★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 338.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島放射能放出により太平洋の多くが脅かされる、地球の1/3をカバーするエリア。太平洋地域は当然安全に対し懸念(ENEN
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/338.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 7 月 01 日 17:35:09: YeIY2bStqQR0.
 

(ENENews)


記事元


Officials: Much of Pacific Ocean threatened by Fukushima releases, an area covering 1/3 of globe — US: “States in region understandably concerned for safety”… “Urgent need” to assess impact on food, water — IAEA begins testing around Pacific
(国際原子力機関IAEA)関係者:福島の(放射能)放出によって太平洋の多くが脅かされている、地球の3分の1をカバーするエリア - 米国:「(太平洋)地域の(加盟)国は、当然のことながら安全に対し懸念している」... 食料、水への影響を評価する「緊急の必要性」 - 国際原子力機関IAEAは、太平洋の周りの調査を開始します


Published: June 29th, 2015 at 6:56 pm ET By ENENews
公開:2015年6月29日 18:56 ET ENENewsによる


国際原子力機関IAEAは、原発推進団体であることに注意して読んでください。訳者より


Marshall Islands Journal, Jul 18, 2014 (emphasis added): Seawater check for radioactivity… the International Atomic Energy Agency (IAEA) visited the Marshall Islands earlier this month to train local officials to sample seawater for radioactive cesium… the IAEA Project [is] called “Marine benchmark study on the possible impact of the Fukushima radioactive releases in the Asia-Pacific Region.”… During a field exercise on July 2, two sets of seawater samples were collected… The samples were collected on filter cartridges coated with chemicals that will bond to the cesium element… This is the start of monitoring Marshall Islands seawater for cesium radioactivity which will be carried out every three months…
マーシャル諸島ジャーナル、2014年7月18日(強調は記者):放射能に対する海水チェック...国際原子力機関(IAEA)は、放射性セシウムに対し海水をサンプリングする地方公務員を訓練するために、今月初めマーシャル諸島を訪れました...IAEAプロジェクトは、「アジア太平洋地域の福島の放射能放出の可能性のある影響の「海洋のベンチマーク(水準点)試験」と呼ばれ[ます]。...7月2日の野外訓練にて、海水試料2組が収集された...サンプルは、セシウム元素に結合する化学物質でコーティングされたフィルターカートリッジに収集された...これは、3ヶ月ごとに行われるセシウム放射性に対し、マーシャル諸島の海水を監視することの始まりです...



IAEA Board of Governors Meeting, Ambassador Glyn Davies, Permanent U.S. Representative to the IAEA, 2011: Today the Secretariat has presented to us a new Technical Cooperation project entitled “Marine benchmark study on the possible impact of the Fukushima radioactive releases in the Asia-Pacific Region.”… Member States in the region are understandably concerned for the safety of their marine environments. The IAEA has unique expertise to offer in helping them to assess how recent events in Japan may affect their food and water resources…
国際原子力機関IAEA理事会会議、グリン・デイヴィス大使(代表)、国際原子力機関IAEAへの永久的な米国代表、2011年:今日、事務局は我々に新たな技術協力プロジェクトを提示しました、「アジア太平洋地域における福島放射能放出の、可能性ある影響に関する海洋のベンチマーク(水準点)調査」と題します... 地域の加盟国は自国の海洋環境の安全に対し、当然のことながら懸念しています。国際原子力機関IAEAは、日本での最近の出来事が彼ら(加盟国)の食料や水資源にどの位影響を与える可能性が評価するために、彼らに援助を提供するユニークな専門知識を持っている、...


The United States fully supports this project… While the Secretariat has demonstrated admirable flexibility and agility in assembling this project quickly to meet an urgent need, we recognize… extra-budgetary resources are required… My delegation is pleased to announce that the United States will immediately make available $400,000 for this new regional, Fukushima-related project… We hope this contribution will allow the project to move forward without delay…
米国はこのプロジェクトを完全にサポートしています...事務局は、緊急の必要性を満たすため、直ちにこのプロジェクトを組み立てる際に、立派な柔軟性と俊敏性を証明している一方、...予算外の財源が必要とされている、と我々は認識します...私の代表団は、米国が直ちにこの新たな地域、福島に関連したプロジェクトに対し、40万ドルを使用可能にすると発表したことを喜んでいます...我々は、この貢献がプロジェクトの遅延なき前進を与えるように願っています...



IAEA Technical Cooperation Programme 2011–15: Marine benchmark study on the possible impact of the Fukushima radioactive releases in the Asia-Pacific Region… this radioactive contamination could be transported and circulated through the Pacific Ocean… Member States have expressed concern about the possible impact of these releases on their coastal zones… An urgent and harmonised regional approach is essential… The area potentially affected may encompass much of the Pacific Ocean, which covers one third of the area of the globe.
国際原子力機関IAEA技術協力プログラム 2011年−15年:アジア太平洋地域における福島放射能放出の可能性ある影響に関する海洋ベンチマーク(水準点)調査...この放射能汚染は太平洋を通って輸送され、循環しました...加盟国は、自国の沿岸域にこれらの放出の可能性ある影響について懸念を表明しています...緊急かつ調和のとれた地域的アプローチが不可欠です...潜在的に影響を受けた地域は、太平洋の大部分を包含しています、それは地球の面積の三分の一をカバーしています。


IAEA Coordinated Research Activities in 2014–2015 (pdf): Benchmark Ocean Models for the Dispersion and Radiological Impact of Released Radionuclides from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant – The accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant released huge amounts of radioactive substances into the Pacific Ocean. These radionuclides will be transferred and dispersed over the Pacific Ocean during the next years. There are a number of different ocean dispersion models to predict the dispersion of pollutants… and uptake in biota and to assess the potential radiation exposure to humans and the environment… The predictions can be used for recommendations for the Pacific Member States for measures with regard to seafood consumption or export or import of marine food…
国際原子力機関IAEAは2014年から2015年に研究活動をコーディネートする(PDFファイル):福島第一原子力発電所から放出された放射性核種の分散·放射線影響のベンチマーク海洋モデル - 福島第一原子力発電所の事故は、太平洋に放射性物質を大量に放出しました。これらの放射性核種には、翌年の間に太平洋を渡って転送して散乱されます。汚染物質の散乱を予測するための、沢山の異なる海洋散乱モデルがあります...生物相に取り込まれ、そして人間と環境への潜在的放射能被曝を評価します...予測は、魚介類の消費量や海洋食品の輸出・輸入に関する計測により、太平洋加盟国のための推奨値として使用することができます、...


IAEA Coordinated Research Activities in 2015 (pdf): Benchmark Ocean Models for the Dispersion and Radiological Impact of Radionuclides Released from Nuclear Power Plants in Emergency Situations… These radionuclides are being dispersed and transferred through the ocean, and numerous studies of these processes have been carried out… to predict the behaviour of the radionuclides and, further on, to estimate doses to biota and human populations… The Fukushima discharges will be used as a benchmark study for the Pacific Ocean. The simulated data will be compared with actual measurement results…
国際原子力機機関IAEAは2015年に研究活動をコーディネート(PDFファイル):緊急時に原子力発電所から放出された放射性核種の散乱および放射能の影響に対するベンチマーク(水準点)海洋モデル... これらの放射性核種は海洋を介して散乱し転送されています、そしてこれらのプロセスの数多くの研究が行われている...放射性核種の挙動を予測する、そしてさらに、生物相およびヒト集団への線量を推定します...福島流出は太平洋のベンチマーク(水準点)試験として使用されます。シミュレートされたデータは、実際の測定結果と比較されます...


See also: Paper: IAEA to monitor radioactive substances 7,000 km from Fukushima
参照:論文:国際原子力機関IAEAは福島から7000キロメートルの放射性物質を監視します
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ