★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 862.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県の甲状腺がん、確定は1人増えて116人
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/862.html
投稿者 taked4700 日時 2016 年 2 月 16 日 17:02:23: 9XFNe/BiX575U dGFrZWQ0NzAw
 

このタイトル、意味深長です。2次検査以降は公的な負担は基本的になく、自己負担で普通の保険診療ですから、県の制度に入っていない病院に行く方が多い様子。その結果、県の統計に入らないガン事例がある。

そのことが分かるのは「昨年12月末現在で、がんが確定したか疑いがあるとされたのは167人。うち116人は2011年秋から13年度までの1巡目検査で、51人は14年度以降の2巡目検査でわかった。」であるから。

県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/151272.pdf
によると、
*以下引用開始:
一次検査実施状況
平成 26 年 4 月 2 日から検査を開始し、平成 26 年度の 25 市町村に加え、平成 27 年度は
34 市町村の計 59 市町村 381,261 人(平成 27 年 12 月 31 日現在)を対象として、236,595
人(62.1%)の検査を実施した。※1,2
そのうち、220,088 人(93.0%)の受診者について検査結果が確定し、結果通知を発送し
ている。※3
検査結果は A 判定(表 1 の A1 及び A2 判定)の方が 218,269 人(99.2%)、B 判定の方が1,819 人(0.8%)、C 判定の方は 0 人であった。
(*以上引用終わり)

とあり、二次検査を受けているはずのB判定の方たちが1819名となっている。しかし、記事では「がんが確定したか疑いがあるとされたのは167人」だけ述べていて、B判定となった人たちの1割程度の人数にしか言及していない。本来なら、B判定の人たち全員が2次検査を受けて、その結果、何人が癌ではなかったと判明したと述べる必要がある。

つまり、この報道では、福島県の2次検査を受けていない人、及び、もともと、福島県の検査を受けていない方たちの結果を含めていない。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2J2TBGJ2JUBQU00G.html
福島県の甲状腺がん、確定は1人増えて116人
大岩ゆり2016年2月16日08時40分

 福島県は15日、東京電力福島第一原発事故当時18歳以下の約38万人を対象にした甲状腺検査で昨年10月から12月の間に新たに1人ががんと診断され、合計116人になったと発表した。

 昨年12月末現在で、がんが確定したか疑いがあるとされたのは167人。うち116人は2011年秋から13年度までの1巡目検査で、51人は14年度以降の2巡目検査でわかった。1巡目では101人が手術を受け、1人が良性、100人ががんと確定した。2巡目では16人が手術を受け、がんが確定した。

 県の検討委員会では、チェルノブイリ原発事故に比べて福島県民の甲状腺被曝(ひばく)が少なく、チェルノブイリで甲状腺がんが多発した乳幼児に発生していないことなどから、「いま見つかっている甲状腺がんは被曝の影響とは考えにくい」としている。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5071] dGFrZWQ0NzAw 2016年2月16日 18:20:22 : Fzax4EuyNs : w5BCJB8Eq3o[1]
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/65174.pdf
に先行検査、つまり、平成23年から始まった最初の検査の平成26年2月までの結果があります。
A1:148182人
A2:136804人
B :  2069人
C :     1人

です。この時点で、対象者は368651人で受診率は80.2%、つまり、2割の人が受診していません。ほぼ7万人がこの段階で福島県の検査から外れているのです。

今回の検査で先行検査でB判定であった2069人の内、1081人しか受診していません。ほぼ1000名が本格検査を受けていないのです。

この人たちは、福島県以外の検査を受けたはずで、かなりの人が癌と判定されたはず。


2. 2016年2月16日 18:40:07 : FI5hADTZgw : QDZfaR9QyA4[1]
「嘘を繰り返せば、人々は、信じるようになる」と言ったのは、ナチスの宣伝相ゲッペルスだ。

日本は、正に、その言葉を地で行く。

専門家が嘘をつき、メディアが流せば、愚昧な日本人は、それを信じてしまう。

同じことを何回もコメントしているが、聞き耳を持つ日本人はいないようだ。

先ず、チェルノブイリの小児甲状腺がんに関するデータは、以下のドイツの連邦環境、自然保護、建設、原子炉安全省(Bundesministerium für Umwelt, Naturschutz, Bau und Reaktorsicherheit)のサイトにある。

> Stand: 01.11.2005
BMU - 2005 - 668 Thyroid Exposure in Belorussian and Ukrainian Children after the Chernobyl Accident and Resulting Risk of Thyroid Cancer (auf Englisch)

http://www.bmub.bund.de/service/publikationen/downloads/details/artikel/bmu-2005-668-thyroid-exposure-in-belorussian-and-ukrainian-children-after-the-chernobyl-accident-and-resulting-risk-of-thyroid-cancer-auf-englisc/

自称、他称の、いかなる専門家においても、このデータに基づかない、いかなる言説も、蒙昧のそしりを免れない。

政府機関の関係者が、嘘を強制し、マスコミが喧伝するならば、日本は、独裁者が支配する、かってのナチ・ドイツと変わらない状態にある。

繰り返される嘘の見本。

>県の検討委員会では、チェルノブイリ原発事故に比べて福島県民の甲状腺被曝(ひばく)が少なく、チェルノブイリで甲状腺がんが多発した乳幼児に発生していないことなどから、「いま見つかっている甲状腺がんは被曝の影響とは考えにくい」としている。

嘘を見破るには、以下のPDFの8ページを見ると分かる。

>Appendix 8 
Thyroid Cancer of Belarusians having been Exposed as Children or Adolescents as a Result of the Chernobyl Accident

http://www.bmub.bund.de/fileadmin/bmu-import/files/strahlenschutz/schriftenreihe_reaktorsicherheit_strahlenschutz/application/pdf/schriftenreihe_rs668_appendix8.pdf

ベラルーシの、チェルノブイリ原発当時、0−18歳だった子どもたちの甲状腺がん患者は、1245人、この内、5歳以下の子どもたちは、8人だった。

次のように書いてある。

>観察期間中(1986年から2002年まで)に、5歳以下の子どもは、ただ8人だった。

Within the observed period only 8 patients were younger than 5.

8ページの表から、(チェルノブイリ原発事故当時)5歳かの子どもでは、1987年に1人、1989年に1人、1990年に5人、1991年に1人、出た以外、甲状腺がんは発生していない。

8人すべては、乳頭がんであった。


3. taked4700[5072] dGFrZWQ0NzAw 2016年2月16日 19:03:40 : Fzax4EuyNs : w5BCJB8Eq3o[2]
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/129302.pdf

に福島県での先行検査の結果の暫定版の多分最終版があります。これにはBが2294名と出ています。

この内、2次検査を受けたのが2108名、結果A1:122名、A2:578名、通常診療等:1356名です。この1356名の内、細胞診を受けたのが537名です。つまり、この段階で800名程度が福島県の検査を回避していることが分かります。

この段階での細胞診の結果は

>細胞診等結果
穿刺吸引細胞診を行った方のうち、113 人が「悪性ないし悪性疑い」の判定となった。
113 人の性別は男性 38 人、女性 75 人であった。また、二次検査時点での年齢は 8 歳から
22 歳(平均年齢は 17.3±2.7 歳)、腫瘍径は最小 5.1mm から最大 45.0mm(平均腫瘍径は 14.2
±7.8mm)であった。

ですから、537名中113名がほぼ癌確定ですから、2割とみて、800名の2割、つまり、160名は福島県の統計に含まれていない小児甲状腺がんのかたがいあるはずです。

そうすると、合計は167+160ということで300名を軽く超すことになります。30万人対象と考えると0.1%が癌確定です。



4. taked4700[5073] dGFrZWQ0NzAw 2016年2月16日 19:41:33 : Fzax4EuyNs : w5BCJB8Eq3o[3]
03です。

訂正をします。

今回の結果は

二次検査対象者:1819名 その内検査を受診した方が1172名で、受診率が64.4%となっています。この内、結果が確定した方が1087名です。

この1087名の中でA1:40名、A2252名、通常診療等が795名です。

この通常診療795名から細胞診を受けたのがコメント03で述べた537名です。

この537名の中で、「51 人が「悪性ないし悪性疑い」の判定」ということです。

この51名の中で実際に手術したのが、16名であり、その16名が全員乳頭がんでした。

報道にある

>昨年12月末現在で、がんが確定したか疑いがあるとされたのは167人。うち116人は2011年秋から13年度までの1巡目検査で、51人は14年度以降の2巡目検査でわかった。1巡目では101人が手術を受け、1人が良性、100人ががんと確定した。2巡目では16人が手術を受け、がんが確定した。

の16名は上の様な経過をたどって出てきた数値です。

http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/129302.pdf
にある福島県での先行検査の結果の暫定版の多分最終版には次のようになっています。

・悪性ないし悪性疑い 113 人(手術実施 99 人:良性結節 1 人、乳頭癌 95 人、低分化癌 3 人)

よって、167人の意味は、細胞診の結果を受けて悪性または悪性疑いの方の人数と言うことになります。

これって、どう考えたらいいのでしょうか。


5. 2016年2月16日 20:37:39 : iedBdMWqqw : vA5B9aJHNSU[4]
放射線による被害は甲状腺がんだけに現れるわけではない。この何十倍何百倍の人が健康被害を受けているがそれが潜在しているか他の体調不良とか他の病気に表れているはず。

6. 2016年2月16日 22:07:30 : QZjuar4qN2 : 0q4SOVt4MOo[2]
普通に考えれば、チェルノーブイリよりもひどい健康被害が避けられないはずだと思います。
チェルノーブイリは大変なことになったらしいということは知っているが、詳細な実態は知らない。
情弱であろうが、日々の生活に追われる多数の国民のレベルは、そんなものです。

なんとなく体調がすぐれないとか、脚が吊るとか、動悸がするとか、あれの影響を考え不安を感じ
でも5年も経てば加齢で体が弱るということもあるよな、とか、はっきりしないまま日々が流れる。
国や東京電力の責任を明確に証明できない。

ひとつ確信していることは、国が、政権を問わず、常に事実を隠蔽する不誠実な姿勢を続けているのは、
被害が明確になるまでの時間の長さと被害の証明の困難さをよく知っているからだ、ということです。


7. 2016年2月16日 23:10:09 : Rcni4TfTpc : SrDSuzp23jo[156]
Takedさん、地震板ではお世話になっています。
相変わらず分析力が達者で、更に英文が読めると知り驚きです。

小児甲状腺癌の発生率は1万人に1〜2人と言われているので、今までの検査結果だと5〜10倍の発生率になりますね。

それと、前から気になっていたのですが、原発事故による放射線の検診例としてはチェルノブイリしかないですが、30年前の検査技術であることとあまりにも社会環境が日本より劣るので、本当の患者数はもっと多かったのではとも思っています。

また、有料とは言えども2次検査を受けなかった理由って何なんでしょうね。
不思議です。


8. 2016年2月17日 06:55:21 : CR0lRrFOag : Mrh1ONHtDHc[28]
 多摩散人です。

 一言、結論だけ。私は昔から「放射能健康被害ヒステリーは、五年で終息する」と予言してきました。五年とは、厳密にいうと、来年(2017年)の3月10日が期限であるということ。この予言は事実になりそうです。


9. 茶色のうさぎ[3363] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年2月17日 08:18:31 : TGNIJat7Ck : brXjPhHgH@Y[4]

よく読んでないけど、

 ↓ >4 Taked4700さんの、167人で正解みたいですね。! <政治板:報道ステーション・・・
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/365.html <投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 16 日

なお、小児甲状腺癌の発生率は100万人に1〜2人ですね。!

>8 多摩爺ちゃんへ まるくなりましたね。♪ 証人になりますよー うさぎ♂


10. 2016年2月17日 09:55:30 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[575]
既に5年、実地に測定できるのに未だにシミュレーションを持ち出して議論している。しかも実地調査とは一致しないシュミレーションだ。無意味ではないか。甲状腺異常、健康被害についても同様で、実地のデータを積み重ねれば正確な結論が得られよう。恣意的なシュミレーションで迷彩されることなく。

もし放射能関連の検査については福島医大を通すようにというデータを隠蔽しようとする意図が疑われる不可解な指示が出ている場合は、データを積むまでもなく自動的に結論がでる。古今東西検証が遮られているものは全てウソであり、腹立たしいことに考えられる限り最悪の結論がほぼ正解だ。

一体、いつまで隠すのか。
騙されたと知っても怒り狂うことなく、また騙されたとベソをかくだけの柔弱な国民だからナメられている。


11. 2016年2月17日 17:27:13 : jy507m1OYi : V5Bbn_7VAZc[8]
さて、2さんがリンクを付けた論文の最後のほうについている絵というか、図がものすごくこわかった。
リンパ腺とかいろんなところに散った甲状腺がんの様子が、黒点でついていたりする。
こういうふうに転移していくのだということがありありとわかりすぎ。ひえーこわーい。
暇だったら赤カブさんとかが、あの図を阿修羅にアップしたら、この国の脳天気国民の一部は目覚めるかもしれない。
多くはのほほんとして、まだテレビを信じているだろうが。

ANNEX 1という図だ。
甲状腺がんのリアルないろいろな形態。
一箇所ででっかくなったがんもある。
と思えば、いろんな箇所にとび散ったがんの転移した様子。リンパへの転移がすごいな。
めっちゃこわかった。ぞぞぞぞくー。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ