★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 104.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「笹井芳樹氏自殺には3原因がある」(EJ第4088号) Electronic Journal
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/104.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 31 日 07:49:20: igsppGRN/E9PQ
 

「笹井芳樹氏自殺には3原因がある」(EJ第4088号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/423243063.html
2015年07月31日 Electronic Journal


 STAP細胞事件を取り上げるうえでどうしても避けて通れな
いのは、笹井芳樹CDB副センター長の自殺です。笹井氏はなぜ
自殺をしなければならなかったのでしょうか。
 2014年8月5日、理研CDBの副センター長笹井芳樹氏は
午前8時40分頃、CDBに隣接する先端医療センター内で、首
をつった状態で亡くなっているのが発見されたのです。CDBと
先端医療センターとは4階と5階が通路で繋がっており、その4
階と5階の踊り場で首をつっていたのです。なぜ、この時期に自
殺とは!?STAP論文は、7月末までに、画像の取り違えや改
竄などで散々叩かれ、遂に論文取り下げが決定されたのです。ネ
イチャー誌も7月2日に論文取り下げを決定しています。
 ここでひとつ違和感があるのは、理研がやっていたのは、ST
AP細胞が存在するかどうかではなく、あくまで論文の不備の指
摘であり、STAP細胞が存在するかどうかは埒外であったこと
です。それも異常なバッシングに見えます。大勢で寄ってたかっ
て論文のあら探しをしているように見えるのです。
 多くの国民は、論文に若干のミスがあったとしても、STAP
細胞が実際に存在すれば、その多大な功績によって論文の多少の
不備などは許されるのではないかと考えていたと思います。
 しかし、6月16日の若山山梨大学教授の記者会見によって、
論文内容そのものが虚偽であるという疑惑が出てきたのです。し
かも若山教授は論文の主要著者の一人であり、その人物が疑惑を
口にしたことは、疑惑を一層濃いものにしたといえます。
 それでは、笹井氏はなぜ自殺したのでしょうか。その原因と考
えられるのは次の3つです。
─────────────────────────────
 1.自分が手がけたSTAP細胞論文が不正と認定され、論
   文の撤回を余儀なくされたことである。
 2.6月12日に発表された理研の「研究不正再発防止のた
   めの改革委員会」の提言の内容である。
 3.7月27日放送のNHKスペシャルによって、学者とし
   ての能力に疑問符が付いたことである。
─────────────────────────────
 考えられる第1は、「STAP論文」の撤回です。笹井氏は当
事者(当事者は小保方晴子氏)ではありませんが、「論文作成の
天才」といわれた笹井氏が論文撤回に追い込まれたことは、学者
にとって屈辱そのものであったといえます。かつて笹井氏の論文
ではそのようなことはなかったからです。
 考えられる第2は、理研の「研究不正再発防止のための改革委
員会」が2014年6月12日に提出した改革案の提言書の厳し
い内容です。そこにはCDBの解体まで言及されていたのです。
笹井氏としてはCDBは自分が立ち上げたという自負があり、そ
れを解体されることは耐えられなかったと思われます。
 改革案の提言書は、「CDBについて」「理研本体について」
「STAP論文について」の3つがありますが、「CDBについ
て」は次の通りです。
─────────────────────────────
・小保方氏、笹井氏、竹市民に相応の厳しい処分を下し、現セン
 ター長や副センター長の交代を含め、組織の人事を一新する。
 責任が重大な前副センター長の西伸一、相澤慎一両特別顧問は
 新組織の上層部から排除する。
・「人事異動などの通常の方法では欠陥の除去は困難」なため、
 任期制の職員の雇用を確保したうえで、早急にCDBを解体す
 る。新たなセンターを立ち上げる場合は、トップ層を交代し、
 研究分野及び体制を再構築する。
            ──毎日新聞科学環境部/須田桃子著
       『捏造の科学者/STAP細胞事件』/文藝春秋
─────────────────────────────
 考えられる第3は、NHKスペシャル「不正の深層」の内容で
す。このNHKスペシャルの内容は、小保方氏と笹井氏を一方的
に批判しています。それに対して若山氏は、いち早く論文撤回に
立ち上がった勇気ある正義の科学者という扱いです。
 既に『週刊文春』などに笹井氏と小保方氏の不適切な関係を匂
わせる記事も複数出ており、このNHKスペシャルでも笹井氏が
小保方氏に宛てたメールのやり取りがわざわざナレーターによっ
て情感たっぷりの演出で公開されるなど、笹井氏としては耐えら
れないものであったことは確かです。
 笹井氏が亡くなったのは、このNHKスペシャルが放送された
10日後のことです。全国放送であれほど露骨に報道されたこと
によって、自分の学者としての前途が失われたと考えても不思議
はないと思います。須田桃子記者と笹井氏との3月時点でのメー
ルのやり取りに次のようなものがあります。
─────────────────────────────
須田:私のような若輩者が差し出がましいことを申し上げるのは
   大変恐縮ですが、客観状況やこれまでの取材内容に鑑みま
   すと、このままではSTAP細胞問題は、笹井先生の今後
   の研究者人生に大きな悪影響を及ぼしてしまうのではない
   かと危惧しています。
笹井:今回の件が、私の研究者人生に大きな打撃を与えたのは、
   おっしゃる通り、間違いないでしょう。ご心配いただき、
   申し訳ございません。この先挽回できないかもしれないほ
   どのものかもしれません。(中略)週刊誌等の理解しがた
   いゴシップネタですから、私自身は無視しても、いろいろ
   な意味で私自身の研究展開にマイナスに働くこともあるで
   しょう。(中略)今は調査に協力し、また出来る範囲で通
   常の自分の研究をラボメンバーを励ましながら、胸を張っ
   て進めるしか、私のできることはありません。
      ──毎日新聞科学環境部/須田桃子著の前掲書より
─────────────────────────────
             ── [STAP細胞事件/061]


≪画像および関連情報≫
 ●笹井氏自殺で広がる波紋/zakzak/夕刊フジ
  ───────────────────────────
   理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)
  の笹井芳樹副センター長(52)の自殺をめぐり、直前に放
  送されたNHKスペシャル「STAP細胞不正の深層」の影
  響が取り沙汰されている。同番組は笹井氏が実験の不備を把
  握していた可能性をにおわすなど責任を追及。小保方晴子研
  究ユニットリーダー(30)にけがを負わせた強引な取材手
  法も問題となり、結果的に笹井氏を追い詰めたのではないか
  との見方があるのだ。エリート科学者の自殺は、思わぬとこ
  ろに波紋を広げている。
   NHKスペシャル「STAP細胞不正の深層」(7月27
  日放送)は論文問題を深く掘り下げ高評価を得たが、放送直
  前の23日に、小保方氏を追いかけ回し、全治2週間とされ
  るけがを負わせる“事件”を起こした。「科学文化部のエー
  スのデスクが陣頭指揮を取り、かなり力を入れていた番組で
  す。それなりにいいネタは入っていたが、パンチに欠けると
  いう話になり、小保方氏か笹井氏の独占インタビューを柱に
  したいとなった。それで、あの“小保方事件”が起きたんで
  す。笹井氏にも何度も手紙を書いたり、メールを送ったりし
  ていたが、メールが一通返ってきただけだった」(NHK関
  係者)小保方氏への直撃シーンは放送されなかったが、番組
  では、小保方氏の実験ノート2冊や2000ページに及ぶ内
  部資料を入手し、100人以上の関係者に取材をしたとして
  問題に斬り込んだ。笹井氏について、「論文執筆の天才」で
  交渉力に優れ、CDB全体の予算獲得を握っていたと紹介。
  3度掲載を断られた小保方氏の論文が英科学誌ネイチャー誌
  に掲載されたのは、笹井氏の協力が大きく、その背景には米
  国特許の本申請の締め切りが迫っていたことがあるとした。
                   http://bit.ly/V0dSfk
  ───────────────────────────



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月31日 18:00:29 : dUambSRGVM
STAP論文不正が世間を賑わせるようになって間もなく、実験内容を問いただす笹井さんに逆切れした小保方さん。理研上層部に笹井さんからセクハラを受けたと直訴。彼は直後から極度の鬱状態となり措置(小保方と切り離すという意味)入院。以降の彼は、記者会見も含めて、腫れ物に触るような対応に終始。論文取り下げを呼びかけた若山さんにも、理研内で凄い剣幕で罵詈雑言。丹羽さんも含めて3人揃って鬱だったが、一番重症だった笹井さんが自殺。

2. 2015年7月31日 18:05:57 : efYYgyF3F6
>大勢で寄ってたかっ
>て論文のあら探しをしているように見えるのです。

× あら
○ 不正

>多くの国民は、論文に若干のミスがあったとしても、STAP
>細胞が実際に存在すれば、その多大な功績によって論文の多少の
>不備などは許されるのではないか

× ミス →STAPだけは無事かもしれない
○ 不正 →不正で固めた証拠に立脚したSTAPなんか虚偽に決まってるだろ


>このNHKスペシャルの内容は、小保方氏と笹井氏を一方的
>に批判しています。

× 一方的
○ 弁明の機会を与えられたのに取材拒否して逃げ回ってたからそうなっただけ


3. 2015年8月01日 10:40:45 : 13zqExAE8M
笹井氏の目
なぜ そこまで曇ってしまったのか
不思議ですね


4. 2015年8月01日 22:23:22 : 9oQLGVOnms
>考えられる第2は、理研の「研究不正再発防止のための改革委
員会」が2014年6月12日に提出した改革案の提言書の厳し
い内容です。そこにはCDBの解体まで言及されていたのです。

これが一番大きいと思いますね
自他共に、CDBを引っ張っている実力者という認識でしたのでしょう
神戸医療都市構想、時の政権の「女性優遇策」、「特定研究法人」が
目の前にぶら下がっていたんでしょう
何がなんでも 大きい話題がほしい
順序はともかく、そこに 小保方氏のSTAPという話題が降ってきたわけです

STAPの話題はそれにぴったりのテーマだったわけです
だから 論文作成に尽力し、発表も各メデイアを集めて
「ノーベル賞候補」とまで、話題を持ち上げた訳でしょう
ここの広告戦略は笹井氏がレールを造ったんでしょうね


本来研究なんてのは、高踏無形でもいいわけで、成功すれば万々歳ですが
失敗しても、研究それ自体は非難されないものでしょうが

今回はノーベル賞間違いなし、と世界中に鳴り物入りで宣伝したのが
じつはつぎはぎだらけのポエムだったわけです

ここまで来ると 偽データを出したほうが悪いというより
中身も確認せずに論文を書き上げたものの方が 問題は
大きい
この責任は自分にあるということは 正しい認識だったんでしょうね



5. 2015年8月02日 10:09:50 : sZw4Kwlxw2
失敗じゃないだろ
それに、偽データを出したやつが1番悪いに決まってる
おかしなこと言うなよ早稲田

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ