★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 286.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
池上彰、安倍自民の改憲案や手法を批判+国民をバカにした自民党の改憲マンガ(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/286.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 5 月 03 日 07:10:27: EaaOcpw/cGfrA
 

http://mewrun7.exblog.jp/23047098/
2015年 05月 03日

 今日はわれらが日本国憲法の70回目のお誕生日だ。(*^^)v祝

 自分たちの国の大事な憲法なのだから、日本の首相はもちろん政権与党の議員も、改憲派であろうとなかろうと、この憲法記念日を祝福してくれてもいいと思うのだけど・・・。<国務大臣や国会議員には憲法尊重擁護義務があるんだしね〜。>

 でも、現憲法を尊重するどころか、アタマから否定している安倍首相&超保守仲間たちや、自民党を中心とした改憲派には、全くその気はない様子。^^;
 安倍自民党は、17年には憲法改正の国会発議を行なうことを目標に、今月から国会内や外部での改憲に向けても活動を強化する予定でいる。(~_~;)

『自民党憲法改正推進本部長の船田元氏が28日、東京の外国特派員協会で会見した。憲法改正は何回かに分けて行う意向を示し、「第1回目の改正は2年以内に実現したい」と希望を語った。
 船田氏は、憲法の改正議論における原則として、衆参審査会でのオープンな議論、改正反対の政党も交えた議論であることなどを挙げた。改正のやり方としては、憲法の条文をいっぺんに改正するのではなく、関連するテーマでまとめて何回かに分けて改正を行う、とした。その上で、「私の希望では2年以内に第1回目の改正を実現したい」と語った。(THE PAGE15年4月28日)』

* * * * * 

 ちなみに、自民党の憲法改正推進本部は、マンガ「ほのぼの一家の憲法改正ってなぁに?」を発表。5万部を作成して、配布する予定だとのこと。
 しかも、この漫画作成は、首相(or官邸?)からの指示によってなされたという話も出ている。(>_<)

<この漫画に興味のある方は、自民党HPをご覧いただきたい。mewはまだ、ざっと読んだだけなのだが。憲法に関する常識、センスに欠けているし。何より国民をバカにしているような内容だと思ったです。(-_-)・・・自民党ってたぶん、国民の多く、とりわけ女性や若者は、安倍っちレベルのXXだと思っているんだよね?(~_~;)>

『自民党は28日、憲法改正の必要性などについて訴えるマンガを発表した。今の憲法が制定された経緯や改正の必要性について、女性や若者の理解を深めたい狙い。

 自民党が制作したマンガは、今の憲法が制定された経緯や、改正の必要性、国民投票の方法などについて64ページにわたり描かれている。マンガを制作した狙いについて、船田元・憲法推進本部長は、「若い人や女性にもわかりやすいように」と説明し、国民に広く憲法への理解を促したい考えを示した。また、「憲法とマンガというと固いものと柔らかいものということで、合わないかなとも思ったが、憲法改正の方向について分かりやすく表現できたのではないか」と述べた。(NNN15年4月28日)』

『自民党憲法改正推進本部は28日、改憲の必要性を訴える漫画冊子「憲法改正ってなあに?」を制作したと発表した。改憲に必要な国民投票は18歳以上が対象となることから、若者にも関心を持ってもらう狙いで、県連などを通じて約5万部を無料配布する。

 冊子は、現行憲法を「外国人の手でわずか8日間で草案が固められた」と強調するなど、安倍晋三首相の意向を強く反映した内容。曽祖父が憲法の成立過程、問題点などについて家族に説明し、「GHQ(連合国軍総司令部)が与えた憲法のままでは、いつまでも日本は敗戦国だ」と、改憲を呼び掛けるストーリーだ。

 政府筋によると、漫画制作は首相が指示したという。船田元本部長は「憲法はGHQの影響下で作られたという歴史的事実を踏まえるべきだ。勇気を持って改正したい」と述べた。(西日本新聞15年4月28日)』

『自民は2年以内に憲法改正の賛否を問う国民投票を行いたい考えで、より多くの人に気軽に読んでもらって、理解を広めていく狙いがある。
 マンガでは、家族5人の一家のやりとりを通じ、改正すべき内容や国民投票の手続きを説明。国会で憲法改正を発議するには、衆参両院で3分の2以上の賛成が必要なことについて、家族が「不可能とは言わないがかなり難しい関門」「日本は世界でも相当改正しにくい」などと話し合っている。
 5万部作製し、党所属の国会議員や地方議員を通じて配布する。船田氏は記者団に「我々の目指す憲法改正の理解が広がることを期待する」と話し、とくに子育て中の主婦らをターゲットにしているという。(朝日新聞15年4月28日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 そんな安倍自民党の改憲案や改憲のやり方に、池上彰氏が危機感を抱いているよいう。

 リテラ2日に、憲法記念日特別企画として『立憲主義の危機だ! 池上彰が安倍首相の憲法軽視と自民党の改憲草案をぶった斬り』という記事が出ていたので、是非、読んでいただきたい。

『明日5月3日は憲法記念日。そんななか、自民党の憲法改正推進本部が発表したマンガ「ほのぼの一家の憲法改正ってなぁに?」が物議を醸している。

 物語は、憲法記念日に家で団欒する一家の様子からスタート。なぜか話題は現行憲法の話となるのだが、するとおじいちゃんが突然、“現行憲法はアメリカの押し付け憲法だ”と怒りをたぎらせはじめる。そして、このような説教を展開するのだ。

「戦争を放棄さえすれば戦争がないと思っとるのか?」
「敗戦した日本にGHQが与えた憲法のままでは いつまで経っても日本は敗戦国なんじゃ」

 ほのぼのとした絵柄と相反する、おじいちゃんの強迫的な台詞の数々。しかしこのマンガには触れられていない、自民党が考える肝心の改憲内容がある。

 その点にまで突っ込んで憲法について考えているのが、池上彰氏の新刊『超訳 日本国憲法』(新潮新書)だ。この本では、池上氏が現行憲法をわかりやすく超訳している。さっそく、憲法改正の焦点となっている第九条の池上訳を見てみよう。と、その前に、まずは現行の憲法第九条を確認してみたい。

《日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。》

 そもそも、この第九条について歴代の政府によって違う解釈が行われてきたのは、昭和21年(1946)年当時、自由党の芦田均委員長が第九条二項の冒頭に「前項の目的を達するため」という文言を挿入したことだ。草案が提出されたとき、吉田茂首相は「自衛権まで含めての戦争放棄を考えて」いた。しかし、芦田修正によって「自衛権は認められることになった」とも解釈することが可能になった。

 そのため池上氏は、第九条の超訳にあたり、2パターンを用意。「すべての戦争を放棄した」と解釈するバージョンと、政府の「自衛権は保持した」と解釈したバージョンだ。

◎すべての戦争放棄バージョン

《日本国民は、正義が守られ、混乱しない国際社会を実現することを誠実に強く求め、あらゆる戦争を放棄する。国際紛争を解決する手段として、武力を使って脅すことや武力を使うこともしない。
A 武力は使わないと宣言したのだから、陸軍も海軍も空軍も、その他の戦力も持たない。国が他国と戦争する権利は認めない》

◎政府の「自衛権は保持した」バージョン

《日本国民は、正義が守られ、混乱しない国際社会を実現することを誠実に強く求め、侵略戦争を放棄する。武力を使って脅すことや武力を使うことは、国際紛争を解決する手段としては放棄する。しかし、自衛権まで放棄したわけではない。
A 侵略戦争や国際紛争を解決するための武力による脅し、武力行使はしないので、そのための陸軍や海軍や空軍や、その他の戦力も持たない。国が他国と戦争する権利は認めない。だが、自衛のための力を持つことまでは否定しない》

 この、後者の解釈によって自衛隊が生まれたわけだが、自衛隊は憲法違反ではないのかという議論はずっとつづいてきた。しかし、そうしたこともすっ飛ばしたのが、自民党が2012年に発表した改正草案だ。

 この改正草案のなかで自民党は、第二項の冒頭を「前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」と変更して第一項を骨抜きにし、さらには「第九条の二」なるものまで新設している。ここでは《内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する》ことや《国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める》こと、国防軍の軍人や公務員が罪を犯した場合の裁判を行うため《国防軍に裁判所を置く》ことなどを明記している。

 平和主義と謳われた現行憲法のかけらさえ見当たらない、自民党による改正草案。もちろん、前述した自民党マンガでも、「国を守る「自衛隊」とそれを行使する軍隊を管理する規定はやはり憲法の中で明確にしていた方が望ましいのじゃよ」とさらっと流し、草案にあるような物騒さを打ち消している。池上氏はこの改正草案について、こう解説する。
「国防軍が米軍と一緒になって海外で戦闘に参加することが可能になります。戦前には軍人を裁く軍法会議がありましたが、その現代版も創設されます」

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 しかし問題は、この空恐ろしい改正草案が一体どれほど国民のあいだで周知されているのか、ということ。池上氏も、このようにツッコミを入れている。

「自民党は、この草案を作ったのですから、第九十六条の改正より、この草案の支持を広げればいいのにと私は思うのですが」
 もちろん、自民党がこの草案を前面に押し出さないのは、あまりに物々しい言葉が並びすぎているからだろう。「国民の本当の思いはどこにあるのか。いまこそ国民的議論が必要なのです」と池上氏は述べるが、それ以前に、安倍政権はもっと、どんな憲法に改正する気なのかをオープンにするべきだ。

 だが、肝心なことはひた隠しにしてきたのが安倍政権の歩みでもある。たとえば池上氏は、安倍首相による「集団的自衛権の必要性を強調する記者会見」で「日本人母子を保護した米軍の艦隊が攻撃された場合、自衛隊は米軍の艦隊を守るべきだと主張」した発言を、このように解説する。

「ところが、アメリカ国務省領事局のウェブサイトを見ると、「緊急時にアメリカが救出できるのは米国籍の市民を最優先する」と書いてあります。さらに「市民救出のために米軍が出動するというのは、ハリウッドの台本だ」とも。つまり、安倍首相が例に挙げた「米軍が日本人の母子を救出」というのは、二重にありえない設定なのです」

 そして池上氏は「感情論に訴えて自己の主張を通そうとする。よくある手法ですね」とバッサリと切り捨てている。

 だいたい、昨年12月に行われた衆院選では、安倍首相はアベノミクスを焦点とし、憲法改正についてはお茶を濁していた。そこに切り込んだのが池上氏で、『池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系)にて「憲法改正に向けて、一歩一歩進んでいくということですね?」と質問すると、安倍首相は「その通りです」と回答。その後はあたかも選挙の焦点が改憲だったかのように、憲法改正へ積極的に舵取りをはじめた。これでは有権者に対するペテンそのものだ。
 こうした安倍政権の傍若無人ぶりのみならず、池上氏が危惧するのは、「憲法を守る」ということ自体が「政治的発言」になってしまっている現状である。

 たとえば、天皇による先の戦争に対する反省と「平和と民主主義を、守るべき大切なもの」という至極真っ当な発言すら政治的発言だと批判を浴びた。これに対して池上氏は「天皇は憲法を守る義務があることが憲法に定められています。天皇陛下は、この憲法擁護義務を確認されただけ、とも受け取れるのですが」と述べる。

 また、「憲法九条を守ろう」と集会を開こうとしただけで、公共施設が「政治的な主張の集会には会場は貸せない」としていることも池上氏は強く批判する。

「「憲法を守ろう」という主張が、「公民館の考えだと誤解されてしまう可能性がある」とは、よくも言ったり、です。公務員には、「憲法を守る」ことが義務づけられているのに、です」

 池上氏が強調するのは、「日本国憲法は立憲主義にもとづいている」ということ。立憲主義とは、「権力を持たない人びとが、権力者に「憲法を守れ」と命令すること」だ。他方、安倍首相は「私が政治の最高責任者。私が決めることができる。反対なら、次の選挙で政権交代させればいい」と言って憚らない。

「権力者が勝手なことができないように、国民が憲法で縛る=制約をかける。これが近代の「立憲主義」の考え方なのに、安倍首相は「自分は権力者だから何でもできる」と言っているというわけです」
 この状態を池上氏は「民主主義のジレンマ」というが、もはや安倍首相の態度は民主主義を否定する、権力の暴走といっていいものだ。安倍政権がほのぼのマンガの裏に隠すほんとうの狙い、そして憲法のあり方について、この機会に考えてみてほしいと思う。(水井多賀子)』

* * * * *

 mewは、以前から書いているように、絶対護憲派ではなくて、主権者である国民が本当に改正を望むなら、憲法改正をしてもいいという考えを持っているので、改憲を提案すること自体に文句をつける気はないのだけど。<憲法自らが、改正されることも予定して、改正条項も設けているし。>

 ただ、この辺りは改めて書きたいけど、憲法改正について議論するなら、最低限、きちんと現憲法の基本的な知識を把握してから、またそれ以前に、立憲主義とか民主主義、自由主義、法の支配などの意味をきちんと理解してから、改憲案を出して欲しいと思うし。
 それができていない人たち、戦前志向の考えに固執する人たちとは、とてもじゃないけど、憲法改正の議論はできないと思うmewなのだった。(@@)

                           THANKS
 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月03日 08:02:38 : X7GbpGuPvs
御用評論家のガス抜きですか?今まで散々既得権益層をヨイショしといて、

池上彰氏がテレビで重宝されるのをみれば何を言っても信用できません


02. 2015年5月03日 08:40:51 : YIxZNDKR96
 
アベノNHK、天皇陛下の平和憲法発言を報道せず! 安倍政権の戦争立法に配慮
http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1430608892/

※天皇陛下の重要なご発言部分がNHK各ニュースにおいて報道されなかったことについて、
NHKには多くの抗議が寄せられたとの事ですので、ご発言部分を以下に記します↓


天皇陛下お誕生日に際し記者会見  会見年月日:平成25年12月18日

天皇陛下「80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、
やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。私が学齢に達したときには
中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに
米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。

この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、
本当に痛ましいかぎりです。

戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、
日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、
かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。」
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h25e.html


参照:
アベノNHK、皇太子殿下の平和憲法発言を報道せず! 安倍政権の戦争立法に配慮
http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1430609342/
 


03. 2015年5月03日 08:57:32 : KzvqvqZdMU
サヨらが最後に頼るのは天皇か?



[32削除理由]:削除人:アラシ
04. 戦争とはこういう物 2015年5月03日 11:19:34 : N0qgFY7SzZrIQ : WJiCmAappI
 現天皇が憲法尊守の論理的に正しいと思える発言しかしないのは、誤った発言で国民支持を失えば「天皇制廃棄の改憲」が起きうることを熟知しているからだろう。その点「戦争責任のような言葉のアヤ」失言をしてしまった先代、また選挙前以外は憲法無知発言を繰り返す為政者(字名あべっちゃまくん)とは一線を画している。

05. 2015年5月03日 16:39:09 : cn5NSQuAVQ
>>03 KzvqvqZdMU

いつも出てくるゴミ工作員。安倍の下痢パンツでもなめておけば。


06. 2015年5月03日 16:58:33 : lXGrF7OLvM
>>03. 2015年5月03日 08:57:32 : KzvqvqZdMU
>サヨらが最後に頼るのは天皇か
>ぷ〜=3

なに言ってるんだ馬鹿かお前は、下品な奴だな。
左翼が頼りにするのは KzvqvqZdMU お前のようだ。
なんとも変な国だろ、もうクソって感じだよな。


07. 2015年5月03日 20:18:02 : YbBgMB0rk2
>>03

御本尊は大事にしろよ。

それとも自分たちが気に入らなければたたき割っちゃうわけか。


08. 2015年5月04日 07:37:39 : LKXRYf922A
>政府筋によると、漫画制作は首相が指示したという。船田元本部長は「憲法はGHQの影響下で作られたという歴史的事実を踏まえるべきだ。勇気を持って改正したい」と述べた。

ほう。自民党がアメリカに逆らうとは。その言葉、アメリカで両院議員を前に言ってみなさい。言えるものならね。

それにしても、いつも解説するだけで自分の意見を言わない池上さんが珍しく、自分の意見を言っているね。ま、言っているのは極めて当然のことだが。

自民党の憲法マンガ
http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/kenoukaisei_manga_pamphlet.pdf


9. 2016年2月13日 15:12:54 : 7vAStvljiE : yt25uip2Gvg[36]
◆タイトル : 放送法の公正の確保と選挙対策について(警戒すべきは池上彰 氏)

昨日(2月12日)放送の 池上彰 緊急スペシャル! を見ました。

夏の国政選挙を前に、明らかに反政府活動していると思われる内容でした。

一見すると(解説番組)のように思われがちですが、意見の割れているテーマであるにも関わらず池上氏による一方的な(軍備反対 ⇒ ナチスの侵略戦争反対 ⇒ 安倍政権反対 ⇒ 参院選で打倒)の構図が読み取れます。
経団連・防衛産業の防衛装備品(武器)輸出への歴史的解説はするものの、国際比較が説かれていないために日本が軍備増強に傾注し戦争に突き進んでいくかの如く池上氏は誘導していました。
出演されている芸能人の方々は、有名人である池上氏の解説にただ頷く(うなずく)ばかりです。このような番組進行風景を見せられたら、視聴者がどう思考傾斜していくかは明らかです。 
過去の池上氏による同様の解説番組では、偏向してはいないかのように僅かながらバランスを取ってはいました。 しかし、今回はバランスを失った左翼寄りと受け取れる構成内容でした。 

勿論 これが収録である以上、フジテレビは放送法を承知してのオンエアーであると思われます。 池上氏の思惑に 局は気づかないのでしょうか、何の疑問も感じなかったのでしょうか、それとも視聴率に囚われた事だったというのでしょうか。 まさか朝日・毎日新聞と同じ道を辿るとは思いたくありませんが。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ