★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 340.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北極の氷が溶けて南極の氷床が増える謎
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/340.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 5 月 28 日 16:33:41: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 



Photo: pbs Newshour


地球温暖化とその犯人がCO2濃度であるとする人々には衝撃的な事実が明らかになった。気温の上昇とともに北極の氷床が減少して北極熊が絶滅するイメージで温暖化を訴えていたからだ。しかし事実は南極の氷床は増加していて北極の氷床と異なる挙動を示している。
 
北極の氷が溶けていることは事実であるが、南極では逆に増えている。NASAのジェット推進研究所の調査によれば、それぞれの極地の地球環境と南太平洋に理由があるとされている。気流と周辺海流が南極の氷床の形成と維持に英強するが、それらは地形と海底の深さに依存していることが示された。
 
 
海水が凍りついて形成される南極の氷床は9月に最大に達したのちに2月には17%まで落ち込む。海水から氷が形成される時期の衛星データを詳しく調べると新しい氷は風に乗って大陸を回転するように撒き散らされて大陸周辺を囲む氷床が形成されることがわかった。
 
この風で運ばれた氷は周囲に蓄積され氷床の厚みを増して、100kmから1,000kmにも及ぶ分厚い氷床ベルトができる。海温データは氷床形成がピークとなる季節には-1度Cになるが、その領域は南太平洋の暖流と還流の境界に流れる大陸を囲む還流の温度と一致する。
 
 
大陸の氷床とこの還流は一致することから、南極の氷床形成に風と海流が大きく影 響することがはっきりした。北極では還流の向きを左右する海底の起伏がないため年ごとに差が出たり、全体として減少する挙動となる。つまり地球温暖化で平 均気温が上昇したために北極の氷床が減少するということではない。




Source: NASA



地球温暖化に北極の氷が溶けていることを根拠にした議論はできなくなった。温暖化につい ても地球気温の上昇傾向の観測値に誇張があるなど、不備も目立つようなった。地球気候モデルも完成されたものでないことや長期スケールで眺めるとミニ氷河 期に近づいていることもあって、一人歩きする地球温暖化説の見直しが必要になった。



北極の氷が溶けて南極の氷床が増える謎 trendswatcher


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ