★阿修羅♪ > 音楽17 > 846.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ヘンドリックス、ウッド、そして天才とは何か
http://www.asyura2.com/15/music17/msg/846.html
投稿者 チベットよわー 日時 2016 年 8 月 09 日 14:55:55: Xy93FIMaJupUQ g2CDeINig2eC5oLtgVs
 

リオ(ブラジルではヒオ)で開催中の夏季五輪。


私はどさくさにまぎれて日本領海を荒らしている泥棒国家のほうが気がかりであるが、一応、オリンピックへの関心がないわけでもない。


とても全世界的な競技とはいえないような種目もあり、全部に目を通すわけにはいかないが、これだけは録画でもいいから見てみたいと思うのは女子レスリングである。


今回も吉田沙保里、伊調馨という、オリンピック3連覇中のチャンピオンが揃い踏む。今回、優勝すればあのアレクサンダー・カレリンでさえ成し遂げることのできなかった4連覇が実現する。これは事件といってもいいほどの快挙になるはずなのだが、なぜかイチローの予測された3000安打には飛びつくマスコミはこの二人の怪物女子にはさほど注目していないようだ。


結局、何が凄いか、ということはメディアが決定し煽り、それを大衆が追いかける、という図式の中にあるようだ。


スポーツと違って優劣を競う基準というのがはっきりしない音楽でも、やはり格付けを行うのは商業メディアである。大衆は、それを追いかけるわけで、自分の意志で何がいいかを見極めるような態度は「独りよがりの勘違い」といって嫌われる。


ロック界の最大級の天才は、ジミ・ヘンドリックスという論調が半世紀近く勝利してきている。


ジミ・ヘンドリックス。アメリカ出身の黒人とインディオの混血したギターリスト。ビートルズから遅れること数年、イギリスでメジャー・デビューをとげ逆輸入でアメリカを震撼させる。モントレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックというような文化的エピックといえる音楽イベントで頂点を極める。


彼はなにが優れていたのか。私はその全てを知っているので、答えが簡単に言える。それは六弦エレキギターのソロが優れていた、ということだ。速さ、正確さに加え、独自の音質や音程のコントロール、ペンタトニック・スケールの枠組みを破壊する前衛性などが、その本質である。


で、それ以外は?殆どなにもない。歌は下手だし、作曲は幼稚であるし、他楽器とのオーケストレーションに特別な実力は発揮されていない。ソロ専門のギターのオジサンである。(彼のオリジナル曲で唯一、ギターリフに頼り切らずなんらかの曲構成の構築を示していたLong Hot Summer Nightなど、だらだらと思いつきの新鮮味にかけるパターンを継ぎ足していったような本当につたない内容である。51st Anniversaryのようないい曲がもっとあればヘンドリックスの評価は大きく変わっていただろう。)


私は全てを知っているのでそれが言える。ギターのソロがそれまでのブルースのプレイとは異なる次元のバラエティーに纏められて巧妙に弾かれていた、そこが違ったのだ。


それを無知な人間は天才とほめたたえる。彼ほどの別格のプレイヤーなら、ギターのソロだけでなく、全ての意味において優れていたにきまっている、とメディアの言うことを追いかけてことしか許されない知的弱者は生意気に断言してふんぞりかえるのである。


なにが天才だ、お前がいうな、である。商業音楽の世界にあるそもそも芸術や人性の追求などとは無縁である軽薄なヒエラルキーに乗っかったパンピーが「ヘンドリックスは天才」などときいたようなことを抜かして傲慢かましているのは滑稽である。まるで自分はヘンドリックス側の人間で彼の印籠を使って他を見下せるとでも思っているのか、バカが。なにも自分にはわからない、語る資格などない、という現実にお百姓さんは気付くがいい。


人はいうかもしれない。ピート・タウンゼントやニール・ヤングというようなロック界を先導したような伝説のミュージシャンだってヘンドリックスを神とたたえるではないか、と。いうまでもなくタウンゼントはギターの巨匠ではない。彼はヘンドリックスという別格のギターリストに出会い、ギターをあきらめて作曲に徹することで大成功したのである。そしてギターソロではとても及ばないヘンドリックスに楽曲のスケールでは明確な勝利をおさめたのである。ニール・ヤングはギターも作曲も白人音楽へ逆行するangry peasantの熱情のようなものでこなしていたような人なので、そもそもヘンドリックスとは無関係である。


ヘンドリックスのエレキ・ギターを全面に押し出した演奏スタイルが革命を起こし、イギリスのアーチストを中心とする商業音楽の流れを変えようとしている頃、イギリスで最も人気のあったグループにいたロイ・ウッドはヘンドリックスへの答えを用意していた。


彼はたとえば、ポール・マッカートニーがSgt Pepper's hearts club Bandでヘンドリックス風のギターを弾いたことにあったような「ヘンドリックスの影響を強くあらわしたプレイ」を取り入れること、では満足できなかった。彼は彼なりにヘンドリックスという現象に真っ向から立ち向かい勝負したのである。その証拠がこの曲だ。



ポール・マッカートニーもこれを聴いて自分もこれくらいやりたかった、と思ったか、自分はあくまで違うスタイルで自分らしいギターを追求しようと決意したか、それは知らない。


ロイ・ウッドはヘンドリックスのギター・ソロだけを前提とした適当な曲作りが穴だとみたのだろう。ヘンドリックスでは絶対に書けない4ピースのバンドで考えられる最大限のオーケストレーションで大曲を提供し、そこで西欧人らしい楽隊の定律で枠どった中でヘンドリックスを表現した。マッカートニーも、タウンゼントも、スモール・フェイセスも超えられなかった壁を破って独自のアプローチでヘンドリックスを分解しているロイ・ウッドはまるで限界なく吸収と融合を繰り返し改革そのものの上に存在が成り立つようなブラック・ホールである。


最期に、私なりの天才という概念への簡単な見解をあらわしておくと・・・・・それは英語の定義でいえば相対的に大多数の他者より優れていること、優れた要素を保持し発揮できる人間のことである。だが実際に天才という概念はそういう意味を表すことはない。もっぱら天才とされる人間はあまりIQや身体能力が高くないからである。


天才とはある種類の遺伝子情報を持つ人間の集合のことではなく、万人各々に与えられた時期のことである。具体的に定義するべきであるなら、おそらく3歳から7歳くらいまでの時期のこと。ここが天才期である。この時期に他者にはない能力や感性を伸ばして錬金することで天才は社会的に表現しうる天才へと育つ。その時期にそうしない場合、つまり他者と同じように振る舞い同じような行動形式で満足する癖がついている場合は天才は日常を生きる糧へと消化されていく。(それはそれで正しいし健全である)


ヘンドリックスが白人家庭の出身であったなら、「それはダメよ」の繰り返しで潰されていた可能性が高い。またロイ・ウッドが常識的な親のもとで育てば、学習することをこなせる人になり、なんでも自己同化させる異常な創造性は育まれなかったであろう。


では8歳以降では天才は生まれないのか。答えは簡単ではないが、潜在期間のずれから人によって数年の幅はあるようである。しかし一般に思春期にあたる12,13,14、15歳あたりにはじまるような類の自覚的な創造的操作・試行が天才から利益を受けるかというと、それは非常に限られたものでしかないところに芸術の最大のジレンマが宿る。そのズレを私は「神のためらい」と呼んでいる。


これまでは全て持ち駒の問題。生きることは持ち駒を愛玩することではない。どうやって与えられた条件から探求するか、にある。つまりどれだけ天才的条件を育んだ人間でも、探求する勇気と根気がなかれば一時的に相対的な優越感を与えられるだけで終わる。精神を病んだり自殺したりすることも多い。恵まれていない人間でも、自分の目標に忠実に探求をやめず怠ける気持ちや怖れる気持ち嫉妬や失意に苛まれることに打ち克ちながら、自分でしかとけない問題に一生とりくんで自分なりの解答を積み重ねて精進している人間は「あいつは天才」だとか「オレはどうせ凡才」などという意気地のない裁定に甘んじることはないのである。他人ばかりが気になり自分の取り組む本当の生きがいとその意義がわからない無いものねだりのお百姓さんが図々しく夢をみた結果が挫折と嫉妬にみちた天才志願なのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. チベットよわー[1214] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月09日 15:07:48 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[194]

オリンピック開会式の中継にいきなりレイプ魔がでてきた。
おいおい、こんなもん出していいのか。

沖縄でこの前おこった米兵によるレイプ事件は、泥酔した日本人女性を
見つけた米人が自分の宿泊する部屋に連れて帰って強姦したということだった。

福山雅治は全く同じことをやったと音楽番組で自白していたはずだ。
どうして米兵の場合はレイプで逮捕、福山の場合は過去の痴話なのか。

そこらへんが良い意味にも悪い意味にも働くスターの特権ということか。


2. チベットよわー[1215] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月09日 15:11:37 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[195]

レイプ魔のあとはなんだ・・・・

開催国であるブラジルの国家が流れる。

なんだこりゃ・・・私はヒクソン・グレイシーの試合の前にかかったその曲を一度しか
聴いていないのであまり記憶になかった。

ちゃんと聴くとこれは、さだまさしではないか。

さだまさしのデュオ時代の曲「雲にらくがき」そのもののコード進行とメロディー
である。

ふざけんなよ、ブラジルさんよ。さだまさしに著作権料払え。

と思いきや、なんとブラジルの国家はさだまさしが生まれる前からあるのだ。
つまり盗作したのは、さだまさしのほうだ。

ふざけんなよ、さだまさし。ブラジルに謝れ。

福山雅治とさだまさしは、どちらも長崎県の出身である。
ほんとにインケツかますなよお前ら、原爆落したろか!


3. 2016年8月09日 15:20:22 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[196]

国歌というのを、二回連続で、国家とタイポしている。


4. 2016年8月10日 13:38:24 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[197]

なんだ、言いたいことは偉大なウッド様にひれふせ、ということか。

それで、無能な輩がよくわからない癖して「ヘンドリックスは天才」と言っている
のを批判する気か


5. チベットよわー[1216] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月10日 13:54:43 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[198]

>4

ヘンドリックスもウッドも一人の人間。20代の一時期に商業音楽で活躍した、という
だけのこと。一方はメディアが崇拝祭りをしたおかげで未だに伝説の人であり、
もう1人はメディアから取り残されたおかげで誰もしらない。その違いを示すのに
適当な例だったということ。クリエイターとしての才能はウッドがずっと上なので
争う必要がない。

ヘンドリックスは一つのスタイルを確立していたので、そのスタイルに慣れていない
その時代の人々は彼に興奮した。彼のできることが他の人間にはできない。
できないという屈辱と焦りをごまかすためにどういう言い訳が考案されたかというと
『彼は天才。はじめから神に選ばれていた』などという非科学的な決まり文句である。

実際はヘンドリックスは生まれつきの楽聖でもなければ、特別な資質や能力を
背負って育ったわけではない。それはあくまでメディアに煽られて崇拝祭りをしていた
だけの無能な大衆の信じる神話でしかない。彼は人と違った自分の癖を育んで独自の
スタイルを作り出した、それだけの話である。

他人が彼に対抗する方法とは、同じように自分の癖を育てることである。人に合わせる、
先人にあわせる、教科書にあわせる、というのではなく、自分の感性の赴くように
自分のスタイルを見つけ出すことである。それがわかっている人間は、自分とヘンドリックスを比べるような真似はしないのだ。


6. チベットよわー[1217] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月10日 14:09:20 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[199]

音楽に限らず芸術というものは、勘違いを錬金する作業である。

そう、ホンモノの音楽などはない。本物の芸術家などはいない。全ては勘違い、つまりどこが人と違うかということをつきつめて、そのズレをスタイルにすることである。一般社会では誤差、誤用、とされる「間違いのシステム」に自己投機すること。そういうことなので、誰かを神とあがめたり、その特定の人間のスタンダードにおもねることを真実とすることはありえない話なのである。

又、クリエイトするという行為は本来、神の特権である。神以外が、ものを作り出す
などということはない。音楽にしろ、神から受けた啓示を再現する儀式にすぎなかった。
それが神からクリエイトする権利を盗んで人間が勝手に発信するわけだからそれは
深い背徳行為である。悪い事なのである。神に選ばれし存在のわけがない。



7. チベットよわー[1218] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月10日 14:41:59 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[200]

ビル・クリントンはこういう。高校生まではジャズのプレーヤーを目指して
サックスに熱中していた。しかしコルトレーンになること才能がないことであきらめ
政治家を目指した、と。

これほど滑稽なことをなんの臆面もなく言い切れるこのお百姓さんには、驚き
あきれる。

何がコルトレーンだなんだ、何が?お前がそんな名前を出すな、この百姓野郎が!

私はなにもアーカンソーのド田舎の出だからといってクリントンの芸才を否定したい
わけではない。だいたい、職人芸を誇る楽器のプレーヤーは何の余興もない地方から
出てくるものである。

私がこの男を、百姓だといって恫喝したい理由は、芸術などまるでわからないから
にすぎない。

コルトレーンやマイルスというその業界の最高権威を出してくれば自分のシリアスさが
伝わるだろうというこの杜撰な感覚が繊細さを競う芸術には一番無縁なものだからで
ある。

コルトレーンを聴くなとは、いわない。コルトレーンにあこがれるな、とはいわない。
ただ、自分にもなにかしらの芸を志す魂があると信じる人間が、「彼のようになれない
ことで挫折する」ということはありえないのだ。子供の時分ならともかく、
高校生という成人の脳を有する年齢になって、他人と同一化することをゴールにする
芸術家などはさっさと田舎に帰って畑を耕すがいい。

コルトレーンは、自分の癖を培養して一つのスタイルを確立したにすぎない。
彼の影響を受けるということは、自分のスタイルに自分なりに彼の要素を取り入れる
ことでしかない。

他人と比較して優劣を競うことがそんなに好きなら、勉強なりスポーツなりで
実績を出せばいいだけの話だ。

芸術は個人の価値観の構築であり、それは一生かわらない。たとえ天才(3歳から7歳の間に培う能力)があろうと、天才(3歳から7歳の間に開発する視聴覚など神経操作の自由律)がなかろうと、どこまでいって芸術とは個人のフィルターをとおした世界観の表現であり、他人の影響というものは当然ながら調節・変化させられる予定にある。人を基準にして比較することで価値を測るようなことはありえないのだ

それがある年齢になってわからないワナビー達は、いつまでもメディアのきめた神(ヘンドリックスでもコルトレーンでもウォーホールでもいいが)の威光にすがりハッタリを身にまとっては世間にいばることしか考えていない。自分の芸を追求する勇気、根気、孤独にたえる心構えなどなにもない。結局、お百姓さんは人の家紋がはいった刀をふりまわすことでサムライのフリがしたいだけであり、自分の武士道などをつきつめることはとうてい不可能な話であろう。



8. チベットよわー[1219] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月10日 14:57:57 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[201]

クリントンのいう「コルトレーンになれないから政治家になった」というのは、
それだけクロンボに敬意を表したという潔い発言だろうか。

違う。

この考え方は芸術が全く理解できない無知をさらしているだけではなく、
実に人種差別主義者だという告白でさえある。

「クロンボは生まれつきいいセンスをしているから、かなわない」
これを言い換えるなら「ニガーは生まれつきアホなので管楽器くわえさせておけ」
という傲慢な決めつけである。


9. チベットよわー[1221] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月11日 15:32:20 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[204]

大阪出身の好人物、秋野暢子さんはいう。

「みんな芸能界に入ってくるときは誰もが自分が一番だと思っている。
実際に仕事をしていくうえで、思い描いていたようにはいかないことで挫折して
自分の限界に応じて見極めをつけていく」

早い話、自分に酔って夢をみていられるのはアマチュアの特権であり、生活がかかると
数人を除いてはみんな挫折する、ということである。

ここで誕生するのが、天才教という宗教だ。神によって選ばれた天才を囲むことで
天才ならざる者は自分の立ち位置を測り天才を奉りながら生き残るのである。
(日本のTVでいう天才は、美空ひばりであり、ビートたけしである、とされるのだろう。)

俺には何かがあるはずだ、と意気込んで進路を脱線して芸才に一国一城を築かんと立ち上がった若者は、たいして才能がないという現実の壁にぶちあたり、この天才教の信徒へと
姿を変える。

信徒は自分は天才教祖様にはかなわない凡人であるという自白を強要され、自尊心を
すてて教祖様のすばらしさを伝播する使役人としての残りの人生が待っている。

世の中には、天才教に入信した自分とは違って、まだ無謀で無知なことに自分の可能性
を信じている若者がいる。これはいかん。天才教祖様に比べてお前など俺と同じ
お百姓さんなのだという現実に気付かせ、こいつも天才教に勧誘するのが…結局、
こいつの将来にとってもいいことだ。

こらー。と天才教の信徒は勘違いの若者をみかける度、声をかける。お前はな、
神に選ばれし天才様の前ではゴミ屑同然なんだぞ、ひれふせ!

これが天才教の布教活動の典型的な例である。

お前も俺がかつてそうだったように、身の程をしりプライドなど窓からほうりだして
しまえ。そして、世間に天才教祖様の偉業を広めることに尽くすのだ。

アートというのは自分の世界観を確立することであり、他人や歴史の連続性への
比較によって査定されるものではないので、まともな志を持った人間はそんな宗教に
救いを求めることなどするわけがないのだ。どこまでも自分の生み出す自分でなければ
できない技に磨きをかけ続けるだけだろう。

しかし人間は弱く、もろい。自分に才能がないとわかってもなお、なんとか一般大衆
を見返してやりたいと虚勢をはって自分を守ろうとする。そしてその虚勢を支える
強い権威を求める。そのジャンルで一番有名どころの名前を刻んだ印籠を勝手に
懐にいれて「これが目に入らんか!百姓ども」とやるわけだ。

どの世界にもこのシステムがあってヒエラルキーを作り出している。

日本は特にお百姓さん同士が監視しあって何もできないように縛り合うような
行政制度が長年あったために、ちょっとでも自由意志に基づく行動を起こし、
志をもって求道・探求活動をしようものなら邪魔がはいる。必ず、「お前など、
〜様にくらべたらゴミだ、ひかえおろー」といって自分の劣等感を燃料にしては
他人を引きずりおろそうとする嫉妬にみちた無能な輩がでてくるのだ。

その「お前じゃ無理、無理」を合言葉に天才教勧誘を行う奴隷のような人民と
争ったり同調したりしては人生が終わってしまうので、ここは無視するか、
適当にあしらう癖をつけないといけない。私はこれに時間がかかり、失敗を
繰り返した。

私自身、どこかに天才教をかかげていたのかもしれない。つまり学歴や職歴などで
ついたヒエラルキーを覆すだけの力を秘めた圧倒的な芸才や特殊能力のようなもので
逆転勝利を人生におさめよう、などという虫の良い夢である。

今では、そんなものはない。何をするのも、自分のために自分で極めてゆき、
自分で満足して進歩を確認する・・・・それが全てである。他人から学ぶこと、他人
からのプレッシャーによって促進されること、も当然ながらあるが、他人との比較関係
におもねるようなことはできない。

天才をめぐる考えも、ティーンの頃などは俗人がわけのわからないままにいうような
生まれながらの選ばれし特権のようなものを疑わなかったが、今では定義が確定して
いる。天才とは3歳から7歳の間に培うある方向性へのスタイルと力量、のことである。
神によってえらばれし天才などはないし、いない。特に芸術など上でいったような
本質的に背徳行為であるところにエリートも天才もいるわけがない。

自分は自分の改善と進歩と満足のために生きるのだ。


10. チベットよわー[1222] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月11日 16:06:28 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[205]

吉本隆明は、自分を天才と呼ぶ松本人志を非難した。

「お前なんか、天才じゃねえよ」と。

吉本隆明の言うことは、無論、負け犬挫折型人間とは持つ意味が違う。
タモリ、さんま、ビートたけしをビッグ3と名付けたことでも見る目が
あることは疑いようがないだろう。

しかし、松本人志以上に、深い趣向を笑芸に表わすことのできたTVタレントは
私は一人もしらない。

ビートたけしの下から出てきた浅草キッドは、ビートたけし天才教の信者達が
松本をけなしているときに、一人だけ「本当に別格なのは松本のほうだ」という確信を
強めていたという。

吉本のいうことも、浅草キッドのいうことも、あくまで他人の評価であるが、
どちらが正しいのかを審議するようなことは無駄であり不毛である。

私は浅草キッドをこれにおいては支持するが、それが松本人志教のせいでないと
言い切る理論は捏造するのは可能だろうか。吉本も浅草も自分がそう感じるとしか
言っていないが、彼ら以上に松本を知っている私が松本の偉大さをどこまで弁護で
きるかはわからない。


11. チベットよわー[1223] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月12日 01:57:01 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[206]

ビル・クリントンがコルトレーンへのあこがれを回想することがどうして
人種差別につながる?



12. チベットよわー[1224] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年8月12日 02:00:15 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[207]

人種差別につながる、というより人種差別観そのものだろう。

天才とは3歳から7歳までに培われる独創体系に基づく能力を指す。それを、生まれつきの天性の勘だとか才能だとか言って、テメエでは何の理解もできないくせに、そうやって宗教的信心のように持ち上げてテメエの無力をごまかすその「盲信」こそが差別・偏見の正体である。

しかし、自分のセンスではわからないものを神として受け入れてしまったほうが、実りのある人生がおくれ、周囲に調和することもできる、というベネフィットについては認める。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 音楽17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
音楽17掲示板  
次へ