★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 493.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
突然変異が福島で増加、昆虫の個体数が減少。調査結果は放射能の長期的な影響についての懸念を提起(ENENews)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/493.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 7 月 28 日 17:52:04: YeIY2bStqQR0.
 

記事元


Japan Reporter: Mutations have started increasing in Fukushima; Locals report insect populations are in decline — TV: “Strange things are happening to the plants and animals” living in Fukushima — Findings have raised concerns about long-term effects of radiation (VIDEO)
日本のレポーター:突然変異が福島で増加し始めています。地元の人々は、昆虫の個体数が減少していると報告する - テレビ:「奇妙な事が福島に住んでいる植物や動物に起こっています」 - 調査結果は、放射能の長期的な影響についての懸念を提起しています(動画)


Published: July 22nd, 2015 at 9:45 pm ET By ENENews
公開:2015年7月22日、午後9時45分 ET ENENewsによる



Foreign Correspondents’ Club of Japan, Jul 21, 2015 (at 39:45 in):
日本外国特派員協会、2015年7月21日(39分45秒の所で):


Jan Vande Putte, radiation safety specialist (emphasis added): The impact on wildlife is very important and largely unexplored… by the authorities so far. We have now seen last year the proof of how crucial a good understanding of the impact on wildlife is. In Chernobyl, it has been studied in detail, the impact of decreasing numbers of what we could call microorganisms, insects…
ヤン・ヴァンデ・ピュッテ、放射能安全専門家(強調は記者):野生生物への影響は非常に重要であり...大部分は、これまで当局により未調査です。我々は今、野生生物への影響の十分な理解がどの位重要であるかの証拠を、昨年見ています。チェルノブイリでは、我々が昆虫、微生物と呼び得る物の数を減少させる影響について、詳細に研究されてきた...


Question: Thank you so much. My name is (Makiko Sato?), I’m a freelancer currently working for the Korea Times. I so appreciate [your comments] about the impact on wildlife. I just visited Iitate Village and happened to meet some local photographers who are taking [photos of] already starting from this year… mutations of plants. I’ll show you the photos. I hear that the number of insects – especially cicada — the sound of cicada is decreased. It’s not only him, but Kawauchi villager and also Iitate villager says it’s true…
質問:どうもありがとうございます。私の名前は(サトウ・マキコ?)です。私は現在、韓国タイムズで仕事をしているフリーランサー(自由契約者)です。私は野生生物への影響についての[ご意見に]感謝しています。私は飯舘村を訪問しました、そして...既に今年から始まっている、植物の突然変異[の写真]を撮影している数人の地元の写真家に会いました。私はあなたにその写真を紹介します。私は虫の数が減った -特に蝉 -と聞いています- 蝉の音が減った。彼だけでなく、川内村民や飯舘村民もそれは本当だ、と言います...



Vande Putte: Insects are actually very interesting to look at… It’s extremely difficult to build a model to estimate dose to an ant or to an insect. Very little research has been done on that. There’s some causal relationship. We have in the areas where we have more radiation, we observe clearly lower amounts of insects and less decomposition of wood, for instance. That’s very clear… The full explanation of that is not available yet. We would really urge a lot more research in that area because it could also teach us something about the relationship between radiation and impact of radiation on life…
ヴァンデ・ピュッテ:昆虫は実際に見て非常に興味深いです...アリや虫への線量を推定するモデルを構築することは非常に困難です。研究は、その上に殆ど行われていません。幾つかの因果関係があります。我々はより多くの放射能のあるエリアにいます、我々は明らかに、例えば、昆虫の減少や木の腐敗が少ないのを観察します。それは非常に明確です...そのことの完全な説明は、まだ有用ではありません。我々は本当にそのエリアでより多くの研究を促すことになります、何故ならば、それはまた放射能と生命に対する放射能の影響との関係について我々に何かを教えることができるからです...



The Weather Channel (owned by NBCUniversal), Jul 20 2015: Mutant Flowers From Japan’s Fukushima Nuclear Disaster Go Viral Online — Four years after the disaster at Japan’s Fukushima nuclear power plant, strange things still are happening to the plants and animals living there. Recent years have brought reports of deformed fruit and mutant butterflies, but the latest is a remarkable photo of deformed daisies.
お天気チャンネル(NBCユニヴァーサルが所有する)、2015年7月20日:日本の福島原子力災害・ゴー・ウイルス・オンラインから、突然変異体の花 - 日本の福島原子力発電所の災害後4年、奇妙な事がまだそこに住んでいる植物や動物に起こっています。近年、変形果物および変異蝶の報道がされてきました、しかし、最新は顕著に変形したヒナギクの写真です。


Rossiya Segodnya (Russian gov’t news agency), Jul 22, 2015: … ‘mutant daisies’ found near Japan’s Fukushima Daiichi nuclear plant are… raising concerns about the long-term effects of the now four-year-old disaster, and the safety of the areas… particularly as [the] government moves to lift evacuation orders… According to gardening experts, the flowers have been afflicted by a rare condition known as “fasciation” or “cresting,” which is typical in plant life exposed to high levels of radiation… The flowers are the latest in a long list of mutated life forms reported… A recent Greenpeace evaluation of a forested area by the nuclear plant found that it would be “impossible for people to safely return to their homes,” because of how “widespread” the contamination remains… radiation levels are still ten times more than the maximum deemed safe for the public.
ロシア・セゴーニャ(ロシア政府のニュース機関)、2015年7月22日:...日本の福島第一原子力発電所の近くで見つかった「変異ヒナギク」は...今災害4周年の長期的な影響に、そして地域の安全ついて懸念が上がっている...特に[その]政府は避難命令を解除するように動いているので...ガーデニング専門家によると、花は「帯化(ファシエーション)」または「頂飾り(とさか飾り・クレスティング)」として知られている希な疾患に悩まされてきました、それは高レベルの放射能に曝露された植物生命の中で典型的なものです...その花は、報告された変異生命体の長いリストの最新のものです...原子力発電所による森林面積に対する最近のグリーンピースの評価は、「人々が安全に彼らの家に戻ることは不可能である」、と見出しました、如何に広範囲に汚染が残っているかのためです...放射能レベルは、依然として公共のために安全であると見なされる最大値の10倍以上です。


See also: Former Japan News Anchor: The mutations have begun in Fukushima; Birds blind, unable to fly — Magazine: Fukushima birds in tailspin, the proverbial canary in coalmine — Prof.: Birds with mutations found all over contaminated areas (VIDEO)
参照:元日本ニュースキャスター:突然変異が福島で始まっています。鳥は盲目で、飛ぶことができない – 雑誌:きりもみ落下する福島の鳥、炭鉱のカナリア - 教授:汚染された全てのエリアに見出される変異を持った鳥(動画)


Watch the FCCJ press conference here
ここで日本外国特派員協会FCCJの記者会見を見る
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月28日 20:16:32 : 1ioo7h1uY6
■我が家の周りから

 ばったも ちょうちょも せみも

 とんぼも 蚊も

 蜘蛛の巣もずいぶん少なくなった

 ほとんど見なくなりました!



2. 2015年7月28日 22:39:03 : CQm51lYUQo
多分蝉も鳴いてない福島
こんなとこに子供住ませるとは。

3. 2015年7月29日 00:38:21 : 9Rl1jJIGHM
当方の実家のある関西でも、外で蚊にさされなくなったとスカイプで言っていたよ。せみもまだ鳴いていないって ! 7月下旬でしょ。

関西でも放射能汚染が広がっている。

梅雨明けしたのに、曇り空。そして雨が降る。夕立じゃない。これは、福島第一原発の地下から大量の水蒸気が発生して、これが関西にまで流れ込んでいると思われる。この雨は、原発一次冷却水と同じらしい。地下にしみ込んで、せみの幼虫が全滅したとしか思えない。

かつて家庭菜園でよく見かけた、みみずもいないらしい。生き物がどんどんいなくなる。

虫を食べてた小鳥もいないとか。

静かな夏。次は人間がいなくなる。


4. 2015年7月29日 12:47:36 : hWow7NXijs
ツイッターで教えてもらった。

>Body size distributions of the pale grass blue butterfly in Japan: Size rules and the status of the Fukushima population

Wataru Taira, Mayo Iwasaki & Joji M. Otaki

研究は、2011年の福島県のヤマトシジミで観察されたサイズの縮小は、放射能汚染による環境ストレスによって引き起こされたと言う考えを支持する。

>Our study ・・・・supports the idea that the size reduction observed only in Fukushima Prefecture in 2011 was caused by the environmental stress of radioactive pollution.

http://www.nature.com/articles/srep12351


5. 2015年7月29日 18:21:31 : Y6yfiAkPdY
宇治ですが蝉はうるさいぐらい鳴いていますよ

でも郊外へ行くと蝶もトンボも少なくなったのはたしか

でも宇治はお茶畑が沢山あるから生き物たちが少なくなっているのは

放射能よりネオ系農薬のせいだと思うけどね


6. 安倍ヤラナイカ 2015年7月30日 15:49:54 : EuG0FRbnMbsR6 : QjIraSB4UA
蝉の声は聞こえ無いんですが、蝉は最近良く見かけます。
マンションの通路とかこの前は駅のホームで。
見かけるんですが、いつも仰向けになってるんですよね。
死んでるのかと思って触るとピ チピチ動いて、空に放つと元気良く飛んで行くんですが、こんな事って前からあったんでしょうか?。
教えて貰えれば有難いです。

7. 2015年8月12日 23:06:19 : CGeP68dNFc
今まで鳴いてセミの鳴かない夏って「不気味」でしかないな
福島の汚染の酷い場所はどうなんだろう?

8. [1] go4 2018年1月30日 14:01:56 : FVK6OUKxzs : 8QJU2vWv9LY[1]
横浜ですが事故後、昆虫は激減。こうもりも見なくなりました。昆虫への影響は恐竜の絶滅のようです。マスメディアはだんまりですが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ