★阿修羅♪ > 国際12 > 614.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『アメリカ・インディアンの歴史』プロパガンダとジェノサイド
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/614.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 2 月 18 日 14:38:55: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


アジア人は、アメリカ先住民の歴史を知ることが必要だと思います
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/02/09/8014082
のつづきです。


『アメリカ・インディアンの歴史』グレッグ・オブライエン 読了


今まで読んだ中で、一番詳しい。


しかしながら、どうにも納得出来ないことがある。


ヨーロッパ人との接触によって先住民が伝染病になり、とんでもない数の人々が死んだというのである。
こういう話は、あらゆる歴史書に書かれているわけだが。



以下引用


アメリカ大陸には新種の病原菌は、この「病原菌の処女地」で猛威をふるい、何千人ものインディアンを殺した。アメリカに持ち込まれた死にいたる病気は、天 然痘、腺ペスト、はしか、インフルエンザ、百日咳、コレラ、マラリア、黄熱病、ジフテリアなどである。ふたつかそれ以上の病気が、しばしば同時にインディ アンコミュニティーを襲った。やってきたヨーロッパ人やアフリカ人それらの病に罹患したが、すでに免疫力があったため助かることが多かった。


中略


「死者の数は、驚愕するほどだった。場所によっては、死亡率が100%にもなった。ヨーロッパとの接触から1世紀で、先住民族の人口は、接触前の1割から 3割にまで激減した。だが、全ての先住民集団が、一律の死亡率を経験したわけではない。居住地や人口規模(人口が少ない集団ほど全滅しがちだった。)病気 にかかった時の処置の施しようで、死亡率は変わった。


中略


メキシコの先住民人口は、1519年の2500万人から、1599年には150万人になっていた。ペルーの人口は900万人から50万人にまで落ちた。フロリダのティムカインディアンは、接触時30万人の人口が、17世紀の終わりには、たった1000人になっていた。」


以上引用


とあります。


でも、メキシコって、現在では人口が1億2000万人ほどいて、90%が先住民と先住民の混血ですよね。
先住民だけ病気になって激減したはずなのに、おかしいですね。



では、ペルーはどうか?


ペルー
人口     
約2,722万人 そのうち約700万人が首都リマに集まる。地域別人口分布は海岸地域が全体の52%、アンデス山岳地域が36%、そしてアマゾンのジャングル地域が12%となっている。全人口約72%が都市部に集中。
人種構成  インディヘナ45% メスチーソ(混血)37% 白人15% 東洋人・黒人3%


参考 nishikawatravel.com/kihon_que.htm



人口が、900万人から50万人に激減したそうだが、現在の人口の45%は先住民で、約1250万人も居る。さらに、37%が混血であり、その数約1000万人。
全体の82%は、先住民かその混血である。


全く絶滅していないではないか。


そして、病気に対する免疫が強かったはずの白人は15%で、黒人は3%以下しか居ないではないか。


もちろん、中南米でも植民地支配なり奴隷労働なり戦争なり様々な出来事があったはず(鉄砲の伝来がもたらした戦争については、日本の戦国時代を思い返せば良い)だし、人口の減少も起きているだろう。
だが、この数字はおかしいのである。


筆者は、この当時の人口減の話は、誇大(プロパガンダ)なのではないかと思った。


というのも、日本でも天然痘の流行というのはあったのだが、死者というのは、3万とか5万である。
相当な死者数だが、そんなものである。


南北アメリカに住んでいた先住民も、モンゴロイドなのである。



では、なぜそんな話になったのか?

「メキシコの先住民人口は、1519年の2500万人から、1599年には150万人になっていた。」

この数字は、アメリカに住んでいた先住民族2500万人が、現在150万人になってしまった現実の数字とダブるのだ。

それを病気のせいにしてるんじゃないのか??

そして、1599年までに病気で150万人まで減っていたことにしないと都合が悪いことがあったのではないか?

それは何か?

1600年代に入ると、アメリカでイギリス人を中心とした本格的な植民が始まるのである。

つまり、1599年までに人口が減っていないと、1600年以降に入植し始めてアメリカを占拠した入植者や植民地経営者たちにとって都合が悪いのである。

植民(特に煙草の植民地栽培=バージニアなどは、まさにそれ)によって、アメリカ先住民が武力によって追い出され、やがて分断統治によって戦争させられて殺されていった事実を隠蔽するためなのではないか。


なぜ、天然痘という話になったのか?

天然痘はワクチンが撲滅したとされている。
このワクチンを発明したのは、イギリス人医師のジェンナー

ジェンナーが発明したとされる天然痘ワクチンは、アメリカ合衆国の誕生とほぼ同じ時期なのである。

つまり、英米は、スペインがアメリカ大陸にやってきた時に天然痘がアメリカ先住民を激減させ、その空いた土地に自分たちがやってきて、「自分たちが発明した天然痘ワクチンが、人々を救った」という話にしたかったのではないか?

こう考えると、この数字の意味が見えてくる。

当たり前だが、彼ら植民者が来た当時は、アメリカ東岸に居たアメリカ先住民達は、豊かな環境の中で暮らしていたのである。

それらの人々は、アメリカが独立宣言をする頃には、最も住みやすかったはずのアメリカ東岸から、ほぼ完全に追い出されるか滅ぼされてしまっているのである。

「フロリダのティムカインディアンは、接触時30万人の人口が、17世紀の終わりには、たった1000人になっていた。」
というのが、まさにそれだ。

そして1800年代後半のアメリカ先住民の人口は、わずか25万。
これを『ジェノサイド』や『特定民族の殲滅計画』と言わずに、何をジェノサイドと言うのか??


『アメリカ・インディアンの歴史』プロパガンダとジェノサイド  velvetmorning blog


**********引用ここまで**********


嘘と捏造と歴史を持つ、昔も今も大量殺人国家アメリカでんな


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月18日 21:45:31 : Y3y9qwVfdg : GvsBU3WISqg[15]
天然痘は意図的に拡散された。兵器として使うなら高度な医学知識が必要だ。誰が発案したのだろう。

天然痘
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E7%97%98
(抜粋引用)
北アメリカでは白人によって故意に天然痘がインディアンに広められた例もある。フレンチ・インディアン戦争やポンティアック戦争では、イギリス軍が天然痘患者が使用し汚染された毛布等の物品をインディアンに贈って発病を誘発・殲滅しようとした。19世紀に入ってもなおこの民族浄化の手法は続けられた。モンタナ州のブラックフット族(英語版)などは、部族の公式ウェブサイトでこの歴史を伝えている。

アメリカ・インディアン悲史 藤永 茂 (著)

「また英軍側は・・・司令官アムハーストはフォート・ピッツの病院から天然痘菌を得て、これを布地、毛布につけ、インディアン達に配布して、その大量抹殺を試みた。おそらく、細菌戦術実施の最初であろう。」

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E6%82%B2%E5%8F%B2-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E9%81%B8%E6%9B%B8-21-%E8%97%A4%E6%B0%B8-%E8%8C%82/dp/4022591218


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ