★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181 > 717.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
組織の面子にこだわり「検察史上最悪の判断」を行った大野恒太郎検事総長(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/717.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 19 日 23:10:05: igsppGRN/E9PQ
 

組織の面子にこだわり「検察史上最悪の判断」を行った大野恒太郎検事総長
https://nobuogohara.wordpress.com/2015/03/19/%e7%b5%84%e7%b9%94%e3%81%ae%e9%9d%a2%e5%ad%90%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%80%8c%e6%a4%9c%e5%af%9f%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e6%82%aa%e3%81%ae%e5%88%a4%e6%96%ad%e3%80%8d%e3%82%92/
2015年3月19日 郷原信郎が斬る


昨日(3月18日)午前10時、名古屋地裁から、「美濃加茂市長に対する無罪判決に対して検察官が控訴を行った」という連絡が入った。

3月5日に言い渡された無罪判決に対する控訴期限は3月19日である。地方自治体の現職市長に対して言い渡された無罪判決に対する控訴の可否の判断なのだから、慎重の上にも慎重な判断を行われるのが当然である。期限の一日前の、しかも朝に、検察官の控訴申立書が慌ただしく裁判所に持ち込まれるなどという事態は、予想していなかった。

3月16日に、一部マスコミが「検察が控訴の方針を固めた」と報道したことを受けて、翌17日に当ブログに出した【「美濃加茂市長無罪判決に検察控訴の方針」は、「妄想」か「狂気」かhttp://urx.nu/iCxc】は、BLOGOS、ハフィントンポストにも転載され、トップページ、或いは準トップのページに掲載され、ページビューも大きく伸びていた。

このブログでは、検察控訴の方針を報じる中日新聞の記事で、「検察関係者の主張」によると、「二人のメールのやりとりや、授受を聞いたとする関係者証言などについて判決が評価していない点が不服だ」とされていたことに関して、これらの証拠の具体的な中身を示して、賄賂授受の証拠になど全くなり得ないものであることを詳述し、検察が控訴の方針だとすれば、「担当検察官が都合のよい証拠だけ取り上げて説明するのを鵜呑みにし、弁護人の弁論も読まず、証拠全体も見ていないのではないかと思える」と書いた。

このようなブログが世の中に拡散することによって、「証拠上、控訴はあり得ない」「無罪判決が覆る可能性はない」との認識が広まり、検察内部でも動揺が生じて、証拠を再検討すべしという意見が出てくるのを恐れて、控訴期限の一日前の朝に控訴申立書を裁判所に提出するという「異例の対応」が指示されたとしか思えない。

悪質極まりない4億円近くもの融資詐欺を行いながら、僅か2000万円余しか立件されていなかった「詐欺師」の贈賄供述を信じ、同席者の聴取すら行わないまま現職市長を呼び出して聴取に踏み切ったこと、逮捕して勾留請求を行ったこと、何ら新たな証拠もないのに起訴したこと、公判での弁護人の反証で賄賂授受の立証が完全に崩壊しているのに有罪論告を行ったこと、そして結果的に当然の無罪判決を受けたこと、この全てについて、もし、検察が控訴断念の決断をしていれば、名古屋地検の担当検察官の暴走と地検幹部の監督責任という、地検レベルの問題で済ますことも不可能ではなかったはずだ。

しかし、この「当然の無罪判決」に対する控訴を行ったことで、検察はそれまでの名古屋地検の暴走を、組織として認めただけではなく、市長を控訴審の被告人の立場に立たせることで美濃加茂市民に更なる不利益を生じさせ、市政に影響を及ぼす責任を、組織として背負い込むことになった。秋元祥治氏もブログ【美濃加茂・藤井市長、検察は控訴だって。これ、無罪確定ならだれが責任とるんですかね。http://urx.nu/iCxp】で、控訴に関する検察の責任を適切に指摘している。

そもそも、先進国で、無罪判決に対する検察官控訴を認める国はほとんどない。アメリカでも、無罪判決に対する上訴は認められていない。

日本国憲法は、第39条で「既に無罪とされた行為については,刑事上の責任を問われない。又,同ーの犯罪について,重ねて刑事上の責任を問われない」と規定している。この規定は、「国家がある犯罪について刑罰権の有無を確かめるために,被告人を一度訴追したならば,もはや同一人を同一事実について再度刑事的に追及することは許されない」という英米法の「二重の危険の原理」を規定したものとする説が有力であり、かねてから、「無罪判決に対する検察官控訴は憲法 39条に違反する」という主張がなされてきた。

判例は、「一審の手続も控訴審の手続もまた,上告審のそれも同じ事件においては,継続せる一つの危険の各部分たるにすぎない」という理由で、検察官上訴を許容してきたが、学説では根強い批判がある。(【検察官上訴の研究 二重の危険の原理の観点から 高倉新喜http://urx.nu/iCxC】他)

つまり、一審無罪判決に対して検察官が控訴を行うこと自体に、憲法違反の疑いがあるのだ。もし、例外的に、検察官控訴が容認されるとしても、一審判決が法令の解釈や適用を誤った場合や、十分な証拠に基づく判断が行われなかった場合などに限られるはずである。実際に、検察実務でも、無罪判決に対する控訴は、一審が採用しなかった証拠、或いは新たな証拠の提出が可能な場合に限る、という取扱いが行われてきたはずだ。

美濃加茂市長事件の一審判決に対して、法令の解釈・適用に関する問題など何もない。しかも、「事件との関連性など全くない」として弁護人が強く反対した「渡したことを聞いたとする関係者」についても検察官の尋問請求が認められるなど、検察官の請求証拠はすべて採用した上で、無罪の判決が言い渡されたもので、証拠採用に関する問題も全くない。

前記ブログで述べた「証拠関係からして一審無罪判決が覆る可能性が全くない」というだけでなく、それ以前の問題として、無罪判決に対して検察官が控訴できる場合に当たらないのである。

どうして、このような無茶苦茶、デタラメな控訴の判断が行われたのか。検察組織のトップである大野恒太郎検事総長は、何を考えて、名古屋地検、名古屋高検の控訴意見を認める判断をしたのか。

検察内部のことだけに、真相は知る由もないが、マスコミ関係者や検察関係者からの情報によれば、大野総長を含め検察幹部は、美濃加茂市長事件の一審判決の前に、無罪判決が出る可能性すら認識しておらず、当然有罪だと考えていたようだ。「予想外の無罪判決」に対して、「検察が引き下がるわけにはいかない」として、証拠判断とは別のところで控訴の方針が決まったようだ。

しかし、仮にそうだとすると、検察組織における事件の捜査・公判に関する報告の在り方に重大な問題があると言わざるを得ない。

美濃加茂市長事件での逮捕、勾留、起訴が、何の証拠にも基づかないもので、公判審理の過程でも無罪の可能性が高まっていることは、私が、逐一ブログで述べてきた(【「責任先送りのための起訴」という暴挙http://urx.nu/iCxL】【「空振り」被告人質問に象徴される検察官立証の惨状http://urx.nu/iCxT】【美濃加茂市長事件、「検察の迷走」を象徴する実質審理の幕切れhttp://urx.nu/iCy0】など)。

そして昨年12月24日に行われた公判期日での弁護人の弁論で、検察官立証が完全に崩壊したことは、公判に立ち会っていた4人の検察官は十分に認識したはずだし、その上司も弁論を読んだはずだ。そして、この時点で、主任弁護人の私が、無罪判決を確信したことは、年末のブログ【美濃加茂市長事件結審、揺るがぬ潔白への確信http://urx.nu/iCy8】でもはっきりと述べている。

実際、3月5日の判決公判期日、開廷前に久々に目にした主任検察官の関口検事の顔色は、それまで見たこともないほど蒼白で、明らかに無罪判決を覚悟していた様子だった。

それなのに、名古屋地検から上級庁に「有罪判決が出る見通し」が伝えられていたとすると、検察内部での重要事件の報告体制に重大な欠陥があることは明らかだ。

このような組織に、社会に重大な影響を与える刑事事件に関する決定を行わせることは危険だし、先日、閣議決定され、今通常国会に法案が提出される予定の「日本版司法取引法案」についても、そもそも、「検察組織が、司法取引を適正に行えるような信頼できる組織なのか?」という点から根本的に考え直してみる必要がある。

今回、検察が組織として行った控訴の決定は、明らかに誤りである。

検察官には、控訴を行う権限が与えられているだけでなく、行った控訴を取り下げる権限もある。

私は、昨日、名古屋地裁から検察官が控訴を行ったとの連絡を受けた後、ただちに、最高検察庁宛の要請書をファックス送付した(名古屋高等検察庁、名古屋地方検察庁にも同旨の要請書を送付)。その中で「検察の理念」にも言及し、以下のように述べている。


控訴を断念することにより、本件に対するこれまでの検察官の権限行使に重大な問題があったことを自認せざるをえなくなることは確かである。しかし、それを怖れて、理由のない不当な控訴という権限行使を行うことは、検察の理念に照らしても、断じて許されないものである。

すなわち、一連の検察不祥事を受けて定められた「検察の理念」においては、検察官の権限行使に関し、「自己の名誉や評価を目的として行動することを潔しとせず,時としてこれが傷つくことをもおそれない胆力が必要である。同時に,権限行使の在り方が,独善に陥ることなく,真に国民の利益にかなうものとなっているかを常に内省しつつ行動する,謙虚な姿勢を保つべきである。」と述べられており、検察としての面子にこだわり、或いは、捜査・公判の不当性を自認することを怖れて控訴を行ったとすれば、明らかに上記理念に反するものである。

「過ちは改むるに憚ること勿れ」という言葉がある。

大野検事総長が、今、まず行うべきことは、名古屋地検からの報告を鵜呑みにすることなく、証拠全体を再検討した上、控訴が「過ち」であったことを認め、控訴の取下げを行って無罪判決を確定させることである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月19日 23:23:24 : fq2LET9Crc
郷原さんお怒りは当然だ!
許しがたい。

控訴は税金の無駄遣いだ。検察官が控訴するときは税金を使わずに自分たちのポケットマネーで行うようにすれば、単なる責任逃れの控訴はなくなるのではないか?

こんなことに使ってほしくない


02. 2015年3月19日 23:42:42 : YxpFguEt7k
こういう検事みたいなのが、大日本帝国軍人には多かったのでしょうなぁ…
そりゃぁ勝ち目のない戦争にも突っ込んでいくよね。
憑かれたように、何かの使命感に燃えながら…

03. 2015年3月20日 02:05:39 : MXTSjEaMb2
02  ↑

極悪犯罪者が検察官をやっているのがこの日本。02はその応援者。
勝ち目のない戦争に突っ込んでいったのはこの検察と同じく事実を認めない軍部だった。


04. 2015年3月20日 03:14:49 : vGP8oYMdks
控訴より、裏付けの証拠が皆無なのに木曽した検察の責任の検証が先だろう。
控訴すれば自分の在任中は責任を問われない検察幹部の指示で控訴したんじゃないのか、移動すれば責任追及が有耶無耶にされる検察の組織に問題が有りそうだ。
今回の様な物証皆無の上、状況証拠も無しに起訴した検事は懲戒免職にする位の歯止めが無ければ、国家権力を背景にした検察警察の冤罪事件は無くならない。

05. 2015年3月20日 09:44:48 : LCQlXccnX6
藤井浩人美濃加茂市長の行動制限が目的だから

検察の目的はとてもハッキリしてて、
市長の行動を制限する為なので検察の信頼や名誉などはハナから関係ないのです。
少しでも長い制約とあわよくば拘束の指令を受けた検察ですが
今年に入って大マスコミからも政権批判が多少しみ出てるように
利権階層には政権絶対隷従指示は緩和されたようです。
弁護人は『憲法39条違反』の看板一つでこの検察上告を糾弾すべきです。
検察「過去にも例があり憲法違反には…」
弁護人「一審は法令の解釈や適用を誤ったか?十分な証拠に基づかない判断だったか?一審が採用しなかった証拠か新たな証拠の提出が可能か?」
検察「…」


06. 新鮮組 2015年3月20日 10:31:07 : hYT1ZzdBhtgo2 : Kk48zdIiAI
ものごとを判断するうえで重要なことはどういう人間の証言なのかである。
こんな基本ちゅうの基本は生活するうえの判断でだれでもおこなっていることである。

07. 2015年3月20日 11:27:37 : IPDOF1hWIM
検察の責任逃れに控訴したんだろうな〜。

「最大限の努力をいたしましたが、我々の主張が認めてもらえなかった。非常に残念な思いであります。」

この言葉を言う環境造りをしているだけだね。官僚検察は最高裁までもっていくよ!それで責任が逃れられると思っている。検察への信頼は失墜するだけだが、官僚検察にとってはそれはどうでも良いことなのである。



08. 2015年3月20日 11:52:32 : P9bWXFKhCE
検事総長は裸の王様です。高検幹部、最高検幹部は正義を言い出せない、王様、裸ですよって言えない。しかし、知性豊かで良識ある国民にはそれが見えているのに。難儀な組織よのう、検察、お主も悪よのう。

09. 2015年3月20日 15:11:21 : HPoUHo4sa6
検事総長さま。

安倍内閣の「不正カネまみれ大臣」に対してこそ、執念深くやってもらいたい。
何と言っても、不正が明確なのだから。

できない? お仲間だから?


10. 2015年3月20日 17:38:11 : VpqbKkIwFc
検察は保守で、手前勝手で、民主的でなく、支配者気取り、法の番人とは程遠い存在。

底辺層の税金で飯を食っているくせに。


11. 2015年3月20日 19:29:41 : gkfFvCgNFY
最高裁まで持ち込めば有罪にできるから控訴するのは当たり前でしょう。
そうすれば検察の面子も維持できる。
一審は出世を諦めた常識のある判事がいるからね。

12. 2015年3月20日 21:49:32 : hveHCDtV6c

 いやはや・・何とも・・

 ここまでくると 検察っていったい何なの何者なのって感じましたが、
 この投稿を読み進めると・・

「検察の理念」においては、検察官の権限行使に関し、「自己の名誉や評価を目的として行動することを潔しとせず,時としてこれが傷つくことをもおそれない胆力が必要である。同時に,権限行使の在り方が,独善に陥ることなく,真に国民の利益にかなうものとなっているかを常に内省しつつ行動する,謙虚な姿勢を保つべきである。」と述べられており

      ↑           ↑          ↑

 えっ、このように立派な定め書きがあったとはオドロキ!
 知りませんでした。

 このような理念に添い、大きく逸脱することなく職務に励んでいれば、

 日本において大多数を占める一般国民(庶民)からの
 尊敬と信頼そして絶大の支持を得られることうけあいと考えられるのに、

 いったいどうしたのでしょうかね・・・・


13. 2015年3月20日 23:24:34 : mp6fw9MOwA
検事総長が承認して控訴している事は検察の内部状況を知っている郷原さんの見解であり事実だろう。
しかし、2審で無罪となった際に地検が単独で控訴したとの言い訳をしないだろうか。
最高裁事務総局・検事総長・最高裁長官の全てが1審の判決を見ており、明らかな冤罪事件と知りながら、法律の細則に含まれる瑕疵を利用しての合法的な冤罪つくりを指示していると考えないと司法関係の上層部は仕事をしないで茶話会だけを行っている税金泥棒になってしまう。
茶話会を行っていれば、美濃加茂事件の概要は理解していることになる筈だが、趣味の世界だけの茶話会だろうか。
私の経験からすると親会社から赴任してきた社長に現状の問題点を伝えに行くと晩飯がまずくなる、自分で処理せよとの指示が出てくるし、親会社の管理部門作成の資料は間違いがないとの判断基準で業務を進めるよう指示をだし、のちにその資料と異なる結果になっても何事もなかったようにふるまっていたことを思い出す。
検事総長には最高裁事務総局から2審では有罪判決を出すことをいとわない裁判官を
担当させるとのお墨付きも届いているだろう。

14. 2015年3月21日 00:28:06 : 8v8Y9gL6W3
裁判所、行政に関して、代理人、弁護人をした経歴を弁護士会に宣言書付で登録もない、ただ、優秀神話に依る権力であったわけ。 これは、いわあゆる個人情報でもほかの何者でもない。

15. 2015年3月21日 00:31:56 : 8v8Y9gL6W3
 14の続きで、このセイトウセイ神話が類似のものでも発生・派生し、差別根拠になるのは、ご存知だろう。 
 何者でもないは、何物でもないですかね。

16. 2015年3月21日 00:57:10 : EnxZz1U4vd
 このヤメ検の言い分も、所詮はポピュリズムに立脚し因循な関係に依るだけのものだ。 

17. 2015年3月21日 02:00:17 : h4vTgtVPpY

 所詮(しょせん)ヒラメ検事。 海底の砂に塗れて(まみれて)陸(おか)から見透かされてるのも無理解な、破廉恥を超越したアワレな検事。
 

18. 2015年3月21日 02:57:09 : MJydIZVWK6
村木事件、小沢事件で大恥掻いたのに飽き足りず、またぞろ繰り返す検察暴走。
この際どんどんバカこいて検察の面目丸潰れにしてくれ。
流石の裁判所も登石郁郎のようなアホはいざ知らず、庇いきれんわな。
マスメディアの諸君、そろそろ冤罪製造工場検察の走狗を辞めては如何。
ウソヒ新聞、ゴミウリ新聞ウソズバ、安藤婆、岸井爺始め検察情報を裏取りもせず小沢事件を朝から晩まで盛り上げ、無罪判決が確定したら、総括もせず、未練タラタラ頬被り。
郷原信郎氏の良識、正義感、知性、筆力には常々敬意を抱いている。
今後益々のご活躍を祈る。

19. 2015年3月21日 07:29:58 : ZCwQEFDZes

検察の仕事も、

裁判も

でたらめだと分かる。

こどものころ、
裁判は「公正、公平、正義」だと信じていたが・・・。


いまでは・・・。ああ〜。


20. 2015年3月21日 07:48:18 : shZFY04ufA
所詮、丸暗記の職業。発足以来、政府の指示で動いてきた組織。知性のかけらも持ってはけない職業さ。

21. 2015年3月21日 07:58:50 : 6Rj6w9nNbk
政治テロ組織 最高検・検察!!

そして、福島原発3号機を爆発させプルト君を
全国にばら撒いた東電と共犯の「東京地検 特●部」

すべて犯罪組織です。

間違えないように!!

ところで小津はどこいった。
福島の願いを踏みにじり、検察の捏造報告書で
無罪のものを有罪にしようとした極悪犯罪者(多数)
を検察審査会を誘導して無罪にした極悪組織の守護神・・・

東京に住んでいる検事・弁護士・裁判官は、
これほどの犯罪に黙秘権行使中・・・・
こいつら、すべて犯罪人か、犯罪幇助人です。
まちがいない!!

そんなに金がほしいか基地外連中・・・


22. 2015年3月21日 08:41:40 : 01JUjPKVpw
 弁護士の業務経歴の登録や申請など、個人情報だとかいう話以外のことだ、。安倍内閣は、官僚主義の、因習を打破するきっかけ程度にはなりうるという意見がある。
 しかし、かれは、低度の偏差値だとかして工作対象になっている。官僚の印象操作によるストーカーの口実にもなっている。
 とりあえず、意見表示はここで、とめる。

23. 2015年3月21日 09:02:03 : peIWbv2Z6A
 <20  国権と湯田金の走狗には都合がいいわなあ。交渉力を正当性に摩り替えるのは、あばずれの十八番だしね。  

24. 2015年3月21日 09:28:24 : shZFY04ufA
日テレが、検察の冤罪を暴くだってさ、アリバイ作りだね。検察の一番のポチが、よく言うよ。辛坊氏は、一体どんな弱みを握られているやら。キャスター・コメンテェターの面々を見る度思うは、同じ。皆すねに大きな傷を持ってるんだとね。

25. 2015年3月21日 10:42:48 : ademKqZOe2
安倍の配下なんだろ?籾井もシンボウも検事総長も・・

26. 白猫 2015年3月21日 14:47:50 : 3UXZ9G0eyfiL6 : po61uoQ0ZM
自己陶酔に陥った官僚のやることは戦前も現在も全く変わっていない。
一度始めたら止められないし、始める時も己の安全が確保されるまでは始めない。
戦前は軍官僚が戦争をやめられなかった。戦後は建設官僚のダム作り、通産官僚の原発づくりと司法官僚の冤罪づくりだ。
すべて国民の税金を浪費しての犯罪行為だ。
昨日のNHKの未解決事件という番組でオーム事件を取り上げていた。
警察庁は地下鉄サリン事件が起こる相当以前に教団がサリンを製造していることをつかんでいた。
しかし、直ぐには強制捜査に入らなかった。その理由がサリンを巻かれたら捜査員の命が危ないということだったようだ。
捜査機関が身の安全を図っている間に事件が起き、多くの民間人が犠牲になった。
こんな場合でも日本では捜査機関の責任が追及されることはない。
まさに日本は「上の国」だ。

27. 2015年3月21日 16:46:28 : NrFbGzyJ0U
まともな血筋であればこのようなことはできませんね。
毎度おなじみの卑劣な行為そのものが人間のクズであることを証明しております。

暴力団と警察は紙一重といいますが、要は権力があるかないかの違いでしかありません。権力を最大限に悪用して悪事を為すのが警察の上層部であります。
神と日本国民に仇為す者どもであると言えましょう。
天の邪鬼そのものであります。


28. 2015年3月21日 17:37:48 : 1kPLhsF5BU

税金使って検察は何をやっているんだ。

こんな腐った組織、全く要らない。

検察とは巨大な犯罪組織だ。

しかも「正義」ぶっているから救いようがない。

生活のためとしても、こんなことまでしなきゃならんのか?

税金で生かせてもらっているものが、よくできたものだ。

良心が咎めないのか?

気が狂わなきゃ出来ないことだ。

権力がなければ何も出来ないつまらない人間が、税金使って人を苦しめることに汲々としているこいつらは、ヒトではない。ケダモノだ。

スーツを着た、公務員という名の「鬼畜」だ。


29. 2015年3月21日 18:45:44 : Z4gBPf2vUA
裁判制度ってのもよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜く考えると
白黒ってハッキリ結論が出るよね

でも世の中には白黒だけで終わらない複雑な状況ってあるよね

【調停】ってのもあるのだし
ここで判決を聞けばそれまでだ

検察もインチキして誰か冤罪にしたこともあるんだろうし絶対的な判決って出ていないんだろう

味噌屋で働いててヤクザ絡みの事件で袴田事件も冤罪だったしね
検察が証拠をでっちあげたしね
http://blogs.yahoo.co.jp/kzi316/35726874.html


30. 2015年3月21日 22:50:00 : 5xJcglnPEc
よくもまあ、やってくれたものだ。市長の職務を邪魔するものだ。何のための控訴だろうか。理解に苦しむ。どんな正義を実現するための控訴なのか。愚かで異常なことが、白昼堂々と行われるようになった。国民は何も言わない。地獄に落ちていくだけか。

31. 2015年3月22日 06:36:33 : 1kPLhsF5BU

「検察」とは世の最低の機関であり「検事」とは世の最低の職務だ。
いや、悪の枢軸でありこんなものは無い方が良い。
その職務に就いているものは「ヒト」ではない。こんなことしながらよくて生きておれるものだ。だから畜生という。税金返せ!こんなことをさせるために血税を出しているのではない。畜生に出す税などビタ一文も無いのだ。



32. 2015年3月22日 08:31:29 : L13nVrM5SQ
自民党には捜査はおよばずか?
どこに逃げたかこ奴は。

33. おじゃま一郎 2015年3月22日 08:54:04 : Oo1MUxFRAsqXk : sjOu0k7flZ
控訴は一種の兵糧攻めで、被告側の弁護料の資金が
果てれば検察側の勝利となる。

一審で業腹などの有名弁護士を雇い、無罪となった
ため、成功報酬がくわわり弁護料は跳ね上がっている。

業腹が検察側の控訴を批判しているのは、これ以上裁判を
続ければ被告側の弁護料支払い能力を超えるからである。


34. 2015年3月22日 11:44:11 : 0KoFZdGpmU
負けた元市長から収賄してます。

35. 2015年3月22日 15:34:39 : vafyCMnyrY
本当にいつまで続くのだろう。検察って驚くべき恥知らずの集団だね。冤罪製造機関の検察は早く無くなれ。

36. 2015年3月22日 19:59:14 : ppzaerFEbA

世間から隔絶された密室に閉じこもり、常識からかけ離れた非人間性組織が検察だということがよく分る。

自己の狂いが狂いとわからなくなってしまったのだ。


37. 2015年3月22日 20:03:40 : 1kPLhsF5BU

>33

人間社会におじゃまな一郎。人間社会におじゃまな検察。

やってることが共通する。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK181掲示板  
次へ