★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 383.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
住民の反発を押し切り、楢葉の避難解除、9月5日実施(7/7 福島民報)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/383.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 08 日 08:25:40: igsppGRN/E9PQ
 

            会談後、避難指示解除について報道陣の質問に答える松本町長(左)と高木副大臣


住民の反発を押し切り、楢葉の避難解除、9月5日実施(7/7 福島民報)
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-5308.html
Wednesday, July 08, 2015 東京江戸川放射線


 政府の原子力災害現地対策本部長を務める高木陽介経済産業副大臣が楢葉町役場を訪れ、松本幸英町長と青木基町議会議長に説明した。

 高木氏は町外への通院バスを運行するほか、町内にある仮設スーパーの売り場を拡大すると表明。町民の飲み水への不安解消に向け、水道水の放射性物質検査を始める方針を明らかにした。住民生活の利便性向上と安全確保に向けた、これら事業の準備には2カ月程度が必要になると示唆した。

 さらに、高木氏は避難指示解除について「復興をさらに進めるためのものであり、帰還を強制するものではない」と強調した。

 これに対し、松本町長は「町民の生の声、復興の加速化を総合的に判断し(解除日を)設定した」と理解を示した。

 政府は8月のお盆前の解除方針を町側に提示。8月10日の解除を検討していた。ただ、6月に開かれた住民懇談会では出席者から「生活環境が整っていない」など反発の声が多く上がり、お盆前の解除を断念したもようだ。

 政府は近く原子力災害対策本部会議を開き、9月5日の解除を正式決定する。楢葉町の人口は約7400人で自治体単位での避難指示解除は初となる。

■通院バス運行など利便性向上図る

 楢葉町の避難指示解除に向けた住民懇談会では、町内に戻って生活するためには、医療機関や商業施設の再開が不可欠だとする意見が相次いだ。飲料水の安全性に対する不安も根強い。こうした点を踏まえて、政府は通院バス運行など3つの事業実施を決めた。

 通院バスは、JR木戸、竜田両駅発着で運行している無料バスのルートを拡充して対応する。町内と広野町の馬場医院、高野病院を結ぶ予定。運行本数を増やし、運行時間を拡大する。

 町役場に隣接する「ブイチェーン楢葉店」に肉、魚、野菜など生鮮食品コーナーを設け、品ぞろえを充実させるよう協力を求める。同店も政府の要請に応じる方向だ。店側は日曜営業や宅配サービス実施も検討するという。

 木戸ダムを水源とする水道水の放射性物質検査は、希望者を対象に実施する。

http://www.minpo.jp/news/detail/2015070723907


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月08日 11:13:43 : Ma5RZiiuic
希望者を対象に、じゃなくてやらなきゃダメでしょうが 希望者がいなければやらないのか

2. 2015年7月11日 10:40:11 : L7N7W2WKWY
原発マネーの原発立地遺棄の楢葉の避難解除より、なんの補償もない立地地域以外の福島を棄民しているほうが大きな問題。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ