★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181 > 197.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
報道ステーション「集団的自衛権で“専守防衛”は直接攻撃なくても武力行使」/古賀茂明さん
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/197.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 08 日 00:35:05: igsppGRN/E9PQ
 

報道ステーション「集団的自衛権で“専守防衛”は直接攻撃なくても武力行使」/古賀茂明さん「安倍さんの目指す“帝国主義の道”の先に、私たちはどういう国を目指してるのか?の議論が必要」
http://www.at-douga.com/?p=13293
2015年3月7日 @動画


2015年3月6日に放送された、報道ステーション「集団的自衛権で“専守防衛”は直接攻撃なくても武力行使」を紹介します。
(所要時間:約9分)


2015/3/6【報ステ】古賀茂明降板「 アイアム ノット 安倍でものすごく怒られちゃったんですw」


動画の内容 (古賀茂明氏の解説部分・全文書き起こし)



古賀さん:
安倍政権が始まってからですね、まぁ 最初 「国家安全保障会議」っていうのが出来ましたよね、それから「特定秘密保護法」が出て、まぁ 「武器輸出」をほぼ全面解禁に近いようなかたちで解禁して、まぁ 今はもう「ODAでも軍関係に使えるようにしよう」とかですね、ま どんどんどんどん進んで、今はそれで 今は本丸の「集団的自衛権」の議論を、まぁ 細かく始めてるという感じなんですけれども…。


何かね、いっこ いっこ 出てくるんですね。それで、まぁ それぞれが、非常に難しくて、「言葉の定義の話」になってきますね、常に。だから、何かね、その よく分からない、よく分かんないなって思う人が多いと思うんですよ。


で、気付いてみたら、要するに出来ないと言ってた事が、「出来ないのが出来る」「出来ないのが出来る」「出来ないのが出来る」っていう風にですね、ず〜っといっこいっこ、まぁ「1から20あれば、1から今10ぐらいまで来ました」そういう感じで、まぁ この先ず〜っと行って、「憲法改正」もあるし、本当はもっとその先まであるかもしれないな…という事。


だけど、その 先 に、「私たちはどういう国を目指してるのかな?」っていう、そこの議論が、あんまり無いと思うんですね。だからその、すごく不思議な あの 感じがするんですけれども、そこが、実はその 何でしょう、「もう変わっちゃってるんじゃないか」と、日本は という国が。そういう話があって、あの〜 ある総理経験者の奥様が、こういう事をおっしゃってたっていうんですけども。


まぁ 中東のですね、大使館の大使のご夫人とかとお話をしてて、「いやぁ日本はとっても良い国だったのにね…」と、いう会話があるらしいんですよ。で、「良い国だった」っていうのは、日本っていうのは世界有数のね、経済的繁栄を誇ってるし、もう何でも欲しい物はあるし、それから非常に高いね 文化的レベルっていうのがあるし、それから、あの ヨーロッパやアメリカと違って、あの イスラムとかアラブ人に対する偏見がですね、まぁ 非常に少ないと。で、住んでて非常に気持ち良いし、で、何よりも安全で、もうテロなんか全然心配しなくていいと、いう国で、で 一方、もちろんヨーロッパやアメリカも素晴らしい国なんですけれども、やっぱりあの 中東の方々が住んでて、「テロが怖い」とかですね、あるいは「差別がある」とかですね、そういう色んな事を感じながら、やっぱり「日本にいるってラッキーね」と、いう感じがあったらしいんですが、ところが、それが「だった」になった。


で、それは あの やっぱり そういう人たちから見て「日本ていうのが変わってますよ」と。で それは、何でそういう事が起きたか?っていうと、やっぱり あの 安倍総理がですね、その エジプトでですね、『ISIL(アイシル)と戦う周辺各国に2億ドル支援』というあの言葉から始まってですね、その後 とにかく、外から見ていると、日本は 「あ、アメリカと一緒なんだ」と、「アメリカと一緒に世界に出てくるんだ」と、「アメリカと一緒に戦争するんだ」というイメージばかりが こう 伝わって来るって言うんですね。


そうすると、非常に心配になってくるのが、「日本はもうアメリカと同じなんだ」っていう風に思われちゃって、てことは「アメリカの敵が日本の敵になっていく」と。で、日本ていうのはテロに まぁ あまり慣れてない国ですから、アメリカはまぁテロに慣れてますけれども、そういう意味だと、「えぇ… 日本て実は 一番危ない国になっちゃうんじゃないの?」と、いうことで まぁ その あの 国の大使館の中には「警戒レベルを上げてる」とか、いうような話も出てきてるっていう事で…。


じゃあ世界はそういう風に見てるのかな?と、いま非常に心配なんですね。そういう話をたくさん聞くんですけれども、じゃあ、一体私たちは、それを目指してるのか?、でも全然違う国を目指してるか?っていう、そこの議論が無いじゃないですか。


古館キャスター:
うん。で、ひとつひとつの、非常に難しい えー ディテールが、どんどん どんどん 積上げられていくという印象ですね。


古賀さん:
そうですね。で、その中でですね、じゃあ安倍さんはどういう国を目指してるのかなっていう風に、まぁ 色々 今ね、どんどんどんどん政策が矢継ぎ早に出てますけども、それを見たときにですね、ちょっと あの、こないだの、おー、(※2015年)2月12日のですね、「施政方針演説」で、安倍さんがこういう事を語ったんだよっていうのが(フリップを出しながら)、これ非常に良い事を書いてあるんです、ここには。


まぁ 『日本は小さい国かもしれなけど、国民みんなが心を一つにして、国力を盛んにするならば、世界で活躍する国になることも決して困難ではない。』と、これは岩倉具視(いわくらともみ)、明治時代の話ですね、に、言った言葉です。


で、これ見ると、「あっ そうだな、おれ達も頑張らなくちゃいけない」ってみんな思うかもしれない。


で、『明治の日本人に出来て、今の日本人に出来ない訳はありません。』だからみんなで頑張りましょうよ、という、で まぁ あの なるほどなっていう感じがするんですが、実は、この前にですね、安倍さんの言葉でこういうのが入ってまして、



『明治国家の礎を築いた岩倉具視は、近代化が進んだ欧米列強の姿を目の当たりにした後、このように述べています。』と、いうことなんですね。



こういう風につながっているんですけれども。


っていう事はですね、明治時代に、その まぁ 富国強兵・殖産興業で、欧米を見てですね、夢見て、ああいう列強になるんだと、あの 帝国主義のですね、ものすごい争いの中に自分たちも入っていける、強い国になるんだと、それを夢見て心を合わせてやってたと、あの時代は素晴らしかったじゃないかと、あれを思い出そうよっていうのが、僕はあの、安倍さんの呼びかけなのかなっていう風に理解したんです。


ですから、いや そういう風に考えたら、その あの 怖いなという風に思ったんですけれども、もちろん、そういう国をね、目指したいという人もいるのかもしれないですね。ですけど、私は、日本人の大半がですね、そういう事を望んでいるという風には思えなくて、やっぱり、国民に もしね 「心一つに頑張ろう」って呼びかけるのであれば、もっと違う時期があったと思うんですよ。


まぁ 敗戦の廃墟の中から、もうね「飢え死にするぞ」っていうぐらい苦しい中から、国民が本当に心を一つにして、ず〜っと頑張ってきた。そしたら、気が付いてみたら もう 日本っていうのは世界でも有数の経済大国、まぁ大国が良いわけじゃないんですけれども、もう国民の生活が非常に豊かになりましたよね。で、それは素晴らしい。しかも、やっぱり、これが一番凄いんですけれども、70年間、一回も戦争しないで、しかも、その世界で1回も もちろん「人を殺した事がない」と。


で、これだけの大国でですね、そんな国ないですね。アメリカはもちろん年中やってますけれども、イギリスだってフランスだって、あちこちで戦争してます。で、そういう その「大国の中に日本も入れてくれ」と、いう事を、まぁ 安倍さんはやりたいのかな?っていう風に見えちゃうんですね。


で、でも そういう風に考えると、「あ、確かに今やってる事は全部必要だよね」と、イギリスと同じようになりたいんだったら必要だよね、という風に まぁ 思えるので…。で、やっぱり そこをねぇ、ちゃんと こう 議論して欲しいなと いう風に まぁ 思うんですね。


まぁ またこういう事を言うと、んー なんか あの 官邸とかそういうとこから あのー 色々怒られちゃったりして、ご迷惑がかかったりするのかなと、思うんですけれども、やっぱり、日本が目指すべき道は、安倍さんのように列強を目指す道なのか、それとも、いやいや そうじゃない、今までやってきた日本の平和大国としてのね、僕は平和大国と言えば良いと思うんですけれども、平和大国としての歩みを、そこに誇りを持って、むしろそれを「もっともっと強化して行くんだ」と いう道を選ぶのか、まぁその間もあるかもしれないですけれども、そこをちゃんと議論して欲しいなぁと。


ですから、「安倍さんの道が良い」と、いう人は “I am Abe” ですと、だけども「全然違いますよ、平和大国を目指すんですよ」という人は、僕は まぁ こないだも言って もの凄く まぁ 怒られちゃったんですけども、“I am not Abe(私は安倍じゃない)”という事を、世界に発信しないと。


世界は、もう、安倍さんを見てるわけです。で、アメリカと一緒になるんだと、いう風に思ってるんで、僕は、今、もうちょっと手遅れに近いのかもしれないですけれども、そのイメージを まぁ 崩すのは簡単なんですけれども、もう一回戻したいなと、いう風に まぁ 思ってるんですね。そういう事を、まぁ みなさんで議論して欲しいなと、いう風に思います。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月08日 02:36:52 : KzvqvqZdMU
戦争と言うものは、奇襲など機先を制した側が勝つ確率が高い。
とくに長距離ミサイルの現代戦ではそぉなのだ。
専守防衛なんてのは負けを宣言したようなものである。
一日も早く改憲しなければ駄目だ。


[32削除理由]:削除人:アラシ
02. 2015年3月08日 04:00:11 : Oaz7BPiWRU
『やっぱ<古賀茂明氏>は近来希に見る、性根の座った“優れ者”だね。』

知性、見識、理念、価値観、闘争心、どれ一つをとっても一級品であり、この人の右に出る者は居ない。(同等の方々は何十人も居らはりますが…)
“降ろす”もなにも、<テレ朝>なんて総掛かりでも、<古賀氏>の発信力には敵いまへんがな。
まぁ、<パンパース・アナクロ政権>もそろそろ、年貢の納め時とちゃいますか?


03. 罵愚 2015年3月08日 05:27:07 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
 相手は…ここでいう“相手”とは仮想敵国のことで、具体的には共産支那や北朝鮮だとして、相手はなんでもありだ。武器も戦法も、なんの制約も設けずに攻め寄せてくる。
 迎え撃つ日本が「あれはやっちゃぁいけない、これはやっちゃぁいけない」と自制するのに、なにか理由があるのだろうか? 9条が理由だとしたら、9条をやめればいいだけのはなしに思えるのだが…

04. 2015年3月08日 06:59:47 : PEAqBq6jHG
古賀氏の論理は明快だった。
 「日本政府は、2人の日本人が人質に取られ、後藤健二さんに関しては
身代金を要求されていることを事前に知っていた。
「人命第一」に考えるなら、いちばん大事なことは犯人を刺激しないこと。
10億円、20億円程度なら官房機密費ですぐに払える。1月に首相の中東訪問を
控えているなら、それまでに解決しておくこともできた。にもかかわらず、
それをしないでわざわざ「イスラム国」を刺激するようなパフォーマンスを
繰り返し、「『イスラム国』と戦う周辺国に2億ドル出します」と宣戦布告の
ようなことを言ってしまった。
これは「イスラム国」の側からすれば交渉の余地なしということになる。
だったら、宣伝に使うか、思いっきりふっかけてやろうということになったのが
今回の事態ではないか。
ではなぜ、安倍さんは人質が取られていることを知りながら挑発的な言動を
繰り返したのか?」   http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/104.html

フランス、アメリカでさえ人質を取り返すため裏交渉をしていたという。
こんな人命を無視する馬鹿、精神異常者が最高指揮官であることにゾッとする。
日本のそれぞれの権力者たちは、テロを作り出している戦争中毒のアメリカに
自衛隊員、あるいは国民の命を差し出すのか

何より安倍のような軽薄な者では各国、特にアメリカ、中国・・・のような
大国の首脳とは渡り合えない。憲法改悪など以前の問題なのだ。


05. 2015年3月08日 07:52:17 : YxpFguEt7k
古賀茂明、孫崎享、柳澤協二氏
元官僚には珍しく、素晴らしい方々ですね。

06. 2015年3月08日 07:55:32 : EonQKAcAZ2
>>01
>戦争と言うものは、奇襲など機先を制した側が勝つ確率が高い。

奇襲やっても負けた国の若造が言っても現実感ないなw


07. 2015年3月08日 08:00:08 : EonQKAcAZ2
>>03
>武器も戦法も、なんの制約も設けずに攻め寄せてくる。

戦争にも使用してはいけない兵器も法律もあるんだがそういうのは無視かい。
さすが馬鹿だw

[32削除理由]:削除人:言葉使い

08. 2015年3月08日 08:25:18 : PGRwrnKkIQ
>03
>9条が理由だとしたら、9条をやめればいいだけのはなしに思えるのだが…
憲法をいじるのならば、人権に関する条項も変更して人体実験を解放し、人間をもっと真っ当な生物に更生させるための研究を推進すべきだな。低能の自称神様KzvqvqZdMUだの使えない罵愚だのといった不良個体は、いい研究材料となるだろう。

え、自民党試案?あれは、生ゴミの王の君臨を確固とするための物だから論外


09. 2015年3月08日 12:47:46 : shSexbmWkk
専守防衛にとどめておけ。

10. 2015年3月08日 18:13:37 : 1JLAjiYmTk
日本はこれから戦争する国になるんだから
右翼やネトウヨは早く自衛隊に入隊した方がいいんじゃない

11. 2015年3月08日 18:33:08 : V8ALKaJfjY
満州へ強制送還しろ

安倍と小沢を

[32削除理由]:削除人:アラシ

12. 罵愚 2015年3月09日 04:50:54 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
 ★阿修羅♪のコメントって、ホントにリアリティがないなぁ

13. 2015年3月09日 07:57:11 : C1UC3mdafw
>12
そんなことを書いたって、 罵愚が使えない不良個体である事実に何の変化が生じる訳でもなく、「集団的自衛権」が自衛隊が中東で戦うためのものであるという現実もそのまま。リアリティがないとかいうのは>>08をさしてるのだろうが、実は手がかりとなる研究はすでにあらわれてるのよ

http://www.asyura2.com/15/senkyo178/msg/670.html#c6
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/783.html

なお、これは他の投稿の「国会議員の資質保証」問題にもつながってくる


14. 罵愚 2015年3月09日 15:47:37 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
>13
 拉致事件で使えない自衛隊が、中東で使えるとは思えないが…実力行使と聞くと、妄想が地球の裏側に飛んで行って、目のまえの惨劇を忘れてしまう★阿修羅♪の想像の貧困をなげく。

15. 2015年3月09日 15:56:07 : uMcHfTnA4o
03は本当にバカだね!
もっと謀略脳を磨くことだ(笑)




[32削除理由]:削除人:言葉使い

16. 2015年3月09日 21:31:19 : XjIoCrFXDE
>14
>拉致事件で使えない自衛隊が、中東で使えるとは思えないが…
 じゃあ、湾岸戦争の後に掃海に行ったり、イラク戦争の後で「復興支援」に行ったりした事実はなかったと?その場に移動することさえ出来ればあとは上からの指示に従えばよい。軍隊ならばなおのこと
 「目のまえの惨劇」とやらに気を取られて、「他人がお膳立てした上で動くのは、自分で一から準備するのに比べれば遥かに簡単」という常識を忘れ去ってしまう罵愚ってのはやっぱり使えん奴だな。で、>>07だの>>15だのの削除申請をしたのは藻前か?

17. 2015年3月09日 22:01:46 : IJjjrLkBu1
  一応、租税主義で法治主義であるから、戦争にしても民生にしても、使える予算というのは税収の範囲内であることは否定出来ない。銃の所持が合法である国であっても、資産家の持つ銃とトレーラーハウスに住まざるを得ない貧困層が持つ銃とでは性能も数も、格差が有るだろう。
   ここをムリして、家族を喰わせることも出来ないのに金持ちと競争して銃を何丁も購入したとて、馬鹿と言われるか、家に帰れば飢えた家族が飢えて白い目を剥いていれば、自暴自棄となって乱射事件でも起こすのが関の山である。
   国単位で考えても、限られた予算の範囲で国防を行うしか無く、国防予算を増額している国に追い付こうとしても、どこかにムリがたたる。米ソの軍拡競争などは良い見本であり、結果的に軍縮という動きになったのは、軍拡というのはキリが無く、その分民生が脅かされ、「まともな国」では無くなったからである。
   相手を威嚇するには相手を上回る武装が必要であり、限られた予算を目一杯兵器に投入しても、相手がその上を行けば一気に上位を譲ることになるのである。
   また戦争とは一種のゲームであり、一定のルールの下で行わなければ世界の終わりが来る。例えば宣戦布告や捕虜の扱い、停戦交渉、撤退宣言など、馬鹿らしいほど細かいルールが必要であるが、それをしなければ先進国際社会で通用しない。少なくとも法治主義を採用している以上、法の支配下で何事も決定されるべきであり、無法国家と名指されれば、それこそ悪の枢軸国の仲間入りとなる。
   ところで、法の支配とはいえ、基本法が有っても実際の運用上、基本法の原理原則や制定理念に逸脱することも多い。だから、やらないと言ってもやったり、どんどん悪い方に変化して行くのである。
   あれだけとんでもない憲法解釈で集団的自衛権行使法が閣議決定されたのであれば、解釈によって基本法の概念は変わるということである。
   つまり、基本法が出来たら、常にそれを引き出しから掴みだし、法制化される際の国会審議や閣僚の答弁がどうであったか、国会での言質と執行上の変遷の食い違いについて、代表議員は徹底的に論争をするべきである。
   願わくば、司法において、憲法理念、基本法の原理原則との齟齬を断罪されるのが望ましいが、どうも「絶望の裁判所」らしいから、望むベくも無いだろう。
   憲法の理念が生きている以上、基本法の原理原則は憲法理念を逸脱出来ないし、実務に入る際の細則は、基本法の原則を逸脱していてはならない。
   憲法、基本法、細則と、下位の法は上位の法の原則に則らなければならないところ、これが精査されなければ、実態はあれよあれよと言う間に変遷して行くのである。早い話が、通達や行政指導が疑似法律として独り歩きして行き、議会も国民も、黙認することになってしまい、とんでもない実態となるのである。
   戦争はタダでは出来ない、かつまたルールを無視して無法で有ってはならない、となれば、常に法律の引き出しに手を伸ばし、法の理念と原理原則、制定時の議会での閣僚の言質などを忘れることなく、かつまた解釈上においても誤った方向に行かぬよう、代表議員による徹底した確認と討論が必要である。
   
   

18. 罵愚 2015年3月10日 04:25:51 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
>16.

 自衛隊ペルシャ湾派遣は停戦発効後の公海上の作業で、海上自衛隊の通常業務だよ。今回の想定と復興支援のちがいぐらい、わからないかなぁ? ★阿修羅♪には…


19. 2015年3月10日 06:43:49 : MK5FPc5u1M
>18
 まず自衛隊が自力で中東に移動できる能力があることが基本で、「海上自衛隊の通常業務」は戦時中にも必要だ。イラク戦争後の「復興支援」で武装米兵を空輸したという疑惑が出ているが、これだって「通常業務」と言えなくもない。何だ、拉致事件で使えなくたって、自衛隊が中東で出来ることいっぱいあるじゃないの。揚げ足取りをしようとして墓穴を掘る罵愚はやっぱり使えねぇ

20. 2015年3月10日 12:50:23 : rrhrFN6JLd
>3 アメリカなんぞイラクが大量破壊兵器持ってないの持ってると戦争を仕掛けたが北朝鮮が地下核実験やっているのに沖縄にいる海兵隊派遣しないのはなぜ?

21. 罵愚 2015年3月11日 11:52:02 : /bmsqcIot4voM : QGHEjUC7iE
>19.
 そりゃぁ、やろうと思えば何でもできるさ、権力者は。ただ、できれば合法的に、みなさんの納得とご協力をいただいてってことだよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK181掲示板  
次へ