★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 471.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「誘導放射能」:人体に放射能がうつるのではなく、人体が放射能になるのだ!核汚染日本の再生−放射化した日本人(1)(2)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/471.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2015 年 12 月 08 日 14:38:41: I6W6mAZ85McLw
 





「誘導放射能」:人体に放射能がうつるのではなく、人体が放射能になるのだ!


みなさん、こんにちは。

以下のものは、4月24日にここにメモしておこうかと思っていたが、菅直人政府が「風評被害」だの、「放射能はうつらない」だの、訳の分からないことを言ってパニックに陥っていたので、しかるべき時期まで留保していたものである。

最近になって、「誘導放射能」のことを取り上げる人:

核汚染日本の再生−放射化した日本人
核汚染日本の再生−放射化した日本人(2)

も少しずつ出て来たので、まあちょうどいい時期だろうということで、1ヶ月ほど遅れてメモしておこう。


------------------------------
ところで、μSv 関東各地の放射能値の可視化を見たら解るだろうが、安全圏内の放射能は、0.01~0.1マイクロシーベルト/時間の程度である。

ちなみに、昨日福島原発で見つかった放射能を帯びた瓦礫から、900ミリシーベルト/時間=0・9シーベルト/時間の放射線が出ていたというニュースがあった。

高放射線量がれき発見…保安院すぐに公表せず
 経済産業省原子力安全・保安院は23日、東京電力が福島第一原子力発電所3、4号機の近くで毎時900ミリ・シーベルトに達する高放射線量のがれきを発見し、撤去したと発表した。

 これまでに確認されたがれきの放射線量は、最高でも毎時100〜200ミリ・シーベルト程度で、今回のがれきは「3号機の水素爆発と関連している可能性がある」と説明している。

福島第一原発3号機爆発 
Fukushima I Nuclear Power Plant Reactor 3 explosion


 見つかったのは、縦横が各30センチ、厚さ5センチのコンクリート片。東電が20日午後に見つけ、21日に有人の重機で鋼製コンテナに回収した。コンテナから約1メートルの距離で測った線量は、毎時1・1ミリ・シーベルトに落ちていたという。
 保安院は、コンクリート片の発見後すぐに東電から報告を受けていたが、公表していなかった。西山英彦審議官は、「今後は、分かったことはすぐに公表したい」と話している。
(2011年4月23日20時56分 読売新聞)


東海村の臨界事故では、作業員が瞬間的に10シーベルトを浴びたが、それから作業員は81日で死亡したのである(もう治療の施しようがなくなって終了のため)。
東海村JCO放射線・放射能被爆事故の惨劇!!
これは普通の人は見ない方がいいだろう。これは歴然たる事実である。

このように、生物や物体が放射能を帯びて自分も放射線を放出することを「誘導放射能」という
X線並びにγ線を照射した食品に生じる誘導放射能

 数MeVの電子線を食品に照射すると食品中に誘導放射能が発生するので,IAEAは食品照射のGMPを提案し,規制をするように促した. 前報1)でその論拠となった論文を現代の知識を基に精査した. X線による放射化を中心に調べたので報告する.

誘導放射能の評価

どうやら政府はこれを意識的に隠している。 この罪は被災者や被害者に対しても、被災者を治療する医療関係者や被災者を受け入れる地方自治体などの救済側に対してもひどい犯罪行為である。

我々が、夏に日焼けすると、紫外線や赤外線を受けて体中が火照る。その晩はずっと日焼けした状態が続き、身体が熱い。つまり、身体が浴びた放射線で励起したエネルギーを周りに放出しているのである。この場合は、放出しているものは赤外線である。

これと同じようなことが、我々が放射線を浴びた場合にも起こるのである。これが自然法則である。我々が原子・分子で出来ている以上、この現象は避けられないのである。だから、私や多くの普通の科学者たちは「早く逃げろ」、「できるだけ、離れろ」と言っているわけである。まずは遠くへ離れて、時期を待つ。自力で離れられない人たちには自衛隊や専門家によって、ロボットや無人者などを遠隔操作して救助せよとかなり早くから言っているのである。

これは、「放射能が感染する」とか、「放射能がうつる」とか、いうのではない。自らが「放射性物質になる」ということである。つまり、我々の身体を作っている原子の原子核に放射線が当たり、核分裂して他の放射性物質に変化してしまうのである。もちろん、非常に弱い放射線であれば、その誘導放射能も弱いから問題ないが、強烈なものを浴びれば、それもまた強烈になる。だから、被爆は怖いのである。

いわば、スパイダーマンのサンドマン



や、被爆した恐竜が巨大化して誕生したゴジラのようになるわけである。
ゴジラ誕生
 怪獣ゴジラの誕生というべき映画「ゴジラ」が公開されたのは、1954年11月のことだった。
 ゴジラはもともと、深海で生き延びていた約1億4000万年前の恐竜だった。それが度重なる水爆実験によって眠りからさめ、水爆エネルギーを全身に充満させた巨大怪獣となって人類に襲いかかるのであった。この怪獣は、最初に姿を現した大戸島の伝説によって「ゴジラ」と呼ばれた。
 いまさらいうまでもないが、第2次世界大戦は核兵器という怪物を生み出した。戦後世界は、アメリカとソ連(いずれこの国が存在したことも忘却されるであろう)の対抗関係を基軸に動いた。いわゆる冷戦だが、そのもとで両勢力は相互に恫喝しあうかのように核兵器開発を推進した。こうした中で起こった悲劇が1954年3月の第5福竜丸被爆事件である。アメリカが太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験により、日本のマグロ漁船第五福竜丸が被爆し、日本中に衝撃が走ったのである。日本にとってはヒロシマ・ナガサキに続く、3度目の核兵器による被害であり、これをきっかけに原水爆禁止運動が高まっていった。
 さながら核爆弾を体現したかのようなゴジラは、こうした核開発と反核のうねりのなかで登場したのである。「ゴジラ」のポスターには「水爆大怪獣」と銘打たれている。

ゴジラはビキニ島の水爆の放射能で誕生したことになっているのである。

どういうわけか、菅・仙石・枝野・岡田東電政府は、この問題をひた隠ししているように見える。しかしながら、この宇宙の中の自然現象を法律の文言のように書き換えることなど出来ようはずがないのである。なぜなら自然現象とは、この自然宇宙の中に書き込まれた法則なのであり、けっして人間の作った紙の上の文書ではないのである。

物体(物質や生物)が強烈な放射線を浴びれば、その物体自らが放射性物質化する。

これは歴然たる事実である。だれも書き換えることなど出来はしない。嘘つけば、それによって、多くの人が放射能で身体が傷つき、心が傷つくのである。

表向きの理由として「国民のパニックを恐れる」とか言っているが、どうも本当のところは「自分がパニックになるのを恐れている」のではないかと思う。それが一番困るのである。あるいは、「何か別のものを恐れている」ように見える(たぶん、これが本当のところだろう)。

日本国民はパニックにはならない。これはもう証明済みである。問題は、正確に物理的事実を伝えないと、被災者や被害者や被爆者が増えるばかりだということである。これまた物理的事実である。


「誘導放射能」:人体に放射能がうつるのではなく、人体が放射能になるのだ! Kazumoto Iguchi's blog



核汚染日本の再生−放射化した日本人


被曝治療の受け入れはしばらく中止と報告しましたが、縁があって1歳半の乳幼児と30代前半の母親を受け入れることになりました。放射化の連鎖反応対策 (放射能の感染対策)として、現地に避難者受け入れ用の小さな住居を用意、私や現地協力者を含め、被曝治療に関わるスタッフ全員が一緒に泊り込むという隔 離体制をとりました。


正直なところ、経済的にも肉体的にも大きな負担を強いられています。しかし、一人でも多くの日本人を放射能禍から救出する、できれば多くの子供たちをという方針で活動している以上、限界までやるだけやってみようと決断しました。


■現地の人が感じるラジエーション


私が現在住居を構えているフィリピンの地方都市は、日本に比べてしまえばまだまだ開発途上、言い換えれば自然環境に恵まれ、生活習慣が現代文明に毒されて いないと言えます。そして、そこに住む現地の方々の多くは、私たち日本人に比べるとはるかに研ぎ澄まされた感性を持っているようです。風の匂いで天候の変 化を予測することはもちろん、大勢の人ごみの中から瞬時に知人の顔を見分けたり、闇夜の中で僅かな光を頼りにそこに潜む小動物を捜し出すなど、彼らは当た り前のようにやってのけます。


私たち日本人避難グループも現地の方々にたいへんお世話になっているのですが、その彼らをして、遠慮がちにではありますが、次のように言われることが度々あります。


「あなたたちのそばに寄ると頭が痛くなる(人の放射化)」
「あなたたちの家に行くといつも頭が痛い(物の放射化)」


こちらフィリピンでは放射線のことを英語と同じラジエーションと呼んでいます。私たちも正直に日本からの避難者の身体が放射化し、側に近寄るとラジエー ションを浴び、感染する危険があることを伝えています。それでも彼らは献身的に私たちをサポートしてくださり、その中でも接触回数が特に多かった数名がラ ジエーションに感染してしまったことは以前お伝えした通りです。


■日本人母子の放射化レベル


人体の放射化状態は、私たちの「被曝治療」を受けることにことによって劇的に軽減することが経験的にわかっています。ですから、当初からの避難者をはじ め、不幸にして感染してしまった現地の方々についても、処置を施し危険レベルを回避することはできたのですが、今回のように新たに避難者を迎え入れるとな ると、新たな感染のリスクを背負わなければならなくなります。


元々感性の鋭い現地住民の方々はもちろん、何度も「被曝治療」を繰り返した元からの避難メンバーも、放射化状態の強弱をかなり感得できるようになりまし た。感覚的なものだけに正確に表現するのは難しいのですが、その人(あるいは物)にどれくらい近づいた時に頭痛(特に甲状腺の痛み)を感じたり、吐き気を 感じたりするのか、その接近距離で放射化の強弱をだいたい推し量ることができます。これを仮に「感覚的放射化レベル判定」と呼びます。その概念図を下図1 の@、Aに示します。


私を含むこちらの関係者の間で、この日本人母子の感覚的放射化レベルを判定したところ、母子一緒で大体2〜3mくらい、子供からの到達距離の方が母親よりも遠い、つまり子供の方がより強く放射化されているだろうという点で意見の一致を見ました(図1−B)。


写真

図1:感覚的な放射化レベルの判定(@、A)Bは新たに受け入れた日本人母子のケース


日本の皆様にはこれだけでも大きな驚きだと思いますが、実は、日本国内の知人から、「茨城県沿岸の某都市から親族が避難して来たが、5m以内に近づくと吐 き気と眩暈(めまい)がして一緒に居るのが耐えられない」、「原発被災地に入った車両に近づくと2〜30m離れていても、頭痛や首・肩の痛みが始まる」と いう報告を予め受けていたこともあり、二人の到着を戦々恐々と待っていた私たちにとっては、2〜3mという数字はむしろ「助かった」と思えるレベルだった のです。


ちなみに、子供の放射化レベルが高く感じられるのは、成長期の子供の体内に放射性物質がより多く取り込まれてしまうのが原因と考えられます。骨などに多量に取り込まれた場合、骨髄へのダメージとなり、将来に渡り白血病を発症する可能性が高まります。


■1回目の被曝治療と血液観察


強い放射化状態を放置するのは受け入れ側のリスクともなるため、母親については到着翌日に被曝治療を実施しました。1歳半の子供については、被曝治療の身体的負担に耐え切れないと判断し、長期間(半年以上)の食事療法で治すことに決定しました。


この場合、母親の体内放射能がいくら排出されても、子供からの放射を受けて再度放射化するため、母親も子供と同じ期間だけ、被曝治療を継続する必要があり ます。「身体から抜いてはまた子供から被曝する」、この繰り返しの中、徐々に母子双方の放射化レベルを下げていく、このように根気のいる治療が今まさしく 始まったことになります。


下の写真1は1回目の治療を受けた後の母親(YMさん)の血液観察写真です。赤血球の放射までは至っていませんでしたが、これまでの避難患者同様、マクロ ファージの活動量低下、赤血球の形状異常と癌細胞の発生が顕著に観察されました。癌の進行程度は比較的進んでおり、放っておけば確実に年内に甲状腺癌を発 症していたでしょう。癌の進行を完全に止めるためにはあと1〜2回の被曝治療が必要なレベルです。


写真

写真1:YMさんの血液観察写真、免疫系の低下、異常形状の赤血球、癌細胞発生など被曝特有の痕跡が認められる


YMさんは東京在住で、3月の原発事故以降、外出はほとんどせず水道水の摂取も極力控えていたとのことです。2ヶ月間も放射能の舞い降る関東内に住んでい ながらこれ位の血液状態で済んでいることから、被曝には相当注意していたことがうかがわれます。しかし、それでも被曝ダメージを避けきるに至らなかった事 実は、屋内待避やペットボトルの水を飲用する程度では、現在の放射能環境で安全に生きられないことを雄弁に語っています。


もしも被曝治療を受けなければこの母子はどうなってしまうのか?悲しい物言いになりますが、母子共に長く生きられなかったでしょう。この二人に手を差し伸 べられたことを神に感謝すると同時に、日本に残る多くの罪無き子供たちに更なる救済が与えられるよう強く祈るばかりです。


 * * *


核汚染日本の再生−放射化した日本人 (新) 日本の黒い霧より以上一部抜粋





核汚染日本の再生−放射化した日本人(2)


前回の記事「放射化した日本人」で、日本から避難してきた母子(YMさん)について報告をさせていただきました。この親子に続いて、現在受け入れている別の家族の身内の方が1名避難して来ましたので、この方の状況について簡潔にお知らせします。


■予想を超えた放射化レベル


この方(ANさん)は50代後半、千葉県八千代市に住んでいる主婦の方です。現在こちらに居る家族とは4月上旬に一緒にフィリピンに避難していたのですが、日本での所要がまだ終わっていないという理由で、治療を受けず4月半ばに日本へ帰国しています。


今月9日に再びフィリピンに到着し、隔離部屋が空くのをホテルで数日待っていただいてから被曝治療に入りました。治療前に感覚的放射化レベル(前回の記事を 参照)をスタッフで測定したところおよそ6〜7m。前の患者さんであるYMさん親子の倍以上の到達距離です。例えて言うなら玄関の外に立たれると、室内の 炊事場で水仕事をしているスタッフが頭痛を起こすという、強烈な放射レベルです。治療前に本人と机越しに打ち合わせをしましたが、その時も甲状腺付近に絶 えず感じる鈍くて重い頭痛に私も苦しみました。


■放射化し発光する血液


ANさんに1回目の被曝治療を実施した後、すぐに血液を観察したところ、これまで見たこともない状態にスタッフ一同が唖然としました。何はともあれ、下記の写真映像をまずご覧ください。


写真

写真1:ANさんの血液、放射化し強く発光する血液と、放射光の干渉縞上方にあるのは異常赤血球を取り込み活動を停止したマクロファージ


写真

写真2:ANさんの血液、バラバラになったマクロファージ赤血球の形状異常も激しく、癌細胞の出現サインも見える


赤血球の放射化現象は、他の避難者の血液からもこれまで観察されていましたが、ANさんの場合はそれと比べても桁違いです。赤血球が顕微鏡のバックライト を浴びて強烈に放射光を発しているだけでなく、他の赤血球が出す放射光と干渉して、観察映像全体に光の干渉縞が現れています(写真1)。放射能による血液 の放射化は明らかです。


更に私たちの目を奪ったのは、バラバラに粉砕されたマクロファージの断片です(写真2)。マクロファージは血液中のゴミや異常細胞を処理する血液中の掃除屋的存在ですが、そのマクロファージがこのように見事に破壊された状態を見たのは私も初めてです。


被曝患者のマクロファージは概して活動量が低下し、血中でその機能を失うことが多いのですが、その原因として、放射化した赤血球(=異常な赤血球)を取り 込んだ場合に、その異常赤血球から発せられる放射線によって、マクロファージの処理機能が低下させられてしまうことがわかっています。しかし、今回のケー スで、一定レベル以上の放射線を受けると、マクロファージの構造自体が破壊されることがはっきりと確認されたのです。


■関東地方で今起きていること、再び


赤血球の放射化とマクロファージの活動量低下、この他、ANさんの血液観察で認められたのは、免疫機能の低下、多量の異常赤血球の発生とお決まりの癌細胞 の発生です。癌に関してはかなり悪化しており、進行を止めるにはあと数回の被曝治療が絶対に必要なレベルと判定されます。


ANさんは、日本での生活で身体の異常や、日常生活の異変を特に感じることはなかったと言ってます。むしろ、日本での生活は平穏そのものだったとも私たち に語っていました。しかし、ANさんの血液を見る限り、ANさんの健康状態は重症癌患者一歩手前のそれとほとんど変わらないレベルにまで悪化しています。 癌患者が重症化するまで癌に冒されていることに気が付かないように、放射能による身体の侵食は、どうやら静かに潜行する性質を有するようです。


私が心配するのは、東北・関東地方に住む日本の皆様の健康状態です。YMさんもANさんも普通にそこに暮らしていた人たちです。そして、程度の差こそあ れ、その二人に共通した被曝ダメージが認められました。二人の血液状態を見て、同地域に住む方々の健康に関する将来予測を、更に悪い方向へ修正しなくては ならなくなりました。それは、


 既に癌などの重大疾病があれば余命数ヶ月、これまで病気がない人で余命3年以内


という非常に厳しいものです。この予測を東北・関東地方に住むおよそ6千万人の方々に向けて発信しなければならない私の心中を、読者の皆様、どうかお察し ください。皆様を救済できるのは、私の知る限り、私たちの「被曝治療」だけですが、これだけの人数を助けるには、私たちは余りにも非力であると認めざるを 得ません。


 * * *


核汚染日本の再生−放射化した日本人(2) (新) 日本の黒い霧より以上一部抜粋



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ステン[22] g1iDZYOT 2015年12月08日 16:14:25 : kXe4SWCDeQ : b8GeeCbCV68[7]
Cs137を使った上記論文では100kGy=100000Svの吸収線量と書かれている
どれくらいの時間をかけたかは分からなかったが、ベーコンや牛肉が相手なので1ヶ月を超すことはないと思う
1ヶ月だとしても100Sv/hを超すので気にしなくていいレベルだろう

2. 2015年12月08日 18:04:22 : NryfDkMgcQ : iIlTnN5UBpE[7]
ここに書かれているような「放射化」はあり得ません。
非科学的でナンセンスです。
仮にもしそのような「放射化」があるのであれば、憶測を論じるより、測定して数値を出せば一目瞭然のはずです。

もちろんここに書かれているようなこととは別に、極めて微少の「放射化」(たとえば骨のカルシウムが放射性セシウムに入れ替わってしまうなど)はありますが、放射線は距離の事情に反比例して減衰するので、隣の人に届くレベルになるとは考えられません。
あったとしてもせいぜい、自分の隣ありりの細胞に届く程度の問題でしょう。

>「あなたたちの家に行くといつも頭が痛い」
のような現象が実際にあり、また仮にもしそれが放射能が原因なら、それは「放射化」が原因ではなく、放射能汚染された汚染物質が存在し、汚染物質に近づいたのが原因だと思います。


3. 2015年12月08日 20:24:51 : akbeY2fmfk : rODC330xAiA[1]
誘導放射能って言う言葉はあるけど、人体が放射能になるってどういう意味かな。

多分、人体が放射化するってことだと思うけど、人体が放射化したら人は人でいられなくなるから治療も不可能だよ。

事故直後に放射化した人がいなかったとは言わないけど、とっくの昔にお亡くなりだよ。


4. お天道様はお見通し[88] gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1 2015年12月08日 20:42:51 : Zj86tRm9gk : QuCPXA1SZXc[1]

なるほど、だから突然死なんて言うのも、血液レベルではもう、かなり病んでいる状態なのでしょう。 

中央構造線から北海道に至る広域東日本に、あなたが311以降、そこに、恒常的に住まいされているのであれば、血液をみてもらう必要があるのでしょうね。


外見は健康的に見えても血液は問題の6ー8千万人の日本人…


トラブるですね。


5. 2015年12月09日 00:19:50 : TQr31muPfs : h7XnTJSC4d0[28]
>>4
これが本当の放射脳っていうんだなwww

6. 命を大切に思う者[69] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g== 2015年12月09日 22:46:19 : osI65gEQPA : 8t8dfVuQJjU[3]
それほどの放射線を周りに発するほどの放射線物質を体内に保持してたら
その人はすぐ死ぬと思うので、そんな人が膨大な数、居るとは思わないけど、
その人自身が10年後に肺癌になって死ぬ、
という人なら数百万人になってしまう可能性がある、というか可能性はかなり高い、
このまま移住させないと...
3号機爆発の一瞬で曲がった鉄骨の、あの量、数十トンはあった。
精々1トンくらいしかない高温ガスが、数十トンを1000℃まで上げられるわけない。
鉄骨の曲がった箇所だけが1000℃になったから1000℃になれたと言い張る人が居るけど、
密度は1万倍違う。もの凄く広い範囲のガスの熱が一瞬でその箇所に集まってたまるか!
ガス全体が数十万度。核分裂の連鎖反応の熱しかあり得ず、熱源の燃料は溶けて飛散。

■3号機プール内、爆発前に燃料置いてた場所は見せ方が小出し。見せた全本数は未だに3%=燃料飛散済隠蔽か

これは殺人問題です(毒の粉をばら撒いておきながら、ばら撒いてないと騙して吸わせて殺す、公金を移住費用にまわすのを惜しんで... 保険金殺人と同じ)。
原発問題にすり替える書込みに引っ掛からないようにご注意ください。

東電が4年半して来た隠蔽の手口は http://fukushimadisasternote.1apps.com/
現在の隠蔽の手口は以下のとおり。

プール内画像 http://fukushimadisasternote.1apps.com/fukushima_no3_pool.jpg
画像ソース http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2015/pdf/1029_3_2c.pdf#page=4&zoom=50

上の福島原発3号機のプール内画像を見てください。
燃料数十本分のラックが見えますが、ラックの中が空っぽです(燃料が無い)。
東電の公開する、ラックの中が見える写真は、いつもラックの中が空っぽ。
これは、ラックの中が見える写真については、
燃料を置いてなかった場所の写真しか、公開してくれないからです。
というより、撤去してもラックの中が見えるようにならない瓦礫しか撤去しない
という手口で、わざと写真が手に入らないようにしてるものと思われます。
ハンドルだけ見えてる写真はあるが、それでさえたった14本。566本の3%でしかない。

●東電は、11月26日発表のロードマップで、クレーン不調を口実に、
燃料を置いてる場所の新たな公開は、しばらくしない、と宣言しています。
ロードマップ http://fukushimadisasternote.1apps.com/tepco_roadmap.gif
ロードマップソース http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/d151126_07-j.pdf#page=1&zoom=50
赤い字で「SFP内調査 クローラクレーン不調のため、調整中」
クレーン不調を口実にした隠蔽です。同席してた記者達は全員スルー。

■燃料の何割かが飛散済だった場合、事故10年後に200km圏内の

 数百万人が死んで行く(肺癌になって死ぬ)、

という恐ろしい事態になるわけですから、
同じ撤去するのなら、
燃料を置いてる場所で、かつ、撤去すればラックの中が見えるようになる瓦礫
を優先して撤去するのが、正しいやり方です。

●皆さん、問題箇所をわざと瓦礫で覆い隠し続ける手口を許さないよう、
「進捗は、燃料が目視できるようになった本数で報告しろ!
 本数がそうだとわかる証拠写真を公開しろ!」
と迫ろうではないですか!
それでもなお、目視可能本数や写真を隠蔽し続けるようなら、
「目視可能本数や写真の隠蔽をやめろ!」と抗議の声をあげようではないですか!

測定で未発見や今現在肺癌なしは証拠にならない(理由は http://j55.pw/5dkN )、
プール内燃料の 核反応→暴走→溶→飛散 は起こり得る(理由は http://j55.pw/WnAb )、
状況証拠はそれが起こってしまったことを示している(詳細は http://j55.pw/Asa9 )、
のですから、
爆発前に燃料が有った場所を3%(566本中14本くらい)しか見ていないのに
「全部残ってる(一本も飛散してない)に決まってる」
と言える状況ではないのです。


7. 2015年12月10日 01:31:51 : VLCrM7g0RA : hMoQ2xoSbns[7]
>>6
>これは、ラックの中が見える写真については、
>燃料を置いてなかった場所の写真しか、公開してくれないからです。
>というより、撤去してもラックの中が見えるようにならない瓦礫しか撤去しない
>という手口で、わざと写真が手に入らないようにしてるものと思われます。
>ハンドルだけ見えてる写真はあるが、それでさえたった14本。566本の3%でしかない。


あの東電ならその手口もありうる。

まだ下に燃料があるような場所なんて
瓦礫除去・写真撮影できない、という事実を
反映しているだけの可能性もあるが。


8. 2015年12月17日 03:55:34 : p7WFAK7NtQ : RYmQEMooAvk[3]
血液の放射化=活性化という意味で使っているのだろうが、NHKのためしてガッテンでも時々放送してますが、血液が活性化すると、血が濁り、動脈硬化を起こして、心筋梗塞を起こしたりして、コレステロールが血管に溜まり、糖尿病を引き起こしたりすると、大動脈瘤破裂などの血管の病気や、がんなどの万病のもとになりかねません。

血液が活性化するのは、食べ物の食べ合わせや不摂生などが本来の原因のはずですが、原発事故以降の日本では、住まいが被爆地域だったりする外部被爆と、空気や食べ物にセシウムなどの放射生物質が入り込んでいたりする内部被爆と、原発事故時に大量にヨウ素などに被爆してしまった方が東北〜関東にかけて多くおり、最近日本国内で有名人の死や急死が特に多くなってきたのはこれらがその原因なのでしょう。

マスコミはこういう危険に常に気を付けるように知らせるのが、本来のマスコミの使命であり、仕事でもあるはずですがXXマネーのせいでだろうが、無駄に多くの
国民を知らぬ間に死に追い詰めている、現在の状態が、NHKを含めた日本のマスコミの対応そのものだろう。

この状態を国民に避けさせるためにも一刻も早く、危険な状態をマスコミ各社が国民に報道すべきだろう。日本国民全体への、「食べて応援などと、恩着せがましい偽善な福島応援は即刻やめて」、危険な状態の「福島の今」をマスコミは、数十年の長期戦で、放射能の影響が少しでも和らぐまでは最低でもマスコミの使命として、日本国民に伝え続けるべきだろう。


9. 不眠症[53] lXOWsI_H 2016年2月27日 19:06:31 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[54]

 
『誘導放射能』が 嘘 だと言う人がいる ?

『電磁誘導』機器類の御世話になってるのに ? 

『すべての 物質  と エネルギー は

      粒子性 と 波動性   を 持つ』

 と ルイ・ド・ブロイ 先生の 名言 があるが…

、 

 


10. 2019年10月29日 13:16:26 : q6tdAt8BIM : enNNOWpITWtiWGs=[14] 報告
相変わらず人々の正常性バイアスを利用する撹乱工作員が沸いているようだが、2019年現在の現状が答えだ。心臓疾患、がん、白血病、甲状腺異常、出生率の急激な低下、など現象の激増を見よ。
利権擁護の為に何の根拠もなく、〜は起きない、安全だ、と騒ぎ続けてきたこれらの者の罪悪は重い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ