★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 561.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
外来アリは人間が行く先々へついてくる:小さなアリの巨歩 人類史上の大きな出来事が関係
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/561.html
投稿者 手紙 日時 2017 年 7 月 09 日 19:11:50: ycTIENrc3gkSo juiOhg
 

(回答先: 無敵の「殺人アリ」に残酷な天敵がいた! 投稿者 ピノキ 日時 2017 年 7 月 08 日 00:04:34)

件名:外来アリは人間が行く先々へついてくる
日時:20170623
媒体:Nature Ecology and Evolution
出所:http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11972
-----


外来アリは人間が行く先々へついてくる


Nature Ecology and Evolution

2017年6月23日
Where humans go, alien ants follow

最近の人類史上の大きな出来事がアリ侵略種の拡散の要因となっていることを示す論文が、このたび新たに掲載される。外来アリによる侵略の成立に関してその形質、動態、および促進要因を理解することは、他の侵略種の将来的な拡散を抑止するのに役立つ可能性がある。

人間の交易と移動は生物地理学的な垣根を下げ、生物の地理的分布に変化を引き起こす。その結果、外来種の拡散は世界の生物多様性および生態系サービスへの大きな脅威となり、新参種が定着するペースは上昇し続けることが予測されている。生物の侵略に関する研究の多くは個々の種の侵略の全過程を通じた経過に注目しているが、外来種全般が類似の定着パターンに従うのかどうか、そしてそうしたパターンがどのように進行するのかはほとんど知られていない。

本来の生息範囲の外へ導入されたことが知られている外来アリ241種を調べたCleo Bertelsmeierたちは、そのアリが4つのカテゴリーに分類されることを発見した。それは、分布が局地的、地域的、大陸横断的、および全球的なものの4つであり、それぞれの拡散を支配する動態は異なっている。続いて研究チームは、そのうち36種に関して1750年以降の移動を調べた結果、その4群のアリ種が大陸および地域を横断した時期が、人類の移動、グローバル化、および好景気に関する2つの大きな波と重なることを発見した。第一の波は、19世紀半ばに始まって第一次世界大戦および1929年の世界大恐慌で終息したものであり、第二の波は、第二次世界大戦以降、21世紀まで続いた。また、大きく全球化が進んだ侵略種は比較的小型であって、さまざまな場所に生息する能力を持つとみられることが分かった。このことは、大陸横断の成功を説明すると考えられる。

アリの分布パターンに関する詳細を組み合わせて、さまざまな環境でのアリの生息を可能とする特性を理解することにより、研究チームは、生物の侵略を促進する過程に関する価値ある洞察をもたらし、将来的に侵略種となる可能性が極めて高い種の特定に寄与している。

DOI:10.1038/s41559-017-0184 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。


-----
//memo

欄干から淀川に悠然と泳ぐブラックバスを見つけると、なぜか心臓がキリッとなった。

アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、ライギョ、ブルーギル、セアカゴケグモ、ウシガエル… 

どうやら彼らは、故郷へ帰らない、また帰れないようだ。

だけど、メディアの声や市民の論理が強く大きくなれば、いつかの彼らは虐殺を待たねばならない。イミテーションに誘われ釣られ、窒息にのた打ち回る姿を幾度みたのか。

だからわたし、その時がくれば、進んで非市民になろう。

うん、最も暗い夜、最後のつがいをこの腕に抱いて…

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ