★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 723.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島被曝による第三の死・脳腫瘍の赤ちゃんが死亡・米海軍レーガン船員は原発外のプルームに襲われた最初の人々(ENENe
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/723.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 8 月 28 日 12:46:34: YeIY2bStqQR0.
 

記事元


Attorney for US Navy Sailors: Third death from exposure to Fukushima fallout — Baby with brain cancer has died — Reporters afraid to publish stories related to case — Professor: USS Reagan sailors were first people to be hit by plume outside of plant (VIDEOS)
米海軍船員の弁護士:福島放射性降下物の被曝による第三の死 - 脳腫瘍の赤ちゃんが死亡しました –記者は症例に関連する記事を公開することを恐れる - 教授:米海軍レーガン船員は、原発外のプルームに襲われた最初の人々でした(動画)


Published: July 26th, 2015 at 11:18 pm ET By ENENews
公開:2015年7月26日、午後11:18 ET ENENewsによる



Attorney Charles Bonner, representing US service members exposed to Fukushima fallout, Jul 21, 2015 (at 10:45 in): We now have a 250+ young sailors with all kinds of illnesses, we’ve had three die. We had one of the sailors who came home and impregnated his wife. They gave birth to a little baby born with brain cancer and cancer down the spine, lived for two years, and just died in March of this year.
チャールズ・ボナー弁護士、福島放射性降下物に暴露された米国の軍務メンバーを代表します、(10分45秒の所で)2015年7月21日:我々は今、全ての種類の病気のある250人以上の若い船員を持っている、3人亡くなっている。家に帰って来て妻を妊娠させた船員の一人がいました。彼ら(夫婦)は、脳腫瘍と脊髄の癌を持った小さな赤ちゃんを出産しました、2年間生きていました、そして丁度今年の3月に死亡しました。



Q&A with Charles Bonner, Jul 21, 2015 (at 4:45 in): I was just interviewed by some reporter about this case, he said, “Now, I want to interview you about this case and the current status of your lawsuit — but, you all have won, so do I have anything to worry about? Do I have to look over my shoulder if I do this story, if I publish this story?” I said, “Yeah you do.” Because trillions of dollars do not go away easily. It’s amazing that people are afraid to even do a story on this because they’re afraid of these corporations.
チャールズ・ボナー(弁護士)のQ&A、(4分45秒の所で)2015年7月21日:私は正にこのようなケースについて数人の記者によるインタビューを受けました、彼は言いました、「今、私はこのケースについて、そしてあなたの訴訟の現状についてあなたにインタビューしたいです - しかし、あなた方は全て(の訴訟)を勝っています、ですから私が心配することは何かないでしょうか?もし私がこの話をすれば、もし私がこの話を公開すれば、私は自分の肩に目を通す必要がありますか?」と私は言いました、「ええ、そうして下さい。」数兆ドルは簡単には離れて行かないですから。人々はがこのことの話をすることさえも恐れていることは驚くべきことです、彼らはこれらの企業を恐れているからです。


Kyle Cleveland, sociologist at Temple University’s Japan Campus, published Apr 29, 2015 (at 2:00 in): Like everyone else we were seeing what was on the media. The media was very alarmist, and I think ironically, some of what were taken as an overreaction or a panic in the first couple of weeks of the crisis subsequently have been vindicated to be in some ways quite reasonable claims and worries as more information have been revealed, as gov’t reports have been written…
カイル・クリーブランド、テンプル大学ジャパンキャンパスの社会学者 2015年4月29日公開(2分の所で):他の誰もと同じように、我々はメディアであった事を見ていました。メディアは非常に人騒がせでした、そして私は皮肉にも、危機の最初の2週に過剰反応やパニックととられていた事の内の幾つかは、その後、幾つかの方法で、より多くの情報が明らかにされてきたように、非常に合理的な批判および心配事であることが立証されています、政府のレポートが書かれているような...


Those reports have demonstrated that the situation was really quite more serious at the time than certainly what the government was saying, and certainly what TEPCO was saying at the time. My starting point for my research was looking into the government’s FOIA documents. I was very surprised to see that there is a big difference within the United States government as they were trying to determine just how bad this was. And what I realized in those documents is that the Nuclear Regulatory Commission… was recommending a 50-mile (80 km)exclusionary zone.
これらのレポートは、その状況が、その時に政府が確かに言っていた事、東京電力が確かに言っていた事よりも、実際には極めてより深刻であったことを実証しました。私の研究のための出発点は、(米国)政府のFOIA(米国情報公開法Freedom of Information Act) 文書を探すことでした。どの位悪いかを判断しようとしていた際に、米国政府内では大きな差があったことが分かって、私は非常に驚きました。そして、私がそれらの文書で理解したことは、原子力規制委員会は... 50マイル(80キロメートル)排他的ゾーンを推薦していることです。


This was an stark contrast to the Japanese government’s recommendation of 30 km. And also I was very interested to see that the the US Navy Pacific Command and particularly naval reactors, was recommending a 200-mile exclusionary zone. So that’s a rather profound gap between 30 kilometers on the one hand with the Japanese government 80 km from the NRC [and] something like over 300 km for the US Navy…
これは、30キロメートルの日本政府の勧告とは対照的でした。そしてまた、私は米国海軍・太平洋軍、特に海軍が、200マイル(322キロメートル)の排他的ゾーンを推薦したのを見ることは非常に興味がありました。ですから、日本政府による30キロメートル、一方ではNRC(米国原子力規制委員会)からの80キロメートル、[と]米国海軍のための300キロメートル以上の間に、むしろ深いギャップがあります...


But ironically aside from the staff at the Daiichi plant maybe some at the very first people who were hit by the radioactive plume were sailors who run the United States Ronald Reagan Carrier Strike Group… They detected the plume at about 132 miles distance from the Daiichi plant. The FOIA documents… demonstrate that these government officials… were very concerned about the levels that they were reading. They were indicating that they were about 30 times above background levels, and that they would exceed a ‘protective action guideline’ criteria within about a 10 hour period…
しかし皮肉にも第一原発のスタッフはさておき、おそらく放射性プルームが襲った一番最初の人々数人は、米国ロナルド・レーガンのキャリアストライク・グループを実行する船員でした...彼らは第一原発から約132マイル(212キロメートル)の距離でプルームを検出しました。 FOIAアメリカ連邦政府情報公開法(The Freedom of Information Act) 文書は...これらの政府関係者は...彼らが読んでいたレベルについて非常に懸念していたこと、を示しています。彼らはバックグラウンドレベルを約30倍上回っていたことを、そして彼らは、約10時間以内に「保護行動指針」の基準を超えていたことを示しました...


The reason the US Navy had recommended a 200-mile exclusionary zone was that the Yokosuka naval base is about a 163 miles from the Daiichi plant… at the same time that the Ronald Reagan aircraft carrier was detecting the nuclear plume, the George Washington aircraft carrier which was ported down near Yokosuka was also detecting a plume and the result that they were getting were really quite alarming to them.
米海軍が200マイル(322キロメートル)の排他的ゾーンを推奨していた理由は、横須賀海軍基地が、第一原発から163マイル(263キロメートル)位であったからということでした、...ロナルド・レーガン空母が核プルームを検出したと同時に、横須賀の近くに停留していたジョージ・ワシントン空母もプルームを検出しました、そして彼らが得ていた結果は彼らに対し実際にはかなり驚くべき事でした。


Watch: Bonner’s presentation |Cleveland’s
視聴:ボナー(弁護士)の発表|クリーブランドの発表
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年8月28日 20:02:35 : qFBZAvwg0G

 あ〜〜あ どうするんだろう!!

 アメリカ人には 高額の補償をして

 日本のマスコミの発表は スル〜〜なのかな〜〜
 


2. 2015年8月30日 23:14:22 : riwgxq1iJ6
ロナルド・ダックの乗組員は本当に可哀想。無理やり命じられて、用意周到会場待機、核爆発による地震3発の被害をもろに受け、放射能をこの世でいっぱい浴びたのであるから。なぜ三陸沖に待機していたのか、その事実を公表なり暴露するなりしてほしいものだ。海上に待機して突進すれば核の放射能を浴びる。福島県人よりも多くの犠牲者が出た真実を語ってくれ。9.11と同じ海底核爆発である。このたびの中国の火災の洞穴を見て驚愕した。あの核爆発と同じものが海底で起これば、放射能を浴びるのは当然のこと。それにしても小型核爆弾の威力はすごい。恐ろしい時代になったものだ。犯人を捜してくれ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ