★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 869.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「緩和継続」の裏で…憶測呼んだ日銀・黒田総裁の“密会相手”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/869.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 10 日 07:10:05: igsppGRN/E9PQ
 

        反省ゼロ(C)日刊ゲンダイ


「緩和継続」の裏で…憶測呼んだ日銀・黒田総裁の“密会相手”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158832
2015年4月10日 日刊ゲンダイ


「正論」がカキ消されてしまうあたり、この組織の歪みを物語っている。日銀は7、8日の金融政策決定会合で、異次元緩和策の継続を賛成多数で決めた。「2年で2%」の物価目標が頓挫した揚げ句、この期に及んで緩和維持。日銀の無反省ぶりに“身内”が「待った」をかけたが、たった1人の反乱はあえなく潰された。まるでデキレースのような政策決定のウラで、黒田総裁と安倍政権サイドとの“密会”がささやかれている。

 今回の会合で異次元緩和策に異議を唱えたのは、野村証券出身の木内登英・審議委員だ。日銀は昨年10月末の追加緩和で、長期国債の買い増しペースを年間50兆円から80兆円への拡大を決めた際、木内氏は反対票を投じていた。ついに今回は買い増しペースを45兆円に縮小するよう提案。異次元緩和の継続に反旗を翻したのである。

 木内氏は先月5日に前橋市で開いた金融経済懇談会後の会見でも、追加緩和は「効果よりも副作用の方が多い」「いずれ金融機関から国債を買い入れることができなくなるリスクがある」と切り捨てていた。

「すでに失敗した金融政策を『追加緩和』と称して、いくら上塗りしても意味はない。緩和の規模を縮小して『出口戦略』を図ろうとした木内委員の提案は正論だと思います」(経済評論家・斎藤満氏)

 実際、異次元緩和のスタートから丸2年。日銀のもくろみ通りに景気が回復する兆しはチットモ見えない。緩和策がもたらした円安による輸入物価高騰の副作用で、消費は冷え切ったまま。昨年度の新車販売台数は前年度比6.9%のマイナス。矢野経済研究所の予測によると、今年の住宅着工戸数は前年比1.2%減、スーパー売り上げも3.8%減だ。

 今こそ日銀は、失敗に終わった政策の転換を図るべきなのに、黒田総裁以下、他の審議委員は木内委員の提案を反対多数で否決。見直しの芽を摘み取ってしまった。それも日銀の「政策決定会合」とは名ばかりで、デキレースに過ぎないのなら、ムリはないのかも知れない。

 実は会合の前から「先週の火曜(3月31日)に黒田総裁が“知恵袋役”の雨宮正佳・日銀理事を伴って、麻生財務相と密会した」との情報が、金融関係者の間で飛び交っていた。

 日銀の広報担当者は、「31日に公表された総裁の公務日程はない。公表している日程以外はお答えできない」と言うが、1週間後に政策決定会合を控え、何を話し合ったのかとさまざまな臆測を呼んだ。

“火の無い所に”じゃないが、こんな情報が出てくること自体、黒田日銀が中央銀行の独立性を捨て、安倍政権の言いなりになっていることを暗示している。

「安倍政権内は今なお、金融政策だけで国内需要は喚起できると思い込んでいるようです。財政を出動しなければ借金も増えないという気楽な発想でしょうが、“タダより高いものはない”。木内委員の言うように国債市場が機能不全に陥るだけでなく、いずれ国際社会に『財政ファイナンス』とみなされ、国債暴落リスクは高まっていく。いつまで黒田総裁は政権の意向に従うつもりなのか」(斎藤満氏=前出)

 野党は国会に木内委員を呼んで、堂々とアベノミクスを批判させた方がいい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ひでしゃん 2015年4月10日 16:55:45 : dsqbUTCLpgzpY : tsZArcpgls
インフレ目標と超低金利は両立しない
生産性の向上や労働人口の増加所謂自然産出量の増加が見込めない日本での悪性インフレは国民生活を悪化させるだけ
日銀の買支えで超低金利を維持している日本国債はまもなく市場が評価する水準まで暴落(金利急騰)するだろう
財政ファイナンスは麻薬と同じ
日銀が国家財政を全額負担するのなら国民は納税の必要はない
日銀のバランスシートを膨らませるだけで財政規律に縛られることなく国家予算は膨張させても構わないのである
年金削減や福祉の見直しも不要
アジアインフラ投資銀行問題ではアジアの孤児になった日本国
日米安保の楔が日本国を縛る
アメリカの保護国日本に主権はない
沖縄辺野古では日本人が米軍に逮捕された
沖縄がアメリカ占領時代農地が奪われ米軍用地とされた時に住民のうち南米ボリビアに強制移住させられた人たちがいる
過酷な生活にバタバタと倒れ現在は二世等を含め少数の人たちが生存しているという
アメリカ海兵隊は沖縄駐留を望んでいない
日本側の事情だけで外国の軍事基地を新設する恥知らず
外国に依存するのは独立国ではない
TPP戦略的経済連携交渉では主権侵害の毒素条項満載だがアメリカに押し切られるだろう
アメリカの日本収奪を加速させることになる

02. 2015年4月11日 10:30:15 : t1eIpIm3vk
戦後70年、いや100年してもアメリカの植民地かも知れない。それまでに国土も国民もボロボロになっているのではないか

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ