★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 109.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「笹井氏の自殺には多くの謎がある」(EJ第4089号) Electronic Journal
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/109.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 03 日 06:35:00: igsppGRN/E9PQ
 

「笹井氏の自殺には多くの謎がある」(EJ第4089号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/423434991.html
2015年08月03日 Electronic Journal


 ネット上では、笹井芳樹氏の死は他殺ではないかという記事が
多くあります。いずれも憶測に過ぎないものですが、その可能性
についても考えてみます。
 『自殺の9割は他殺である』(カンゼン刊)という本がありま
す。まさか!と思いますが、著者は2万体の「死体」を検視した
元監察医・上野正彦氏ですから、事実であると思われます。
 上野氏によると、首つり自殺の場合、絞首刑のように足が届か
ない高い所にロープを張ってぶら下がる場合は別として、便所の
ドアにロープをかけるとか、ホテルの浴槽の金具や水道管などに
ロープを渡すとか、階段の手すりにロープを張るとか、こういう
足が地に着くかたちの場合は、他殺の可能性が高いのです。笹井
氏の場合は、亡くなっていた状況に諸説があるので明確ではあり
ませんが、階段の手すりにロープをかけていたという点で、本来
であれば司法解剖をすべき事案であったと思われます。ところが
司法解剖は行われていないのです。
 笹井氏の自殺と状況が似ているのは、第1次安倍政権のときの
松岡利勝農水相の首つり自殺です。これなどは完全に他殺を疑っ
てもよい事案であると思います。これについては、立花隆氏が次
のように書いています。
─────────────────────────────
 ◎立花隆:「謎の自殺」を遂げた松岡農水相/安倍政権の抱
  える「闇の正体」
 毎日新聞の世論調査と日本経済新聞の世論調査で、「安倍内閣
の支持率が急落」(──日経新聞では41%に、毎日新聞では実
に32%にと劇的な急落)という記事を読んでいるところに「松
岡農水相が首吊り自殺」という衝撃的なニュースが入ってきた。
 松岡農水相を巡る黒いウワサ/ニュースの速報的特別番組では
例の光熱水道費問題(ウソ報告とボトル1本5000円のナント
カ還元水の問題)などをとりあげていたが、もちろん松岡農水相
はそんなことで自殺するようなタマではない。そんなことで自殺
するくらい気弱な男なら、とっくの昔に農水大臣を辞職するなり
なんなりして、最近急激に風圧を増していた世論の批判をやりす
ごしていただろう。          http://bit.ly/1I0T9Mg
─────────────────────────────
 しかし、笹井氏の場合、ワープロ書きとはいえ、封筒に入った
6通の遺書が残されていたのです。そのうち研究室の自分のテー
ブルの上に2通、秘書のデスクの上に1通、自殺の現場に置いて
あったカバンの中に3通入っていたようです。
 つまり、笹井氏はそれだけの準備をして自殺をしているので、
衝動的な自殺ではなく、覚悟の自殺と思われます。自殺をした8
月5日の朝、笹井氏はいつものようにCDBに出社して、遺書を
置き、そのうえで自殺をしています。
 しかし、笹井氏の自殺については、おかしなこともたくさんあ
るのです。以下、それらを4つにまとめて説明します。
─────────────────────────────
 1.笹井氏の亡くなったときの状況には諸説があって、どれが
   本当か明確ではないことである。
 2.6通あるといわれる遺書のうち、小保方氏宛の遺書だけが
   内容が公開されてしまっている。
 3.NHKスペシャルで、笹井氏と小保方氏とのメールのやり
   取りが公開されてしまっている。
 4.笹井氏の死は、STAP細胞の存在を否定し、潰すきわめ
   て効果的な効果を発揮すること。
─────────────────────────────
 「1」は笹井氏が亡くなったときの状況です。メディアは「セ
ンター(CDB)に隣接する施設との間にある階段の踊り場で、
首をつった状態で発見」となっていますが、研究室内に倒れてい
たという説もあるのです。
 メディアの報道では、午前10時20分に「死亡した状況で発
見」となっていますが、10時27分に産経が「生きている?延
命処置」という報道も流れ、助かるのかなと思ったものです。
 こういう場合は、現場で亡くなっていても病院に搬送し、病院
で死亡の確認を取ることになります。このケースは司法解剖され
ることはないのです。しかし、CDBの隣の施設である先端医療
センターには医師がおり、それらの医師が死亡を確認すれば、わ
ざわざ病院に搬送する必要はないはずです。
 「2」は6通ある遺書──メディアの表現では「遺書のような
もの」になっている──のうち、小保方氏宛の内容だけが、14
時15分に明らかにされたのです。「あなたのせいではない。S
TAP細胞は必ず再現してください」がその内容です。
 しかし、この時点では遺書はまだ小保方氏には届いていないと
三木弁護士はいっています。ということは、遺書を管理している
兵庫県警が小保方氏の遺書だけマスコミに流したことになるので
す。遺書は「親書」であり、警察といえども正当な理由なく開封
してはならないものなのです。ましてやマスコミに公表するなど
はもってのほかです。
 同じことが「3」のNHKスペシャル「不正の深層」において
NHKは笹井氏と小保方氏とのプライベートなメールのやり取り
を公表していますが、これもやってはならないことです。
 おそらくこのメールは、CDB内部で笹井氏と小保方氏に反感
を持つ人物がNHKに提供したものと思われます。取材で得たも
のとはいえ、NHKの電波に乗せて公表すれば、笹井・小保方両
氏のプライバシーの侵害になるのではないでしょうか。
 笹井氏は、このようなかたちで死にのぞんでもSTAP細胞の
存在を信じています。「STAP細胞は必ず再現してください」
がそれを意味しています。しかし、STAP細胞が存在すると困
る側から見ると、笹井氏の死はSTAP細胞を完全に潰すのにき
わめて都合のよい状況になったといえます。これが「4」であり
その後の理研の対応を見ると、「死人に口なし」を利用してST
AP細胞を葬っています。 ── [STAP細胞事件/062]


≪画像および関連情報≫
 ●笹井芳樹氏の遺書公表は「行き過ぎ」と弁護士が解説
  ───────────────────────────
   2014年8月7日放送の「デイ・キャッチ」/TBSラ
  ジオで、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(C
  DB)の副センター長・笹井芳樹氏の遺書をめぐって、遺書
  の内容が報道されていることについて弁護士が解説した。
   番組では笹井氏の自殺に関して研究員への聞き取り調査が
  始まったことを取り上げた。その中で、小保方晴子氏の代理
  人を務める三木秀夫弁護士が笹井氏が小保方氏に宛てた遺書
  がまだ小保方氏の手に渡ってないと公表したことも伝えた。
  笹井氏の遺書は小保方氏宛てだけではなく、竹市雅俊センタ
  ー長や理研の川合真紀理事宛の3通があり、笹井氏のデスク
  の上に理研の課長2人にあてた遺書も見つかっており「疲れ
  た」「残念だ」といった趣旨の内容だったという。
   このニュースに対しメインパーソナリティの荒川強啓氏は
  小保方氏の手に渡っていないが、遺書の内容が6日から報じ
  られていることを指摘。番組では、元東京地検検事で弁護士
  の若狭勝氏に電話を繋ぎ、今回の遺書の件の解説を求めた。
   荒川氏は、なぜ小保方氏に遺書が届いていないのか?とい
  う質問をすると若狭氏は、警察は笹井氏が自殺かどうかをき
  ちんと調べるために遺書を預かっている節はあると説明。そ
  のうえで、自殺であることが明白であれば、速やかに小保方
  氏に渡すべきと若狭氏が答えると、木曜日のデイキャッチャ
  ーを担当する山田五郎氏は「警察が事件性がないと発表して
  いるようですが、それはつまり自殺と断定したということで
  はないんですか?」と訊ねると、若狭氏は「そうですね」と
  し、遺書は速やかに小保方氏側に渡さなければいけないと指
  摘した。             http://bit.ly/1IqelIW
  ───────────────────────────



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年8月03日 18:35:37 : efYYgyF3F6
>3.
>NHKは笹井氏と小保方氏とのプライベートなメールのやり取り
> を公表していますが、これもやってはならないことです。

職場のメールですから、プライベートなものに使ってはいけないはずです。よってすべて公的なメールであり、ましてや公的機関であり彼らは不祥事の当事者ですから何をされても文句は言えません。よって2.の事案とは全く違います。


>2.
> しかし、この時点では遺書はまだ小保方氏には届いていないと
> 三木弁護士はいっています。ということは、遺書を管理している
> 兵庫県警が小保方氏の遺書だけマスコミに流したことになるので
> す。遺書は「親書」であり、警察といえども正当な理由なく開封
> してはならないものなのです。ましてやマスコミに公表するなど
> はもってのほかです。

「正当な理由なく開封してはならない」
「公表するなどもってのほか」

であれば、もう一方の可能性も考えるべきです。
「親書」を開封し公表する、正当な理由があった。つまり「親書の宛先の人間が公開を許可した(にもかかわらずあとでまだ届いていないなどという嘘をついた)」可能性です。

警察がそんな軽率なことをするのかという疑問と、宛先の人間が警察に対して強く抗議をしていないところを考え合わせると、そちらの可能性のほうが高いような気がします。


となれば、
>4.
>笹井氏の死は、STAP細胞の存在を否定し、潰すきわめ
>て効果的な効果を発揮すること。

これも逆の効果を考えるべきです。「論理的」にはとても不利な状況に置かれた立場の人間は、一人の人間の死という「情緒的」に重い効果を利用して不利な状況から逃れようとするということです。


>「死人に口なし」を利用してST
>AP細胞を葬っています。

その仮説は無理があります。なぜなら筆頭著者である小保方はまだちゃんと生きています。

また、もしそう考えるのであれば、もう一つの可能性も考えるべきです。「STAP論文に大打撃を与えた若山さんに続く、第二の裏切りを阻止出来た」ということです。そればかりか「STAP細胞は必ず再現してください」という遺書内容を公表することによって一流学者・笹井さんは永遠に「STAP擁護」者であるということになりました。


2. 2015年8月08日 23:59:04 : 0xVl8B3J8B

「不祥事」って、何だろう?  「気がします。」って、バッシンバッシン主張する割には「気がします」って、一貫性が無いような気がします。  「何をされても文句は言えません」って、山口ももえですか?『私何をされてもいいわ』なんちゃって。  あほくさ。
 今更ながら、笹井さんのご冥福を心から祈ります。

3. 2015年8月10日 11:59:26 : 9oQLGVOnms
笹井氏はいわばES細胞の権威だったわけでしょ

最も強い動機として 考えられるのはES細胞だと
知っていた(感づいていた)と言うことなんでしょうね

それでも強行した
それが原因ではないでしょうか


4. 2015年8月12日 19:19:21 : efYYgyF3F6
>>2
「不祥事」=論文捏造。
「気がします」=確証がないときはそういう表現をするのは当たり前でしょ。そんなところで一貫性は必要ない。むしろ有害
「何をされても文句は言えません」=公的機関に勤める不祥事の当事者が公的メールを公開されて何の文句があるのやら。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ