★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 148.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「iPS細胞の再生医療は非現実的」(EJ第4110号) Electronic Journal
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/148.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 01 日 09:45:00: igsppGRN/E9PQ
 

「iPS細胞の再生医療は非現実的」(EJ第4110号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/425110888.html
2015年09月01日 Electronic Journal


 iPS細胞は、調べれば調べるほど果して再生医療として定着
するかどうか疑問が増えてきます。やはり、最大の心配はがんで
す。遺伝子を操作しているので、何が起きるかわからないからで
す。そして問題は、コストがどのくらいかかるのかです。舩瀬俊
介氏の本に次の1節があります。
─────────────────────────────
 遺伝子操作の不自然性や発ガンリスクの他、忘れてはいけない
のが、コストの異常な高さだ。iPS細胞研究で有名な高橋政代
氏(理研)は、関西で高校生を相手に講演した時、会場から次の
ように質問を受けた。「iPS細胞の再生医療で手術を受けると
いくらかかるのですか?」
 これに対して、高橋研究員は即答している。
 「2000万円です」
 高校生たちが、驚愕して静まり返ったのは、いうまでもない。
こんな治療を自腹を切って受けられる人など、日本には極めて限
られた人しかいないと言ってよい。iPS細胞の再生医療で、現
在、挙げられている治療対象は、網膜、パーキンソン病、ミニ肝
臓などしかない。そのiPS治療費が2000万円では、まさに
非現実の極致。保険に通用したら、一気に保険制度は崩壊する。
 ──船瀬俊介著『STAP細胞の正体/「再生医療は幻想だ」
             復活!千島・森下学説』/花伝社刊
─────────────────────────────
 もっとも2000万円というのは現在の価格です。もっと多く
の人が受けるようになれば、10分の1の200万円ぐらいには
なるでしょう。しかし、それでも非現実的です。それに手術前に
医師に次のように告げられ、それを承諾する文書にサインさせら
れるはずです。
─────────────────────────────
 これをやるとがんになる可能性があります。もちろんそうなら
ないよう努力しますし、なった場合でも最善の治療はします。し
かし、そのことは承知しておいてください。
─────────────────────────────
 200万円も払って、そんなリスクの多いことを果して人がす
るでしょうか。安倍政権は、そんなiPS細胞の研究費に今後の
10年間で1100億円を注ぎ込もうとしているのです。
 その点、STAP細胞は遺伝子操作はしないので、がんのリス
クはゼロで、しかも作製プロセスがシンプルですから、作製コス
トも安くなります。そんなものが出てきたら、ビッグファーマは
崩壊必至です。
 ロックフェラー財閥のやった医療支配について次のようにいう
人がいます。
─────────────────────────────
 彼ら≠ヘ米国の医療をナチュロパシー(自然療法)やホメオ
パシー(同種療法)から無理やりにアロパシー(対症療法)へと
変更した。そしてそれを戦後日本にも導入し、決定的なまでに人
の健康を破壊し、医療費を増大させてきたのである。
 ここで、皮肉なエピソードを一つ付け足さなければならない。
ロックフェラー一族の暮らしぶりが明らかになっているが、かれ
らは、医薬品を一切信用せず、薬は絶対に飲まない。近代医学の
医者たちをいっさい近づけない。なんと、かれらの主治医は、ホ
メオパシーの専門医たちなのだ!
     ──Core院長のブログ http://amba.to/1NI14mB
─────────────────────────────
 つまり、ロックフェラーが支配するまでの医療は、ナチュロパ
シー(自然療法)だったのです。それは、解剖学、病理学などに
加えて、治療法では栄養学と薬草学が主になるのです。
 ホメオパシーというのは、ナチュロパシーの傘下に入るのです
が、同種療法といって、ある症状をひきおこすものは、その症状
を取り去るものにもなりうるという考え方に立って治療するもの
で、18世紀から19世紀初期にかけてザムエル・ハーネマンが
唱えた臨床医学観のことです。丹羽耕三医師を院長とする土佐清
水病院などは、このホメオパシーということになると思います。
 これに対してアロパシーは「逆療法」とも呼ばれ、「体がおこ
している症状と反対の症状をおこすものを与えることで、症状を
取り去る」という考え方に立っています。下痢には下痢止め、吐
き気には吐き気止め、発熱には解熱剤という考え方です。
 ロックフェラー医療は、まさにこのアロパシーであり、西洋医
療とか近代医療など、最も進んでいる医療というイメージを装っ
ています。最近では先端医療という言葉も使っています。しかし
ロックフェラー医療の考え方には大きな間違いがあるのです。
 ユータス・マリンズという人がいます。マリンズは、米国きっ
ての正義派ジャーナリストで、ロックフェラーなどの権力者を痛
烈に批判します。そのため、「陰謀派」のラベルを貼られていま
すが、その主張していることは間違っていないと思います。
 ユータス・マリンズは、自著でロックフェラー財閥を批判して
次のように述べています。
─────────────────────────────
 米国における医学研究の大掛かりなごまかしは、ほとんどすべ
てがロックフェラー医療独占体制と、その支配下にある製薬会社
の圧力によるものである。(中略)
 大学(病院)をロボットのように忠実な下僕たちを養成する飼
育場にしている。これらの下僕たちは、助成金を獲得するため、
あるいは楽に仕事に就くためなら、どんなに卑しい行為にみずか
ら進んで、甘んじるようになる。研究ねつ造の長い歴史は、すで
に慢性化し、これらの下僕たちをおとなしく、いうなりにさせて
おくための理想的な『パナマ帽』、すなわち、操縦装置になって
いる。   ──ユータス・マリンズ著/内海聡訳『医療殺戮』
       ともはつよし社刊/──船瀬俊介著の前掲書より
─────────────────────────────
             ── [STAP細胞事件/083]


≪画像および関連情報≫
 ●「ホメオパシーとアロパシー」について
  ───────────────────────────
   アロパシーは何を基盤としているのか?という問いに対し
  ハーネマンは『アロパシーは物質的な見方に立っている』と
  言っています。アロパシーの考え方は『病気は私たちの肉体
  に基づいているので物質的な物によるのだ』というものであ
  り、この考え方を基礎として『物質がおこしている』という
  理論に基づき、細菌、真菌、ウイルスなどのセオリーが成り
  立ってきているわけです。ですので、細菌、真菌、ウイルス
  等を破壊する薬を開発したりするわけですよね。水虫菌の細
  胞膜を破壊!とかね。
   さて、病気になるとなぜ私たちは大量の種類の薬を飲む事
  になるのでしょうか?『アロパシーでは一人の人間体を色々
  なパーツ(部分)に分けて考えているから』というのがその
  答えです。アロパシーの医者は物質としての肉体に対して薬
  を処方しています。
   例えば、心臓疾患患者には心臓疾患の薬、関節に問題があ
  る場合には関節に対する薬が使われますよね。ついでに薬で
  胃が荒れるといけないですから胃薬も併せておのみ下さい、
  などというようにパーツパーツに特化した薬が処方されるわ
  けです。このような事柄からもわかるとおり、アロパシーで
  は心臓に出ている問題と関節に出ている問題がつながってい
  るという見方はしないわけなのです。このため、心臓と関節
  に問題がある患者は、まず心臓医とリウマチ専門医にかかる
  必要が出てきます。けれども、子供の頃にリウマチ熱を患っ
  た経験のある人は老年になってリウマチと心臓疾患が出てく
  る確率が高いことも今の時点でわかっている事なのです。
                   http://bit.ly/1N3zD6B
  ───────────────────────────



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月01日 11:42:59 : qgTg2PGLH3
作成できるのはオボちゃんだけで作成効率も悪いからコストはもっと掛かるよ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ