★阿修羅♪ > 国際12 > 618.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプからプーチンへの手紙・ブッシュ家からの脅迫/ケネディ暗殺の立役者とは
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/618.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 2 月 18 日 21:40:37: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


最高裁判事が殺人されたと伝えるトランプからプーチンへの手紙で、ロシア政府が動揺
Kremlin In Turmoil After Trump Letter To Putin Suggests US Supreme Court Justice Was Murdered


2月14日【What does it mean】http://www.whatdoesitmean.com/index2000.htm より翻訳


Sorcha Faalから西側諸国の読者に向けた報道


今日、ロシアの大統領官邸(OP)からロシア政府に目の覚めるような報告書が提出された。


以下は同報告書の内容より。


アメリカ大統領選挙の候補者であるドナルド・トランプ氏がプーチン大統領宛に出した極秘の手紙を受け取った後、ロシア政府上層部は混乱の最中にある。アメリカの億万長者であるトランプ氏は、この手紙で昨日のアメリカ最高裁判事アントニン・スカリア氏の死を予想していたように見え、さらに彼の死はおそらくは政治的な同機による殺人ではないかと示唆している。



2月12日、ニューヨークに位置する在米ロシア連邦の恒久使節が、トランプ・オーガナイゼーションから「通信を含む小包」を「手渡し」で受領したが、その中にはドナルド・トランプ氏からプーチン大統領に宛てられた手紙が含まれており、モスクワにいるロシアの大統領に即座に「機密に送信」するよう求められていた。


ドナルド・トランプ氏には会ったことはないものの、アメリカが世界中で戦争に関与することを明白に嫌悪していることからプーチン大統領は以前に彼に対して「聡明で才能のある」と賞賛したことがある。さらに世界的なトップのビジネス界の巨人なら誰でも知っていることだが、プーチン大統領宛の手紙を直接的で安全な通信方法でロシア政府に送った正しい「手順・手続き」を認識していたと認めているという。



トランプからプーチンへの手紙の主な焦点は、2月12日時点でロシア政府内で進行中であった軍産複合体委員会の会合に関する懸念であった。同会合では、2015年の国防物資調達プログラムの業績の見直しで、ロシア連邦内の防衛産業における現在・未来の発展の展望を分析するというどちらかといえば普通の会合であった。


メドヴェージェフ首相は同会合が始まる1時間前にはドイツで報道陣と会合していたが、ロシアの首相はその場で、世界列強は全サイドが交渉の場に臨むことを強制し、地球上で新たな戦争を始めさせない」ようにする必要があると警告を発している。



ロシア首相の発言を受け、西側のプロパガンダ御用達メディアはメドヴェージェフ首相は世界第三次大戦を起こすと脅迫したと公表しているが、トランプは手紙 の中でプーチンに対して「冷静な対応を懇願」し、現在のアメリカ大統領選における自らの個人的な考えとして、トランプ氏が選挙に勝利すること、そして彼が 大統領になった際にはロシア・アメリカ両国の間に「平和と繁栄」の新しい時代が訪れるだろうとプーチンに伝えている。


しかし、ト ランプ氏が次期アメリカ大統領になることを「示し、証明する」個人的な分析内容をプーチン大統領に説明している一方で、さらにアメリカの行政構造、特に ブッシュ家に対する「深刻な懸念」を表明している。トランプ氏の勝利が事実になりつつある現実から、トランプ氏自身、あるいは他の彼の支援者を傷つけると ブッシュ家から警告されたというのだ。


ドナルド・トランプ氏は過去に、「論議を呼ぶ・陰謀論的な」傾向を見せていたが(オバマ大統領はアメリカ市民ではないとする「バーセリズム賛同者」的立場など)、この手紙の中で彼が概要を説明する「深刻な懸念」の内容についてはさらなる調査に相応しいとプーチン大統領に訴えかけている。


特にドナルド・トランプがこの手紙の中で述べているように、彼の「主な敵対者」ジェブ・ブッシュの家系は、第二次大戦前および最中に家長であったプレスコット・ブッシュはアドルフ・ヒトラー率いるドイツのナチ政権に資金提供し共謀することで家の富を築き上げたと伝えている。



(画像 アドルフ・ヒトラーとプレスコット・ブッシュ)



(「罪状:敵との取引(ナチス)
罰:1952年〜1963年までコネチカット州 上院議員に選出される」)


また同じ手紙の中では、ヒトラーへの資金提供から蓄えたブッシュ家の財宝を用い、プレスコット・ブッシュの息子、ジョージ・H.W.ブッシュはCIAとのつながりを利用してアメリカの秘密のエリート家族に存在する階級を上がり、そしてジョージ・H.W.ブッシュは1963年11月22日のジョン・F・ケネディ大統領の暗殺の構想において、直接的、あるいはさらにリーダー格として関与していたと記されていた。




さらに悪いことに、ケネディ大統領暗殺の首謀者としてジョージ・H.W.ブッシュには報酬として、1976年にCIA長官としての座が与えられたが、これは現在、ウォーレン委員会報告書として知られるものの中で、自身もケネディ大統領暗殺の隠蔽工作に関与した中心的な共謀者であったジェラルド・R・フォード大統領によって行われていたとその手紙は続けている。


CIAの統制権を手にしたジョージ・H.W.ブッシュは、アメリカでも最も邪悪な軍事作戦を管理したオフショアの国際商業信用銀行(BCCI)の設立に貢献したが、同銀行が関与した軍事作戦にはオサマ・ビン・ラディンへの資金提供が含まれており、ビン・ラディン家からブッシュ家へ、直接に数百万ドルの支払いがなされていたとトランプ氏は手紙の中で説明している。



(図 ブッシュ家とラディン家のネットワーク)


ビン・ラディン家から受領した数百万ドルによってさらに富を築いた後、1980年、ジョージ・H.W.ブッシュはアメリカ大統領になろうとするも、ロナルド・レーガンに敗れる。しかし大統領の座についてわずか3ヵ月後の1981年3月、レーガン大統領はジョージ・H.W.ブッシュの元ビジネスパートナーの息子で精神的に病んでいた息子、ジョン・ヒンクリーが銃を発射し、暗殺を間一髪で免れている



(画像 「ブッシュとヒンクリーは旧来の家族ぐるみの付き合いがあった」)


トランプ氏の命に対する「深刻な懸念材料」を作り出しているブッシュ家に対する明らかな証拠が蓄積されてはいるものの、この手紙の終わりの部分に彼が次のように述べているのは気がかりだ。


「私はこの点についてお約束ができます。私はあなたにテキサス州で会合をすることは絶対にしないでしょう。私たちのどちらか一人が生きて出てくることができないかもしれないからです!」


トランプ氏のプーチン大統領に宛ててこの表現が「ダーク・ユーモア」を狙ってのことかは完全には理解できないが、プーチン大統領がトランプ氏からの手紙を受領して24時間以内に、アメリカ最高裁判事のアントニン・スカリア氏が予期せぬ突然の死を迎え、その後にアメリカ大統領選は混乱とカオスの中に放り出されたということは確実である。そしてアントニン氏が亡くなった場所は・・・テキサスであったのだ。



★この記事は、 WhatDoesItMean.Comのリンクを貼り付けることで転載が認められている。詳細はCC-BYおよびGFDLにて説明のあるとおり。


【注記】西側政府および西側諜報機関は積極的にこの報告書に記されている情報について、否定しようと活動しているが、それは地球上で起きている多数の悲惨な変化やこれから起ころうとしている出来事を市民に知らせ、警戒するのを恐れているためである。


この報告を記したSorcha Faalのシスターは、彼らの考えには強く反対し、あらゆる人類は真実を知る権利を有すると考えている。


私 たちの使命はかかる政府の物とは相容れないものであり、政府の「工作員」からの私たちに対する反応は、長期間に渡る偽情報、あるいはミスリード運動で、私 たちの報道に対する信用を損なうことを目的にしており、その詳細は「Who Is Sorcha Faal?」のページにまとめておいた。


(翻訳終了)



*****


【コメント】


今は学期の中休み(ハーフ・ターム)で翻訳のペースががた落ち中です。すいません。


最後の転載に関する注記部分は一般的な常識かとは思いますが、最近様々な独立系メディアでこのような「リンクを貼ることを条件に転載を認める」風潮が目立ってきたので訳しました。


このサイトの情報はかなりおもしろいのですが、著者のSorcha Faalさんの経歴のページもおもしろいです。時間の都合上翻訳はできませんが、興味のある方は機械翻訳ででもぜひ。


こ ういう情報は、日本では「陰謀論」に反対的な立場人からはまともに読まれもせずに「陰謀論」レッテルを貼られてスルーされることもありますが、この記事に 貼り付けてあるリンク先などをご覧いただけるとわかるように、ガーディアン紙なども含め信頼性の高そうな情報元も多いもので、むしろこういった情報をまっ たく報道しない日本のメディアの方が「陰謀」なんじゃないかと思えるほどです。


ロシアのメドヴェージェフ首相の発言も、戦争を回避しようというロシア側の立場を表舞台で明確に表しているものですが、こういう発言はことごとく西側メディアにスルーされ、あるいは都合よく曲解されることが多いようです。


最近のリビア・イラン・シリアなどの紛争の際も、軍事介入を避けようとするロシアの立場は一貫しており、「シリア国内でロシアが病院を攻撃!」などの報道に対しても、ロシアは「西側メディアが名前を挙げているような病院は存在していない」と淡々と返してはいるのですが・・・


先日カナダ人の女性ジャーナリストの独白動画を見ましたが、シリアやパレスチナなどで取材をしていた彼女によれば、同地域の西側メディアの報道はでたらめばかりだとか。


例 えば、西側メディアが報道する攻撃対象に住んでいる住民に個人的に安否を尋ねる連絡を取ると、「何それ?ここは平和なものだけど?」と攻撃自体がでっち上 げの場合があったり、あるいはシリアの人たちに質問しても、アサド大統領は崇拝レベルで好きか、あるいは普通に尊敬している人ばかりだとか。


そ してこういった西側がロシアを「悪魔化(demonize)」させようとする必死のメディア攻防を直接見ていると、単細胞な私にはどうしてもロシアも最終 的には「彼らの側」だという説は整合性がつかないように思えて仕方がないんですが。。あれが全部、「演技」だとするとよっぽどでしょう。


今 またトルコとシリアの国境で再燃していたり、サウジがトルコの側に立って、でもロシアがサウジを攻撃するとイスラム系国家全体を敵に廻して第三次大戦にな りそうだったりととかくきな臭い感じですが、そんな中でロシアに冷静な対応を求めるトランプ氏には強く賛成です。これまでもロシアの外交や諜報機関による 情報の開示などで、軍事介入はできるだけ避けてきましたが・・・そろそろ、プーチンの堪忍袋の緒が切れてもしょうがないとも思います。


トランプからプーチンへの手紙・ブッシュ家からの脅迫/ケネディ暗殺の立役者とは 世界の裏側ニュース


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月19日 01:51:13 : wPAs8CRB32 : @3ZSfBIJBL4[186]
ご自分で翻訳なされているのですか
ご苦労を想い拍手しておきました

2. お天道様はお見通し[120] gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1 2016年2月19日 08:28:06 : Zj86tRm9gk : QuCPXA1SZXc[33]

私ごときが翻訳できる分けないでしょ。

リンク元urlをハイパーリンクに挿入するのを忘れてしまいました。


以下がそのリンク元urlです。 お詫びして追加します。

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12130206064.html


3. 2016年2月19日 20:14:39 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[161]

>ジェブ・ブッシュの家系は、第二次大戦前および最中に家長であったプレスコット・ブッシュはアドルフ・ヒトラー率いるドイツのナチ政権に資金提供し共謀することで家の富を築き上げたと伝えている。

祖父ブッシュ、父ブッシュ、アホ・ブッシュともに人殺しで莫大な財産を築きあげた犯罪者である。同時に、他の米国ユダヤ系資本も出資しており、非シオニストユダヤを殺させ、莫大な利益を得ててきた。日本も昭和天皇・三菱・住友などが米国ユダヤ資本と組み、戦争でぼろ儲けしてきた。全く同じシステムである。


○ジョージ・W・ブッシュの曾祖父であるプレスコット・ブッシュが1926年から1942年までナチス・ドイツヘ投資を行なっていたことが、米国公文書により明らかとなった。ブッシュはドイツにファンドを設立し、軍需物資による投資を行ない莫大な利益を確保したという。当時のドイツにはスタンダード石油、GM、フォード、デュポン、IBM、ゼネラル・エレクトロニクス、JPモルガン、チェース・マンハッタンなど米国企業が進出している。これにより米国資本がナチスの軍事費へ還流され、ホロコーストの原資となった。なお、ユダヤ民族の浄化というナチズムの核心は、ゴルトンの優生学思想が基礎であるとされている。

○父ブッシュの功績〜人殺しで金もうけするブッシュ一族
http://members3.jcom.home.ne.jp/shishoukaku/07sk/160813guide/guide.html#050105
〜湾岸戦争(1990.8.2 〜 1991.4.11)における虐殺事件〜
・イラクを挑発しクウェート侵攻へ誘導すると共に、戦争準備を行っていた米国
・前年の1989年より、米国はイラクへの挑発行為と戦争準備を矢継ぎ早に行った。
・クウェートが、OPEC石油生産協定違反、イラクと共有する石油資源からの過剰な石油採掘、イラン−イラク戦争時における対イラク借款の返済要求、対イラク交渉打ち切りを行うように誘導。
・(地域紛争に備えて)湾岸諸国からの輸入石油を急増。
・1989年12月、ステルス爆撃機を含む新兵器を実験的に使用して、パナマを奇襲攻撃。(この奇襲攻撃により、イラクに殺されたクウェート人以上の人数 のパナマ人が米国軍に殺害された)
・イラクのクウェート侵攻の直前、1990年7月、米国は、コンピュータを駆使して対イラク戦の詳細な図上演習を実施。
・イラクのクウェートへの脅迫行為に全く異議を示さないばかりか、イラクに対する事業契約、農業貸付補助金付与、武器売却を促進。     
・一方で、イラクが米国からのみの輸入に依存している米、とうもろこし、小麦等基本的作物の食糧供給に対する貸付を1990年春に打ち切り。これにより、イラクでは食糧不足が発生。
・クウェート侵攻に関するサダム・フセインの質問に対して、エイプリル・グラスピー在イラク米国大使は容認発言。

○湾岸戦争を契機とする米国の経済制裁は91年から開始され、これによりイラクは深刻な食糧危機に見舞われた。食糧自給率が30%程度であったことから栄養事情は急激に悪化し、乳児の死亡率は80年代当初から100%以上も増加する。一連の経済制裁による死亡者は約150万人に達し、内50%が児童や乳児であったことから国際的に非難が高まった。TPPにより食糧の対外依存が加速することは確実だが、イラクの災禍は有事においては、それが戦略物質に転化されるという原則を挙証している。

○米国政府はロビイスト集団によって運営されているが、この図式は2001年に発足したジョージ・W・ブッシユ政権においては顕著だった。リチャード・アーミテージ国防副長官(軍需・レイセオン)、マイケル・ウィーン国防総省次官(軍需・マーティン・マリエッタ)、ゴードン・イングランド海軍長官(軍需・ゼネラル・ダイナミック)、ポール・ウォルフォウィッツ国防副長官(石油・BPアモコ)、エドワード・オルドリッジ国防予算・兵姑担当次官(軍需・ユナイテッド・インダストリアル)、コンドリーザ・ライス国家安全保障担当補佐官(石油・シェブロン)、コリン・パウエル国防次官(軍需・ゼネラル・ダイナミクス)、デック・チェイニー副大統領(軍需・TRW)など、対イラク戦を決議した主要閣僚の90%以上を軍需・エネルギー産業の元役員や経営者らが占めている。

○2001年9月ニューヨークの貿易センタービルヘ2機のボーイングが激突し崩壊、その後には激突されていない第7ビルまでもが崩壊。空軍の演習によりスクランブル発進ができないなど、確率論的には発生し得ない偶然が重なりテロは成功した。テロリスト集団はアラブ人財閥のビン・ラディンが率いるアルカイダとされ、世論は急速にイラク・アフガニスタン攻撃に傾斜し戦争へ突入する。ここでも「敵国の一方的な攻撃に対する、やむを得ない防衛戦争」という、米国の常套的なコンテキスト(文脈)が活用されるなど、9・11は「有用な危機の創出」であり、自作自演であったとする指摘が多い。

○1945年、第二次世界大戦に敗北した日本に米軍が上陸して来る。
今後の日本をどうするか、米軍の指揮官ダグラス・マッカーサーとの交渉を担当したのが、当時の大蔵省事務次官池田勇人(後に首相)の部下、渡辺武であった。渡辺の自伝である「渡辺武日記 対占領軍交渉秘録」(東洋経済新報社)によると、渡辺と米軍の最初の「大きな交渉テーマ」は、米国の銀行ディロン・リードに対する日本と天皇一族の借金返済問題であった。

明治憲法第11条により、日本の陸海空軍全ての指揮権は天皇にあり、政治・軍事の全責任は天皇にあった。米軍が天皇の戦争責任を問題にせず、真っ先に銀行ディロンの代理人として借金の取り立てを行った事は、戦争の目的が金であった事、そして米軍が米国政府の代理人などでなく銀行ディロンという私的機関の「代理人」である事を良く示している。

しかも奇妙な事に、日本は戦争のための兵器購入資金を敵国の米国ディロンから「借り入れ」ていたのだ。さらに貸し付けた側の銀行ディロンの社長が、米国の戦争省長官ウィリアム・ドレーパーであった。米軍の陸海空軍全ての指揮権を持つ戦争省長官ドレーパー本人が、敵国・日本の陸海空軍全ての指揮権を持つ天皇に戦争資金を貸し付けていた。

ディロンの親会社が、現在のブッシュ大統領一族の経営する軍事産業専門投資会社カーライルであり、そのブッシュの経営するハリマン銀行の取締役ロバート・ ラヴェットが、戦争省次官として自分の経営する兵器会社から米軍に武器を納入していた。米軍の兵器と日本軍の兵器購入資金は、同一のハリマン=カーライル=ディロンから出ていた。

日本軍と米軍が「殺し合えば殺し合う程」この銀行が儲かる「仕組み」になっていた。この銀行の私的利益のために日本と米国の軍人は「殺し合い」をした。この金儲けシステムの米国側にドレーパーがおり、日本側に天皇が居た。

ドレーパーの銀行ディロンは、戦争で莫大な利益を得た。天皇も日本軍の兵器購入資金の一部を私物化し、スイス銀行に莫大な財産を蓄積した。天皇が戦争責任を問われなかったのは当然である。日本人と米国人に「殺し合い」を行わせ金儲けする、ディロン=ハリマン銀行の日本支店長が天皇であった。最初から天皇は「日本と日本人の命」を「敵国に売り渡して」いた。

なお天皇は、スイスに莫大な蓄財が出来た感謝の印に、「敵国の戦争指揮官」ドレーパーに勲一等瑞宝章を与え表彰している。
http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/517.html


天皇家と三菱は古くから姻戚関係にある。天皇の命令で徴兵し、武器・弾薬・食料の補給もなく戦地に送り60%強が餓死・病死した。三菱は天皇の命令で兵器の原料とする金属をタダで供出させ、勤労動員によってタダ同然で働かせて兵器を売って暴利を得た。そして、ヒロヒトや三菱も米国資本・兵器産業と繋がっていた。だから優先的に原発や戦闘機F35の製造ライセンスを手にできるのである。このように、戦争財閥と繋がって300万人の国民を殺し、私腹を肥やしてきた天皇家のどこがアリガタイのか?


>検索:昭和天皇こそ正真正銘の売国奴
>戦没者の60%強140万人は餓死であった
file:///C:/Users/LaVie/Documents/private20121217/%E6%94%BF%E6%B2%BB/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%93%E3%81%9D%E3%81%8C%E7%9C%9F%E3%81%AE%E5%A3%B2%E5%9B%BD%E5%A5%B4/%E6%88%A6%E6%B2%A1%E8%80%85%E3%81%AE%EF%BC%96%EF%BC%90%EF%BC%85%E5%BC%B7%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BC%90%E4%B8%87%E4%BA%BA%E3%81%AF%E9%A4%93%E6%AD%BB%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F.htm



4. 2016年2月22日 02:40:19 : W8RodauDME : Rl0_ITINjuE[1]
アメリカのエスタブリッシュメントは頭の軽いトランプで行きたいという意図は
掴めるけど、だからどうだこうだの話は意味がないんだよね。
どうせ、トランプが大統領候補になったら、副大統領にブッシュを付けるんだろうし、面白みがない。ご存知の通り政策を動かすのは大統領ではなく副大統領。
ブッシュが候補になったら、トランプを副大統領にはしないだろうけどね。ピエロだからw
共和党は誰がなってもそんな感じ。
一方の民主党も仮にサンダースが候補になっても、クリントンが副大統領だったら意味は同じ。だから誰が大統領になるかには興味がない。
誰がなったとしても、アメリカが暴走して自壊するスピードが速まるか、暴走せずにモンロー保守に戻れるのかが焦点だろう。
アメリカ国民としては、穏健なモンロー主義的な保守を望んでいるんだろうけど、果たして当たりがあるのかというと疑問。
当たりがあったとしても、ムサシの親玉みたいなマシーン選挙でそういう候補が選べるのかも疑問。よって全く興味がない。
誰がなるにせよ、この先は米国の一国の覇権は望めないので、本来の意味でのG7体制に移行するんだろう。(G7はアメリカ、ロシア、中国、EU、イスラエル、イギリス、インド)
そこでの綱引き駆け引きになる。

5. 2016年4月09日 22:10:38 : Y39wSRqLeI : 3bT_bLdiPpU[77]
共和党崩しに送り込まれたトランプ。

まず最初にブッシュを潰した。

プーチンとは親密偽装。




[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

6. 2016年8月03日 16:06:59 : UnxEafATSo : cEBgTTutleU[6]
このナチスでぼろ儲け、自身の一族が仕掛けた自演テロ911(爆破解体されたビルの警備はブッシュ一族の所有会社が担当→ビル爆破解体の事前準備を遂行)


グァンタナモ収容施設で、イラクから連行された無実の多くの一般市民に対して
行われた拷問・殺人も、第二次大戦終戦間際から密かに出国させCIAに招き入れたナチス幹部らから継承されたもの


麻生が櫻井良子と同席した偽極右日本会議(実質統一教会)の席上「ナチスに学べ」と発言したのは、現在の自民党が上記のブッシュ・ナチスとその手先CIAジャパンハンドラーズの手先と化しているから


ブッシュと同根のロックフェラーが所有する会社の集計マシンを使った参議院不正選挙を実行する前に統一教会安倍がナチス・ブッシュと仲良く会食


マスコミが茶番扱する「陰謀」というのはこうして現実に行われている。


不正選挙の開票当確報道を、マスコミに発表させれば捏造不正内容
が一瞬で公正な事実に化け、


ナチス・ブッシュ一族とその手下の現実の不正は
架空の「陰謀」としてまるで存在していないように、闇に葬られる。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ