★阿修羅♪ > 国際12 > 568.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フランシスコ法王とキリル総主教、正教会とカトリック教会の統一に言及:教義もだが組織論と利権の問題で統一は困難
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/568.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 2 月 13 日 18:46:43: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


フランシスコ法王とキリル総主教、正教会とカトリック教会の統一に言及[スプートニク日本語]
2016年02月13日 15:12(アップデート 2016年02月13日 15:35)

ロシア正教会を代表するモスクワ及び全ルーシ総主教キリルとローマ・カトリック教会を代表するローマ法王フランシスコは会談を終え、ハバナで宣言文に調印した。

宣言では、中東・北アフリカのキリスト教徒差別を止めるべく、「即刻」対策をとるよう、国際社会に呼びかけがなされた。

シリアとイラクでは数千の人命が奪われ、数百万人が家や財産を奪われている、との指摘の上、テロ対策、暴力の停止で国際社会が結束するよう、呼びかけがなされた。

キリスト教徒徒が信教の自由を制限され、信仰を告白し、それに従って生きる上で、しばしば困難に直面するようになっているという。

両者はまた、教会の統一が失われたことを憂えた。今回の会談は全世界のキリスト教徒に対し、ひとつの教会で祈りを捧げる希望を与えるだろう、と語られた。


http://jp.sputniknews.com/life/20160213/1601777.html

======================================================================================================
ローマ法王とロシア正教トップ、東西分裂後初会談へ[日経新聞]
2016/2/13 0:12

 カトリック教会の頂点に立つローマ法王フランシスコと、東方正教会で最大のロシア正教会のキリル総主教が12日(日本時間13日未明)、キューバで会談する。ロシア正教会とローマ法王庁(バチカン)のトップ対談は初めてで、1054年に東西に分裂したキリスト教が融和へ動き出すことになる。歴史的な会談が実現する裏には、「イスラム国」(IS)などイスラム過激派が台頭していることへの危機感があったようだ。

 Q カトリック教会と東方正教会、ロシア正教会との関係は。

 A キリスト教は教義の違いなどから1054年にカトリック教会と東方正教会に分裂した。カトリックが法王を最高指導者とするのに対し、正教会は法王に相当する地位を設けていない。それぞれの独立教会が対等とする点がカトリックと大きく違う。

 東方正教会は各地の正教会の連合体だ。コンスタンティノープル総主教を代表と位置づけるが、法王のような権限は持たない。現在は東方正教会の信者のうち約3分の2をロシアが占めるとされる。

 キリスト教で最大勢力のカトリック教会は1962〜65年の「第2バチカン公会議」で他の宗教や宗派との対話路線を打ち出し、正教会とも関係改善を図ってきた。最近では14年にコンスタンティノープル総主教のバルトロメオ1世がバチカンを訪れるなど融和の機運も高まっている。だがロシア正教会は東欧やロシアでカトリックが勢力を広げることを警戒し、距離を置いてきた。

 Q なぜロシア正教会はバチカンを敬遠していたのか。

 A かつてスターリンはソ連内のカトリック教会をロシア正教会に引き渡した。だが共産主義が崩壊するとウクライナ西部を中心にカトリックが多くの教会を取り戻すなど巻き返し、ロシア正教会はこれを脅威ととらえた。それが対話に向かう意味合いは大きい。

 Q 会談実現のきっかけは。

 1つは中東やアフリカで「イスラム国」やボコ・ハラムといったイスラム過激派組織が台頭し、結束してキリスト教徒を守る必要性が高まったことだ。会談の内容もキリスト教徒の保護が中心になると両教会が説明している。

 具体的にはキューバのカストロ議長が仲介したと報じられている。フランシスコ法王は米国とキューバの国交回復を促した経緯があり、15年にカストロ議長との会談でロシア正教会との対話に協力するよう求めたもようだ。

 プーチン大統領の後押しも加わったとみてよさそうだ。大統領は繰り返しバチカンを訪問し、ヨハネ・パウロ2世やフランシスコ法王に会っている。03年の会談ではロシア正教会とカトリック教会の和解を推進することで一致した。ローマ法王は西欧との対話の窓口になり得る存在で、そのためにも宗派間の対立を解消したかったからだ。

 Q 外交問題についても話し合うのか。

 A シリア和平やウクライナ問題に加え、バチカンの長年の悲願とされる法王の訪ロも話題になる可能性がある。ただ、会談の内容は詳しくは公表しない公算が大きい。

(ジュネーブ=原克彦)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H6N_S6A210C1FF2000/?dg=1

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月14日 13:55:37 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[69]

「宗派問題の対立を解決したかった」というようなニュースは、少なくとも私は目にしたことがない。カトリックがロシア正教に近付く「理由」が対立の解消だと、誰が思うだろうか。
 カトリックは自分の利益しか考えてこなかった集団であるからして今現在ロシア正教に近付く理由は「自分たちの利益」だ。


 カトリック(も含めて西欧キリスト教界)は自分たちの全貌が世界に知れ渡っていることを、今ようやくさとったらしい。
保身にまわってあれこれやっているのはご存知のとおり。


地獄に落ちたらいいだろう。
(重そうな白い衣装と縦長の(どういう意味か知らんが)帽子をかぶったままで)


2. 2016年2月14日 15:01:38 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[518]
キューバにおいて、ロシア正教のウクライナ管轄をカトリックが認める、という政治的意味、メッセージに注意されたい。気付かないと読みを誤るぞ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ