★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 308.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射能被ばくの元凶はなにか? 
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/308.html
投稿者 あのに 日時 2015 年 6 月 27 日 08:24:36: xZaQXyDl16EGo
 


放射能被ばくの元凶はなにか? 

1、いま起きつつある健康被害の主役は、劣化ウラン汚染ではないだろうか?

最近、2015年5月28日のwantonのブログに、2011年3月11日に起こったチッソ市原工場の劣化ウラン火災事故の問題があって、大変興味深く読んだ。これは、wantonのブログのカレンダーの5月28日をクリックしても出てくる。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11483165983.html

あるいは、高山長州のブログの2013-05-30 、2014-04-11の記事などにある。
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/ 

ここには、2011年3月11日の千葉チッソ市原工場の劣化ウラン燃焼の問題がとりあげられており、劣化ウランは765kgではなく、じつは20トンだという情報があった。湾岸戦争時のアメリカ軍がイラクに投下した劣化ウラン弾の総量もいろいろ説があり、90トンから300トンまでいろいろあるが、それに比較できるほど、膨大な劣化ウランが千葉東京湾岸にエアロゾルとして燃焼拡散したことになる。
さらに、2012年12月にも千葉の工場火災でも、65トンの劣化ウランが燃焼焼失しており、しめて85トンの量になり、イラク戦争の劣化ウラン弾総量に比較できるほどの量になる。千葉、東京のウラン汚染密度は、まだらな分布になっているだろうが、おそらくそうとうに高いのだろう。

私は、最初から劣化ウラン汚染のことに関心があった。なぜなら、311は、イルミナティのミッションであると考えるからだ。湾岸戦争、イラク戦争は、311の予備実験だと考えていた。これを精査することは、いまのわれわれの対処を見つけることになるだろう、と。

東日本大地震の津波のゆえに福島原発は事故で爆発し、放射能をまき散らした。その内部被ばくのゆえに今多くの人は体調不良になっている、とみな考える。だが、もしイルミナティのミッションならば、けっしてそんな単純なものではありえない。ケネディ暗殺で調べたように、狙撃者は、ふつう完璧に隠される。完全犯罪よりも、はるかに完璧に隠されるのが、イルミナティのミッションなのだ。

天災を陰謀論で考えるのは、カルト板に書いてください、と原発板を守るコメンテーターからクレームがつく。しかし、もしケネディ暗殺で陰謀論で考えるのはおかしいからカルト板に書いてくださいとなれば、そのコメンテータは工作員であろう。アメリカでは、ほぼすべての国民がケネディ暗殺は陰謀であると考えているらしい。ところが、日本では、ほぼすべての国民はケネディ暗殺は陰謀ではないと考えているだろう。日本は、世界でも最たるマインドコントロールの実験国家、洗脳国家なのだ。

311が陰謀論の範疇に入るのは、たとえば最近ツイートTVで服部順治氏が拡散している島津論文の動画で理解できる。

島津論文(福島原発事故の原因)_Secret US-Israeli Nuke Transfers Led To Fukushima Blasts
https://www.youtube.com/watch?v=Se-6QCQmQmU

ここにあるように、核兵器開発の関連と原発ウイルス、スタックスネットによる福島原発爆破という島津氏の主張を見ればわかる。だが、目的が書かれていない。だれも、放射能汚染をひろげるための原発爆破と考えるわけはないので当然であり、事故のため保管核物質が爆発したということになる。
だが、放射能汚染をひろげるという人口削減政策の観点からは、福島原発爆発は、壮大なおとりのしかけである、と考えることができる。むしろこのほうが自然である。福島原発爆発とは、壮大なおとりオズワルドかもしれない。

ここで、その論をすすめれば、5月28日のwantonのブログにあるように、チッソ市原工場の劣化ウラン火災事故も、ウラン汚染を東京に、拡散させるための工作であるという視点に行き着いても不思議はない。
さらに、雨雲の上からケムトレイル機で撒いている劣化ウランの油滴濃霧という妄想にちかい私の視点にまで行き着く。だが、米軍が枯れ葉剤を撒いたことを考えれば、劣化ウランや生物兵器を撒いていても不思議はない。そんなことはない、と考えるのはオメデタイのだと思う。全世界に米軍が展開するのを米国覇権のゆえだ、というのもオメデタイのだと思う。全世界に米軍が展開するのは、表向きの理由と真の理由があるのだ。ケムトレイル機で劣化ウランや生物兵器を撒くためだと考えるのが合理的に思える。

しかし、これをカルトと言うなら、すべての自然科学ですらカルトだ。ディラックの方程式はすばらしいが、ディラックのエーテルはカルトであるというものいいと同じことになるのではないか。

この視点が、正しそうなことは、[劣化ウラン工場火災事故]とか[ウラン汚染]などと、グーグル検索しようとすると、以前書いた原発ウイルス、スタックスネットの日本人開発者のひとり、が、私のグーグル検索を、システムフリーズなどでたえず妨害してくることからわかる。かれが私のシステムにウイルスを入れて残すファイルが、スタックスネットのテンプレートと同じか、よく似ているのでこれがわかる。
東海アマが、公安がハッキングしてくると誤解しているが、これはこの男のしわざである。かれは2ちゃんねるの創設メンバーのひとりのようで、かれのチームは、女性も含めた数人を確認したことが、かってあった。いまでは、リクルートしてかなりの数の工作員がサイバー攻撃部隊なのだろう。これは、ウラン汚染に関係するサイトへの攻撃になるはずと考えるので、スペクトルを公開している東海アマのブラックアウト現象は理解できる。同様にスペクトルを公開している 原発はいますぐ廃止せよ  のサイトからは、サイバー攻撃の話は出ない。原発はいますぐ廃止せよ の管理人が工作員であるわけないので不思議ではある。雨とウランのことを書かないからなのだろうか。
同様に、wantonのブログ、高山長州のブログ が攻撃されるはずだ。wantonのブログは、なにか、書いていないなにかがあるようで、http://saigaijyouhou.com  真実を探すブログ と提携している。

東海アマのブラックアウトの記事を読んでいると、私のケースと同じである。ほぼ毎日、ハッキング行為がすでに10年以上続いているのは、CIA/NSAの監視だからであろう。東海アマは、汚染のスペクトル測定という行為のため、ハッキングにあっているわけだ。公安がこんなことするわけがない。
かれらは、CIA/NSAというより、おそらくモサドNROであろう。つまり、モサドNROが担当するUFO問題工作に関連するのが、311という人口削減政策であり、UFO問題と同一の組織モサドNROが、311の日本人被ばく政策を推進しているわけだ。なぜ、UFO問題と人口削減放射能被ばく政策が結びつくのか、いまのところわからないし、この知られざる組織モサドNROのことは、あらゆるディスインフォメーションで、完全な闇につつまれている。

これは、たとえば、TCP Monitor Plusをつかえば、グーグルのIPである1e100.netが沢山見え、そのうちのどれかはマルウエアを入れてくるIPである。場合によると1GBものファイルサイズがあることもあった。システムより大きいマルウエアだが、光ファイバーでは、苦もなく侵入してくる。
それをトレイスルートtracerouteで追跡しても、アメリカなどのCIA/NSAらしきプロキシーサイトに行くだけだ。たいていは、途中でブロックされる。ここでうまくいけば、御大があぶり出されるだろう。しかし、こんな低レベルですら、哀れな公安のスキルレベルではないようだ(笑)

ちなみに、まえ書いたと思うが接続IPは、つぎのようにして調べられる。
NetstatがわりのWindowsのTCP Monitor PlusやSysinternalsのTcpView、Nir SoftのCurrPorts (IPNet Infoを組み込んだもの)あるいは、MacのIPNetMonitorX などのTCP/IPツールで接続IPを見ればいい。TCP Monitor Plusは、ずばっと接続を切るkillことができてとても便利だ。
相手を知るためには、nmap、zenmapのポートスキャン。パケットを見るためには、Wireshark。発信元を突き止めるには、TCP/IPツールのなかのトレイスルートTracerouteというツールを使う。Whoisを使えば、ホストの情報を調べることができる。
以前はWhoisは、ホスト管理者の住所氏名から電話番号までなにもかものせていたものだ。だが、情報化社会とは、権力にとっての情報化社会であり、市民にとってはなにもわからぬように、情報が閉じられる非情報化社会なのだ。インターネットは、本来の目的、権力にとっての道具、武器としてのインターネットになりつつある。
いま、インターネットは、情報が閉じられた社会、市民にとっての非情報化社会を、いま急速にめざしている。

ついでに言うと、東海アマが、スペクトル測定で、雨のときのラドンと言っている原因のBi214は、私は劣化ウランの娘核種ではないかと思っている。つまり、雨雲の上から劣化ウランを撒いているのではないかとわたしはうたがっている。東海アマは、そんなことは信じられないので、ラドンだ、ラドンだ、地震が起こる、地震が起こる、と言っている。が、地震にならないのは、ウランだからではないか。ウランは、どうして検出されない?
この撒布されていると私には思われる劣化ウラン粉末は、なにか油滴のものでつつんで撒いているようで、雨後の水面に油膜があったりする。魚が大量死するのはこのせいかもしれないのだ。
空に、美しい環水平アークだとか、きれいな虹が見えるから地震の前兆だと言っているが、この微細な油滴濃霧ではないだろうか。

関連するかどうかわからないが、6月21日、22日のwantonのブログの記事
http://ameblo.jp/64152966/entry-12041308916.html
http://ameblo.jp/64152966/entry-12041689460.html
に、愛知西部に、219μSv/hの計測値があり、ガンマ線とベータ線の合算値だとあった。それにしても多すぎる。ベータ線は、ガンマ線より電離作用が大きく、人体に20倍くらいの被ばくになる。核種がストロンチウム90ならカルシウムに似た挙動で骨髄へ行き、白血病をおこす。プルトニウムやウランは、クリス・バズビーによれば、DNAと親和性があり、DNAを損傷するらしい。このアルファ線では、さらに被ばくは大きくなる。

ベータ線で脳神経がやられるということは、おそろしい話だ。
チェルノブイリ 人体汚染4 5
https://www.youtube.com/watch?v=g4LeI8cTgVY#t=7m32s
https://www.youtube.com/watch?v=TO0qZ4AefOg


なお、蛇足だが、wantonのブログに、たもぎ茸の抗酸化作用の記事があった。エルゴチオネインという抗酸化物質がふくまれ、ビタミンCのように分子量が小さいので腸から吸収されやすい。これは水溶性らしい。うすい濃度でスーパーオキシドを消すらしいので、続く反応をストップすることになり、ビタミンCとは、おぎない合える抗酸化物質のようである。
説明では、ビタミンEとの関連が書かれているが、ビタミンEは脂溶性であり、それゆえ生体膜で活動する抗酸化物質なのである。いっぽう、ビタミンCは水溶性のため、DNAの近傍の長寿命ラジカルの害からDNAを 守ると考えて、わたしは長年使ってきた。もちろんこれは、ミトコンドリアという活性酸素発生源からも守るわけだ。私はこの分野の知識はまるでなく、たんなる素人かんがえではあった。
この欠点はビタミンCの血中濃度は数時間ですぐ下がることだ。20時間くらい存在する長寿命ラジカルに対して、たえずビタミンCを摂る必要がある。いっぽうエルゴチオネインは、長寿命なようなので、ビタミンCとは、おぎない合う関係になるだろうし、多種な代謝に関係するビタミンCに、余力ができることになることだろう。
また、ウランというDNAと親和性のある核種の場合、アルファ崩壊で活性酸素は数十倍発生しているはずだから、長寿命なエルゴチオネインとビタミンCの併用は理想的かもしれないとおもいはじめた。またエルゴチオネイン研究会なるものもあり、ここもおもしろい。

いまの状況は、可能なかぎりの多種類のスカベンジャーを摂って電離放射線がつくる増大する活性酸素を消去しなければならない。心臓や脳がやられたら、もう修復しないからだ。
いずれにしても体内は、蓄積した放射性物質の電離放射線による膨大な活性酸素発生のため、急激な酸化ストレス状態になっているはずである。この体内の急激な酸化ストレスでは、人はある意味おだやかな農薬中毒のような状態になるだろう。それは、ショック症状を呈するはずだ。農薬を飲んだときと同じで、倒れるだろう。検査しても、酸化ストレスを測らなければ、なにも出てこないだろう。この酸化ストレスは、からだのいちばん弱点をついてくるだろう。ここで、ウランでDNAの修復機能が損傷されれば、あとはもうなんでもありの疫病のデパートになる。

イルミナティのミッション、人口削減政策、すなわち70億人の人類を5億人まで確実に削減するという、とてつもないおそろしい政策が、かんたんに目に見えるものであるはずはない。また、御用学者の言うような、たんなる机上の空論であるはずもない。これは、100%の遂行率で、現在進行形で稼働しているはずだ。

これが、おもてでは核戦争に人々の目を釘付けにする必要があるが、うらではさまざまな必殺技で、現実にわれわれを侵蝕し、殺略しているのではないか。この場合の殺略とは、数十年先のガン死などであり、それまでは医療費、保険という略奪を、されるがままに死ぬのである。だから、核戦争はおとりのオズワルドと言ったのである。そのいっかんが、魚や動物の大量死だろうと想像するが、人間に対するなんらかの人口削減政策の実施が、動物にまで波及しているとみるべきであろう。

いままでは、過去千年間イルミナティの陰謀は顕在化しなかった。あらゆる自由の圧殺があったが、今のように、ほぼ100%の洗脳状態であった。人類は家畜シープルであり、食われるがままであった。ケネディ暗殺、911、311、放射能被ばくとなって、イルミナティのミッションは、現実だと考える人も少数ではあるが出てきたのだ。

しかし、65億人を絶滅させるための、精緻に計画準備された人口削減政策が、そう簡単にわれわれに推測できるものであるはずはないのである。

それはつぎの動画スライブの 1:35:33 からでわかる。

スライブ(THRIVE Japanese)
https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

人口削減政策は、1:37:44 の表にあるように、ワクチン、ケムトレイル、GMO、戦争で行われると、スライブはいう。これにくわえて、人を死へとみちびくパイドパイパーたちは、ロックフェラー医学とロックフェラー栄養学の中にもいる。医療による人口削減とはなんという悪魔的なイルミナティらしい逆説的趣向なのだろうか。
ロックフェラー医学とは、医療行為というシステム化された屠殺術である。また
ロックフェラー栄養学では、ICRPの放射能被ばく基準値のように、いつわりのWHOの栄養所要量基準値を示してきたのだと思う。これは放射能安全神話と同じように過剰摂取危険神話でひとをおどして、栄養を制限してきたのだと私は思っている。

65億人を絶滅させるかれらイルミナティ、舞台の袖から世界をおしのびで、じっと盗み見る人々、ユダヤ国際銀行家を、65億人を絶滅させる犯罪者としてもっとあきらかにすることが必要だ。ユダヤ人に偽装したハザール人の秘密結社の陰謀を白日のもとにさらし、可視化しなければならない。

2、311の狙撃者である放射能は、どのように隠されているのか?

まず、発生場所、線種、核種、を考えよう。発生場所、福島第一原発と考えるとそれはあまりにも単純すぎる。他の可能性も考えるべきであろう。むしろ、福島第一原発ではない場所が、本命の可能性がある。ここで、浮上するのが劣化ウラン工場火災事故だ。そしてガレキ焼却がこれを隠蔽する。

そしてさらに妄想にすぎないといわれそうなのが、ケムトレイルの雨雲の上からの劣化ウラン撒布だ。だが、飛行機の乗客からの目撃報告がない。だれもが、日常的なあたりまえのものとして、ケムトレイルをみているからだろう。雨でラドンが出る、と言われるのがこれであろうか。

線種は、ふつうでは測ることのできないアルファ線核種であるウラン、プルトニウム、超ウラン元素いわゆるアクチノイド系核種が本命だろう。汚染状況が市民ではまず把握できないからだ。御用学者は、ガンマ線を測って、これらは低いので問題ありません、放射能は安全ですよ、というだろう。

以前、原発事故のころ、放射能の除去問題を調べるため、放医研から出している、「人体内放射能の除去技術」という本を購入した。これは「放射線科学」という専門雑誌に特集された記事をまとめたものらしい。
だが、そこにはウランの項目だけが、なぜか無かった。プルトニウムなどに関しては詳細なデータがあるのにだ。索引にもウランがない。いったいなぜ、ウランの情報だけが、欠落しているのだろうと、見た当時は、不思議に思ったものだ。だが、いまは、よくわかる。ウラン汚染の隠蔽であろう。

このウランというアルファ線核種は、内部被ばくでは致命的である。バズビーはプルトニウムは近くの組織はすぐ死滅するが、ウランでは、かなり後からしかガン化などが出てこないので、ウランのほうが恐ろしいといっている。DNAにつきやすく、遺伝子への悪影響があるのがウラン汚染だ。

劣化ウラン弾やウラン鉱山の汚染で、もっともポピュラーな問題のはずなのに、情報がきわめて少ないのは、情報をコントロールされ、タブーになっているテーマだからかもしれない。

ウラン被ばくは、まず腎臓を痛めるらしいし、私がいう遺伝子組み換えされた風邪とカクテルでコンタミされ、長期にわたる体調不良や発ガンにみちびかれる。ウラン汚染は、人口削減政策の本命の可能性がある。

こうして汚染の隠蔽は、アルファ線やベータ線の核種の汚染のはずで、まえ千葉市川市のチッソ市原工場の劣化ウラン燃焼事故を主とするウラン汚染であると、「核のTOKYOホロコースト」の投稿をしたと思い込んでいた。が、確かめてみると違った。3号機の爆発で飛び散ったMOX燃料のプルトニウムが、1週間かけて地球を1周し、関東上空でケムトレイルの雨で地上に落ちて3月21日に東京を汚染したという内容であった。なぜ、錯覚していたかというと、311のターゲットは、三陸海岸でも福島でもなく、東京こそがメインターゲットであるとの確信がこの記事を書いた動機であったからだ。
ここにカルト板に書くべきというコメントがあったが、たしかにイルミナティのターゲットはTOKYOに照準を合わせていた、という内容はにわかには信じがたいものであろう。

多くの人は、イルミナティを実在するものと考えず、戦争などは、アメリカ、イスラエルなどが起こすものだと考えている。こういった見えざる実体が歴史事件を起こしていたと考えるのは、抵抗があり、カルトうんぬんという言葉が出てくるのであろう。
だが、たとえば、ヘロドトスのスキタイ誌を読めば、スキタイは、この見えざる実体という戦略を自由自在に使い、強大なペルシャ軍を敗走させていたのである。いまもイルミナティは、スキタイ、ハザールのように不可視ではあるが厳然と実在する組織であり、311のミッションは、ケネディ暗殺のミッションと同様に見えざる強力なモサド工作員たちによって引き起こされたのだ、と考えている。

原子爆弾の開発史をひもとけば、記述は科学者が中心であり、科学者が作って、政治家が戦争を終わらせるために、原爆投下を行ったというおめでたい記述になる。そして、ほぼ100%すべてのひとは、この記述を信じるのである。ここには、イルミナティは、実在せず、せいぜいユダヤ国際銀行家が、まるで脇役のように舞台の袖にたたずむだけである。
「核のTOKYOホロコースト」を書いた後、チッソ市原工場の劣化ウラン燃焼のことが、あたまにあり、「核のTOKYOホロコースト」の内容は、東京のウラン汚染である、と書いたのだ、とずっと勘違いしていた。

さて、そのつぎにベータ線核種をみてみよう。ストロンチウム90やトリチウムなどである。
昨今の福島モクモクの放射能霧では、ストロンチウム90は、検出されているのだろうか?エアコンのドライ運転で集めた水の中に、ストロンチウム90が検出できるのか?そういった情報はあるか?
この、地下デブリから大量に放出する放射性水蒸気の件は、飯山一郎が警鐘をならしている。放射性水蒸気がやってくると、湿度100%になる。これには、エアコンの脱湿で対処するしかない。これは原子炉の一次冷却水が空から降ってくるという途方もない現象を体験しているわけだ。
最近皮膚の湿疹ができ、なおりにくかった。放射性水蒸気からのベータ線被ばくかな、と思っている。皮膚という外皮組織にたいしての異常だからである。

だが、かれらはこの濃霧に隠れて、劣化ウラン粉末のケムトレイル撒布を全国的に行っているのではないか、と私は妄想している。なぜなら、福島からの放射能濃霧、ストロンチウム90やトリチウムだけでは、最近あった愛知の219μSv/hの計測値を説明できない、と考えるからだ。
じっさいケムトレイルから大量に撒いている黒い粉末、土砂?を私は、望遠鏡で現実に観察しているし、雨雲の切れ目から、高空で大量に撒布するケムトレイルも見ているのである。

ずくなしの冷や水 を見ていたら2015年6月22日の記事

SOEKS測定値常時0.3μSv/hの意味するもの
http://inventsolitude.sblo.jp/article/144099667.html

アからエまでの可能性を書いている。愛知県でのウランの可能性イは、あまりに途方もないので、かれは可能性だけにとどめているように見える。2015年6月24日の記事では、高線量が11時間継続したことをラドンではと、結論。

http://inventsolitude.sblo.jp/article/145055330.html

さらに、別のよく似た埼玉県の事例について書かれていて、こちらはウランの推測か?バズビーは、関東のウラン汚染を危惧しているように見える。

http://inventsolitude.sblo.jp/article/145180647.html

この対処としては、放医研の「人体内放射能の除去技術」にはつぎのようにある。
ストロンチウム90はカルシウム剤で、トリチウムは大量の水を飲むことによる利尿効果で、人体防御する。ちなみに、ウラン、プルトニウムなどは、DTPAキレート剤で排出する。
これには、書いてないが、まえ私はスカベンジャーによって電離放射線がつくる活性酸素を消去しなければならない、と書いた。ガンについて書いたときにも述べたと思うが、問題は治療ではなく、予防なのであろう。末期ガンですら、いわゆる治療ではなく栄養とスカベンジャーなどによる予防的スタンスでおこなうことにより、いっけん不可逆的にさえ見える進行が逆転する奇跡がありうる。

DTPAキレート剤については、311直前これが、なぜか緊急に輸入可能になったという話があって、311がイルミナティのミッションの証拠のひとつだといわれたと思う。だが、その後DTPAキレート剤は治療薬として登場しなかった。だれのためのものだったか?セレブ階級だけが利用できるものかもしれない。

3、ウラン被ばくの本命は、劣化ウラン工場火災事故か、ケムトレイルか?

福島事故以後あまりにたくさん全国で劣化ウラン工場火災事故がおきたので、多くの人はいったいいくつ劣化ウラン工場火災事故がおきたのかわからないほどだろう。

この一覧表がどこにもないため、単純に、劣化ウラン工場火災事故とか劣化ウラン汚染とかをグーグル検索した。とつぜんのサイバー攻撃である。画面がフリーズした。⊘が出てマウス操作を受けつけない設定に強制操作された。
こうして、劣化ウラン工場火災事故 をしらべようとしてもその都度ハッキングされ、妨害にあって調べられないので、また期間をおいて、劣化ウラン工場火災事故の問題は、投稿しよう。

ウラン検査は、爪ミネラル検査で6000円ほどかかるが、調べられるらしい。だが、どこからきたものかわからないようにされている。
茨城は、猫飯は浜の薫り氏がスペクトル測定ができる測定器Polimasterでウラン、プルトニウム汚染を実証しているが、東京の汚染動画を見ても、核種を判別するスペクトル測定がないので、わからないのは残念ではある。日本中を行脚して、ウラン、プルトニウム汚染を調べてくれたらなあと思っている。

クリス・バズビーは、車のフィルターの塵を測定して、ウランを検出している。あるいは、東京のマンションのエアコンフィルターの塵からもウラン235を検出している。
https://www.youtube.com/watch?v=s8yDI9h1kxQ   日本語字幕
2:49 ウラン235が大量に検出された 5:26最も深刻なのがウラン235

内部被ばくに警鐘〜クリス・バズビー博士
https://www.youtube.com/watch?v=YGDM5eyRvCM
22:33 ウランは遺伝子に深刻な影響をあたえる

2011.07.17 クリス・バズビー氏(ECRR事務局長)講演会(早稲田奉仕園)
https://www.youtube.com/watch?v=UB55WfOvuks   (3:33:17)
1:36:30 チェルノブイリの被ばく症状が具体的に述べられている
1:38:33 クリスマス島の被ばく症状が具体的に述べられている
2:37:00 アルファ線核種の質問がある

4年たって見てみると、いかにクリス・バズビーが信頼できるか、よくわかる。かれを、おとしいれる破壊工作が、CIA/統一教会から行われたのはうなづける。
こうして、バズビーやヤブロコフの本は、いまわたしの聖書となっている。

最近チェルトコフの「チェルノブイリの犯罪」上という本が出た。「真実はどこに?」という映画の監督の書いた本であるが、「真実はどこに?」は、よくここまで撮れたと感動した映画であった。ここまで撮ったら、この上には不可視のユダヤ国際銀行家しかいないだろうというぎりぎりの映画であった。

同様なのが、ビルダーバーグ会議を追ったアレックス・ジョーンズの「エンドゲーム」がある。字幕付が、1から2まである。あとは英語版でみるしかない。

エンドゲーム_全人類奴隷化計画1_14日本語字幕付
https://www.youtube.com/watch?v=mMGKgFl7zPo

どうように「フクシマの犯罪」「ヒロシマ、ナガサキの犯罪」あるいは「ネオコンの犯罪」というテーマがあるだろう。「フクシマの犯罪」をもし書くなら、「医学と核権力」「黙殺という戦略」というチェルトコフの章はそっくりフクシマにもいえる。「フクシマの犯罪」では服部順治氏のツイートTVの追求する日本財団の闇がメインとなるだろう。

放射能汚染は、福島の爆発からのプルームや劣化ウラン工場火災事故、ガレキ焼却、外国の原発からだとかいろいろある。カクテルの汚染があるのが、われわれへの攻撃の証拠だと思う。攻撃が、不可視化されているわけだ。

だが、本命は雨雲の上から撒くケムトレイルからかも、と私は妄想しているのだ。ウラン汚染については、愛知の219μSv/hという線量が出たことが、ケムトレイルから撒かれる放射能を証明していると考えている。ベータ線種まで常時測っている人がいないと、この濃厚な放射能霧の存在が、わからない

これで、まだらに濃厚なホットスポットがあったということになる。これは、細菌兵器攻撃の特徴である。なにかが、空から撒かれている!
愛知県の高線量の事例では、11時間となにかが長時間滞留したことは、ケムトレイルから撒かれた油滴の放射性濃霧の可能性が高いのでは、と思う。私はこれで松本サリン事件を思い出した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月27日 10:01:32 : aiMZAOJQqY
カルト板に投稿すべき内容だな。

アルファ核種による汚染、被ばくもあるだろうが、セシウムやストロンチウムが
あちこちで大量に検出されているのだから、その影響を考えるのが第一。


2. 2015年6月27日 12:03:55 : bP6zjWU0SU
3号機と4号機のプールから大量のウランが燃焼したことは、同意できるが、残りは想像力がついていけない。ただし、陰謀が高度な政治活動としてあることは、確実だと思う。金が潤沢にあれば、たいていのことはできるし、やらない理由もない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ