★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 605.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ニュートンの間違いからやり直した「電気的地球科学」
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/605.html
投稿者 がらくた箱 日時 2017 年 11 月 20 日 19:34:24: ik4eavU51G/Vs gqqC54Ktgr2UoA
 

ニュートンの万有引力は斥力を無視したため、プリンキピア発行の直後から、カントが批判していた。引力だけでは、宇宙はひとつの固まりになってしまう。その間違いを正し、現在の地球科学をやり直した本が出た。地球膨張説、地球空洞説は、どうやら地球の本当の姿だったようだ。

「電気的地球科学 放電・膨張・空洞」
https://www.amazon.co.jp/dp/B077LF5BB8/asyuracom-22

目次
1.重力は神話? 否妄想に過ぎない
おかしな重力
キャベンディッシュの間違いに気づいたファラデー
次々と提唱される新重力理論
重力は2種類ある
コラム 宇宙船内での人工重力の作り方

2.地球はなぜ丸い? 空洞の発見
科学を停滞させる重力神話
地球内部に重力はない?
空洞の存在が見えてきた
コラム 重力波の観測はSLFという電波をまちがえた

3.電流はなぜ流れる?
プラズマとは何か?
電子と電流

4.膨張する地球
シンクホール 地球膨張による穴
岩石、水が湧いてくる
コラム 太陽は空っぽかもしれない

5.地球膨張のメカニズム 海と大気の起源
マグマオーシャンはなかった
相転移による体積拡大
コラム 日本海海底の不思議なスジ

6.星を生む木星
星は糸を巻いたようにできている
木星わたあめ製造機
海底に残る筋
コラム 丸い石→石が丸くなる→惑星の卵?

7.地球の内部構造
遠心力で岩石が湧いて大陸になった

8.公転・自転と地球磁気
電気で動く地球
電気引力・反発力による公転
自転はファラデーモーター
コラム 空が青いのはなぜ?

9.地震は放電現象
岩石が圧電効果で変形する
津波は海中での放電
コラム 地震避雷針

10.地形はどうやってできた?
膨張による地形形成
放電で作られた山々
自転が作る地形
コラム 太陽フレアと地震、台風

11.古代文明と小惑星帯
鉄鉱石、化石
惑星の崩壊とフェイトン
惑星間移住
ピラミッドは超光速通信機  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-5812] koaQ7Jey 2017年11月20日 20:29:11 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>引力だけでは、宇宙はひとつの固まりになってしまう


これがド素人の思い込みなんだな


重力が働くのはマクロの世界だけ

ミクロ世界では他のゲージ場の影響しか効かないんだ

[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

2. 中川隆[-5811] koaQ7Jey 2017年11月20日 20:40:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
阿修羅で反原発運動してるのも この類の知恵遅ればかりなんだな

騙されない様に気を付けてね

[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

3. 2017年12月13日 22:14:30 : rNofEp1yUM : KXOtAEOLaNk[7]
世にオカルトのタネは尽きない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ