★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 680.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の憂鬱・時代錯誤 辺野古問題、揉めるほど沖縄有利(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/680.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 4 月 06 日 07:05:46: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/1ace932a53e1b69c79a5ae50a839534d
2015年04月06日

シリーズ化させるつもりはないが、日本の政治外交を見ていると、憂鬱なことを書きつづけていくことは簡単なようだ。探す必要もなく、そこいら中に落ちているのだから、ボランティア活動の積りでゴミ拾いすることが出来る(笑)。流石に、今までの自民党では考えられない安倍官邸の劣化度である。なにせ、感情が劣化していて、挙句にゴロツキ的振舞いを恥とも思わないのだから、手のつけようがない。これじゃあ、森喜郎がまともに見えてくるのは筆者だけだろうか。

辺野古移設計画では、嫌々ながら菅官房長官が翁長知事と面会した。怒りを含んだ顔つきの知事と、目線を挙げずに押しつけられた業務をこなしている仏頂面が対面していた。何ひとつ噛み合いそうなものが存在しないのだから、形式的会談になるのだろう。安倍にあっても同じことだが、マスメディアの扱いが幾分沖縄側に有利に働くかもしれない。アメリカの方も、この辺野古基地建設を強行に進めることで、琉球民族運動でも起きやしないか、実はヒヤヒヤと云うことも考えられる。

突っつき回して、沖縄側に損は生まれない。やればやるほど、俗に云う「東京サイド」が不利になる。ことが大きくなればなるほど、国際問題になり、日米地位協定って、酷い植民地協定が、21世紀の日米に残っている。この現実に、世界が気づけば、相当のインパクトがある。占領軍が、70年経っても、酒池肉林待遇に、居心地が良すぎて「長っ尻(ちり)」。親切ごかしな親戚のオッサンのようで、気味が悪い。辺野古訴訟で政府側が勝つ保証は、最近の最高裁の流れからして、過去のように安全地帯とは言えないのも、外交安保マフィアたちの弱点である。

先の知事選で辺野古基地問題は争点ではなかったと云うのであれば、最後まで安倍官邸は、沖縄県民の意志を無視してやる。そう言えばいいのに、誰に向かってか判らん抑止力。それを担保する普天間基地、それがそもそも不要なのだから、危険除去の話にすり替えるな。緊急時の航空機の受け入れを九州に移管する。だったらさ、観光県目指す沖縄に不細工なコンクリート構築物など作るんじゃねえよ!またまた、USJ誘致で買収工作を口にする。隣接地にカジノも誘致と言ったらどうだ。火に油を注ぐのに、今一歩口が滑らかではなかった。残念!

≪ 翁長氏「辺野古建設は絶対不可能」 菅官房長官と初会談

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画をめぐり、菅義偉官房長官と翁長雄志(おながたけし)・同県知事は5日午前、翁長氏の知事就任後初めて会談した。菅氏が計画を進める国の方針を説明する一方、翁長氏は移設反対の考えを改めて訴えた。
 会談は約1時間、那覇市内のホテルの一室で行われた。冒頭約30分間が報道陣に公開され、菅氏、翁長氏の順に、約15分ずつ考えを述べた。

 菅氏は「日米同盟の抑止力の維持や、(普天間飛行場の)危険性除去を考えたときに辺野古移設は唯一の解決策であると政府は考えている」と移設計画への理解を求めた。また、普天間飛行場が抱える機能のうち、緊急時の航空機の受け入れについて、「九州に移す予定で話を進めている」と述べ、新たな基地負担軽減策を検討していることを明らかにした。

 翁長氏は「辺野古は建設できないとの確信を持つ。建設は絶対不可能だ。頓挫で起こる事態は全て政府の責任だ」と、移設に反対する考えを強調。自身が初当選した昨年11月の知事選について「争点は(前知事による辺野古の埋め立てに関する)承認への審判だった。圧倒的な考えが示された」と述べ、移設反対の民意の支持をアピールした。 ≫(朝日新聞:星野典久、山岸一生)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月06日 07:49:35 : b5JdkWvGxs
昭和天皇がアメリカに

金ならいくらでも出すから米軍を沖縄から撤退させないでくれ

と頼んだからこうなってるんだろ

今更変えられないよ


02. 北の零年 2015年4月06日 08:43:42 : pi7eKAjFENWsU : nLVcr7ZQsY
その年月間に世界中に幾つの大中小国が独立を果したか。
満更“不可能”とも言い切れまい。



03. 2015年4月06日 10:38:28 : QmyrjoZuIs
>01にようなのがいるから日本の敗戦、戦後は永久に続く。

04. 2015年4月06日 10:44:27 : 8hrO5VzEr2
今回の菅(スガ)に対する罵声とかつての菅(カン)に対する空き菅(缶)という罵声は瓜二つ。政権の構造も外形的には与党を構成する政党・人員は変わっているが質はほとんど変わらない。沖縄の人たちは全くブレていない。

05. 2015年4月06日 13:42:37 : IJjjrLkBu1
  04さんの見立ては正しいと思う。政権が変わってもやることは変わらない。なぜならそれは、政権を獲っても執行実態が変わらないからだ。
  民主党でも駄目、自民党でも駄目、とにかく議会が自立しておらず、法案まで行政に作らせ、予算も殆ど行政のフリーハンドである。行政の作った法案といえども基本法であるから、その原理原則は常に引き出しから出し、最高法規である憲法と共に、行政の実務の執行が憲法理念、基本法の原則から外れていないか、所轄省庁の大臣は主権者国民に代わって管理監督しなければならない筈だ。
  ところが、一度基本法という法令が可決されれば、後は振り返ることもなく、通達や行政指導で社会を動かすのが幹部級公務員や官僚である。閣僚には説明で納得させ、歳費を弾めば文句は出ない構造だ。
  憲法理念的に見ても基本法原則から見ても、行政行為が理不尽である、として納税者が法廷に持ちこんでも、司法も行政の人事により「執行に瑕疵無し」との判決しか出てこない。この行政執行の責任は大臣にあり、大臣が被告となっているにもかかわらず、である。
  憲法理念や基本法原則に則さない実務の執行の最終責任者が大臣であるとは、つまり主権者が行政実務の最高責任者であるのに、大臣は、主権者代表として所轄行政官の作為の被告になっていることすらも知らない。
  かくして、所轄行政官が支出する補助金名簿にも目を通さない。当然歳出に署名もしない。自省が何処の団体にどれだけ血税を使っているのか把握もしておらず、訴訟の際に名前だけ被告となるのが、日本の政治の現状なのである。
  どこが政権を獲っても変わらないのは、通常閣僚は事務方とは親密にしないか、もしくは政権交代と同時に権限行使可能な幹部は総入れ替えするのがベストであろうが、政権と行政幹部との境界は無く、むしろ非常に濃密であるからだ。
  

06. 2015年4月06日 18:20:02 : aDRsFk27AQ
> 森喜郎がまともに見えてくるのは筆者だけだろうか。

序列こんなもんでしょか
機を見るペテン師小泉純一郎→ものすごいバカ麻生太郎→
→ボケの酷いキチガイ森喜朗→措置入院中のキチガイ安倍晋一(脱走中・脱走歴有り)

 

福田…これどうなん?w

[32削除理由]:削除人:アラシ

07. 2015年4月07日 21:23:05 : FeO1WnUUGA
沖縄には極東最大の空軍基地の嘉手納基地が存在している この基地のまわりも半分は市街地だ、沖縄の政治家も今一信用しがたい 何故危険な嘉手納基地の存在を一言も言わないのか?結局は自民党民主党とマスコミと同じ低レベルなのかもしれない


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ