★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181 > 761.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「「八紘一宇」に「ルミネ」に安倍「喜び組」、三題噺のお題か何かなのか?:toriiyoshiki氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/761.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 20 日 23:55:15: igsppGRN/E9PQ
 

「「八紘一宇」に「ルミネ」に安倍「喜び組」、三題噺のお題か何かなのか?:toriiyoshiki氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/16919.html
2015/3/21 晴耕雨読


https://twitter.com/toriiyoshiki

原発事故による放射能汚染は厳としてある。

国による除染が終わってもまだら状に残るホットスポット…

東電や国の責任者が「年間20mSv以下は安全です」と頬被りを決め込むなか、地道でたゆまぬ努力によって福島に「安全な暮らし」を取り戻そうとする人たちがいる。

そうした試みは確実に成果を収めつつある。

客観的にみて、いま「福島で暮らすこと」に有意な危険はなくなってきているだろう。

ぼくたちはその福島の人たちの頑張り、それを支えてきた専門家たちの努力を継続的にカメラで記録してきた。

言うまでもないことだが、いまの福島に神経質になるほどの危険がないということは、不安を持つ人たちを否定することではない。

不安には理由がある。

尊重されなければならない。

そしてもちろん、東電や国を免罪することにはならない。

いつものことだが、そんなことを考えながらの福島ロケの帰り道。

安倍さんのTwitterのタイムラインを跳梁しているらしいヴァーチャル「喜び組」の“活躍”を見て(ま、そうなっていることは以前から聞き知っていたのだが…)、ほとほとウンザリする。

この国が陥っている知的退嬰の凄まじさ…。

安倍さんが自分でやっていることとは思いたくないが、秘書や取り巻きの差し金だったにしても、俺なら「恥ずかしいから金輪際やめてくれ」というね。

何が「凛々しいお姿」なのか知らないが、こんな恥ずかしいザマを放置していること一つとってみても、この国の指導者の精神状態はかなり危機的だと思う。

福島などの被災地に通い続けるぼくが感じているリアリティと、東京の空中楼閣に生きる人が見ている(あるいは、見たい)「現実」とはまるで百万光年も離れているようだ…。

その乖離がとりもなおさず現在のこの国の姿なのだろう。

「八紘一宇」に「ルミネ」に安倍「喜び組」、これは三題噺のお題か何かなのか?…いずれもセンスの悪さが耐え難いのだが。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月21日 13:01:04 : KzvqvqZdMU
八紘一宇、なかなか良い論考だよ↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42576


[32削除理由]:削除人:アラシ
02. 2015年3月21日 14:18:08 : FfzzRIbxkp
「ルミネ」のCMで蔑視発言をする男性のセリフは、
CMによって『構造的暴力』がまき散らされている手掛かりになります。

『構造的暴力』はジェノサイドが作られる土壌が作られている状態です。

>客観的にみて、いま「福島で暮らすこと」に有意な危険はなくなってきているだろう。

投稿にも、その兆候が見て取れます。

シャラップと発言してしまう人権委員がいるように、どうなってるんじゃ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK181掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK181掲示板  
次へ