★阿修羅♪ > 経世済民102 > 845.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テロ警戒の年末年始 「行ってはいけない」海外旅行先とは?〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/15/hasan102/msg/845.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 26 日 07:42:00: igsppGRN/E9PQ
 

                 追悼の花束を手向けるパリの市民 (c)朝日新聞社


テロ警戒の年末年始 「行ってはいけない」海外旅行先とは?〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151126-00000001-sasahi-life
2015年12月4日号より抜粋


<十字軍を支援するという安倍晋三の浅はかな誓いによって、(中略)すべての日本市民とその利益が今、世界各地にいるイスラム帝国の戦士と支援者のターゲットとなっている>

 パリのテロ事件を受け、11月18日にネット上に公開された過激派組織「イスラム国」(IS)の英字機関誌「ダビク(DABIQ)」。今年2月にも書かれた、すべての日本人への“テロ宣言”が再び掲載された。

 ISが16日に公開した動画では、「米国の首都ワシントンを攻撃する」と表明。脅しに屈してはテロリストの思うつぼとはいえ、年末年始に海外旅行を計画している人は、自分の身を自分で守るために情報収集が必要なのも事実だ。何を基準に海外でのテロ遭遇リスクを考えればいいのか。

 欧州からISに参加した若者がシリアやイラクで訓練を受けて帰国し、本国でテロを起こす危険性は以前から指摘されている。それに加え、約60カ国が参加する「有志連合」のうち、実際にISへの空爆や作戦の後方支援という「戦闘行為」に参加しているイギリスやオランダ、ベルギーなどは報復テロを警戒する必要がありそうだ。ちなみに、日本も有志連合に名を連ねているが、いまのところ人道支援のみにとどまっている。

 だが、これだけでは見えてこないポイントもある。日本エネルギー経済研究所・中東研究センター研究理事の保坂修司氏は、欧州各国のイスラム教徒が置かれている状況に注目すべきだという。

「フランスはイスラム教徒の人口が多いだけでなく、公立学校でのヒジャーブ(スカーフ)の着用を制限するなどの世俗主義が、イスラム教徒の怒りにつながってしまっている。根底には経済格差や社会的地位の低さへの不満の鬱積があります。“貧すれば鈍す”で、他にすがるものがないから、若者が過激思想に染まってしまうのです」

 シリア難民の受け入れを表明する欧州だが、イスラム教徒の立場はどの国でも決して良好ではない。元からイスラム教徒が多いアジアやアフリカ諸国と比べれば、欧州ではマイノリティーとして追い詰められやすい傾向があるのだ。各国のIS戦闘員の数が、そうした不満の度合いを暗示している可能性はありそうだ。

 また、ネットを通じたISの宣伝戦略を分析することもヒントになる。

「仏語で呼びかける宣伝映像も数多く投稿され、『ダールル・イスラーム』という仏語版だけの雑誌も存在する。ISが重点的に仏語圏を狙ってきたことがわかります。今回の犯人も『ダールル・イスラーム』を読んでいたと考えるのが自然。英文の機関誌『ダビク』には他に仏語版、独語版があります」(保坂氏)

 こうした情報を総合するとスペイン、ポルトガルや北欧3カ国などは比較的安全な部類に入りそうだが、「安全」とは言い切れそうにもない。

 ところで、旅行先では何に気をつけたらいいのか。立正大学の小宮信夫教授(犯罪学)は、テロリストの気持ちになって、危険を予測すべきだと語る。

「テロリストは群衆に紛れて身を隠すことを考えるもの。大人数が集まり、アラブ系の住民に紛れこめる欧州の大都市の繁華街や観光地は逃走が容易な上にテロが与える被害や社会への影響も大きく、最も警戒すべきです。特にクリスマスやニューイヤーのカウントダウンは格好の標的。万一の時の避難ルートを事前に考えておくべきですし、できればセキュリティーの厳しいホテルの窓などから見ることをお勧めします。大都市よりは人の少ない地方都市のほうが大規模テロのリスクは少ないが、地方でも不用意な単独行動は控えたほうがいい」

 テレビで流れる悲惨な映像を、対岸の火事と見てはいけないのである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民102掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民102掲示板  
次へ