★阿修羅♪ > 自然災害21 > 899.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
噴火警戒レベル引き下げ検討中の御嶽山で、群発地震が継続中。 また犠牲者が出なければ良いが。
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/899.html
投稿者 地震くん 日時 2017 年 7 月 01 日 05:44:00: bjxfYNowiOS/g km6Qa4KtgvE
 

http://jisin.hatenablog.jp/entry/2017/07/01/052648

 

火山噴火予知連絡会が20日の定例会で、気象庁が噴火レベル引き下げの検討に入った御嶽山で

 

5日後の25日、M5.7・震度5強に始まり御嶽山の麓(山頂から10km付近)で群発地震が継続中です。

また、犠牲者が出なければ良いが。

 

 

 

【下図】25日〜29日の御嶽山山麓での群発地震の震源分布。

f:id:memomemokun:20170701053437j:plain

 

 

御嶽山の噴火警戒レベル 気象庁、引き下げ検討へ | 信濃毎日新聞[信毎web]

 

 火山噴火予知連絡会は20日の定例会で、2014年9月に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境)の火山活動について「静穏化の傾向がみられることから、噴火が発生する可能性は低くなっている」との見解をまとめた。気象庁火山課は7月上旬にも山頂付近を調査。入山を規制している地元自治体などと協議し、噴火警戒レベルを現在の2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)へ引き下げることを検討する。

 2月に開いた前回定例会では「今後も小規模な噴火が発生する可能性がある」との見解だった。

 予知連は御嶽山について、15年中ごろから月間50〜90回前後で推移していた火山性地震が、今年4、5月は30回台で低下していると指摘。噴煙活動も長期的に低下し、山体の収縮も続いているとした。

 石原和弘会長(京都大名誉教授)は「(火山性地震の)震源分布に広がりがないかを見る必要がある」と述べた。気象庁の斎藤誠・火山課長は、山頂の調査について「注意が必要な箇所を確認したい」とした。

 

 噴火警戒レベルとは別に、木曽郡木曽町と王滝村などは火口から約1キロ圏以内の登山道を入山規制している。両町村は、レベル1に引き下げられた場合、シェルター(退避壕(ごう))整備など山頂一帯の防災態勢を強化した後に規制解除を検討する。原久仁男木曽町長は「まだ2年ほどは山頂に登れるようにならないかもしれない」と見通した。

 御嶽山の噴火警戒レベルは、14年9月27日の噴火直後に3(入山規制)に引き上げられ、15年6月から2となっている。

 予知連は、浅間山(長野・群馬県境)について「火山性地震はやや多い状態」とし、「今後も小規模な噴火が発生する可能性がある」とした。

 20日の会合で会長を14年務めた藤井敏嗣・東大名誉教授が退任し、石原京大名誉教授が新会長に就いた。

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ