★阿修羅♪ > 自然災害21 > 771.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争もあり得る、気候変動が21世紀にもたらしかねない脅威 気温上昇で氷が溶け、出てきた天然資源をめぐりロシアなどが争う
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/771.html
投稿者 軽毛 日時 2017 年 2 月 21 日 20:59:00: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

戦争もあり得る、気候変動が21世紀にもたらしかねない脅威
安保会議
Jonathan Tirone
2017年2月21日 07:54 JST
関連ニュース
日本株は続伸、欧州政治の不安後退と円安−輸出や金融堅調、紙パ急伸
フリン氏後任の米大統領補佐官にマクマスター氏−直言恐れぬ論客
米国債市場の歴史的データ、リフレトレードに疑問呈す
東芝:メモリ事業売却で1兆円超調達へ、信用不安打ち消し−関係者
• ミュンヘン安全保障会議で国連や欧州の当局者らが警告
• 米国からはマティス国防長官やケリー国土安全保障長官も参加
海面上昇や永久凍土の溶解、スーパーストームなど、気候変動が21世紀にもたらしかねない脅威の一つに、欧州の指導者らは前世紀を最も脅かしたリスクを持ち出した。戦争だ。
  地球温暖化が及ぼす結果を環境面に絞り過ぎると、軍事的な脅威を過小評価することになりかねないと、ミュンヘンで先週末に開かれた安全保障会議で欧州や国連の当局者らが指摘した。このような警告は、気候変動が資源や国境をめぐる紛争を引き起こしかねないとの防衛・情報機関の結論を受けてのものだ。
  エスピノサ国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局長は同会議で、「気候変動は社会の混乱、ひいては武力衝突のレベルに増幅しかねない脅威だ」と発言した。この会議には米国からマティス国防長官やケリー国土安全保障長官も参加した。

Source: Met Office Hadley Centre and Climatic Research Unit, University of East Anglia
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iJrKXF7qkiEI/v2/1200x-1.jpg

  気候変動による軍事紛争の「火種が集中する地域」としてフィンランドのニーニスト大統領がパネル討論会で挙げたのは北極圏。気温上昇で氷が溶け、地表に出てきた天然資源をめぐり、ロシアなど一部の国が争うだろうと予想。「緊張は高まる」と述べた。
  同会議でロシア側当局者は欧州との平和的共存を望むとし、地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」を守ると言明した。一方、トランプ米大統領はパリ協定からの脱退をうたっており、新政権は化石燃料企業を対象とする規制の緩和に動いている。
原題:War Is the Climate Risk That Europe’s Leaders Are Talking About(抜粋)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-20/OLO0Z36JIJUP01
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月21日 22:35:06 : yeXYgkJtrc : Snq2Yom35Zg[18]
またやっております。まだやっております。

2. taked4700[5962] dGFrZWQ0NzAw 2017年2月22日 03:52:14 : L6cRxWiEP2 : tsRIyFg7RqU[3]
>気候変動による軍事紛争の「火種が集中する地域」としてフィンランドのニーニスト大統領がパネル討論会で挙げたのは北極圏。気温上昇で氷が溶け、地表に出てきた天然資源をめぐり、ロシアなど一部の国が争うだろうと予想。「緊張は高まる」と述べた。

これは多少誤誘導だと思います。現実には災害リスクがまず大きくなっていて、それにより寒冷化が発生しつつあるはず。

つまり、火山噴火とM8からM9の地震の頻発がある。現実に2004年と2011年にM9地震が起こり、火山噴火も1990年代ぐらいからかなり発生してきています。

2001年のアメリカ同時テロや2011年のアラブの春とそれ以降のISの登場による内戦はそういった文脈上で捉えられるべきものです。つまり、背景にあるのは、アメリカ本国内での大災害の連鎖であり、イエローストンの噴火、ニューマドリッド地震の再来、そして、五大湖からニューヨークあたりへ北アメリカ大陸を東西に横断するセントローレンス川が巨大活断層として大地震を起こすことです。原発がまず問題であり、次には北極圏とほぼ陸続きの北米大陸の寒冷化、または凍結が問題化しているのです。

シェール開発は地熱発電を大規模に目指したものであるはずで、火山噴火による大気中のチリの増加による日射量低下に対応したものです。太陽光発電は非常に効率が悪化し、また、そもそも植物による光合成が低下するため酸素不足が発生し、それに対応するためには化石燃料ではない暖房・発電方法が必要になるからです。

シェール開発が現実にはオイルやガスを経済的にもたらすものではないので、中東での紛争、特にイラクとリビアでの紛争が起こったわけです。現在のアメリカのシェールオイル・ガスの半分以上は現実にはイラク・リビアからのものであるはずです。

既に戦争は発生しているのです。


3. みずほ[53] gt2CuILZ 2017年2月22日 17:29:11 : CjGYIrX9yM : HW6FCFPn_hQ[54]
気候変動であり温暖化と言ってないですね。 変動の幅が大きくなれば極端な温暖化の部分と極端な寒冷化の部分が時間的場所的に遍在するのは自然なことでしょうね。でもそれが軍事衝突になる引き金を引くとは考えなかったですね。

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
4. taked4700[5963] dGFrZWQ0NzAw 2017年2月22日 18:32:01 : L6cRxWiEP2 : tsRIyFg7RqU[4]
>>03

>変動の幅が大きくなれば極端な温暖化の部分と極端な寒冷化の部分が時間的場所的に遍在するのは自然なことでしょうね。でもそれが軍事衝突になる引き金を引くとは考えなかったですね。

多分、少し誤解をされています。温暖化は二酸化炭素排出など人為的なものですが、寒冷化は火山噴火などが原因の自然的なものです。

温暖化するか、寒冷化するかは、どちらの影響が大きいかで決まり、ほぼ地球全体で起こることです。もちろん、寒冷化する場合、極地に近い方が気温は低いでしょうし、赤道に近い方が気温は高いでしょうが、下落幅で考えるとどちらが大きいかははっきりしません。その意味で、ある地域が比較的温度が高く、その他の地域では低いということはありえるはずです。同様に、ある時期には急激に気温低下し、ある時期は気温が多少上昇するということもあると思います。

ただ、地球全体で起こる現象であることに変わりはなく、全体的に寒冷化が進むと思います。天候に頼る農業は相当に影響を受け、食糧不足が地球規模で発生します。

それが飢餓レベルまで行くか、またはより深刻化するか、はっきりしませんが、自分は飢餓レベルまでは行くと考えています。そして、そうであれば、地球の各地で戦争が起こることはある意味当然とも思えます。

なお、寒冷化の原因である日射量の低下は既に始まっているようで、快晴の日でも昨年あたりから日射の強さが弱いと感じています。日射量の低下は火山噴火による微粒子が大気中に多く存在して、太陽光を大気圏外に反射してしまうからです。

既にアイスランドの火山は大規模噴火をしていますし、インドネシアなどの火山も、中米の火山も数多く噴火を始めています。今後、白頭山とか十和田湖などが噴火を始めると、本格的な寒冷化が始まっていくはずです。

なお、なぜ温暖化が問題視されているかと言えば、原発を不良資産としてみなすとまずいことになると考えている勢力がいるからでしょう。今後も原発運転をやってほしい、そして、原発事故を起こして自国の国土を汚染させ、世界の核廃棄物処分場になって欲しいと考えている人たちがいるからです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ