★阿修羅♪ > 自然災害21 > 718.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島沖M7地震は前兆だった!?木村政昭教授が指摘、伊豆・小笠原で巨大地震の恐れ!「本命が近く発生する」
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/718.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 06 日 12:32:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

福島沖M7地震は前兆だった!?木村政昭教授が指摘、伊豆・小笠原で巨大地震の恐れ!「本命が近く発生する」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-14513.html
2016.12.06 12:00 情報速報ドットコム



今まで数々の地震を予測して的中させてきた琉球大理学部の木村政昭名誉教授が大地震の危険性を指摘しています。木村教授は11月22日に発生した福島沖の大地震について、「これは前兆にすぎません。“本命”とも言うべき巨大地震が近く、日本近海で発生すると、私は見ています」と述べ、後ろに大きな地震が控えていると発言しました。

この本命の巨大地震とは、関東地方南部にある小笠原諸島や伊豆諸島の空白域です。ここには世界的に見ても物凄い巨大な断層がありますが、過去数百年ほど巨大地震が起きていません。
南海トラフ巨大地震や関東直下型地震ばかりが警戒されていますが、実は小笠原・伊豆エリアこそ本命ということです。

木村教授は「フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、海底が大きく沈降した場合、大津波が発生するおそれがある。津波は同心円状に広がっていくので、太平洋側一帯は大津波の警戒が必要になります」と警鐘を鳴らしており、地震への備えを強化するように呼び掛けています。


木村政昭ホームページMasaaki Kimura’s Home Page
http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2016/11/01/1404/


福島沖「11月22日M7.4地震は前兆」専門家が不気味警告
http://www.asagei.com/excerpt/71129
 北海道から九州まで、地震の空白域はあちこちにあるが、木村氏がこれまで繰り返し主張しているのは、伊豆・小笠原沖。海底噴火で拡大を続ける西之島付近に当たるという。

「フィリピン海プレートの東縁の地震の空白域です。先般起きた鳥取地震も、ここのプレッシャーの間接的な影響とニラんでいます」

 では、もし伊豆・小笠原沖の空白域で巨大地震が発生したら、日本列島にはどのような被害をもたらすのか。木村氏が続ける。

「地震動などの直接的な影響はさほどでもないでしょうね。大きな揺れといっても、東京で震度5程度のものになると見ています。しかし、津波はそうはいかない。フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、海底が大きく沈降した場合、大津波が発生するおそれがある。津波は同心円状に広がっていくので、太平洋側一帯は大津波の警戒が必要になります。西日本、沖縄などの離島も心配ですが、これまで津波の被害をあまり受けなかった東京湾も津波が入ってくるかもしれない」


巨大地震を予知する 名誉教授の地震予知


首都圏 関東 東京 地震がある理由 2017 2018 2023 2024


サイエンスZERO - 巨大地震 “次なる災害”をとらえろ


福島沖「11月22日M7.4地震は前兆」専門家が不気味警告
http://www.asagei.com/excerpt/71129
2016年12月5日 12:55 アサ芸プラス

 津波警報が発令され、福島原発事故の悪夢が再び頭をよぎった11月22日のM7.4福島沖地震。気象庁は「東日本大震災の余震」との見解を示したが、はたしてそうなのか。ニュージーランド地震との密接な関係を論じ、これは単なる「予兆」なのだと、専門家が不気味な警告を発するのだ。

 琉球大理学部の木村政昭名誉教授が言う。

「太平洋プレートは北から南までまんべんなく押してくるんですよ。その圧力がかかった結果、弱い部分が割れて地震が発生する。3.11の東日本大震災は、ニュージーランド地震から17日目に発生しましたが、今回もひずみがたまった弱い部分が割れるだろうと注意を呼びかけていたら、案の定でした。しかし、これは前兆にすぎません。“本命”とも言うべき巨大地震が近く、日本近海で発生すると、私は見ています」

 木村氏によれば、ニュージーランドと日本近海はプレートで連動しており、地震が「伝播」するという。今回の福島沖地震も、11月14日に起こったニュージーランド地震から8日後のことだった。木村氏はそのニュージーランド地震直後、自身のブログに〈今後、日本の地震空白域での大地震の発生が心配されます〉との予測を書いていた。

 北海道から九州まで、地震の空白域はあちこちにあるが、木村氏がこれまで繰り返し主張しているのは、伊豆・小笠原沖。海底噴火で拡大を続ける西之島付近に当たるという。

「フィリピン海プレートの東縁の地震の空白域です。先般起きた鳥取地震も、ここのプレッシャーの間接的な影響とニラんでいます」

 では、もし伊豆・小笠原沖の空白域で巨大地震が発生したら、日本列島にはどのような被害をもたらすのか。木村氏が続ける。

「地震動などの直接的な影響はさほどでもないでしょうね。大きな揺れといっても、東京で震度5程度のものになると見ています。しかし、津波はそうはいかない。フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、海底が大きく沈降した場合、大津波が発生するおそれがある。津波は同心円状に広がっていくので、太平洋側一帯は大津波の警戒が必要になります。西日本、沖縄などの離島も心配ですが、これまで津波の被害をあまり受けなかった東京湾も津波が入ってくるかもしれない」

 東京湾は三浦半島東端の観音崎(神奈川県横須賀市)と房総半島南西部の富津(千葉県富津市)を結んだところで内湾と外湾に分かれ、たとえ津波が来ても、外湾と内湾の狭まった境界でエネルギーが吸収され、津波の心配はないと言われてきた。事実、気象庁もそう説明したことがある。

 だが、東日本大震災では内湾の葛西で2.6メートル、富津で3.6メートル、三浦半島北部で5メートルの津波を観測した。それ以上の大津波が襲ってくるおそれは十分にあるのだ。仮に10メートル規模の大津波が東京湾に入ってきたら、沿岸に張り巡らされた防潮堤など、全て破壊されてしまうに違いない。

 11月14日のニュージーランド大地震は、満月(フルムーン)がさらに地球に接近し巨大に見えるスーパームーンと重なってしまったため発生したと言われた。元アメリカ地質調査所の地質学者は「巨大地震は満月と新月の日に起きやすい」と言っているが、実は東日本大震災も史上最大のチリ地震(1960年、M9.5)、スマトラ島沖地震(04年、M9.3)もフルムーンの日に発生しているのだ。

 木村氏に確認すると、

「フルムーンは引力が最も大きくなり、割れそうで割れないでいるプレートの最後の一押しになると言われていますが、私自身は地球内部の力で割れると考えています」

 次のスーパームーンは18年1月1日。再来年の元日、五輪開催に向けて着々と準備を進めている東京を、巨大津波が襲うことになるのだ。

 最近、東京都民の地震への危機感が薄らいでいる。4年前には、「4年以内にM7級の地震が70%」という東京大学地震研究所の衝撃の発表がマスコミをにぎわせた。ところが今は「30年以内に64%」「5年以内に28%」(京都大学防災研究所)などと変化。もう一度、巨大津波に対する危機感を持つべきだろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5850] dGFrZWQ0NzAw 2016年12月06日 13:53:02 : EDfm2tFUnM : N2moLDIeC@4[30]
>フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、海底が大きく沈降した場合、大津波が発生するおそれがある。

上の文章の意味が不明です。一番上にある図では、太平洋プレートが沈み込んだ海溝部よりも西に位置している地域ですから、大地震が起こった場合、普通は跳ね上がるのでは?
多分、もともとの意味は

フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて地盤が軟弱なため、太平洋プレートが海溝部で大きく沈み込むと、それにつられてフィリピン海プレートが大きく一度沈降し、その直後に跳ね上がるため、大津波が発生するおそれがある。

ではないのだろうか。

しかし、自分としてはより北の三重会合点付近の方が先に地震が起こるのではという気がしてならない。

そもそも、西之島の火山活動はこの地域でかなり海のプレートが熱くなっているという意味。そうであれば、その直近では大きなゆがみの力は溜まりにくいはず。

どちらにしても、太平洋プレートがこの地域で大きく沈み込めば、次の大地震は千葉県の東方、多分、房総半島の東方から太平洋プレートの大きな沈み込みで発生するはず。
関東大震災になるはずですが、太平洋プレートが大きく沈み込むと関東平野の下のフィリピン海プレートもつられて沈み込むはずで、二重に地震波が発生する。とても大きな衝撃が地上を広い範囲で襲うはずで、本当に深刻な被害になるのでは?????

つまり、太平洋プレートが関東平野の下で数メートルとか10メートル程度動き、それにつられて、同じようにフィリピン海プレートも数メートル以上動く。両プレートは沈み込み方向が少しずれているので、両方のプレートの境界面全体、一面で多数の噛み合いが一気に破壊され、それら無数と言っていい震源から地震波が一斉に鉛直上方へ発信される。同じことがより深度の浅い、陸のプレートとフィリピン海プレートとの間でも起こるため、地上は二重に地震波が継続的に直撃することになる。縦波と横波が交互に地上に到達し、場合によっては、それらの地震波が互いに重なり、振幅が大きくなる。もちろん、逆に地震波が互いに打ち消し合う場合もあるだろう。しかし、ともかく、地下で面的に地震波が発生するので、関東平野全体が一気に被害に遭い、そのなかでも、山裾、丘などの裾では、地震波が増幅される可能性が強い。多分、強い地震波が数分間以上継続し、または、1分程度の強い揺れが何度も襲うことになり、非常に広い地域が一気に壊滅するはず。

津波、津波と強調されることが多いが、本当に危険なのは、都市部の直下で起こるM7以上の浅い地震であることを理解していただきたい。


2. 2016年12月06日 17:13:50 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1034]
「近く」 では、意味が有りませんな 地質学的には 50年後でも100年後でも 近く と言えます
いつかそのうち では、予知した事になどなりはしない ド素人の見解となんら変わり映えしないではないか


3. 2016年12月07日 11:57:18 : LlVivxZqRQ : seL4m1ag8Uc[7]
現在48時間データーをストップして逆コマ送りしていくと 照射元はアラスカの
HAARP基地 が照射元と言う事が確認可能みたいです?
これだけ照射して現在台風発生が一ヶ生存中だけなので台風発生目的ではなく海面
地下断層への照射目的のような感じに見受けられます?


http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=48hrs&anim=html5

24時間リアルタイムでストップをかけて コマ送りすると 延べ電離層に反応が現
れてから 約33時間 電離層にエネルギーを貯めてから反射させて HAARP エネルギ
ーを海面地下断層?にむけて照射しているみたいです。
前回のデーター24時間を越えても続けているようです。

48時間データーで確認して
12-5 17 UTC時間〜開始として 現在照射継続中として 延べ33時間の 12-7 0200
UTC時間まで 現在継続中?(記録画面いっぱいなので)


24hr real
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=24hrs&anim=html5
48hr
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=48hrs&anim=html5
72hr
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=72hrs&anim=html5

animationの24時間giftファイルはそのまま domainの示す各領域データーをピクチ
ャーファイルへ コピペ保存して 後々再生可能です。


リアルタイム24〜72時間データー分は保存先が違っていて改ざん出来ないのか?
現在確認出来る状態です。
一方保存分のデーターをみるど24時間データーで確認出来る画像は同時間帯でい
つものように消されているみたいです?

48時間データーで確認して(保存されるまで修正出来ないみたいです?)
12-5 17 UTC時間〜開始として 現在照射継続中として 延べ33時間の 12-7 0200
UTC時間まで 現在継続中?(記録画面いっぱいなので)

この時間帯のデーターをコマ送りして見てもいつものように消されて確認出来ない?

http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/main.html5.php?&basin=global2

最終目的は謎?ですが?

要するに これらの画像は 今まで同様に 世間に見られてはいけない気象現象な
感じに思われます?


4. 2016年12月07日 19:36:16 : LlVivxZqRQ : seL4m1ag8Uc[8]
48時間リアルデーターによるとHAARPらしき物は、
2016 12-5 1700UTC〜12-7 0900UTC時間の延べ40時間照射継続中?のようです?
コマ戻し逆送りで照射元はアラスカみたいです?

自然災害を起こしてオバマの支持率を上げてこのタイミングだと トランプ 阻止
と関係ありか?

アメリカのやる事には必ず役に立つ 裏があるそうです?

多分この台風も地盤を弱めて被害拡大する為のセットメニューかもです?
http://tropic.ssec.wisc.edu/

48時間リアルデータ
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=48hrs&anim=html5

保存データーファイルからは削除されているみたいです。

アメリカにも落雷するhaarp? 

アノニマスによると再集計の州の関係者はすでに脅されているとも ユーチューブ
で言っているみたいです。

http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=namer×pan=48hrs&anim=html5

haarpについての簡単な動画

https://www.youtube.com/watch?v=XkhFCUQvQwo


5. 2016年12月07日 20:16:23 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[418]
首都圏に 来いと念じる 芸人が

6. 2016年12月08日 19:14:20 : LlVivxZqRQ : seL4m1ag8Uc[9]
48時間リアルデーターより
2016 12-07 1500UTCまで照射して一旦終了したようです。

2016 12-5 1700UTC〜12-7 0900UTC時間の延べ40時間照射継続中?のようです?より
2016 12-07 1500UTCまでなので延べで約40時間+6時間で 合計約46時間のほぼ丸
二日に渡ってアラスカから照射していたようです?
電離層はかなり暖められているので寒気団とぶつかると色々と人工災害が起きそう
です。
ロシアのせいにしたいのか?コマ送りするとロシアの上空の電離層が小さくなって
いくように工作されていますがもう照射元がばれちゃっているので手遅れですね?

48時間データー
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=48hrs&anim=html5

72時間データー 3時間単位
72時間データーを逆コマ送りすると照射時間は延べ48時間の丸2日かもです?
これらのデーターは過去ファイルに保存されるまでの間は見られるかもしれません?
保存された後のまずい部分の過去ファイルはすぐに消されるでしょう?

http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&prod=global2×pan=72hrs&anim=html5

保存されたファイル やはり痕跡は消されているようです?
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global2/main.html


7. 2016年12月08日 19:26:49 : LlVivxZqRQ : seL4m1ag8Uc[10]
スプートニク地震タグより 

https://jp.sputniknews.com/tags/keyword_earthquake/

2016年12月08日 15:05

0282 中国の新疆でマグニチュード6.2の地震 中国地震学センター(CENC)によると、新疆で木曜午後、マグニチュード6.2の地震が発生した。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/tags/keyword_earthquake/


8. 2016年12月09日 07:44:09 : EOXZRDSzLM : uypfXXFTIns[40]
何故石炭は形成されたかなんですが、
その石炭層の上の地層の事には余り触れられていないでしょ。
石炭鉱を採取する為に必要なのはどんな地層が知る必要が有り
無闇に穴掘って見つけてる訳では有りません。
随分研修されたんでしょうがかのアインシュタインさんにも
相談が寄せられたんだと思いますが彼も頭を捻ったんだと思います。
”一体地球に何が起ったんだ”って。


9. 2016年12月10日 10:18:17 : FofuhtOJwp : HveaQdQSR7c[119]
伊豆というか箱根ね。アポカリプティックサウンドこそ収まったがガスの噴気は収まる気配が無く、噴火につながるのではないか。そしてマスゴミは真に危機的なものほど言及せず、可能性が低いものに限ってしきりに言及する。熊本地震などいい例だな。

10. 2016年12月10日 16:15:07 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[227]
>>6さん

 貴殿のコメントが余りにも不思議なのでコメントします。

 貴殿の6コメントの6行目に関して:

 電離層は大気圏のおよそ50kmから500kmまでに存在。
 対流圏は0km〜およそ11kmまでに存在。

 以上から考えると、貴殿の主張では全く違う高さにある電離層と寒気団がぶつかるということになる。そんなことがあり得るのか?

 それとも貴殿の言う寒気団とは「電離層という高層大気に存在するもの」で通常天気予報などで言う「対流圏の寒気団」とは根本的に異なるものなのか?


11. 2016年12月19日 22:21:22 : GO97cObHLh : c5KlKyEkQi4[6]
カルト板にのせる方がふさわしい内容。それでも今のカルト板は政治的に意味のある投稿がほとんどなので空耳板くらいがいいだろう。

こんな予測が一度も当たったこともないのにまだ繰り返し口から吐くのはもはや病気に近い。

※なお警戒も防災も必要である。それと当たらない予想を繰り返すのは別のことである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ