★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK178 > 644.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
施政方針演説を先送りする安倍首相――だが、軍需産業育成は先行実施()
http://www.asyura2.com/15/senkyo178/msg/644.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 1 月 26 日 10:57:47: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/95829b74a2c37d2e0e89ae868462f3d9
2015-01-26 09:48:03

 正月からサボりにサボっていた国会を本日1月26日になってようやく開会する安倍政権は、「時間がもったいない」という理由で施政方針演説を先送りします。補正予算成立を急ぐのだそうです。

 格差や社会福祉問題をはじめ経済対策や原発再稼働、TPP、集団的自衛権など課題山積にもかかわらず、国会を開かずにのうのうとゴルフを楽しんでいた安倍晋三という男は、国会を開くと今度は「時間がない」と言い出すご都合主義。

 「時間がない」のは、後半国会で集団的自衛権関連の諸法規改定を一気に進めようとするためです。つまり、審議はしなければならないが、できるだけ短時間ですませたい。そんな思惑から、開会は遅らせて、審議時間は詰め詰めにする。安倍という男とその一派がやりそうな姑息な手口です。

 安倍という男は、世界各地を巡業して回り、あちこちで金をばらまいてきました。名目は「支援」ですが、その中には軍需産業がうるおうような内容が手を変え品を変え盛り込まれています。だから、日本の軍需関連産業の面々が安倍巡業には必ず同行し、ばらまかれた支援金の回収に当たります。

 直接的な軍需関連名目でなくても、相手国のその筋の実力者とコネをつけられたら、日を改めて支援金目当てのうまい汁が吸える仕掛けです。もちろん、安倍グループにもおいしいキックバックがある。つまり、国民の税金にたかるシロアリ軍団です。安倍政権は、シロアリ軍団で形成されているといえるほどです。

 今回の人質事件で、きわめて奇妙なことは、湯川遥菜氏にまつわる話しが少なすぎることです。一回目に拘束されたときは無事に戻ることができたが、性懲りもなくまたのこのこと出かけた。本人は、現地語はもちろん、英語すらしゃべれず、軍事的な予備知識もほとんどない、いわばおそろしくノーテンキな人間のように受け取られています。

 それでも再び出かけた本当の目的な何なのか。そもそも本当は何者なのか。彼が昨年8月には二回目拘束されたのを日本政府は知りながら、安倍政権はなぜこの間何もしなかったのか。今回動画が公開されて初めてあわてて「全力で対応」などと言い訳するのは何ゆえか。今回は表向き、「自己責任」のキャンペーンを抑えており、突っ放さないのは何故か。湯川氏は頭が少しおかしいのかもしれませんが、安倍政権はもっと頭がおかしいのだから、私たちには理解できないことが多すぎます。

 政府は、出来るだけ早く海外で活動する諜報機関を育てる意向です。そのために在外公館には、軍事を含めその筋の専門家が配置されています。しかし、もっと手軽に隠密裏に動いて、いざとなれば使い捨てに出来る人間も育てておきたい。湯川氏は、さしずめそのテストケースだったのでしょうか。

 政府は秘密裡ながら、総合商社や海外プラントメーカーなどにもその筋の人間をまぎれこませているそうです。

 アベノミクスの第3の矢、成長戦略には軍需産業の育成が含まれています。軍需産業の場合は、競争入札ではなく、特命方式だから、政府からほとんど「言い値」で受注できる極めて利益率の高い取引です。

 アメリカではこの軍需産業が国家機構のなかにがっちり組み込まれて、戦争せずにはいられない経済体質になりました。日本も遅ればせながらその道に進みつつあります。安倍政権が意図して軍需産業を育成しようと図っています。

 何度も繰り返しますが、こんな政権を支えているのは、日本の賢明な有権者です。どこまでも賢い有権者たちです。安倍政権のもとで、「日本は素晴らしい国になる」と安倍晋三氏が約束してくれています。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2015年1月26日 11:03:31 : KbIx4LOvH6Ccw : PHvzTB1P7Y
しんぶん赤旗 2015年1月25日(日)
開会前から「自共対決」に/首相所信表明なし 他党は同調
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-25/2015012502_02_1.html

 26日に開会される通常国会の冒頭で、安倍晋三首相は所信表明演説を行わない姿勢で、麻生太郎副首相兼財務相が財政演説するだけとし、与党もこれを容認しています。

 しかし、総選挙が行われ新しい内閣ができ、初めての国会に臨んで政府が演説するのに首相が所信表明を行わなかった例はありません。民主主義を軽視し、憲政史に汚点を残す態度です。

 政府・与党は「施政方針演説をするのだから」と言い訳しますが、施政方針演説は総予算の提出に際しその説明として行われるもので、国会に対し政治に関する基本姿勢全体を示す所信表明とは区別されます。とりわけこの国会は、イスラム国による日本人人質事件の勃発を含め、安保法制、歴史問題、雇用、社会保障の大改悪など重大案件が山積みで、冒頭での政府、与野党の論議が必要不可欠です。

 批判を意識してか公明党の山口那津男代表は24日、水戸市内の講演で「野党も首相の所信表明演説は行わなくて結構と言っており、経済対策の(早期実行の)大切さを理解してもらっている」などと述べました。

 しかし、日本共産党の塩川鉄也議員は衆院議院運営委員会の場で所信表明を行わないという政府・与党の対応を批判してきました。どうしても緊急性があるなら開会を早くすることもできたはずです。

 一方、民主党理事は「結構です」と政府・与党に同調。維新の党も何ら問題視しない姿勢です。民主党内からは「たたかう前からたたかいを放棄しては話にならない」と批判、不満の声が出されています。開会前から、自民党に正面から対決する姿勢を示すのは日本共産党だけという構図です。


02. 2015年1月26日 11:45:05 : KzvqvqZdMU
軍需産業育成は先行実施 するべきである。
武器輸出も早々に解禁するべきである。
反対するのは中国の息のかかった連中だ。

[32削除理由]:削除人:アラシ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK178掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK178掲示板  
次へ