★阿修羅♪ > 経世済民100 > 414.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
暴落相場で37億円稼いだ30代日本人投資家 その相場観を披瀝(NEWS ポストセブン)
http://www.asyura2.com/15/hasan100/msg/414.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 08 日 09:15:20: igsppGRN/E9PQ
 

暴落相場で37億円稼いだ30代日本人投資家 その相場観を披瀝
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150908-00000002-pseven-soci
NEWS ポストセブン 9月8日(火)7時6分配信


 約1年間続いた上昇基調から一転、日本株式市場は「底が抜けた」と形容されるほど急落し、日々乱高下を繰り返している。プロの投資家でも先を見通せないそんな不安定な市場において、数日で37億円の富を築いた日本人がいた。一部海外メディアを除き取材に応じなかった彼に週刊ポストが接触に成功。同誌9月7日発売号でその投資法などを報じている。

〈今日は1時間で12億増えたよ!!!!〉──8月24日、日経平均株価は前週末と比べて895円も下落し、2年3か月ぶりの下げ幅となった。同日のニューヨークダウ平均も一時1000ドル超の下落、欧州でもドイツ株式指数が8%も急落した。

 中国を震源地とする世界同時株安で、世界中の投資家たちが阿鼻叫喚の地獄を見る中、この男性はツイッターで、冒頭のコメントを発していた。

 個人投資家・cis(しす)氏──30代後半の同氏は、激しく乱高下した8月下旬の相場を読み切り、24日から25日にかけて37億円もの利益を獲得。彼の資産は200億円を超えた。同誌の取材に対して、cis氏はこう語っている。

「僕は、こういう乱高下する“鉄火場”を得意としているんです。今回はたまたま37億円を得られたけど、ギリシャ危機では7億円損をしました。値動きが荒いということは、それほどのリスクもある」

 彼の相場観は至ってシンプルだという。

「基本的には『強いから買う、弱いから売る』というスタンスです。それは市場の需要と供給と値動きだけを見て判断します」

 彼は今後、どのような相場観で投資に挑むのか。

「長期的な将来予測はしない。『強いものを買う、弱いものを売る』という基本スタンスを踏襲して、トレンドに乗るだけです。ただ、超短期ではアメリカを先頭にした暴落が起きたらいいなとは思っています。最近、非常に弱いチャートの動きをしているし、8月末にいったん反発したもののジリジリと下がっている。まだ暴落があるかな、と思っています。まァ、僕はすぐに考えが変わるので(笑い)」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月08日 09:39:50 : nJF6kGWndY

>暴落相場で37億円稼いだ30代日本人投資家 その相場観 
>長期的な将来予測はしない。『強いものを買う、弱いものを売る』という基本スタンスを踏襲して、トレンドに乗るだけ 

投資家というより、ほぼギャンブラーだな


2. 2015年9月08日 10:59:32 : b5JdkWvGxs
cisは大金持ちのボンボンで、法政大学機械工学科の劣等生、元々パチンコとゲームにしか興味なかったんだ

勘と経験だけでやってるからcisのノウハウは文章化不可能なんだ

だから常人が cisのやり方を真似しても絶対に上手く行かない


3. 2015年9月08日 11:02:36 : b5JdkWvGxs

157 :山師さん:2011/07/04(月) 14:36:56.29 ID:4G4hXUmx

真の相場の姿を見る事のできる目が必要なんだよ、生まれつき備わっている人と備わっていない人がいる。

現実には普通の人なら必ず備えている欠落した情報を自動的に補うノイズフィルターが壊れた結果として真の相場の姿が見えてしまったと言えなくもない。

この「現実を見る能力」を持ってしまうと、空気よんだり行間よんだりして社会に適応する能力が無くなる。

幸福になれない代わりにお金は手に入るんだよ、普通の人は贅沢言うなって事だね。
http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/stock/1308751929/


最強の投資家は「精神異常者」 米研究


【Reuters】この度、米国で行われた調査によると、投資業に最も適した人材は"精神異常者(精神病質者/Psychopath)"であることが明らかになった。

タイムズ紙が報じた。実験では、感情表現に影響する脳の特定部野に障害がある15人を含む、平均的IQの被験者(投資家)41人によって、簡単な投資ゲームが行われた。そしてゲームの結果、脳に障害を持つ人々はそれ以外の被験者らよりも、遙かに優れているという結果が出たのである。

科学者の分析によれば、(脳に障害のない)被験者の一部の人々には感情が作用し、たとえ潜在的な利益が損失を遙かに上回る時でさえ、リスクを回避しようとする動き ― 近視眼的損失回避と呼ばれる ― が見られたという。

実験に参加したアイオワ大学神経学助教授アンティオネ・ベシャラ氏はこれらの結果から、株式市場における最も優れた投資家は言わば「機能的精神異常者」なのではないか、と話している。

また共同研究者のスタンフォード大学ビジネス大学院ババ・シヴ氏は、多くの大企業の幹部や、優れた弁護士もやはり同様の特徴を持っているようである、と話している。

「感情は意志決定を速める際に、適応力として機能します。しかしまた、慎重かつ、より潜在的に賢明な決定が成されるためには、自然な感情的反応が抑制されなければならない状況もあるわけです。」

今回行われた実験は、スタンフォード大学、カーネギーメロン大学、アイオワ大学の研究者らが共同で行い、6月の心理学論文誌に掲載される予定であるという。

http://x51.org/x/05/09/2044.php

この度、アメリカで行われた調査によると、優れた投資家は精神異常者であると発表され物議をかもしている。

日本の過去の名だたる相場師達も、その行動は病的な人が多いのも事実ですし、私は案外、的を射ている部分もあると思います。

しかし、優れた投資家と言うのを研究者がどのように認識してるかは、個人的には少々疑問があります。


この研究者の言う優れた投資家と言うのは、恐らくリスクを果敢に取りにいける人達を言うのでしょう。

正常な脳を持った普通の人なら、リスク回避行動を取る場面で、逆の行動をする人達。

これは逆張り順張りは関係ないと思います。


大暴落の最中に果敢に買いにいける人、新高値をどんどん買いあがれる人達でしょう。


日常生活で言えば、火事の家に飛び込み、高いビルに命綱なしで登って行ける人達なのかも知れません。

その行動が大きな利益を生む原泉になる訳ですが、しかし一気に破産するリスクも抱えている訳です。


昔から○○と天才は紙一重といいますが、私は一見狂気とも思える行動がプラスに作用する職業もあると思います。それは芸術家、企業経営、そして投資家(投機家)でしょう。そう言う意味ではこの実験結果は妥当なものだと思います。


しかし、この実験の最大の欠点は時間軸が無視されているところです。

日本の相場師も成功と破産を何度も繰り返しながら、最後まで勝ちきった人はごく少数しかいません。


最近のアメリカでも栄華を極めたビクター・ニーダーホッファーやジュリアン・ロバートソン、会社で言えばLTCMも破産しています。


先日亡くなった、ダイエーの中内さんも前半までは歴史に残る成功者ですが、晩年は評価を落としました。


つまり一時は大成功しても時間には勝てなかった訳です。


この実験の脳傷害がある人のリスク回避行動が欠如していると言う面は、個人的には納得できますが、それが常に上手く機能し、優れた投資家であり続けることが出来るかは、また別問題でしょう。

最後に、現役の優れたトレーダーであるラリー・ウィリアムズの講演会を聞きに言った時、彼は常に一般大衆と逆のことをやっているので、トレーダーは日常生活で精神的バランスを保つのが大変だと言っていたのが、印象に残っています。
http://psychological-jp.com/column/p3.html


4. 2015年9月08日 12:21:36 : b5JdkWvGxs
ジュリアン・ロバートソン


我は8年間で10億円を2兆2000億円にした天才


「タイガーファンドの破たんについて」
 
ニーダーホッファーの破産、そして前回はロングタームキャピタルマネジメントの破綻。そして、今回はタイガーファンドの破綻と巨大資本やファンドマネジャーの失敗ばかりを特集子する欄、というような感があります。実際のところ失敗の手口ほど、多くを学べる機会はないのではないでしょうか。

今回は昨日、つまり2000年 3月31日、まだ全く新しい出来事の最新の分析と論評です。

このファンドは商品をやっている方なら必ず1度か2度、名前を耳にしているはずです。最近最も有名だったのは、あの異常なまでにしつこいパラジウムの買いに次ぐ買で、これでどれだけの個人投資家が売り玉を絞め上げられて、最後に降参したか知れません。

このパラジウムへの資金集中などにも、このファンドの性質の一端が現れています。


そもそもこのファンドは20年ほど前に10億円足らずの資金で発足しています。そして、8年後にはなんと2兆2000億円約2,200倍という、ただただあきれるばかりのパフォーマンスを達成してきました。もちろんこの規模は、全く文句なく全米で最大規模のファンドをです。

しかし個人投資家ではなく、ファンドというすそ野の広い公共的性格を持っている組織の投機活動というものは、どれだけ大きくなっても常に、更に儲け続け、どこまでも大きくしないとならない、という義務があります。その手口、全体としてのポートフォリオは複雑きわまりなく、為替、債券、株、そのほかのデリバティヴ、凡そあらゆる金融商品、現物、投資できるものはすべて国内、海外、と手を広げています。中でも際立っているのは先物に対する買い占め、玉絞め、つまり少しでも利益率の高いものへの徹底した資金投入です。

前回書いたロングTermの破綻の時にはロシアの金融危機に際して、エマージング債の大暴落を読み切れず、それが彼らの破たんの原因になったと書きましたが、今回のタイガーファンドも、そのロシア金融危機に端を発しています。やはりその当時、エマージング債、それと猛烈な円高になりましたがその時に為替相場の為替相場で派手に逆目を食ってしまったこと、それとアジア全般に対する為替と株等の逆目、それらがその年代にはあったと思われます。

大体において巨大資本の投機活動は、海外へ資金を振り向ける時、実に派手に負けるものだ、ということがひとつの参考として学ぶことができます。例のイギリスのベアリングス社も、シンガポールガホールあたりで日経平均を強気していたことから大負けに負けて、会社を潰しました。ニーダーホッファーも、アジアの株と為替を、暴落のさなかに買い続けました。自分にとって最も身近で熟知している、殆ど自分の住んでいる環境そのものといえるところにある銘柄から投資すること、これこそが、案外最も大事な投機の鉄則かも知れません。

それはさておき、ロシアで最初の破綻の除草が始まり、2兆円以上の資金がわずか1年半で、つまり現在で4分の1に減らしてしまったのが、今回の破たんの全てです。

この1年半ということは、最も明瞭に分かることは、証券界のIT革命に完全に乗り遅れた、あるいは次々と逆目を張っていったということに他なりません。このファンドのリーダージュリアン・ロバートソン氏は「現在のハイテク・インターネット・通信関連株の狂乱は、いずれ崩壊する。私自身が理解できない市場で、投資家をリスクにさらすことは意味がない」として、現在続行中の全てのファンドの清算を発表しました。この発言にも見られるように、IT関連株に対する強い違和感、この株高の流れに対する、どうしてもそりが合わない、どうやって手口を合わせていったら良いのか分からない、という困惑がうかがえます。

思えば産業界で、鉄鋼株が全てになるとか、家電メーカーが全ての時代、運輸造船などが全て、資源株が全て、などなど、様々に時代的な主役が入れ替わる時があります。その主役が入れ替わる時には、理屈も何もないけた違いの買われ過ぎ、ということは必ずあります。そして5年−10年経つと、それらは自然に淘汰されて、残るべきものだけが残ります。それら全てを「相場の世界は相場」として先取りして買い続けるのが株の世界です。

ファンドマネジャーの中心人物が相場というもの今さらそのように不信感を持ってもも仕方がない、という感じも否めません。実際にはもっと凄まじい相場を散々張ってきたのに今更何を言うか、ということです。

しかしとにかく、全ての預託者に対し、75%で資金を還元する、というのは4分の1にまで減ってしまった全資金からすると、それなりに良心的な措置とは言えるのではないでしょうか。

海外の銘柄、投機性の過ぎる銘柄、発展途上国に絡む銘柄、事情があまりにも急変するかもしれない銘柄その辺にあまりにも資金を注ぎ込むべきではない、このような教訓が残ると言えます。また自国内の株式でも時代的に根底的な激変があった時はそれを見抜かなければならない、これもとても重要なことだということを教えてくれます。

それにしてもファンドいうのは、2兆円も越えてしまうと何と難しいものだろう、という気がします。利は薄くても確実に、という方向で行ってもロングTermのような危険は待っています。少ない資金で利幅の大きい投機性の高いものを狙うことで高いパフォーマンスを得る、つまり攻撃は最大の防御、という手法も大きな利幅を狙える代わりに、大きな損失の泥沼にはまることもあると言えます。巨大資本になればなるほど、そのパフォーマンスを常に高く保つのは、夜も寝られないほど大変な事業となる、ということが想像がつきます。

私はそのような巨大資本の運用に関しては、丁度銀行の為替ディーラーがそれぞれ個人の裁量をある程度の額で任されていて、そのようなスタッフが複数集合していて全体として高いパフォーマンスを上げていく方法が一つの参考としてあるような気がします。例えば、海外債券を投資するという部門には20人のスタッフを抱えていて、そのスタッフの1人ひとりのパフォーマンスを全体として注意して見ていれば、そして一人ひとりが割当てられた枠を守っていれば、一気に破たんすることはあり得ないように思います。また、1番末端のディーラーを10人単位ぐらいでまとめるチーフマネジャー、そして大きな部門として統括部責任者そして更にファンド全体のリーダー、このような形の綿密な階層を整えていれば一遍に大きな失敗をするということはないのではないでしょうか。勿論、一人ひとりのパフォーマンスの高さを常に監視して一定に保ち、スランプになってきたディーラーは休ませる、という管理能力も必要とされますが。このように1番末端では個人個人の裁量があり、それを前提としてマネジメントするという戦略なら常に無数のディーラーの目を市場に対して持つ、ということが可能になります。これなら全体の戦略として、海外のある1つの為替なり証券市場なりに、大きな資金を注ぎ込む、という、一気に屋台骨を揺るがすような大失敗は避けられるのではないのではないでしょうか。

それにしても、今のNY市場の先行き、及びこの株が大崩れした時、株ー土地へ向けて資産を思い切り注ぎ込んだアメリカの個人投資家は一体どうなるのだろう、という問題もこのファンドの破綻に関連して考えさせられることです。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/kiji.html

◆素人熱狂相場にプロ負けた、タイガーファンドが清算 ◆


アメリカの大手ヘッジファンド、タイガー・マネジメントが2000 年 3 月30日、ファンドを清算することを決め、事実上破たんした。

タイガーはジョージ・ソロス氏のクオンタム・ファンドなどと並ぶ最大手のヘッジファンドで、九七年のアジア通貨危機の際には各国の通貨を次々と売り浴びせ、国際的な投機マネーとして勇名をはせた。それからわずか三年足らずで市場の淘汰(とうた)の波にさらわれた要因のひとつとして、今のアメリカの株式相場が、筋金入りのプロの投資家にも予想できなくなっていることが挙げられる。(ニューヨーク 三浦 潤一)

タイガーの基本的な投資手法は、ソロス氏と同様に、ち密な経済理論から導き出された理論上の数値と、実際の株や通貨などを比べ、割安なら買い、割高だと売るという手法だ。これに様々なデリバティブ(金融派生商品)を組み合わせ、利益を最大化させる。アジア通貨危機の際には、各国の通貨が実際の経済力より割高と判断し、売りに回った。

しかし、思わぬ相場変動で大けがをすることもあった。日本経済が不況のどん底にあったにもかかわらず、円相場が一日で九円以上も急騰した九八年十月七日には、円の売りポジションを大量に抱えていたため、一日だけで二十億ドルを失った。九八年のロシア危機の際にも六億ドルを失った。

その後の相場の落ち着きで、運用状況は改善されていたが、最近のハイテク株の急騰に足をすくわれた。


◆ 高騰ハイテク株、見送り致命傷に ◆  


タイガーを主宰するジュリアン・ロバートソン氏(67)は、利益も上げていないハイテク株が高騰するのは「崩壊確実な砂で作ったピラミッドに過ぎない」と断じ、一切投資しなかった。逆に航空大手のUSエアなど、理論値より株価が安いと判断した「オールドエコノミー銘柄」を買い集め、結果的にこれが命取りとなった。

今のハイテク株バブルはパソコン経由のゲーム感覚の個人投資家が高騰を演出する素人主導の相場となっており、利益などは初めから度外視され、理論武装したプロの投資家でも予測がつかなくなっている。そこに落とし穴があった。

ロバートソン氏をよく知るあるヘッジファンドの投資責任者は「彼は、彼が信じた理論に負けた」と話している。

ヘッジファンドの中にも論理無用のハイテク株バブルで利益を上げているものもある。ソロス氏のクオンタム・ファンドは昨年、マイクロソフトやワイヤレス通信機器製造のクオルコムなどハイテク銘柄に投資を始め、預かり資産の35%もの運用成績を上げた。ただ、今年初めには三日間で六億ドルを失うなど、乱高下する相場に手を焼いている。

ロバートソン氏は、証券大手のキダー・ピーボディーに二十年間勤めて、投資技術を学び、八〇年にタイガーを設立した。その後は順調に運用実績を膨らませ、九六年には預かり資産の50%、九七年には72%もの運用益を上げた。

九八年にはクオンタム・ファンドに次ぐ二百二十億ドルもの預かり資産を集め、顧問にサッチャー元英首相や元米大統領選候補のボブ・ドール氏などを迎えるなど絶頂を誇った。それからわずか二年足らずの暗転となった。
http://www.daytradenet.com/HowtoDT/C02.htm

魔術師は市場でよみがえる―タイガー・マネジメントの興亡

ダニエル・A. ストラックマン (著), Daniel A. Strachman (原著)


ロバートソンの真髄は、「バリュー投資法」――

潜在成長力が高くてフリーキャッシュフローを生み出す実力がありながら無視され過小評価されている株や商品を購入し、高くなり過大評価された時点で売って利益を確保する方法である。

その為には、あらゆる手法を駆使して徹底的に銘柄を分析し、長期に亘って驚異的な運用実績を上げ続けた。

しかし、IT革命とそのバブル・テクノロジー株の狂気により完全に株式市場が変質し、バリュー投資法の継続が裏目に出て運用が悪化し、出資者の投資資金の回収が急で、同時に大企業化した経営が時代にキャッチアップできずに、結局タイガーファンドを閉鎖――この顛末が実に示唆に富んでいて面白い。


_______


ジュリアンロバートソン率いるタイガーと言えば有名ではあったが、私にはジュリアンロバートソンという人物が今まで謎でした。知れば知るほど面白い人間だ。

やっていることの規模も勿論だが一つ一つのポジションを組むまでの執拗な調査は凄みがある。

何ヶ月も調査した内容を昼食の間の5分で説明することが求められる組織。

大学卒業したばかりの若者やスポーツに傾倒していた若者を採用していた勃興期から自分の保身ばかりを考える人が残るようになるまでの組織の変貌は読んでいてなるほどと感じてしまう。

なぜ、タイガー出身のファンド運営者がこれほどまでに多く現在成功しているのかがなんとなく肌で感じられる一冊。

「投資家がいなければ何も出来なかった。彼らの面倒をみるのは私の義務だ。」
という言葉にジュリアンの気概が感じられる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492731954/qid%3D1143256659

ジュリアン・ロバートソンと言えば、ジョージ・ソロスなどと並び、その功績を称されるヘッジファンド・マネジャーの伝説的大物ですが、その人物像、運用スタイル等の詳細は、意外な程知られていません。

その彼と、彼のファンド運営会社タイガー・マネジメントについて書かれた本が、
東洋経済新報社「魔術師は市場でよみがえる タイガー・マネジメントの興亡」です。

ネット・ITバブルの最中、「熱狂的な」或いは「バカげた」株価を多くの新興企業が付けていく中、本来の得意分野であるバリュー株投資に拘った結果、そして設立後しばらくして徐々に広げていったグローバルマクロ投資分野での、それまでそう多くは無かった失敗、が重なって、結果としては、出資者の期待するリターン水準を超える事が出来なくなりファンドを閉める事になった、完全な勝ち逃げに至る事の出来なかった英雄との印象も残る彼ですが、

その主要ファンドの設立来の実績、元部下としてこの業界に輩出した人材の層の厚さ、を見れば、ヘッジファンドに限らず、全ての投資・運用の世界の中でも、最も優れた功績を上げた内の一人である事は、やはり疑いの無い事実でしょう。

また、彼が表舞台から降りる事を決めた後の、IT・ネットバブルの崩壊とその後の停滞を見れば、彼のバリュー投資に対する信念自体は決して間違っていなかった事も、また明らかだろうと思います。
http://bose.blog.ocn.ne.jp/bose/2006/03/post_7b73.html


5. 2015年9月08日 18:02:54 : nJF6kGWndY

>>04 ジュリアン・ロバートソン 真髄は、「バリュー投資法」
>ジョージ・ソロスなどと並び、その功績を称されるヘッジファンド・マネジャー

バフェットと違って、空売りもしていたから

ITバブルで売りにまわったのかな


まあ、内部情報を持っていない一般投資家ができるのは

大まかなリスク分散とリバランス

それと個別の対象に関する詳細情報での優位を生かした細かい取引くらいだ


そしてブラックスワンを用心するのであれば、結局、世界のGDPを超えるような

大幅な利益率など長期的には期待しない方がいい

特に、世界経済の成長率が2%まで下がり、金融資産はさらに縮小しそうな現状で

今の年金ファンドレベルの5%超を狙うのも難しいくらいだろう


もちろん超富裕層になるには、選択と集中の賭けに出るしかないが

そこまでして金を儲けて、どのくらい意味があるかということだな



6. 2015年9月09日 09:28:53 : QwaCqRGGW6
工作員しかコメントしてないなw
笑えるくんも程々にしておきなさいw
誰も信用しねーからw

[32削除理由]:削除人:言葉使い

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民100掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民100掲示板  
次へ