★阿修羅♪ > 国際12 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パク大統領 北朝鮮制裁強化へ中国の積極的関与求める:中国以上に問題解決で影響力を行使できる韓国
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/331.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 1 月 13 日 22:13:32: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


パク大統領 北朝鮮制裁強化へ中国の積極的関与求める[NHK]
1月13日 18時36分

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、北朝鮮の核実験について容認できない挑発だと厳しく非難するとともに「中国が、必要な役割を果たすと信じている」と述べ、北朝鮮に対する制裁強化に向けて中国の積極的な関与を求めました。

韓国のパク・クネ大統領は13日午前10時半からソウルの大統領府で、国民向けの談話を発表し、北朝鮮が4回目の核実験を行ったことについて「全世界の平和と安全を脅かす容認できない挑発だ」と厳しく非難しました。そしてパク大統領は北朝鮮が態度を変えるような以前とは異なる強力な制裁が必要だと強調し、そのためには中国の役割が重要だと指摘しました。そのうえで「厳しくつらいときに手を取り合うのが最高のパートナーだ。中国が、国連安全保障理事会の常任理事国として、必要な役割を果たすと信じている」と述べ、北朝鮮に対する制裁強化に向けて、中国の積極的な関与を求めました。

また、パク大統領は続いて行われた記者会見で「これまで中国は、たびたび『北の核は不要だ』と公言してきた。その確かな意思を見せるときだ」とも述べ、一部の韓国メディアは「習近平国家主席への圧力だ」などと伝えています。

このほかパク大統領は軍事境界線の近くで再開した北朝鮮向けの宣伝放送について、最前線の北朝鮮軍兵士に与える心理的な影響は大きいとして、意義を強調するとともに、今後、北朝鮮が反発して新たな挑発行動に出ないようアメリカ軍と連携してけん制していく考えを示しました。


北朝鮮への影響力で中国との関係強化

パク大統領としては就任以来、北朝鮮への影響力を考慮して中国との関係を強化してきただけに、4回目の核実験を行った北朝鮮に対し、中国にはこれまで以上に強い姿勢を示してほしいというのが本音です。

韓国にとって中国は最大の貿易相手国で、経済面で切っても切り離せない関係にあるだけでなく、北朝鮮に大きな影響力を持つため安全保障面でも重要な存在だとして、パク大統領は就任以来、さまざまな形で関係強化を進めてきました。去年9月には日本やアメリカなどが懸念を示すなかで、北京で開かれた軍事パレードにパク大統領が出席し、中韓関係の緊密ぶりをアピールしました。

これについて、韓国国内でも、中国に接近しすぎだとする指摘が出ましたが、パク大統領は「核開発を進めて挑発を繰り返す北朝鮮を自制させるためには、中韓関係の強化が欠かせない」と繰り返し強調してきました。それだけにパク大統領としては、4回目の核実験を行った北朝鮮に対する制裁の強化などで、中国と緊密に連携したいところですが、両国の間で先月末に設置した軍事ホットラインを使って、国防相会談を提案しているものの、中国側からの返事は無いということです。

韓国政府は14日、ファン・ジュングク朝鮮半島平和交渉本部長を北京に派遣し、中国の武大偉特別代表と協議する予定で、関係強化の流れを受けて、中国側から積極的な姿勢を引き出したい考えです。


中国「各国の共同の責任だ」

パク大統領が北朝鮮に対する制裁強化で中国の積極的な関与を求めたことについて、中国外務省の洪磊報道官は13日の定例の記者会見で「中国は、朝鮮半島の非核化を推し進めて東アジアの平和と安定を守るという大局に立って北朝鮮の核問題をとらえている。北朝鮮への対応は中国、韓国、それに各国の共同の責任だ」と述べ、中国ばかりに責任を負わせず、各国でともに取り組むべき問題だと、強調しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160113/k10010370091000.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ