★阿修羅♪ > 国際12 > 699.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国の孤立主義の復活:現在の西欧諸国に似た政治状況がしっくりくるような経済的外交的条件に移行した米国
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/699.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 2 月 27 日 01:30:06: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


 もともと虚構だったとしても口の端にはのぼっていた“アメリカンドリーム”が99%の国民には無関係の絵空事と思われるようになり、正義の旗を掲げ膨大な陸上戦闘部隊で他国領域を席巻する対外行動が称賛も利益も得られない虚しいものと理解されるようになったことが、米国の現在の政治状況を生み出しているように思える。

 99%の人にとっては、“アメリカンドリーム”の実現どころか、“アメリカンドリーム”を実現した人たちのおこぼれさえろくに滴り落ちてこないという厳しい経済状況である、

 冷静に考えれば、そのような状況は、「孤立主義の復活」ではなく、米国政治の西欧化を意味していることがわかる。
(19世紀から20世紀初めの孤立主義は、戦争に明け暮れる欧州に関わることで米国の繁栄を阻害されたくはないという興隆期の精神に支えられたもの)

さらに言えば、かつての中道主義全盛の西欧諸国ではなく、中道主義が存在意義を劣化させ「国民国家主義と新型左翼主義の対立」が目立つようになった当世西欧諸国の政治状況に一気に近づいている。

トランプ氏支持者は仏国民戦線支持者に近いものがあり、サンダース氏支持者はスペインPODEMOSに近い価値観を感じる。

========================================================================================================
米国の孤立主義の復活
コラムニスト ギデオン・ラックマン

 中東が戦闘の炎に包まれ、ロシアが暴れ回っているのはなぜか。それは、オバマ米大統領が弱く、国際問題に介入しないため、世界情勢が手に負えなくなるのを許してしまったからだと非難されている。リベラル派、保守派を問わず多くの米国人が同じ批判を口にする。右派のサラ・ペイリン氏は、オバマ氏のことを「最高降伏指揮官」と呼んだ。

 強い米国の外交政策を切望する人は大概、次の大統領が「強い米国を取り戻してくれる」と考える。だが、その見方は米国の政治と外交政策の根本的な方向性を読み誤っている可能性が多分にある。米大統領選の現在の最有力候補――共和党のトランプ氏、民主党のサンダース上院議員――はいわゆる孤立主義の立場を取っているからだ。

 トランプ氏の思考に内在する孤立主義は、軍を立て直すといった威勢のいい発言に隠れてしまうことがあるが、移民には厳しいし、経済に関する発言を聞いても、要は世界を締め出すという保護主義の最右翼だ。安全保障についても重商主義的発想で、米国による軍事的保護に対する費用を韓国と日本に支払わせると約束している。つまり、アジア太平洋地域の安全を請け負うことに米国の本質的な国益はない、との考え方だ。

 サンダース氏は、左派バージョンの孤立主義の立場をとり、米国が「世界の警官」であるべきだという考えを糾弾する。同氏も自由貿易には嫌悪感を抱き「何の制約もない自由貿易の締結は米国の労働者にとって大惨事」と断じる。両氏はともに、米国人のグローバル化に対し高まっている幻滅を利用しているのだ。

 大統領選の今の流れは、トランプ氏かサンダース氏のどちらかが実際に党の指名を勝ち取り、最終的に大統領の座を手に入れる可能性を否定することはできないことを示唆している。

 万が一、そんなことが起きたら、オバマ氏の「弱さ」と「無気力」を嘆いている評論家たちは、オバマ氏が、これまでの大統領の中では、真摯かつ献身的な国際主義者の最後の1人だったかもしれないことに気づくだろう。

(16日付)

[日経新聞2月21日朝刊P.11]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月27日 02:30:12 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[184]
米国内にはふたつの矛盾した価値観がある。

ひとつは米国覇権を維持すること。もうひとつは米国民の暮らしをよくすること。

もともとこのふたつは矛盾しなかったが、現在は米国覇権を維持するために
必要以上に背伸びして、肝心の米国民の暮らしがないがしろにされている。

トランプやサンダースの人気はその状況に対する米国民の不満の現われ。

保守、左派の立場の違いはあれど、方向性は同じ。じゃあオバマは何か。
彼も実は隠れ多極主義者らしい。とすると、実はトランプもサンダースも
オバマと同じ方向性、あるいはむしろ加速させる。

そして、それは正しい。覇権の維持は無視して、虚より実をとるべき段階。

逆に、覇権主義を維持しようとするヒラリーなどが大統領になると、
極端な背伸びがかえって覇権崩壊を早める場合もある。

どっちにしろ、
米国はいつまでもムリを押し通すのではなく、早く普通の国になってくれ。


2. 2016年2月27日 20:10:16 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[285]
疑いを 逸らせ手を替え 品を替え

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ