★阿修羅♪ > 経世済民100 > 417.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ピーク時の2割減…実質賃金“2年3カ月ぶりプラス”の欺瞞(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/hasan100/msg/417.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 08 日 09:32:15: igsppGRN/E9PQ
 

             サラリーマン給与の真実は?(C)日刊ゲンダイ


ピーク時の2割減…実質賃金“2年3カ月ぶりプラス”の欺瞞
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163479
2015年9月8日 日刊ゲンダイ


 7月の実質賃金が2年3カ月ぶりにプラスとなり、大メディアは賃金アップを実感できる環境が整ったと大々的に報じている。

「プラスとはいえ、前年同月比でわずか0.3%増です。9月下旬に公表される確報値でマイナスに転じる可能性もあります。7月にズレ込むとしていた夏のボーナスも伸び悩みだった。手放しで喜べる状態ではないでしょう」(市場関係者)

 実質賃金は物価を考慮したあとの数値だ。7月は物価上昇が緩やかだったため、結果的に実質賃金が伸びた形だ。消費者物価指数をみると、4月は0.6%増で、5月0.5%増、6月0.4%増、そして7月は0.2%増と低迷だ。

「賃金アップを実感しているのは、輸出を中心とする大企業に勤める一握りのサラリーマンに過ぎません。株価も低迷しているし、景気回復は遠のいている印象です。財布のヒモは固くなるばかりでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 サラリーマン給与を絶対額でみると落ち込みぶりがよく分かる。今年7月の現金給与総額(基本給・ボーナスなど)は36万7551円だ。1年前(14年7月)は36万9097円あったので、昨年より1546円減った。

 ここ20年の7月の現金給与を調べたところ、何と09年から7年続けて36万円台に張り付いていた。08年と07年は38万円台、その前は39万円台、03年以前は40万円台で、ピークの97年は46万8105円だ。現在より10万円以上も多かったことになる。見方を変えればサラリーマンの給与は、この20年間で2割以上も減少したのだ(別表参照)。

 アベノミクスがスタートする前の12年7月と、3年後の15年7月を比べても大して変わらない。絶対額は横ばいだし、実質賃金アップといわれてもピンとこないのは当然だろう。

 物価上昇が顕著になったら、実質賃金は再びマイナス圏に落ち込む。賃金上昇はムードだけと割り切ったほうがいい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月08日 09:43:17 : nJF6kGWndY

円高デフレ不況が続き、非正規雇用の解雇が増え、中小が倒産し、新卒の雇用が抑制されていた時期に比べ

円安で雇用が増えれば、平均賃金は下がるのが普通だが

衰退国家で、名目だけでなく実質賃金まで上がり始めたら、景気後退は近いと思った方がいい


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民100掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民100掲示板  
次へ