★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 461.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島原発、津波予測は「可能だった」 元政府調査委メンバー証言(ロイター)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/461.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 22 日 19:18:50: igsppGRN/E9PQ
 

福島原発、津波予測は「可能だった」 元政府調査委メンバー証言
http://jp.reuters.com/article/2015/07/21/fukushima-tsunami-idJPKCN0PV11N20150721
2015年 07月 21日 19:45 JST


[福島市 21日 ロイター] - 東京電力(9501.T)福島第1原発事故をめぐって福島県の住民らが国と東電に損害賠償を求めている訴訟の第13回口頭弁論が21日、福島地裁(金澤秀樹裁判長)で開かれた。

原告側証人として出廷した都司嘉宣・元東大地震研究所准教授は、福島第1に到来しうる津波の浸水高について、事故の9年前には「(シミュレーションは)可能だった」と述べ、事前の対策は実施できたとの見解を示した。

同訴訟は約4000人の原告が参加しており、福島原発事故関連では最大規模。原告側は事故原因となった大津波襲来が予想可能だったとして、国と東電の過失の有無を争点に、放射線量レベルを原発事故以前に戻すこと、できない場合に1人当たり月5万円の慰謝料の支払いなどを求めている。

被告の国・東電側は福島第1原発への大津波は予想できなかったと主張している。

都司氏は、国の「地震調査研究推進本部地震調査委員会」が2002年7月に「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価」を策定した際、委員として参加した。

同評価では「三陸沖北部から房総沖の日本海溝寄り」の海域でマグニチュード8.2前後の「津波地震」(揺れに比べて津波の規模が大きな地震)が起きるなどと予想している。

口頭弁論で裁判官が「福島第1原発に到来し得る津波の浸水高のシミュレーショは、2002年の長期評価が出た直後に可能だったか」と質問したところ、都司氏は「可能だった」と述べた。

さらに、「事故以前に福島第1原発の敷地の高さを越える津波を伴う地震発生を予見できたという考えか」との被告代理人からの質問に対し、都司氏は「そうだ」と答えた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月22日 20:17:42 : T8XXCbPBnA
あの地域は数百年おきに大津波に襲われている。地元の人間なら神社にある記念碑や郷土伝説などで良く知っているはずだ。江戸時代から白川以北は一山百文なんて言われていたのはそのためだ。

2. 2015年7月22日 20:36:47 : tctY4BgZcg

 原告側証人として出廷した都司嘉宣・元東大地震研究所准教授
 どんな人?

     http://d.hatena.ne.jp/emiyosiki/20121207/1354890944

 福島地裁 金澤秀樹裁判長 どんな人?

   http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/eirei/E07Board/contents/E0700_006.html

      NHK と 靖国 で微妙


3. 2015年7月23日 13:07:40 : IU7a2XL1gY
福島第一原発が過酷事故に至ったのは、津波による全電源喪失ではなく、地震によって原子炉が破損したからだ。

地震の15分後には、放射能漏れは始まっていた。


4. 2015年7月24日 06:37:26 : trY2KTQMKc
>2 都司嘉宣・元東大地震研究所准教授 どんな人?

 NHK御用達の津波専門家。2011年3月11日は朝から晩までTV画面にでずっぱり。
 月刊誌文芸春秋が時々著名人同窓なるグラビアを掲載するが、かって麻布高校卒業生として 都司氏が紹介されたことがある。同級生が語るには秀才がそろう麻布でも数学の才は群を抜いていたとのこと。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ