★阿修羅♪ > 国際12 > 739.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カレー移民キャンプの撤去、焼き討ちと襲撃に発展:キリスト教礼拝施設だけを解体撤去の対象から除外したことが原因?
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/739.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 02 日 03:43:28: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


 封鎖に近い状態になっているギリシャ・マケドニア国境でも、ドイツなどに向かいたい“難民”たちがフェンスや鉄条網を破壊して入国を図ったため、催涙弾を使った制圧活動が行われている。

 英国への入国を期すカレーの“難民キャンプ”は「ジャングル」と呼ばれ、記事にあるように、「ミニタウン化し、内部にはレストラン、劇場、宗教施設、店舗まで出現」しているが、フランス2ニュースは、キリスト教の礼拝施設だけは撤去の対象から除外したと説明していた。

 カレーにとどまっている“難民”の多数派はムスリムのはずだから、モスクは解体撤去する一方で、キリスト教の礼拝施設は残すというフランス当局の措置に反発して騒ぎが大きくなった可能性もある。

================================================================================================================
カレー移民キャンプの撤去、焼き討ちと襲撃に発展[スプートニク日本語]
2016年03月01日 19:58(アップデート 2016年03月01日 20:01)

移民キャンプの不法建築物が撤去された仏カレーでは、撤去作業の結果、20件の小屋が放火、撤去に反対した移民と警察の衝突にまで発展した。仏マスコミが報じた。

不法建築物の撤去作業は2月29日に開始。正午までは何事もなく行なわれたが、その後移民らは自分らが住んでいた仮設住居に放火し、通行人やジャーナリストらを襲撃し始めた。

騒動は警官との衝突にまで発展。移民らは警官を鉄骨で殴り、投石を開始。衝突は夜通し続き、その結果、警察側は催涙ガスを使用した。

2月25日、リール市裁判所はカレーの移民キャンプの一部撤去を合法とする判決を下している。移民らには撤去されたキャンプに近い仮設への移住が提案されていたほか、100軒ある移民用施設のいずれかには入居が出来るよう取り計らわれている。

カレーの移民キャンプは通称「ジャングル」で知られている。この「ジャングル」の居住者数は過去2年で倍増し、キャンプはミニタウン化し、内部にはレストラン、劇場、宗教施設、店舗まで出現していた。


http://jp.sputniknews.com/incidents/20160301/1705073.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ