★阿修羅♪ > 国際12 > 257.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
サウジアラビア「イランとの外交関係を断絶」
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/257.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 1 月 04 日 09:50:57: Mo7ApAlflbQ6s
 

※関連記事

「サウジ、シーア派指導者ら47人処刑 宗派間の対立悪化も(ロイター)」
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/754.html

=============================================================================================================
サウジアラビア「イランとの外交関係を断絶」[NHK]
1月4日 8時26分

サウジアラビアがイスラム教シーア派の指導者の死刑を執行したことに反発したデモ隊によって、イランにあるサウジアラビア大使館が襲撃されたことを受けて、サウジアラビアのジュベイル外相は、首都リヤドで記者会見を開き、「イランとの外交関係を断絶する」と発表しました。

イスラム教スンニ派の大国、サウジアラビアが、政府への抗議デモを主導したなどとして、シーア派の指導者のニムル師の死刑を執行し、これに反発したシーア派のイスラム教徒たちが中東各地で抗議デモを行い、このうちシーア派の大国、イランの首都テヘランでは、デモ隊がサウジアラビア大使館を襲撃して火をつけました。

これを受けて、サウジアラビアのジュベイル外相は3日、首都リヤドで記者会見を開き、「イランとの外交関係を断絶する」と発表し、そのうえで「イランの外交団に48時間以内にサウジアラビアを退去するよう求める」と述べました。さらにジュベイル外相は「イラン側がサウジアラビア大使館が襲撃されることを止めなかった」と指摘し、イランの対応を強く非難しました。

これに対して、イラン外務省のアブドラヒアン次官は現地メディアに対し、「外交関係を断っても、シーア派の指導者の死刑を執行したという大きな過ちは覆い隠すことはできない」と述べて反発しました。

サウジアラビアとイランの間では、内戦が続くシリアやイエメンの情勢などで対立が続いていて、サウジアラビアが外交関係を断絶すると発表したことで、両国の間で緊張が一層高まることが懸念されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160104/k10010360121000.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月04日 13:35:51 : sSJVAIVd0s : L5F4tUKHcm0[82]
▼「サウジによる処刑方法はISISと同類」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61210
▼人権問題に対する西側のダブルスタンダードの代表例サウジアラビア
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61198
▼言葉以外の道具を持たなかったナムル師
▼アメリカの主要同盟国サウド王朝は野蛮さで世界首位
▼ISISはスンニー派の詐欺集団でサウジ・CIAの野合の産物
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/241.html#c2←2

2. 2016年1月04日 22:13:18 : sSJVAIVd0s : L5F4tUKHcm0[83]
▼バーレーン、サウジアラビアに続いてイランと外交断絶
http://jp.sputniknews.com/politics/20160104/1403675.html
★サルマーン王子は、国防大臣で、王国を、今年3月から、サルマーン王子が“Operation Decisive Storm”とコード名をつけた隣国イエメンでの狂気の戦争に引きずりこんだ。サウジアラビアが、エジプト、モロッコ、ヨルダン、スーダン、アラブ首長国連邦、クウェート、カタールとバーレーンを含むアラブ諸国の連合を率いている。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/isis-3403.html
★バーレーン(wikipedia)ペルシア湾のバーレーン島を主島として大小33の島から成る君主制の島国である。王家のハリーファ家はクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じくアナイザ族出身でスンナ派。
1880年 イギリスの保護国となる
1931年 米国の国際石油資本スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア(英語版)(通称ソーカル、SoCal。現:シェブロン)の子会社であるen:Bahrain Petroleum Company(BAPCO)が石油を発見。
1968年 イギリス軍のスエズ以東撤退が発表されたのを契機に、バーレーンを含む湾岸の9首長国が連邦結成協定を結ぶ
1971年 バーレーン国として独立
外交:隣国サウジアラビアとは、王家が同じ部族の出身ということもあって関係が深く、実質的な保護国となっている。2011年バーレーン騒乱の際は、サウジアラビアの軍事介入によって事態が収束した。
軍事:軍事面では湾岸戦争後、アメリカと防衛協定を結び、アメリカ軍が駐留しており、第5艦隊の司令部がある。南部の約25%がアメリカ軍基地となっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3
★ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王(wiki)現バーレーン国王。1950年7月15日、イギリス保護国バーレーンで当時の皇太子イーサ・ビン・サルマーン・アール・ハリーファの長男として誕生。1964年6月27日、初等教育の完了に合わせ皇太子となる。その後イギリスへ留学し、1968年までレイズ・スクール (en) 、アルダーショット (en) 、サンドハースト王立陸軍士官学校で学ぶ。1971年 バーレーン独立。内閣が組織され、国防大臣に就任。即位までは主にこの役職を務める。1972年 アメリカ陸軍指揮幕僚大学へ留学。翌年卒業。1999年3月6日、父のイーサ首長が急死。後継の首長として即位する。2002年 憲法改正に伴い、バーレーンは王制へ移行。初代国王に即位。
民主化政策:反ハマド政権の市民数百人を政治犯として逮捕・拘束・虐待などの弾圧をしており、度重なる市民デモによる抗議やアムネスティなどの人権擁護団体から政治犯の釈放を求められている。
画像:2006年、アメリカ訪問時のサルマーン王太子(左)。右は当時のラムズフェルド国防長官。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1
▼ISISはスンニー派の詐欺集団でサウジ・CIAの野合の産物
サラフィズムはジャマル・ウド・ディン・アル・アフガニというイギリスの工作員で悪名高い詐欺師に率いられて18世紀に始まった。アフガニはエジプトのフリーメーソンのグランド・マスターであるばかりでなく、ブラバツキー夫人とアレイスター・クロウリーを含むヨーロッパのオカルト・リバイバルにおける中心軸となる人物であった。アフガニはまたアメリカにおけるネーション・オブ・イスラムのメーソン的教義の原因となった人物である。
アフガニのイギリスのハンドラーであるウィルフレッド・スコーイン・ブラントは、オスマン帝国に取って代わる、イギリスが統制する「カリフ帝国(ムスリム社会全体の指導者の統治領)」の設立を提案するはずだった。この新しいカリフ帝国というアイデアは後にアラビアのロレンスと言われたT・E・ロレンスによって積極的に実現が図られた。彼はオスマン帝国に対するアラブの反乱をイリュミナティの王立国際問題研究所(RIIA)のために指導した。この組織はロックフェラーのCFR(外交問題評議会)の姉妹組織である。
http://rockway.blog.shinobi.jp/Date/20140821/

3. 2016年1月06日 18:53:32 : sSJVAIVd0s : L5F4tUKHcm0[86]
▼地域における大虐殺挑発を狙った、サウジアラビアの処刑
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-8732.html
▼ドイツ紙、「サウジは石油とテロ以外に世界に輸出するものはない」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61216
▼ロシアの元議員、「サウジは、対イラン関係の悪化を狙いナムル師の処刑を予め計画」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61253
▼イギリス首相がサウジアラビア訪問をキャンセル/国内の政党の圧力を受け
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61256
▼サウジの人権理事国選出問題で、イギリス政府に圧力
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61246
▼スイス外務省がサウジアラビアの代理大使を召喚
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61252
▼ベルギーのサウジ大使館前で大規模な抗議集会
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61241
▼カナダで、サウジに抗議するデモが実施
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61243
▼イラン外務省報道官、「偏った反動的な措置に訴える必要なし」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61248
▼イラン国連大使、「イランはサウジ外交官の安全保護に努力」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61249

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ