★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181 > 102.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政治的売春婦の悪意のある「脱法」妄言 朝鮮中央通信社論評:朝鮮総連ビル使用継続問題に関する前原民主党代議士批判
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/102.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 3 月 06 日 04:51:06: Mo7ApAlflbQ6s
 


 下品で醜悪な表現だが「政治的売春婦」とは、民主党前原代議士のことである。

 下品な表現は論外だとしても、

「彼はいかなる政治理念も能力もない暗愚な政治的奸商であり、政治的人気獲得のためなら、どんなこともためらわない政治的渡り鳥」

「対米追随意識が骨身に染み入んでいる米国の下手人、戦争の下男である。

「外国人から政治献金を受け取るのを禁じている政治資金規定法を違反したことで、外相のポストから落ちた俗物の中の俗物」

といった北朝鮮の前原評は、朝銀不良債権問題ともども日本の政治をよく調査していると言える。


※ 北朝鮮と前原氏は裏でつながっているという噂もある。

=======================================================================================================
政治的売春婦の悪意のある「脱法」妄言 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月26日発朝鮮中央通信】日本民主党所属国会衆院議員の前原が去る20日、衆院予算委員会で総聯(朝鮮総聯)中央会館問題を「脱法行為」だと言い掛かりをつける妄言を吐いた。
長引いてきた総聯中央会館問題が順調に解決されるのを阻んでみようとする意地悪な根性であって、日本の社会世論をまどわし、総聯が中央会館を引き続き使用できないようにしようとするいささかも許せない卑劣な行為である。

今、日本で総聯中央会館問題に関する法律的手順と措置が違法でないと自他が認めている時に、前原が悪口を浴びせるのを見れば、政治家はおろか初歩的な思考力を備えた人間であるのかを疑わざるを得ない。
名だけは京都大学法学部卒業生であり、民主党政権時代に外相まで務めたという者が、法律的に何の問題もない総聯中央会館問題に言い掛かりをつけたのは、確かに初歩的な国際常識も、法律に対する概念も知らない政治門外漢にすぎないということを物語るだけである。

総聯中央会館に関する転売と賃貸問題は、法律的に認められている手順による普遍的な取引問題として、これにはいかなる「違法」や「脱法」行為が全くなく、すべてが合法的に成り立っている。
日本の法界はもちろん、政界と言論界がこれを認めている。
競売を経て購入した不動産を誰かに売ったり、貸すのは自由であり、むしろこれに不当に干渉するのが違法行為となっている。
不動産購入者が本来の所有者である債務者にその不動産を賃貸してやる例はこれまでもあったことであり、またこんにちも現実的に存在している。

特に、前原が朝銀信用組合が倒産した原因を「北朝鮮に対する送金」「朝鮮総聯による組織的流用」のためだと途方もなく断定して、これに対する監督、調査を強め、関連資料を出せと言うのは、わが共和国と総聯に対する悪意に満ちた暴言であって絶対に容認できない。

周知のごとく、朝銀信用組合が倒産したのは日本で倒産した多くの銀行、信用組合などのように、バブル経済の崩壊に対処して経営戦略を正しく立てられなかったためである。
前原は、公的資金があたかも以前の朝銀信用組合の再生にだけ莫大に投入されたように世論をまどわしたが、公的資金は預金保護法を守り、保険料を支払ってきたすべての金融機関に対して預金者保護の立場から徹底的に法によって支払われる資金援助である。

2001年12月当時、首相であった小泉は「朝銀公的資金問題の質問に対する答弁書」で、政府が朝銀信用組合から北朝鮮当局に資金が流れていると認めた事実はなく、資金供与があったという事実は把握していない、と明確に述べた。

朝銀信用組合の倒産時の「金融整理管財人の報告」にも、倒産の主たる原因としてバブル経済時代以降の対応措置の不備、過重な貸し付けなどを挙げたが、「組織的流用」を認めた事実はない、と指摘されている。

にもかかわらず、前原が整理回収機構と預金保険機構がすべての権能を用いて賃貸科を差押えすることができるだの、総聯が中央会館を引き続き使うようにしてはいけないだの、何のと騒ぎ立てたのは、反共和国、反総聯意識が骨髄に徹した者のヒステリー的狂気にすぎない。

在日朝鮮人の民主主義的民族権利の擁護者である総聯の活動拠点をまたもや、物理的に取り除き、総聯と在日朝鮮人の合法的活動を抹殺しようとする醜悪な妄想は絶対に実現されない。
前原の妄言には、日本社会に反共和国、反総聯の雰囲気を高調させ、朝日政府間の会談に水を差し、野党政治家として自分の人気を上げてみようとする愚かな企図が潜んでいる。

もともと、彼はいかなる政治理念も能力もない暗愚な政治的奸商であり、政治的人気獲得のためなら、どんなこともためらわない政治的渡り鳥である。
朝日関係改善問題に関連しては、朝鮮に機会を利用するすきを与えてはいけないと言い散らしたりもした。
対米追随意識が骨身に染み入んでいる米国の下手人、戦争の下男である。米国をアジア太平洋地域の「平和守護者」「安定保障者」におだて上げ、米国が行った臨界前核実験について米執権者の「プラハ演説」と「矛盾しない」「理解を表す」と言って醜態を演じた者がまさに彼である。
外国人から政治献金を受け取るのを禁じている政治資金規定法を違反したことで、外相のポストから落ちた俗物の中の俗物である。

このような人間おしゃかである鼻持ちならぬ者が総聯中央会館問題にかこつけて朝日政府間の会談について疑問視し、それに水を差す妄言を吐いたのは、朝日関係の進展を阻んでみようとする不純な政治的企図の集中的発露である。

強調しておくが、総聯は在日同胞の民主主義的民族権利を擁護し、実現するために積極的に活動する共和国の真の海外同胞組織であり、総聯中央会館は朝日間の国交関係のない状態で外交代表部の役割を果たしている神聖な活動拠点である。

前原は、時代の流れをはっきり知り、それに逆行して自ら自分の人気を落とす妄動を振るわない方がよかろう。―――

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf;jsessionid=01EE2A29D81E2C68883522D758DA3C50

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 罵愚 2015年3月06日 05:37:55 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
 民主党保守派って、現行選挙制度が生んだ悲劇的な存在だよね。社会党生き残りの左翼と同居してる限り、悲劇と喜劇をくりかえすしかない。どちらかが出ていくか、分裂しかないと思う…

02. 2015年3月06日 15:52:59 : UODUGCH36U
実際のところ前原の政府の経済政策についての国会質問の内容は安倍首相の答弁に比べ的確で優秀だと思う。ゆえに北朝鮮側が言いがかりをつけたとも考えられる。不動産の転売が行われたとしてもその取引に付随して不当利得行為が認められるかどうかは別な問題。この記事はそのことを指摘しているんだろう。

03. 罵愚 2015年3月07日 05:10:07 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
>的確で優秀だと思う。

 わたしはけっして、そうは思わないが、たとえかれが「的確で優秀」だとしても、当事者能力がない。能力は劣っていたとしても、政治資金に疑惑がもたれても、女性スキャンダルがうわさされていても…自民党議員には当事者として閣内や党内で実力を発揮してもらわにゃぁならんし、じっさいに活躍している。
 それに比較して、民主党は、あの失われた3年間で政党としての存在意義を喪失している。かつての社会党以上に、失望は深い。いったん解党して、出なおすには旧社会党系の売国サヨクをたたき出さなければならない。民主党が左右に分裂すれば、自民党内のチャンボケ、チョンボケ右翼も浮きあがって消えると思う。
 空想的平和主義も、売国保守も、もう限界を超えてると思うよ。若い政治家は、古い概念にとらわれず、あたらしい国家モデルを提唱するひとでないと…


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK181掲示板  
次へ