★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 329.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
古賀の標的は古舘ではなく安倍官邸&TVを降ろされた人たちで反撃を(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/329.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 30 日 06:31:27: EaaOcpw/cGfrA
 

http://mewrun7.exblog.jp/22916229/
2015-03-30 01:05

 先週アップした『報ステで古賀が古館に安倍のメディア支配&その危険性をアピール(全文)』に関連する話を・・・。

 前記事にも書いたように、以前から安倍政権を批判することが多い元経産官僚の古賀茂明氏が3月末で、官邸に睨まれて(?)「報道ステーション」を降板することに。(~_~;)
 古賀氏は、報ステ最後の出演となる27日、TVのナマ放送中に、自分の降板が決まった経緯を実名を出す形で紹介。安倍官邸のメディアへの関与への問題も提起した。(・・)
 
 他方、果たして古舘伊知郎氏は、古賀氏がこのような発言をすることをどこまで知っていたのか、またどこまで覚悟を決めて、古賀氏に語らせようとしたのか・・・。
 mew周辺でも意見が割れているのだが。ビミョ〜なところだ。(~_~;)

* * * * *

 古賀氏は、報ステに迷惑をかける気はないので、事前にスタッフには自分の発言に関して、あえて予告していなかったと語っていたのだが。
 ただmewは、古舘氏はおそらく古賀氏が安倍政権の批判を行なう可能性は、十分にアタマに入れていたと思うし。古賀氏が話し始めてからも、積極的にor強引に古賀氏の話をやめさせようとまではしていなかったように思えたし。
 古舘氏は、古賀氏が安倍官邸やメディアに対して、何らかの非難を行なうであろうことは折込済みだったろうし。ある程度までは言わせてしまおうという腹のくくり方はしていたのではないかと察する。^^;

<2人のバトルには、古舘氏お得意のプロレスでよく行なうパフォーマンスの要素があったのではないかと見る人もいた。mewもこれには、なるほど〜と思う部分があったです。(++)

 同時に、今後のニュースや自分のポジションに関して、古舘氏には古舘氏なりの考え方があるはずだし。自分の今後の仕事や生活のことも考える必要があるわけで。その辺りのこととの兼ね合いもあって、中途半端な対応になってしまった部分があるのかも知れない。^^;

 くれぐれも間違いのないようにして欲しいことは、古賀氏があのような発言をしたのは、安倍政権のメディア支配やアブナイ政策をより多くの人に伝えたかったからであって。
 「古賀vs.古舘」に着目することには意味がないと思うです。(・・)

* * * * *

『報道ステーション』で古賀茂明が「官邸の圧力で降板」の内情暴露! 古舘が大慌て( 2015.03.28 リテラ)

 元経産官僚・古賀茂明氏が『報道ステーション』(テレビ朝日系)に最後の一刺しを放った。

 本サイトでは、1ヵ月以上前に、古賀氏が定期的に出演していた同番組から、3月いっぱいで降板させられることを報じていた。
 直接のきっかけは1月23日の放送だった。「イスラム国」による人質事件の最中でほとんどのメディアが政権批判を控えているなか、同番組に出演した古賀氏は安倍晋三首相の外交姿勢を敢然と批判。「I am not ABE”(私は安倍じゃない)というプラカードを掲げて、『日本人は違いますよ』ということを、しっかり言っていく必要がある」と発言したのだが、これに対して、官邸が激怒したのだという。

「番組放映中に官邸からテレビ朝日に直接電話で抗議が入るなど、凄まじい圧力がかかった。それで、最近、安倍首相と急接近しているテレビ朝日の早河(洋)会長が乗り出してきて、降板が決まったんです。ただ、もともと不定期出演だったこともあり、番組サイドはおおっぴらにせずにフェードアウトという感じにもっていこうとしていた」(テレビ朝日関係者)

 その古賀氏の最後の出演が昨日だったのだが、古賀氏は番組でその内情の一端を暴露したのだ。スタジオで古舘が古賀氏にイエメンの空爆についてコメントをもとめたところ、古賀氏がいきなり「そのお話をする前に」とこう切り出した。

「私、今日が最後ということで。テレビ朝日の早河会長と、古舘プロジェクトの佐藤会長のご意向で今日が最後ということで。これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして官邸のみなさんからものすごいバッシングを受けてきましたけれども、それを上回るみなさんの応援のおかげで楽しくやらせていただいたということで、心からお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。」

 これに古舘は大慌て。「古賀さん、ちょっと、ちょっと待ってください。今の話は私としては承服できません」と話をさえぎり、こう反論したのだ。
 「古賀さんは金曜日に時折出てくださって、私も勉強させていただいている中で、4月から番組の様相が変わっていく中でも、古賀さんに機会があれば、企画があうなら、出ていただきたいと相変わらず思っていますし、古賀さんがこれですべて何かテレビ側からおろされるということはちょっと古賀さん、それはちがうと思いますよ」

 しかし、古賀氏はひるまない。「いや、でも古舘さんおっしゃいましたよね、私がこういうふうになるということについて、『自分は何もできなかった。本当に申し訳ない』と」とさらに内情を暴露したのだ。(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 これに対して、古舘が「この前、楽屋でお話しさせていただいたのは、古賀さんの思うような意向に添って流れができていないとしたら、大変申し訳ないというと。今でも私はそう思っている。でもさっきのはちょっと極端すぎる」と弁明にならない弁明をすると、古賀氏はなんと、「私は全部、録音させていただきましたんで、そこまで言われるならすべて出させていただきますけども」と断言したのだった。
 古舘は「そしたら、こちらも出させていただくことになっちゃいますよ」と言いつつ、「それはおいて」と話をイエメン問題に戻したが、終盤になって、再び話が蒸し返された。

 古賀氏は安倍政権と安倍首相の政策についての批判を5分以上滔々と述べ、最後に「これは古舘さんにお送りしたいんですけど」と前置きしてマハトマ・ガンジーの「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。 そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである」という言葉を紹介。そのうえで、こう述べたのだ。

「つまり圧力とか自粛に慣れていって、何もしない、ひとりでやったってしょうがない、ただ叩かれるだけだ、ということでやらないと、知らないうちに自分が変わってしまって、本当に大きな問題が起きているのに気がつかないということがあるんですよ。(中略)
 私が言いたかったのは、言いたいことはそのまま自然に言いましょうということ。もちろん、ちがう意見があれば、古舘さんだってどんどん言っていただいて、全くなんの問題もない。何か言ったことについて、裏で圧力をかけたり、官邸から電話をかけてなんだかんだ言ったりするのは、そういうことは止めていただきたい。そういうふうに思うわけです」

* * * * * 

 この二人のやりとりを見れば、本サイトが指摘したように、明らかに官邸からの圧力によって古賀氏が降板に追い込まれたのは間違いないだろう。実際、番組終了後、古賀氏は、ジャーナリスト・岩上安身氏の直撃にもっと詳細な証言をしている。以下はその概要だ。
「今日の放送は官邸に抗議するというのが僕の目的だった。僕がなぜ『I am not Abe』を出したかと言うと、官邸が僕のことを個人的に攻撃しているんですよ。官房長官は名前は出さないけど明らかに私を攻撃してくる。「俺だったら放送法違反だと言ってやったのに」と言ってるという話も聞いている。官房長官という政府の要人が、放送免許取り消しもあるよという脅しですよ。私は脅されているからと言って黙るということはできない。だから自分を無理矢理追いつめていました。  
 番組終わってから、報道局長がきてあんなのおかしい、裏切りだとガンガン言われて、こっちもやり返してやりましたよ。いま、マスコミには黙ってほしくないんですよと言ったら、世の中の人にはわからないと言うんです。僕は一石投じることをしたかった。それ言ったら番組を私物化してると言われたけど。

 でも官邸、政府はお金も大量にあるし組織的にマスコミを抑えることをガンガンやってる。あいつはキチガイだと言う人もいると思います。みんながどんどん転向していっている。官邸の偉い人とご飯を食べて、審議会にどうこう言われれば、みんな変わるそうです。官邸に攻撃されたら民主党のブレーンだって官邸の味方だからと言ってるらしいんですよ。僕も官僚だったからわかりますよ。でも、テレビキャスターで官邸側に転向しないのが僕以外にたった一人だけいると言ってたらしいです。
 電通の人も言ってましたよ。官邸だけじゃなく自民党にはお金が余ってるからそれを取りに行くんだと、だから優秀な営業マンを付けるんだとね。みんな官邸になびいていくんですよ。これで当分僕の東京のキー局での出演はありえないですね」(『岩上安身チャンネル』)

* * * * *

 しかも、気になるのは、古賀氏の降板だけではない。古舘は古賀氏との口論の中で「4月から番組の様相が変わっていく中でも」という台詞をはいていたが、『報道ステーション』では、番組統括の女性チーフプロデューサーが、古賀氏と同時に4月から“粛清”されることが決まっている。
 これについても、古賀氏が昨夜の『報ステ』で「プロデューサーが今度、更迭されるというのも事実です」と暴露、古舘を慌てさせていたが、この女性プロデューサーは『ニュースステーション』時代からディレクターを務めてきた人で、安倍政権やテレ朝上層部からの圧力に盾になって今の『報ステ』路線を守ってきた。その番組の柱ともいえる存在に突如、更迭が言い渡されたのだ。

 「昨年9月10日の川内原発再稼働をめぐる報道で、原子力規制委員会の田中俊一委員長の会見での受け答えに関する報道が原子力規制委員会から「恣意的な編集だ」と抗議を受け、BPOの審議対象になった。そのことの責任を取らされた形です」(前出・テレ朝関係者)
 しかし、この報道は「恣意的」でもなんでもなく、途中のやり取りを省いただけ。明らかに官邸と連動した原子力規制委員会からのイチャモンにすぎなかった。だが、テレ朝側はその抗議を積極的に受け入れ、謝罪。自らBPOの審議入りを申し出たのだ。
「上層部が官邸サイドから『あの女プロデューサーをなんとかしろ』と言われているという噂はずっとあった。そこに、都合よくこの問題が起きたため、早河会長と、安倍首相に近く、テレビ朝日番組審議会委員長を務めている見城徹・幻冬舎社長が組んで、問題を大きくし、プロデューサーの更迭に持ち込んだといわれています」(前出・テレ朝関係者)

 チーフプロデューサーの交代によって4月以降、番組の政権批判の方針がガラリと変わると言われていたが、昨日の番組のやり取りでそれが裏付けされたというわけだ。
 しかも、昨日の放映では、一時は降板覚悟で徹底抗戦をするといわれていた古舘もこのテレ朝上層部の意向に恭順の意を示していることもわかった。政権批判ができる唯一の番組も風前の灯火ということらしい。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 古賀氏は27日夜の報ステに出演後、岩上安身氏が率いているIWFのネット番組などに出演。自身の立場や考えを改めて主張したという。

『【速報】「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に岩上安身が緊急直撃インタビュー!降板の内幕を衝撃暴露

菅官房長官が「放送法違反だ」と裏で圧力をかけている!?

岩上安身「報道ステーション、最初にアドリブで降板に至った経緯を話したところで止められましたね」

古賀茂明氏「官邸に抗議することが今回の目的でした。古舘さんは私に『何もできずすみません』と言っていたのであれくらいいいかと思いましたが、古舘さんには立場がある。

 古舘さんとはとても仲良くしていただいていたので、止められて、非常に驚きました。だから『言っていることと違うじゃないか』と言わせていただいた。『I AM NOT ABE』のプラカードを出し、『なぜあそこまでするか』と思う人も多かったでしょう。

 何もなくプラカードを出せばただの馬鹿ですが、官邸が個人攻撃をしてきているんです。菅官房長官が、名前を出さず、私を批判してきています。『とんでもない放送法違反だ』と裏で言っていると聞いています。それは大変なこと。免許取消もあるという脅しですから。

 脅されて、常に不安を持ちながらも『黙ってはいけない』ということで、無理矢理、自分を追い詰めていました。ガンジーが言っていたように『1人騒いでも社会は変わらない。大人になろうと思って何も言わなくなったら、自分が変えられたことになってしまう』。

 僕はいつもそう強く思っているので、攻撃されて黙るのではなく、言われたら言いたいことをどんどん言うつもりでやっています。テレ朝には申し訳なかったですが、私がいきなり言ったので、誰の責任にもなりません」

番組終了後、吊るし上げに反論「日本の報道がどうなっているかの議論のきっかけになれば」

古賀氏「最初『I AM NOT ABE』のときは事前にやるとスタッフに言っちゃったんです。あとで(上から)言われてしまったようなので、今回は内緒でいきました。僕としては最大限気を使ったつもりですが、突然ですから裏切りだと思う人もいると思います。

 今日は番組後に、報道局長をはじめガンガンガンガン言われました。あんなニュースと関係ないこと言うのはおかしい、事前に言ってくれないのもおかしい、と。でも僕は、話す内容を打ち合わせること自体が変だと思っています。

 彼らは『そんなこと突然言われても世の中の人は何もわからない』といいます。わからなくてもいい。日本の報道がどうなっているかの議論のきっかけになればいいし、『番組を私物化している』などとも言われましたが、僕は自分の利益でやっているわけではないんです。利益を考えたらこんなことはやりませんよ。

「皆が転向していっている」今の日本はかつてない危機的状況

古賀氏「官邸や政府はマスコミをどう押さえるかに力を入れています。僕達数少ない人間が戦う場を与えられれば活用します。しなければ、日本がとんでもないことになる。『変な人だ』という人もいると思う。でも、普通の人はまだ危機的状況がわかっていないと思う。

 政権が圧力かけるのは日常茶飯事です。私ももともと経産官僚なので。今行われているのは、『計画的にどう報道を抑えていくか』ということです。みんながどんどん転向していっている。官邸の偉い人とご飯を食べて、審議会にどうこう言われれば、みんな(報道姿勢が)変わるそうです。自民党の偉い人は、『民主党のブレーンも俺たちの味方だからね』と言っていました。
 ただ、たった一人だけ転向しなかった方がいるそうです」

今後の動きは?「簡単には死にません。再生します」
岩上「今後、古賀さんはどうしていくのでしょう」
古賀「これで東京でのキー局出演は当分ありえません。でも、これで自由にもなったので、いろいろやっていきたい。今後は『フォーラム4』をやっていきたいと思います。サイトがあるので検索してください。
 最近、テレビを降ろされた人が沢山います。死屍累々と。でも落胆はしていません。みんな元気です。そう簡単には死にません。再生します」

岩上「今日はわざわざ青山墓地前からお送りしました(笑)」(了)(IWF15年3月27日)』

* * * * *

 春の新編成を前に、安倍政権にとって都合がよくなさそうなTVのキャスター、コメンテーターが次々と降板、交代することに。朝のワイドショーは、新聞や政治ネタを軽視する番組つくりを行なうようになっている感じもするのだけど・・・。

 もし私たち国民が、このような状況をスル〜してしまっては、安倍官邸の思うツボなわけで。当ブログでは、今後もずっと安倍政権のメディア支配の問題を、しつこく取り上げ続けたいと思っているmewなのだった。(@@)

                            THANKS
  

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月30日 07:24:35 : CGVMIZlEwY
> 政権が圧力かけるのは日常茶飯事です。私ももともと経産官僚なので。
 今行われているのは、『計画的にどう報道を抑えていくか』ということです。
みんながどんどん転向していっている。官邸の偉い人とご飯を食べて、審議会に
どうこう言われれば、みんな(報道姿勢が)変わるそうです。自民党の偉い人は、
『民主党のブレーンも俺たちの味方だからね』と言っていました。
 ただ、たった一人だけ転向しなかった方がいるそうです」

元官僚なので説得力がある。ナチス政権の手口、悪魔のやり方で圧力をかける。
自滅党2軍の岡田民主党もおおかたが米国・戦争屋の手下。

聖徳太子のように深くはないが、「世間虚仮」を実感させられる。
ガンジー 「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなく
てはならない。 そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界に
よって自分が変えられないようにするためである」   
虚仮の世界に変えられ、自分自身を失うことは自殺するようなものだ。


02. 2015年3月30日 07:51:13 : YxpFguEt7k
古館氏は、「痛いところ」突かれると「やめましょう・置いといて・時間がない」と言う。
http://news.livedoor.com/article/detail/9941821/

そう言って話を変えているのは3点
・録音記録
・テレビ朝日の人事異動
・2番目のフリップ

これが「痛いところ」です。まず古賀氏は録音記録を公開しましょう。


03. 2015年3月30日 09:30:09 : riYyL8LCeE
古賀氏から国民へのメッセージ

内閣が言論統制を行って
未熟な自分たちの失敗と

やりたい放題の行いを隠そうと

陰でうごめいている。
国民よだまされるなよ!。

テレビ新聞は信用するな!。


04. 2015年3月30日 09:42:24 : yt9Ei8Wfjk
IWFではなくIWJではありませんか?

05. 2015年3月30日 10:35:47 : aDRsFk27AQ
そう、「プロレス古館」の着目は良い処に気づいたと思う。

俺も古館の切り返しは敢えて悪役としての切られ役を演じた処があるのでは無いかと
ぼんやり気にしていた部分がある。
折込済だったかあの場の咄嗟の機転だったかは解らないが、可能性が当たるものであったのであれば此の何れかだろう思える訳だ。
(咄嗟だったのだとすれば古館の頭のキレや恐ろしい程に半端でない)

此の角度で考えた場合の彼古館の、或いは古館古賀両者のメリットは何か。
仮に古館にも圧力に対する抗命の意識の積もりに積もった物が、
中間管理的な立場上如何とも致しがたいままあの場に至る迄置かれ続けて来ていたのだと考えれば、
古館にとっても古賀の反乱は、局に対する…番組に対する政府からの圧力の構図を暴露する又と無いかも知れないチャンスの到来と映った筈だからだ。
しかも古賀の件もプロデューサーの件も、既に折り返しが効かない段階であった以上
況してや古館にとっても最後のチャンスと映ったのであろうと予感する。

保身の意図も考え様で、
「自分可愛い、社員の食い扶持」との見方もあろうが、此の角度の捉え方も一般的には解り易い事無理からん訳だが、
仮に古館がそれ(悪役を買って出て次第の輪郭をより強く浮き彫りにする演出)を咄嗟にやって退けただけのキレれ者だったのだ…
…と捉えた場合、各局各報道陥落…総提灯報道化の中で、
最後まで生き残れる「橋頭堡の確保」の意図…の可能性も、推察の範囲に見えて来る。
(うろ覚えの記憶だが、古賀の「公開する事になります」に対する古館の切り返しは
「それはもうそうなってしまいます」に類する物だったと思う。
 此の切り返しが実に微妙なのだ。誰にも解ってしまう明確な同意であれば更なる圧力は必至だろう。
 故に「『暗に』是非そうして下さい」と言うニュアンスを含めたと考えると、
 あの変妙な切り返しが腑に落ちやすくなる訳だ)

以上は飽く迄可能性であって推察だ。
なので、今後の形振りは注視してみたいと思う。

[32削除理由]:削除人:アラシ

06. 2015年3月30日 10:46:22 : aDRsFk27AQ
そうだ、たった今もう一つ思った。
やる気になれば無理くりCMをぶち込んで、CM明けに熊のぬいぐるみにしてしまう事だって
やってやれない事は無かったんじゃなかろうか。
(コーナー原稿は古館に持たせてその場も凌げただろう)

[32削除理由]:削除人:アラシ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ