であることが知られてしまうからだ。


日米両政府は、4号機が無傷で残った場合に、
ウラン濃縮プラントであることが知られてしまうことを恐れた。
日本の原発でウラン濃縮のOEM生産をさせていたことを
表に出すわけにはいかない。


この問題を解決するために、4号機は、沖合いに待機していた
米原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機のトマホークで
爆破されたのである。


建屋の壁にはミサイルが撃ち込まれた跡があり、
建屋内部の写真からは延焼した形跡はなく
ミサイルの爆破であることは明白である。


この、ミサイルによる爆破は日本側も知っていたはずだ。
朝6時の爆破後火災が発生するが、それまで、
事故後静観していた米軍が消火活動に参加する。


それまで、空母で静観していた海兵隊が原発事故現場に
乗り込んできたのは、爆破の跡を確認するためと、
ミサイルの残骸を収集することだったと考えるべきです。


4号機はウラン濃縮プラントであり、
破壊による証拠を隠滅するために、
米軍がミサイルを撃ち込んだのである。


--------------------------------------------------------


管理人


この記事の後半部分にも説得力がある。
米原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員の
多くが、被爆症状を発症し、その後、
東電や日本国政府に補償を求めて訴訟を起こした。


何故、あれほどまでに多数の酷い被爆患者が出たのかが
大いに謎であり疑問だった。
しかし、その全てに説明がつく。
そういう意味でも、この記事の信憑性は
非常に高い云わざるを得ない。


また、4号機の爆発映像が皆無であるのも
その謎が解けたのではないだろうか。
全て、証拠隠滅を図られた訳です。


皆さん、大きな地震と津波があれば、
また同じ巨大災害が起こると・・・
危機感を新たにして
何度も声を大にして叫ぼうではありませんか。
これが、現時点での最重要課題と考えます。


ホントに、滅びてしまいます、日本国は!



安倍晋三、チャウシェスク状態。
https://twitter.com/AmboTakashi/status/613309666047569920


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月27日 03:09:11 : aiMZAOJQqY
>4号機はミサイルで爆発された
>建屋の壁にはミサイルが撃ち込まれた跡があり、
>建屋内部の写真からは延焼した形跡はなく
>ミサイルの爆破であることは明白である。

未だに、こんなホラ話を吹聴している人間がいるのか。

4号機の隣には別の建物や排気塔が隣接している。

「外国で公開されている福島第一原子力発電所の高精細画像--(非常に鮮明です)」
(阿修羅・梵天 2011/4/3)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/430.html

こんな建て込んだところに、どこからどうやってミサイルを撃ち込んだというのか。お笑いだ。

側壁の大きな穴は、何らかの作業をするために、東電が故意に開けたものだろう。


2. 2015年6月27日 05:48:04 : v1gbxz7HNs
四号機は、日を追うにつれて壊れ方が激しくなっていった。4号機爆発のシーンだけは隠されているためいろいろ憶測を呼んでいるが、一発のミサイルで破壊されたものでなく何回も爆発を繰り返したことは明白だ。

トマホークは艦船発射型巡航ミサイルで艦載機に搭載するものではあるまい。
現に危機なんだから危機を煽るのは結構だが、正確であるべきだ。
こういうデマを飛ばしているのは原発推進放射脳の奴等だと思っているがね。
原発廃絶派をキチガイだと印象づけるレッテル貼り工作の一環だろう。


3. taked4700 2015年6月28日 11:04:04 : 9XFNe/BiX575U : Kg1MfGRqJY
>「3.11以前に原発の冷却用補助電源を
>設置していなかった国は日本だけ。
>その設置の要望を却下したのは、何と第一次安倍内閣だった。
>そこから検証すべきだろう‥‥フクシマは政治的な人災、」

まず、「原発の冷却用補助電源を設置していなかった国は日本だけ」ということが事実誤認だと思います。非常用ディーゼルエンジンは普通に設置されていたわけで、また、停電時のバックアップ用のバッテリーも原子炉建屋の地下に設置されていました。

次に、「その設置の要望を却下したのは、何と第一次安倍内閣」と言うのも、多分全くの言いがかりだと思います。「その設置の要望」とは、誰がどのような形で政府に行ったのか、まずそれがあまりにもあいまいです。内閣が却下するためにはそれなりに大きな動きでないと却下はできないので、国会で取り上げられるなどのことがないといけないと思いますが、多分、国会で「原発の冷却用補助電源を設置」の要望などされていないはずです。なぜなら、既に非常用ディーゼルエンジンは設置されていたからです。

>311以降、その問題の冷却用補助電源が新たに設置される
>ことになったといった報道は全く目にすることが出来ない。

これについても、事実誤認です。冷却用補助電源の補強はされています。実際、電源車、それも非常に強力な電源車が各原発に新たに配備され、それぞれの原発敷地内に用意されています。多分、電源車が原発敷地内に常時用意されているのは世界的にも日本だけのはずです。

なお、貞観地震という約1000年前の大地震で大津波があった可能性があると指摘されだしたのが安倍第一次内閣当時であり、その大津波対策のために堤防かさ上げの必要性があるとされ、質問書が出され、それに対して堤防かさ上げの必要性はないと安倍内閣は答えています。しかし、その当時、1000年に一度のことが起こるとは、自分も含めて大部分の人は考えていませんでした。2004年のスマトラ島沖地震で、M9レベル地震が連鎖する可能性があるということが全く話題に上っていなかったためです。スマトラ島沖地震でM9地震が連鎖するということがもっと理解されていれば、対策が講じられたはずですが、学界を含めて、世界的にその警鐘が鳴らされることがありませんでした。このことには、ある意味、不自然さがあり、世界的な誘導が、つまり、日本に於いて、M9レベル地震への備えをするなという誘導がされたのではという疑いが禁じえません。

>1号機と2号機は発電プラントであるが、
>3号機と4号機の原子炉はウラン濃縮プラントであり、
>原子炉内には核燃料棒ではなく拡散筒が入れられていた。

 これは有り得ません。日本に於いて、民間発電所が発電以外の使命を持って運営されていることは有り得ません。

>日米両政府は、4号機が無傷で残った場合に、
>ウラン濃縮プラントであることが知られてしまうことを恐れた。
>日本の原発でウラン濃縮のOEM生産をさせていたことを
>表に出すわけにはいかない。

 アメリカが日本に「ウラン濃縮のOEM生産」をさせる必要性がそもそもありません。アメリカでは日本の二倍以上の原発が動いています。アメリカ国内に原発が多数あるのに、なぜ日本の原発にOEM生産させる必要性があるのでしょうか。

>この問題を解決するために、4号機は、沖合いに待機していた
>米原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機のトマホークで
>爆破されたのである。

 これもあり得ません。
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/c8dda8182c0b4a38204c9aca37cf96fd
にある写真を見ると、記事中にある写真で、「ミサイルでできた穴」とされるのは、南側の壁です。一号機から4号機までの原発は南北に一列に海岸に沿って設置されていて、4号機は最も南側にあり、この破壊された壁は、最も外側に位置していて、海側から見れば、ほぼ直角になる位置関係です。海に面している壁に海上からミサイルを撃ち込むことは可能でしょうが、海岸に直角に位置している壁に海からミサイルを撃ち込むことはほぼ無理です。

 全体的に言って、4号機の爆発について、不自然な点が多数あるのは事実ですが、上の記事で述べられているような推測は、事態を誤らせるものでしかありません。

 福島第一原発事故は隠されていることが多々あり、4号機問題だけを取り上げても全体像は解明できないと思います。


4. 2015年6月28日 23:15:46 : fpt8itpB5Q
イスラエルのマグナBSP社の自称監視装置が全ての原発に仕込んであるのは事実で
マグナBSP社のページでも納入したことが記されている
そして、多くの人が自称監視装置とは小型水爆だろうと疑っている
(3号機の水素爆発とは本当は水爆と言いたかったのではないか)
ならば、その疑いを晴らすべく、自称監視装置の中身を公開したらいいではないか
それをしないからイスラエルが福島原発を爆破したということだ
それについてイスラエル大使館のゴイムに電話した人はこんな扱いを受けている
https://www.youtube.com/watch?v=5Fk4EQeYetA&t=15m20s

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ