★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 484.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
動物収容所での殺処分ゼロに アジアで2番目:1位インド、2位台湾、3位?
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/484.html
投稿者 手紙 日時 2017 年 2 月 08 日 09:37:42: ycTIENrc3gkSo juiOhg
 

件名:動物収容所での殺処分ゼロに アジアで2番目
日時:20170207
媒体:中央通訊社
出所:http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201702070005.aspx
-----

動物収容所での殺処分ゼロに アジアで2番目/台湾
【社会】 2017/02/07 15:24

(台北 7日 中央社)行政院農業委員会は6日、公立動物収容所での殺処分を同日から全面的に廃止にしたと発表した。政策を着実に実施するため、命の教育の推進や不妊手術の実施拡大など5つの施策を進めていくとしている。同委員会によると、殺処分の廃止はアジアではインドに次いで2番目。

同委員会畜牧処の李春進処長によると、台湾の公立動物収容所ではこれまで、収容後12日を過ぎても引き取り手が見つからなかった場合、世界の多くの国にならい、人道的な方法で殺処分を行ってきた。同委員会の統計では、1年の殺処分数は最高で10万件に上ったこともある。

同委員会の黄金城副主任委員によれば、近年は動物保護意識の高まりにより、2007年から2016年までの10年間で台湾全土の公立動物収容所の譲渡率は13.45%から74.86%に上昇。殺処分率は74.57%から12.38%にまで下がった。2015年2月には、2年後に殺処分を廃止とすることを明記した改正動物保護法が施行されていた。

殺処分廃止に合わせ、同委員会が実施を予定している措置は(1)飼い主に飼育放棄をしない責任感を持たせる(2)命の教育の推進(3)法執行の強化(4)ペット登録の着実な実施(5)不妊手術の実施拡大―の5項目。同委員会は、動物の収容は野良犬の問題を解決する上で末端の手段であり、根本からの解決において重要なのは源流管理だと強調。各部署や地方自治体と協力し、政策に取り組んでいくとしている。

(楊淑閔/編集:名切千絵)

-----
//memo

*台湾、保護施設の動物たちの殺処分を法律で禁止
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/481.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ