★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK178 > 876.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「雉も鳴かずば撃たれまい」安倍晋三首相は、イスラム国の敵であるとアピールする必要はなかった(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/15/senkyo178/msg/876.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 1 月 30 日 09:24:22: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4bdc7ab337356ac8ee4ea83d4ec58f99
2015年01月30日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆安倍晋三政権の高官が、イスラムの過激な武装勢力「イスラム国=ISIL」からインターネットを通じて発信されるメッセージに翻弄され続け、その情報分析に追われて、日夜労力を費やしているなかで、ついうっかり「クタクタになっている」と弱音発言をマスメディアに漏らした。この発言が世界各国に伝わり、「日本は、GDP第3位の経済大国なのに、日本政府のインテリジェンス(諜報活動=国家の安全保障の観点から情報を収集する活動)の程度は、最低レベルなのか」と驚きとともに衝撃を与えているという。

◆日本は、大東亜戦争(日中戦争、太平洋戦争などの複合的戦争)に敗れた後、完全に武装解除され、大日本帝国陸軍のスパイ養成機関であった中野学校、中野学校二俣分校、海外に設置していた諜報謀略機関「特務機関」、思想犯を取締る特高警察などを廃止した。戦後70年を経ても、インテリジェンス機関を再興させてこなかった。

 このため、今回のイスラムの過激な武装勢力「イスラム国=ISIL」による日本人2人人質事件のような高度なインテリジェンスが求められる状況になっても、日本政府は、ただ情報を収集し、それを分析するしか手を出せない。ヨルダンやトルコのような他国に頼んで人質解放交渉をしてもらうしかないのである。

 ところが、「イスラム国=ISIL」は、米国中心の有志連合に参加して空爆まで行ってきたヨルダンと米国を分断する作戦に出てきた。こうなると、話は複雑化してくる。

 「イスラム国=ISIL」と日本との単純な関係だけではなくなってきたからである。「イスラム国=ISIL」は、ヨルダン空軍パイロットを人質にしており、ヨルダンで自爆テロに失敗して死刑判決を受けて囚われている女性死刑囚との交換を要求してきた。ヨルダンは、後藤健二秘書兼通訳の解放交渉を後回しにして、空軍パイロットの解放交渉を最優先にせざるを得ない。おまけに、ヨルダン国民の中から「有志連合から離脱せよ」という声が上がり始めている。ヨルダンに「いち抜けた」と言われると困るのは、米国である。

◆さらに厄介なのは、「イスラム国=ISIL」には、空軍パイロット以外にヨルダン人捕虜が、かなりの数おり、逆にヨルダンには、「イスラム国=ISIL」人の捕虜が、これもまた多数いると言われている。

 結局、安倍晋三首相が、中東4か国・地域を歴訪中、迂闊にも「イスラム国とのテロとの戦いに有志連合国に2億ドルを支援する」と挑戦的な発言したため、イスラムの過激な武装勢力「イスラム国=ISIL」に揚げ足を取られて、国際的に窮地に立たされた。日本の日本昔ばなしに「雉も鳴かずば撃たれまい」(雉よ、おまえも鳴かなければ撃たれないですんだものを)とある。安倍晋三首相は、「イスラム国=ISIL」の敵であることをわざわざ中東に行って、アピールする必要はなかった。「善行は、黙って行うものだ」ということを忘れていた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月30日 10:07:04 : whtbMxLwrd
雉も鳴かずば撃たれまい
実は大変悲しいストーリー
むかしむかし、犀川(さいがわ)のほとりに、小さな村がありました。
 この村では毎年、秋の雨の季節になると犀川がはんらんして多くの死人が出るため、村人たちは大変困っていました。

 さてこの村には、弥平(やへい)という父親と、お千代(おちよ)という小さい娘が住んでいました。
 お千代の母親は、この前の大雨に流されて死んでしまいました。
 二人の暮らしはとても貧しかったのですが、それでも父と子は毎日仲良く幸せに暮らしていました。
 そしてまた、今年も雨の季節がやってきました。
 そのころ、お千代は重い病気にかかっていましたが、弥平は貧乏だったので医者を呼んでやることも出来ません。
「お千代、早く元気になれよ。さあ、アワのかゆでも食って元気を出せよ」
 弥平がお千代に食べさせようとしても、お千代は首を横に振るばかりです。
「ううん、わたし、もう、かゆはいらねえ。わたし、あずきまんまが、食べたい」
 あずきまんまとは赤飯の事で、お千代の母親が生きていたころに、たった一度だけ食べた事があるごちそうです。
 ですが今の弥平には、あずきどころか米の一粒もありません。
 弥平は寝ているお千代の顔をジッと見つめていましたが、やがて決心すると立ちあがりました。
「地主(じぬし)さまの倉(くら)になら、米もあずきもあるはずだ」
 こうして弥平は可愛いお千代のために、生まれてはじめて泥棒をしたのです。
 地主の倉から一すくいの米とあずきを盗んだ弥平は、お千代にあずきまんまを食べさせてやりました。
「さあ、お千代、あずきまんまじゃ」
「ありがとう。おとう、あずきまんまは、おいしいなあ」
「おお、そうかそうか。いっぱい食べて、元気になるんじゃぞ」
 こうして食べさせたあずきまんまのおかげか、お千代の病気はだんだんとよくなり、やがて起きられるようになりました。

 さて、地主の家では米とあずきが盗まれた事に、すぐに気がつきました。
 お金持ちの地主にとっては犬のエサほどの量で、たいした物ではありませんでしたが、一応、役人へ届けました。
 やがて元気になったお千代は家の外に出ていくと楽しそうに歌いながら、マリつきをはじめました。
♪トントントン
♪おらんちじゃ、おいしいまんま食べたでな
♪あずきの入った、あずきまんまを
♪トントントン
 お千代の歌を、近くの畑にいた百姓(ひゃくしょう)が聞いていました。
「変じゃなあ、弥平の家は貧乏で、あずきまんまを食べられるはずがないのだが。・・・まあ、いいか」
 そのとき百姓は、大して気にもとめませんでした。

 やがてまた大雨が降り出して、犀川の水は今にもあふれださんばかりになりました。
「このままじゃ、また村は流されてしまうぞ」
 村人たちは、村長の家に集まって相談しました。
 すると、村人の一人が言いました。
「人柱を立てたら、どうじゃろう?」
 人柱とは、災害などで苦しんでいる人々が生きた人間をそのまま土の中にうめて、神さまに無事をお願いするという、むかしの恐ろしい習慣です。
 その生きながらに土の中にうめられるのは、たいていが何か悪い事をした人だったそうです。
「そういえば、この村にも悪人がおったな」
と、言ったのは、お千代の手マリ歌を聞いた百姓でした。
「なに? 悪人がおるじゃと? それは誰じゃ?」
「うむ。実はな」
 百姓はみんなに、自分の聞いた手マリ歌の事を話しました。

 その夜、弥平とお千代が食事をしていると、
 ドンドン! ドンドン!
 だれかが、戸をはげしくたたきます。
「弥平! 弥平はおるか!」
「へい、どなたで?」
「弥平、おぬしは先日、地主さまの倉から米とあずきを盗んだであろう。娘が歌った手マリ歌が証拠(しょうこ)じゃ」
 お千代はハッとして、弥平の顔を見ました。
「おとう!」
 泣き出すお千代に、弥平はやさしく言いました。
「おとうは、すぐに帰ってくるから、心配せずに待っていなさい」
「おとう! おとう!」
 泣き叫ぶお千代を残して弥平は村人に連れて行かれ、そしてそのまま帰っては来ませんでした。
 犀川の大水を防ぐために、人柱として生きたままうめられてしまったのです。
「しかし、たった一すくいの米とあずきを盗んだだけで、人柱とはな」
と、同情(どうじょう)する村人もいましたが、下手な事を言うと今度は自分が人柱にされるかもしれません。
 そういう時代だったのです。

 さて、村人からお父さんが人柱にされた事を聞いたお千代は、声をかぎりに泣きました。
「おとう! おとう! おらが歌を歌ったばかりに」
 お千代は何日も何日も、泣き続けました。
 やがてある日、お千代は泣くのをやめると、それからは一言も口をきかなくなってしまいました。
 何年かたち、お千代は大きくなりましたが、やっぱり口をききません。
 村人たちはお父さんが殺されたショックで、口がきけなくなったと思いました。

 ある年の事、一人の猟師(りょうし)がキジを撃ちに山へ入りました。
 そしてキジの鳴き声を聞きつけて、鉄砲の引き金を引きました。
 ズドーン!
 見事に仕留めたキジを探しに、猟師は草むらをかきわけていってハッと足をとめました。
 撃たれたキジを抱いて、お千代が立っていたのです。
 お千代は死んでしまったキジに向かって、悲しそうに言いました。
「キジよ、お前も鳴かなければ、撃たれないですんだものを」
「お千代、おめえ、口がきけたのか?」
 お千代は猟師には何も答えず、冷たくなったキジを抱いたまま、どこかに行ってしまいました。
 それから、お千代の姿を見た者はいません。
「キジよ、お前も鳴かずば撃たれまいに」
 お千代の残した最後の一言が、いつまでも村人のあいだに語りつたえられ、それからその土地では人柱という恐ろしい事は行われなくなったという事です。
日本昔話石川の民話より

悲しいじゃないか
アヘも鳴かずば撃たれまい
ヘラヘラ歌いすぎたアヘ


02. 2015年1月30日 11:35:58 : urxvtQOtCs
後藤氏の人質取引は、去年末から行なわれていた。10億円、20億円とも言われる金額で交渉不成立を見越したイスラム側は、より得になりそうな状況を待つことにして、連絡を絶ったのだろう。(交渉で名前を公表させないことを約束させたのは、どうも取引自由度を保つために彼らが行う手段と解釈されよう。)
そして、絶好の機会が安倍首相のエジプト、イスラエルでの発言ということになろう。これで、後藤氏の取引価値は、何十倍にも跳ね上がってしまったのであろう。
明らかに日本の外交部の失策である。外交部門は時間が長引けば、逆に取引は自分達に有利になると思っていたのではなかろうか。

03. 2015年1月30日 11:47:18 : vgPgbrsFTs

 「善行は、黙って行うものだ」ということを忘れていた。

 そうじゃなかろう。  「忘れていた」のではなく「知らなかった」のさ。
 安倍の頭ん中は常に「俺サマのやることが一番」だ。  その結果はたいてい無惨なものだ。


04. 2015年1月30日 13:29:12 : MmheNR4ZDI
 時系列でみると、安倍はわざわざ、鳴きに行ったととらえたほうが正しいのでは?

 10月下旬には首相、官邸も湯川さん、後藤さんが人質にとられていることを知っていたはず。

 今回の安倍首相の中東歴訪は、エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ(自治政府、PA)と比較的親イスラエルの国。しかもイスラエルではご丁寧にネタニヤフ首相だけでなく、アメリカのマケイン上院議員とも会談。

 その前の1月17日、エジプトで「イスラム国」対策でイラクやレバノンに2億ドルを支援を表明。

 しかも日本を留守にしている間に辺野古の工事を再開、けが人が続出。これもマスコミ対策か?。


05. 2015年1月30日 15:26:28 : 2Kkvvoo82U
安倍発言は誰が聞いても「イスラム国」への宣戦布告と同じで有志連合国への後方支援「兵站」と受け取るでしょう。戦争への参戦加担です。言い訳はできない。

06. 2015年1月30日 18:09:08 : C3lq0gpU9A

  犀川のお千代の物語、じっくり読ませていただきました、ありがとうございます。


07. 2015年1月31日 00:43:25 : M6P7nhoK5E
お千代の話、感動した

さておき、アヘは雉なんて上等なモンじゃないよ
カモがナベとネギをしょって「オレはついている」と中東にノコノコ出掛け、カネを払って撃たれて、というかクソコラを笑われて「ボクチャン達、これからどうしたらいいの?」そんな感じである。

しかし、ユダ公とチョン公の握手には、強欲なバカ同士が晴れの舞台?で一緒になった、そんな清々しさがあり、実にいいシーンだったと嬉しく思うのである。


08. 2015年1月31日 10:09:44 : u41ShKyHb2
先の見通しも出来ずその場だけの事しかない安倍の馬鹿総理。有志連合国に加わって自衛隊を派遣する口実を作りたかったのだろう。その下準備を着々としている。

09. 2015年1月31日 12:20:10 : EAmIZxiV8I
温厚篤実、礼儀正しく勤勉・実直な国民性で、識字率が高く…経済大国3位の日本の首相がウソをつくとは思わずに、延々と交渉を続けたがラチが明かず…シビレを切らす寸前でカモがネギを背負って飛び込んできた…

飛んで火に入るアブラムシで、一気に炎上大爆発だジョ…コノ〜!。
イスラム酷は、ア屁が成蹊幼稚園児脳とは知らなかったのだナ…
で、ア屁のマヌケさは全世界に発信され…言語冗談と笑われた…ッテカ!。

「北の発明屋の独り言」ブログより…


10. 2015年1月31日 17:49:03 : Fx0MAc3H3s
有志連合という名の悪党団体の現実と
それに加わろうと画策した
今回の安倍の悪行、全てがさらされた

有志って本当に真っ当かなんて自己満足だけだろ
過去にさかのぼれば
同じことを繰り返し
消えるどころか同じようにテロ集団が生まれている

もっと違う方法で中東の安定を画策しないと
進歩がない!
アメリカのやり方はどちらにも金を出すだけの悪行しかやらない
それに金出す安倍にはあきれ果てる
何が人道支援だ?
どう使われるなんて知ったこっちゃないだろ安倍!
無駄金使わずにNPOなどの専門家に渡した方が良い


11. 2015年1月31日 19:32:28 : FfzzRIbxkp
イスラエルに日本は協力の要請を断られているとのこと。
日本はイスラエルに何の協力をしようとして断られたのでしょうか。

あのイスラエルに断られたのですよ。

孤立していれば藁をもつかみたいでしょうに、藁にもなれなかった日本。
おまけにマッケインにさらなる要求もつきつけられた。人質事件もしかりか。

試験勉強ができなかった学生が、学校に脅迫電話をして試験を中止させるような事件が数年前にありました。
日本政府は、原発メルトダウンや金融メルトダウンを誤魔化すために、世界に混乱を発生させているのでは。

それとも、もっとみじめな精神で自分と意見が違うものさえ叩けばそれでいい。
そのためならば、世界を巻き込んでもいい。とか。

WBCでは日本が優勝していたのにも拘らず、スポンサーのためなどと言って選手会が出場をボイコットしました。多くの選手が騙されていたのではありませんか。
スポンサーの為ではなく、個人的な恨みを抱えた選手が、皆に野球をさせないために理屈をつけてボイコットさせていたとしたら。
統一球はどうですか? 一軍で活躍している選手からクレームは出ていましたか?
統一球に対応できずにいた一部の投手が、コミッショナーの解任騒動まで作り出したのではありませんか。


12. 2015年2月01日 18:43:53 : Ug8P51meIc
安倍は撃たれたとは思っていないよ。
安倍は戦争が好きな人物、その安倍にとって本音は日本人の命など軽いものだ。
これで日本人の多くがイスラム嫌いになれば大喜び。

今後、日本人の海外での安全は自己責任だとの宣伝が行われることになる。
日本人の好感度は戦後、戦争をしない、勤勉でよい製品を作ってきたことから悪くなかったが、今後は戦争好きのアメポチだとみなされることになる。

日本人の好感度はガタ落ちになる。ドイツやフランスはまだアメリカにもの申すことがあるが日本は何一つものが言えない。今日も読売テレビは沖縄で辺野古基地に反対する奴はたかりだと大宣伝。辛抱にざこば、アメリカが正義の味方で日本を守っているだとさ。皆さんも騙されないように。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK178掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK178掲示板  
次へ