★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 139.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
論文題目は短いほど引用回数増える、英研究  AFP
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/139.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 8 月 26 日 18:40:37: mY9T/8MdR98ug
 

【8月26日 AFP】学術論文の題目は短いほどいい――学術界で名声を得る秘訣(ひけつ)を探る研究者らが26日、研究結果を発表した。

 引用回数は論文の普及度を測る上で最も信頼できる判断基準だが、題目が簡潔な論文ほど、他の研究者に引用されやすくなると、英国王立協会(Royal Society)のオンライン科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に掲載された論文は述べている。

「この結果は、より短い題目の論文の方が理解されやすい(人目を引く)という興味深い仮説と一致する」と、今回の研究を行った英ウォーウィック・ビジネススクール(Warwick Business School)データ科学研究所のエイドリアン・レッチフォード(Adrian Letchford)氏はいう。ちなみに、この研究自体の論文の題目は「短い論文題目の利点」で、冗長な言い回しが多い科学論文の世界では簡潔な表現だ。

 今回、研究チームは、2007〜13年によく引用されたものに絞って約14万本の論文に目を通した。題目の長さは、1語から55語のものまであった。その結果、論文題目の長さと他の研究者に引用される回数には、強い相関関係があることを発見したという。

「2011年の場合、論文題目が1字増えるごとに引用回数が約1.78%ずつ減少している」とレッチフォード氏は述べている。一方で同氏は、最終的に「研究論文の成功に影響を与えるのは、その論文の質と重要性であるべきだ」と強調した。

 しかし過去の研究によれば、論文の成功には執筆者の評判、掲載誌の権威、研究分野、題目におけるコロンの使い方も影響を及ぼしうるという結果が報告されている。(c)AFP/Joshua MELVIN


http://www.afpbb.com/articles/-/3058410  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年8月28日 14:47:43 : OO6Zlan35k
心理学の研究結果、6割以上が再現不可能 検証調査
2015年08月28日 13:13 発信地:マイアミ/米国
科学・技術
このニュースをシェア

ブログに転載
1
メールで送る
心理学の研究結果、6割以上が再現不可能 検証調査 ×ニューヨーク市内を歩く人々(2014年11月21日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/Jewel Samad 写真写真拡大をみる 写真購入のお問合せはこちら
【8月28日 AFP】人がどのように行動したり思考したりするかに関する科学的研究は、外部専門家らによる研究結果の再現が不可能なものが多いとの研究報告が27日、発表された。心理学研究の信頼性に関する新たな疑問を浮上させる結果だという。

 科学者270人からなる研究チームは、2008年に米国の主要査読学術誌3誌に発表された心理学と社会科学の研究論文100件について、その結果の再現を試みた。

 米科学誌サイエンス(Science)に発表された調査結果によると、元の研究論文と同じ結果が得られたのは、全体の39%にすぎなかったという。

 調査対象論文の研究テーマの範囲は、人々の社会生活や他者との交流から、知覚、意識、記憶などに関する研究までに及ぶものだった。

 サイエンス誌の編集主任を務める心理学者のギルバート・チン(Gilbert Chin)氏は「今回のいささか落胆させられる結果については、各学説の妥当性や虚偽性に直接言及するものではないことに留意する必要がある」と話す。しかし、その一方で「今回の結果が実際に示しているのは、原著論文の実験結果の多くに関して、それほど信頼を置かないようにするべきということだ」とも指摘した。

 論文共同執筆者の米バージニア大学(University of Virginia)のブライアン・ノセック(Brian Nosek)氏によると、科学者らが常に自らに問いかける必要があることを、今回の研究は示しているという。

 ノセック氏は、記者会見で「科学的な主張が信用できるものとなる根拠は、それを生み出した人の地位や権威ではない」と述べ、「科学的主張の信頼性は、その主張の根拠となる証拠の再現性に部分的に依存している」と語った。

 問題が生じる恐れがあるのは、科学者らが「有意」と考えられるもののみを含めるために自説に都合の良いデータだけを選び出す場合や、研究規模が非常に小さいために偽陰性や偽陽性が発生する場合などだ。

 ノセック氏によると、科学者らは自身の研究成果を主要学術誌に定期的に発表する必要に迫られており、このプロセスが実態の歪曲(わいきょく)につながる可能性があるという。

「研究していることすべてが発表に至るわけではない。新規性があり、肯定的で、整然とした結果が査読を通過する可能性が高く、これは、自説にそぐわない否定的な結果や研究を除外するという発表の偏向につながる恐れがある」とノセック氏は説明。そして「これが大規模に行われると、発表される文献が実態より見栄えの良いものになる可能性がある」と続けた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN
http://www.afpbb.com/articles/-/3058654

[12削除理由]:管理人:無関係の長文多数


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ