★阿修羅♪ > 経世済民100 > 871.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政投銀、MRJに1000億円投資 航空機産業を後押し:従属国家のため始動が30年ほど遅れており、今後国際連携が不可欠
http://www.asyura2.com/15/hasan100/msg/871.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 9 月 27 日 04:16:59: Mo7ApAlflbQ6s
 


政投銀、MRJに1000億円投資 航空機産業を後押し[日経新聞]
2015/9/27 2:00

 三菱重工業など航空機関連メーカーは国産ジェット旅客機「MRJ」の事業化に向け、日本政策投資銀行から1千億円を超える投資を受ける。量産設備や機体の整備施設に必要な資金を得る。三菱重工と川崎重工業は、これとは別に米ボーイング向けの機体生産でも政投銀の資金を受ける。政投銀の資金が民間金融機関からの融資などの呼び水になれば、航空機産業の成長に弾みがつく。

 MRJは1962年に初飛行したプロペラ機「YS11」以来、半世紀ぶりに開発が進む国産旅客機。機体の納入開始は2017年で、担当する三菱重工子会社、三菱航空機(愛知県豊山町)は単年度黒字化まで今後5年ほどかかる見通しだ。

 事業化が近づき、量産設備や機体の補修拠点の整備などに、増資や借り入れで新たに数千億円の調達が必要だ。三菱航空機や三菱重工は通常の資金調達とは別に、政投銀からの特別な金融支援で財務負担を軽減する。

 政投銀が今年5月の法改正で導入した「特定投資業務」と呼ばれる企業向けの資金供給制度を活用する。政投銀は企業の競争力強化などを目的に5年で5千億円を投じ、このうち1千億円を超える資金をMRJに振り向ける方針だ。今年度中に正式に決める。

 MRJは翼や胴体部品を兵庫県や三重県で製造し、愛知県の工場で最終組み立てをする。政投銀はこうした費用に加え、部品を供給する企業の設備投資の一部も負担。機体の整備や補修などアフターサービスの拠点整備にも投資する。

 今回の資金供給は会社の株式取得や融資ではなく、MRJの販売で得た収益からあらかじめ決めた比率の分配金を得る。投資回収に20年程度かかる高リスク投資に自ら資金を投入することで、民間の金融機関の資金を呼び込む狙いもある。

 MRJは10月下旬に初飛行し、17年4〜6月に初号機をANAホールディングスに引き渡す計画。ただ、初号機引き渡しは当初計画から4年ほど遅れ、収益化の時期もずれ込んでいる。大口の資金調達で事業化への準備が進んでいることを示せば、受注活動にも弾みがつくとみている。

 政投銀はMRJ向けに先立ち、この制度を使って三菱重工広島製作所(広島市)に150億円程度を投じることも決めた。三菱重工は米ボーイングの次期大型旅客機「777X」の生産に参画。政投銀は生産効率化につながる最新鋭のロボットなどの導入を支援する。777Xの胴体を生産する川重やエンジンを手掛けるIHIにも同様の事業出資を計画している。

 航空機産業は日本の現在の基幹産業である自動車や電機に比べ成長の余地が大きく、政投銀はサプライチェーン(供給網)も含めて金融面での支援を強める。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I6Z_W5A920C1MM8000/?dg=1

==========================================================================================================
MRJ 近中距離向け、低燃費に強み[日経新聞]
2015/9/27 2:00

 ▼MRJ 初の国産ジェット旅客機「ミツビシ・リージョナル・ジェット」の略称。1962年に初飛行した日本初のプロペラ型のエンジン旅客機「YS11」以来、約半世紀ぶりに2008年、三菱重工業グループが開発を始めた。座席数は70〜90席で航続距離は約1500〜3300キロメートル。近中距離の運航に適している。空気抵抗が小さい流線形の胴体や、競合機に比べ燃費を大幅に改善した米プラット&ホイットニー(P&W)の最新エンジンを初めて採用。尾翼には軽量の炭素繊維複合材を使うなどして機体全体の燃費を従来機に比べて2割改善、1座席当たりの運航コストを低減している。


 最大のライバルはエンブラエル(ブラジル)のEジェット。米ボーイングや欧州エアバスとは競合しない。これまで日本航空や米スカイウエストなど6社から400機強を受注(うち確定220機強)。リージョナル機は今後20年間で約5000機以上の需要が見込まれており、最大の需要地はビジネスや旅行で遠距離移動が多い北米だ。MRJは機体の約3割が日本製の部品。飛行制御機器のナブテスコや車輪装置を手掛ける住友精密工業などが参画している。

 これまで初飛行の時期を4度延期。部品や装置の仕様決定や調達に想定以上の時間がかかるなど機体開発の難しさを浮き彫りにしている。今年10月後半の初飛行後、17年を予定している型式証明の取得まで2500時間、試験飛行する。動力系統や機体制御などのデータを収集し、安全性の確認を進める計画だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO92137450X20C15A9NN1000/?nbm=DGXLASDZ25I6Z_W5A920C1MM8000


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月27日 10:49:14 : HL0Tnh1ZXA
三菱航空機だけでなく、重工や川重・IHIにも、と言う事は防衛産業にも恩恵が及ぶということだ。これで次世代戦闘機開発も加速するだろう。

2. 2015年9月28日 00:07:23 : AxHLMtGTIo
人殺しの片棒担ぐよりもっとマシな金の使い方が有るだろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民100掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民100掲示板  
次へ