★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 666.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『報ステ』転向?「安倍首相とテレ朝のパイプ役」の姪のバイオリン演奏を延々放映(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/666.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 05 日 22:16:05: igsppGRN/E9PQ
 

           テレビ朝日『報道ステーション』HPより


『報ステ』転向?「安倍首相とテレ朝のパイプ役」の姪のバイオリン演奏を延々放映
http://lite-ra.com/2015/04/post-998.html
2015.04.05. リテラ


 安倍官邸の圧力によって、古賀茂明氏や恵村順一郎氏を降板させ、長年、番組を支えてきたMチーフプロデューサーを更迭した『報道ステーション』(テレビ朝日系)。だが、テレビ朝日側は一貫して圧力を否定し、「番組のリニューアル」のためだと言いはっている。

 しかし、その「リニューアル」の中身はとんでもないものになりそうだ。

 実は一昨日の4月3日の放映でもその一端が垣間見えた。22時40分過ぎ、CM前に古舘伊知郎が「今後、月に一度こういう企画を、と考えています。まずその第一弾です」と告知したので注目していたところ、CM明けに始まったのは、いきなり夜桜をバックにした女性のバイオリン生演奏。しかも、そこから「Moon River」「上を向いて歩こう」と、2曲を延々6分間もわたって演奏し続けた。

 えっ、これが新企画? 『報ステ』ってニュース番組じゃなかったっけ?と驚いた後、いや、もしかしたらとんでもない大物とか、今、注目のアーティストかもしれないと思い直し、バイオリニストを調べてみた。

 この日、生演奏していた女性の名前は末延麻裕子氏。しかし、散発的にテレビには出ているようだが、音楽関係者に聞いても、大物とか注目されているバイオリニストではまったくないらしい。 

 しかも、この日の演奏はお世辞にも素晴らしいとは言えないものだった。チューニングが狂ったようなアレンジで、音に柔らかみが全くない、放送環境が悪いのか、本人の実力なのか、聞きづらい。ツイッター等には「報ステのバイオリンへたくそじゃない?」などと、批判的な書き込みがいくつも見られた。

『報ステ』はいったいなぜ、こんなバイオリニストの演奏を放映したのだろうか。

 その理由として囁かれているのが、この女性の親族の存在だ。実はこの日、『報ステ』でバイオリン生演奏を披露した末延麻裕子氏は、同じくテレビ朝日の『ワイド!スクランブル』でコメンテーターをつとめる、あの末延吉正氏の姪なのである。

 この末延氏というのは、もともとテレビ朝日の政治部長なのだが、テレ朝にとってはただのOBではない。安倍首相と非常に親しいことで知られ、テレ朝と安倍首相のパイプ役となってきた人物なのだ。

 末延氏と安倍首相の関係は古い。末延氏の実家は安倍氏の地元・山口県で、岸信介の時代から安倍家の有力な後援者だった。そして、テレ朝の政治記者になった後、末延氏はその出自を最大限に活かすかたちで安倍氏に食い込んでいく。そして、安倍氏との関係をテコにテレ朝政治部で出世街道を歩んでいった。

 末延氏自身もそれを隠そうとはせず、第一次安倍政権が崩壊した直後、「月刊現代」(講談社)2007年11月号に、「わが友・安倍晋三の「苦悩の350日」」と題して、その深い関係をこうつづっている。

「私の亡くなった父は山口で家業の建設業を営む傍ら、青年団運動に携わっていた。A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監されていた安部の祖父である岸信介が出所したのは、そんな青年団運動を熱心にやっていた折りだった。「自主憲法制定」を掲げて日本再建連盟を設立した岸は、地元・山口に帰るたびに啓蒙運動を展開し、家が近所だった私の父も、その教えを受けた一人だ。
 だから私も子供の頃から、岸と面識があった。夏休みに東京から山口にやってくる晋三兄弟の存在も知っていた。」
「上京して、高校・大学を出ると、私はテレビ朝日に勤めた。それまでも同郷で、かつ父親が知己である関係で岸信介や安倍晋太郎とも会っていたが、放送記者の仕事が始まると接する機会は増えた。」
「それを機に付き合いは深まった。思い出深いのは、04年の参院選敗北の責任を取らされ、幹事長から幹事長代理に降格させられた日のことだ。いつも人の批判をしない男が、私の前では不快感を露(あらわ)にした。私には素の姿を見せた。同郷で同じ年齢。そんな気安さがあったのかもしれない。そのことがまた、関係を密にした。」

 末延氏は政治部長在職当時、部下への暴力事件を起こして、テレビ朝日を退職せざるをえなくなったが、その後も、安倍首相との関係をテコにテレビ朝日との関係はきれなかった。

 退職後しばらくしてから『やじうまプラス』など、テレビ朝日の番組コメンテーターにもしきりに起用され、暴力事件など無かったかのように厚遇されるようになる。この裏には、テレビ朝日の実力者で、今回の一連の人事でも黒幕とされる早河洋会長の意向があったといわれている。

「末延さんはそれまでも自民党の有力政治家を紹介したり、官邸との仲を取り持ったりということで、早河会長から信頼を得ていましたが、当時、安倍さんの政治力が増し、次期首相が確実視されていたため、関係の深い末延さんを重用したということでしょう」(政界関係者)

 そして、2012年、第二次安倍政権が誕生すると、末延氏はもうひとりのキーマン、見城徹・幻冬舎代表取締役とともに、テレビ朝日での発言力を急速に増していく。

「テレビ朝日の放送番組審議会会長をつとめる見城氏が安倍首相に食い込み、早河会長との間を取り持ったことは有名ですが、その見城氏と連携して、安倍首相とテレビ朝日のパイプ役をしていたのが末延さんだった。実際、末延さんは見城氏とともに頻繁に安倍首相と会っています」(前出・政界関係者)

 たとえば、首相動静によれば、13年11月13日、安倍首相は石井直・電通社長と会食をしているが、この席には見城氏と末延氏が同席している。

 そして、番組でも、末延氏はテレビ朝日『ワイド!スクランブル』などでコメンテーターをつとめるようになり、テレビ朝日らしからぬタカ派丸出しの露骨な安倍擁護コメントを堂々と口にし始める。

 たとえば、13年12月末の安倍首相の靖国参拝の翌日のこと。同番組では多角的にこの問題が論じられるのかと思いきや、石破茂幹事長が番組に出演して、安倍応援番組のような様相を呈したのだが、その先陣をきっていたのが末延氏だった。末延氏は、ただひとり批判を口にするデーブ・スペクターをさえぎり「今の瞬間だけの算盤で、損か得かだけをやるんであればね、保守のリーダーとは言い難い訳ですよ」などと、露骨な安倍擁護発言を続けたのである。

「『モーニングバード』は見城氏が牛耳り、『ワイド!スクランブル』は末延氏がにらみをきかせ、安倍政権批判を抑え込んでいるという状況ですね。いくらなんでも政権を持ち上げ過ぎで片寄りすぎだ。とか、なんで末延に配慮しなきゃいけないのか。などと不満たらたらですよ」(テレビ朝日関係者)

 だが、その見城氏と末延氏が手を出せなかったのが、『報道ステーション』だった。

 ところが、本サイトでも再三指摘してきたように、今回の問題で体制が変わり、見城氏、末延氏、そして早河会長のトリオがいよいよ『報ステ』の現場にも手を突っ込んでくるのではないかという観測が広がっていた。

 そんなところに、突如、放映されたのが、末延氏の姪、末延麻裕子氏の生演奏だったのである。現段階では、末延氏が姪の出演を直接ごり押ししたかどうかは不明だが、偶然としてはあまりに出来過ぎだろう。

「末延麻裕子さんは古舘プロジェクトの所属なんですが、これももともとは末延氏の紹介と言われている。ただ、今回の出演はリニューアルを名目に早河会長が押し込んだのでしょう」(前出・テレビ朝日関係者)

 いずれにしても、岸信介の代からの有力後援者、末延氏の姪を、このタイミングで、しかも異例の扱いで出演させるというのは、末延=安倍首相ラインへの恭順の意を示す意味合いがあったとしか思えないだろう。

 ちらつく政治的配慮と保身──。いったい『報道ステーション』はどこに向かっているのだろうか。

(田部祥太)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月05日 22:47:58 : tB1rXAGnYQ
テレビアサヒやホードーステーションを買い被り過ぎ。
昔からフルタチやホードーステーションはこんなもんだよ。

小泉の解散劇の時のフルタチやホードーステーションを
覚えていれば今更ながらとても信用する気になれん。

アッタカインダカラ〜ならぬワスレヤスインダカラ〜てなもの(笑)


02. 2015年4月05日 23:00:28 : geex2CH1hA
小林よしのりp

03. 2015年4月05日 23:16:13 : htXy4Yd9ZI
末延麻裕子という人は古館プロジェクト所属なんですね
荒れたバイオリンを弾く人だと思ったら矢沢永吉コンサートとか出てるような人なんだ

高そうに見えるけど音の大したことのなかったあの楽器は誰のものなの?


04. 2015年4月06日 01:06:11 : PuLoieT5w3
テレビ局の会長というものはHNKならシマゲジこと島桂次、エビジョンイルこと海老沢勝二。
いずれも自民党と強いパイプを築いてきた。
民放もご多聞に洩れずだが、過去の放送局の会長たちの与党との太いパイプはいずれも自民党一強体制時代のもので下野した後の不安定な自公体制下でのこうした特異ともいえるパイプはやはり異常であるといえるだろう。
逆に言うならなにかのキッカケで自公政権が再び下野してしまえば、従来築き上げてきたパイプは一夜にして崩れ去る。
民主政権がマスコミの総攻撃を浴びた理由には、自民と築いてきた古い権益を民主党が温存してくれるのかしないのかという懐疑とそうではない場合にはこちらにもやり方があるぞという脅しの面がなかったとはいえない。
まあ、民主党政権の自爆という面が強いというのが筋だろうが。
それにしても許認可権という権益は権力にとっても報道マスコミにとっても諸刃の剣ではあるな。


05. 2015年4月06日 17:34:13 : aDRsFk27AQ
陥落したか

[32削除理由]:削除人:アラシ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ