★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 439.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<報ステ事件>古舘キャスターを崖っ縁に立たせる「楽屋裏の録音データ」(東スポ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/439.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 01 日 11:32:05: igsppGRN/E9PQ
 


【報ステ事件】古舘キャスターを崖っ縁に立たせる「楽屋裏の録音データ」
http://news.livedoor.com/article/detail/9955647/
2015年4月1日 7時30分 東スポWeb


“放送事故”とも言われている3月27日のテレビ朝日系「報道ステーション」での古舘伊知郎キャスター(60)と元経済産業省キャリア官僚の古賀茂明氏(59)のバトルが異様な展開を見せている。口論の最中に古賀氏が公開をにおわせた古舘氏との会話の「録音データ」が、まさに爆弾となっているのだ。「もしも会話の中で古賀氏降板に関して、古舘さんが官邸の圧力を明言していたとすればキャスター人生は終わる」と局関係者は指摘している。古舘キャスターを崖っ縁に立たせた爆弾の威力とはいったい――。

 先月27日の「報ステ」で古舘氏とのバトルを呼んだ古賀氏の発言は、首相官邸から同番組側への“圧力”も示唆しており、菅義偉官房長官(66)は同30日の記者会見で「事実に反するコメントだ。公共の電波を使った行為であり、極めて不適切だ」と猛烈に批判した。3月いっぱいで降板とされる古賀氏について、テレ朝は「降板」にはあたらないとしている。

 古賀氏の発言を改めて振り返ると、番組降板に関して「菅官房長官をはじめ、官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきた」と突然、切り出した。古舘氏がこれに「承服できない」と反論すると、「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるならすべて出させていただきます」と畳み掛けた。

 菅氏の会見映像は、ニュースとして同30日の「報ステ」でも放送された。

 VTR終了後、古舘氏は「番組としては古賀さんがニュースと関係のない部分でコメントした。番組内で表明されたことに関しては残念だというふうに思っております。テレビ朝日といたしましてはそういった事態を防げなかった。この一点におきましてはテレビをご覧の皆様方に重ねておわびをしなければいけないと考えております」と頭を下げて謝罪した。

 古舘氏ら「報ステ」サイドは、この謝罪で「幕引き」したいところだろうが、ことはそう簡単に終わりそうもない。同27日の放送で示唆された“古賀爆弾”とも言うべき、2人が楽屋話をしたときの「録音データ」があるというためだ。

 テレ朝関係者は「古賀さんは公開をにおわせていたが、もし古舘さんが古賀さんとの話の中で『官邸の圧力があった』と直接言っているか、明らかに推測させるような発言があったら、大問題ですよ。古舘さんは『古賀さんがニュースに関係ないコメントをした』と批判したが、そんなアクシデントなんて比にはならない」と指摘する。

“古賀爆弾”が実際に存在して、公開されたらどうなるのか? 

「録音データに官邸の圧力と分かる発言があったら、今度は官邸も看過できない。古舘さんがすべての責任を負うはめになるのは目に見えている。同30日の放送で“圧力発言”について何の言及もなかったのも気になる。もし圧力発言を表立って否定すれば、古賀氏の反発があると想定しているのではないか!?」(同)

 今回の件で「報ステ」に分があるとすれば、古賀氏のやり方だ。

「古賀氏は記者会見でも開いたうえで表明するべきだった。番組で一方的に話した点は、古舘さんだけでなく江川紹子さんら有識者からも批判を浴びてしまった」(他局の民放関係者)

 ただ“古賀爆弾”にはそんな批判も吹き飛ばしてしまう力がある。同27日の放送では、公開をにおわす古賀氏に対し、古舘氏も「こちらも出させていただきます!」と半ばキレ気味に反論した。

「推測ですが、録音データにはお互いに暴露されては困る弱みがあるのでは。ただ、番組を背負う古舘氏と降板させられた古賀氏では受けるダメージが違う。古舘さんとしたら同じ土俵に立ちたくないでしょうね」(同)。もし古舘氏に「官邸の圧力」と取れる発言があったら、安倍晋三首相(60)に近いと言われるテレ朝の早河洋会長(71)が黙っていられなくなるとみられる。これまで古舘氏は安倍政権に批判的なスタンスを取ってきたからだ。「官邸の顔色をうかがい、降板させざるを得ないでしょう」(前出のテレ朝関係者)

 それでなくとも、かねて「報ステ打ち切り説」がまことしやかに流れている。「少なくとも今年中はキャスター交代はないとみられていましたが、古賀氏の出方次第では早まる可能性がある。早ければ『10月改編での交代』ということが現実味を帯びてくる」(同)

 いつ爆発するか分からない“古賀爆弾”の恐怖に古舘氏は耐えられるか?

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月01日 11:46:31 : s5H2sdifQk
  
 「場外乱闘も興行の一部です」 元プロレス中継アナウンサーより
 

02. 2015年4月01日 18:26:10 : dXGsJhJ6FA
ふ~ん
日本のメディアは古賀の批判はしても
圧力をかけた菅の批判は全くやらないんだね
古賀への批判とはべつに
菅の圧力については
野党は国会で、マスコミは其々の媒体で
有ったか無かったかを検証すべきだと思うがね

03. 北の零年 2015年4月01日 19:49:20 : pi7eKAjFENWsU : nLVcr7ZQsY
権力に媚び諂う者のみならず目を付けられたく無い諸々の人にとって、
また養うものや人を抱える長者にとって、牙剥く弧狼は厄介物の最たるものだ。
その弧牙氏がしかも用意周到な狡賢さを併せ持つ狐を兼ねる…かも知れぬ。
単純な見せ掛けのウラにサテ何が隠れてあるのやら…興味津々津々浦々…。
日本の闇は果てなく深い。


04. 2015年4月01日 20:49:42 : 0keOiSvotQ
ついに東スポまで持ち出したか。
終わってんな、ここはw

05. 2015年4月02日 01:32:10 : aDRsFk27AQ
> 「古賀氏は記者会見でも開いたうえで表明するべきだった。番組で一方的に話した点は、
> 古舘さんだけでなく江川紹子さんら有識者からも批判を浴びてしまった」(他局の民放関係者)

ちょとヌルいなぁ、この関係者。
事後の記者会見だとネットやラジオは拾って流すだろうけど、
TVはそんな会見があった事すら流しはしまいよ。
結果としてジイサンバアサンは現政府が抜き差し為らぬ程度迄暴走を既に遂げてしまっている状況に
事此処に至ってすら気付く事は無いんだ。

もう蜂起出来る所から蜂起を始める段階なんだよ。
注目度と影響力の高さを持った許認可事業であるTV程為政者に都合よく守りを硬められるメディアは特別で、
最も早々に手に落ちやすい。
もう大分前から既に水面下の現場ではゲリラ戦の様相だったろう。
「此の期会」に始めて古賀が狼煙をあげて見せた意味は大きい筈だ。
恐らく現段階以降、反攻が困難になるとの意味からの判断だったと想像する。
録音した最終兵器を死守して欲しい。
複製を信用できる誰かに託して、事があったら自動的に公開される手筈を。
そうして背中への注意を絶対怠りなく!

[32削除理由]:削除人:アラシ

06. 2015年4月02日 13:11:56 : rrhrFN6JLd
古賀が記者会見開いてもダマスゴミは放送しない。無視するだけ。スダレから放送法持ち出されてるんだから。逆にまともなメディアであればスダレの脅しを報道するだろう。しょうむない芸人の番組より視聴率上がるよ。

07. 2015年4月02日 19:28:01 : w7SikJBrCI
05さん、06さんのいうとおり。
会見を開いて無視されるより、オンエア中にやるほうが何倍も優れている。

江川紹子とか竹田圭吾なんて「アノ人のお陰でテレビに出させてもらっているんだから顔を潰しちゃいけない」という感覚で封建主義そのものの社畜と変わらない。視聴者はそんな「アノ人」の意向のみを気にした放送を望んでいるのではない。ホントの事が知りたいのだ。電波は国民の財産だぞ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ