★阿修羅♪ > 経世済民103 > 323.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の航空用エンジン、中国ネットの高評価に「海外で日本製部品が多く使われても、しょせん部品」と日本人は謙虚
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/323.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 06 日 15:38:50: igsppGRN/E9PQ
 

4日、中国の掲示板サイトにこのほど、「あなたの知らない日本の航空用エンジン産業」とのスレッドが立ち、日中両国のネットユーザーは、さまざまに反応している。資料写真。


日本の航空用エンジン、中国ネットの高評価に「海外で日本製部品が多く使われても、しょせん部品」と日本人は謙虚
http://www.recordchina.co.jp/a124452.html
2015年12月5日(土) 21時0分


2015年12月4日、中国の掲示板サイトにこのほど、「あなたの知らない日本の航空用エンジン産業」と題するスレッドが立った。スレ主が日本の実力を高く評価すると、中国のネットユーザーも「中国にはハイテク技術なんてほとんどない」などと賛同。日本のネットユーザーは「海外で日本製部品が多く使われても、しょせんは部品」などと謙虚に受け止めている。

スレ主は、日本は航空用エンジン分野で遅れているとばかにする中国人が多いが、実は日本の実力は高いと強調。日本にはIHI、三菱重工業、川崎重工業の3社によって設立された日本航空機エンジン協会があり、中国国産ジェット機・ARJ21のエンジンも日本航空機エンジン協会が開発に参加したエンジンを使用していると指摘した。

さらに、米国のボーイング787のエンジンにも、日本メーカーの部品が多く使用されており、重要な核心技術を日本メーカーは握っているとも指摘。海上自衛隊のP―1哨戒機のエンジンもIHIが開発製造したもので、極めて高い性能と紹介した。

これに対し、中国のネットユーザー「結局、中国にはハイテク技術なんてほとんどない」「中国人は思い上がっていて盲目的で無知。自分が一番という考えが抜けない」「これは知らなかった。でも国内メディアが報道しないことなんだから、俺たちが知らなくても当然のことだ」「中国人は反日感情の高さと比べると、日本に対する理解は哀れに思うくらい少ない」などと反応。

日本の航空機産業の歴史に言及する「日本の航空機エンジンがひどいレベルになるわけがない。1940年代にはゼロ戦が世界で最も進んだ戦闘機だったんだから」との声もあった。

一方、日本のネットユーザーは「中国人のMADE IN JAPANに対する信頼は日本人以上に高い気がする。爆買いなんて言葉が生まれるくらい」と前置き。

その上で、「海外の航空エンジンに日本製の部品が多く使われているからと言って、日本が航空エンジンを造れるかと言ったら話は別」「しょせんは部品。日本は車以外は部品メーカーになり下がっていることを認識してないやつらが多いね。部品メーカーでは真の先進国にはなれない」などのコメントを寄せている。

中国人が称賛するゼロ戦に関しても「徹底した軽量化と機体設計で高性能を誇ったが、エンジンそのものは並だった」「防弾装備をなくし、人命軽視で傑作機の仲間入りをしてますが、エンジンは大したことはありません」などとしている。(編集/大隅)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月06日 19:55:55 : 19XYXXzg4k : f7LxKR8FKhw
部品製造ってのは簡単です、メーカーから指示された図面通りに作れば良いだけ、何も日本のメーカーがその部品を開発設計をしている訳では無いでしょう。
なので図面と材料と設備が有りコストを無視すれば何処ででも出来る仕事でしょう。
日本の技術が優れているとかコストが安いなんて話有るの?

2. 2015年12月07日 07:17:25 : xqEk6mxhpE : lQRfCI6C698[50]
>1

この人は技術系の人じゃな。図面通りに製造することがどんなに難しいか判ってないね。
「図面さえあれば誰でも造れる」なら、大学の研究室でエンジンが造れてしまうんだが、実際は製造については研究室から町工場にお願いしなければならないのが現実。
例えば大学者が新理論を発見(図面作製)しても、証明(製造)するのには膨大な時間と技術が必要で、証明したことについても評価されるだろう。
また図面に指示した材質(こんな金属があったらいいな)を実際に造りだす冶金技術も必要だが、これもどこの国でもできるものではない。
こういう諸々がエンジン部品を造るベースにある。
勿論「最先端の科学」「国家機密」というわけではないが、製造技術が先進国の証であることも確かなのだ。
だから中韓は技術者を日本の技術者をヘッドハンティングしてでも、必死になってパクろうとするのだよ。


3. 2015年12月07日 14:01:53 : 19XYXXzg4k : f7LxKR8FKhw[8]
2さん
だから書いてあるでしょう
>図面と材料と設備が有りコストを無視すれば何処ででも出来る仕事でしょう。
いまどきの日本って図面だけ有れば何でも造れるのですか?
加工の公差を決めるのは加工屋じゃないよね、加工の都合で勝手に公差を外したら駄目だろう、これ造れて当たり前、当然出来なければそれで御仕舞い。
材料にしても加工屋が材料の開発やら証明をする訳ではなかろう。
無から図面を起こし試行錯誤研究の末に出来上がった図面どおりに作るのは簡単。
図面はメードインジャパンでは無いでしょう。
加工屋や、部品製造屋は図面どおり造るだけ、それでトラブルが有れば図面どおりに造って検査して納品して有りますがと言えばそれで御仕舞いです。

4. 2015年12月08日 11:44:28 : c5SzzHJ4qU : 1JkUXhIyCaQ[1]
航空機の部品って、重要度が増せば増すほど加工する側の加工に関する自由度は無く成るよね、材料も加工の設備も加工する刃物も加工する段取りや手順や加工後の品質検査のやり方も総て指示されているはず。
民間で使われるありふれた部品なら寸法だけ出来ていれば良いとか、JIS規格を保てればそれで良いとか、材料の選択調達、其れを造るための機械の設備や段取り、加工の方法、刃物の選択、加工後の検査かなりの自由度が有る其処は加工屋の腕の見せ所、如何に安く、早く、正確に造れるかと言うところだが。
航空機の重要部品を業者任せに造るなんて考えられない事だろう。
従って量産される航空機の部品なんてのは、ほぼ総てがんじからめに造り方などが指定されていて、後は其れに対応できる設備が有るか、材料を調達出来るかに有って、製造の方法なんて加工屋や部品屋が考える事では無いだろう。
仮にそういう事案が有っても加工屋が勝手にそれで造ることは許されないはず、まずは図面を供給したメーカーとやりとりをしてメーカーの承認を得ないと造り方や加工の方法を変えるなんて事は出来ないでしょう、其処までやるかな?
其れで受注を独占して元が取れるならやるんでしょうけども。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民103掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民103掲示板  
次へ