★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 477.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界的な歴史学者187人、安倍首相に慰安婦問題解決要求
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/477.html
投稿者 くしゃみ講釈 日時 2015 年 5 月 07 日 14:20:40: U.yGQNwJcf5Jw
 

世界の著名な歴史学者187人は6日、日本の安倍晋三首相に宛てた声明で従軍慰安婦問題の解決を求めた。


学者らは「日本の歴史家を支持する声明」を発表し、戦後の日本は多くの成果を成し遂げた点に触れた上で、「成果が世界から祝福を受けるに当たっては、障害となるものがあることを認めざるを得ない。それは歴史解釈の問題だ」「彼女たちの身に起こったことを否定したり、過小なものとして無視したりすることは受け入れることはできない」と指摘した。


その上で、学者らは「20世紀に繰り広げられた数々の戦時における性的暴力と軍隊にまつわる売春のなかでも、『慰安婦』制度はその規模の大きさと、軍隊による組織的な管理が行われたという点において、そして日本の植民地と占領地から、貧しく弱い立場にいた若い女性を搾取したという点において、特筆すべきものだ」としたほか、「『慰安婦』問題の中核には女性の権利と尊厳があり、その解決は日本、東アジア、そして世界における男女同権に向けた歴史的な一歩になる」と主張した。


今年2月に日本政府が米国の教科書の修正要求を行ったことに関連し、米国の歴史学者20人が反論声明を出したことはあるが、今回の声明は質的、量的なレベルが異なる。3月にシカゴで開かれたアジア研究協会年次総会で発議された今回の書簡は、署名に加わった学者の顔触れに重みがある。


太平洋戦争に裕仁日王(昭和天皇)が深く関与したという内容を扱った『裕仁評伝−近代日本の形成』(邦題・昭和天皇)で2001年にピューリッツァー賞を受賞したハーバート・ビックス氏(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校名誉教授)、戦後日本の変化と成長を究明した『敗北を抱きしめて』で同様にピューリッツァー賞を受賞したジョン・ダワー氏(マサチューセッツ工科大学名誉教授)などが目立つ。さらに、『ジャパン・アズ・ナンバーワン―アメリカへの教訓』という著書を残したアジア研究の大家、エズラ・ヴォーゲル氏(ハーバード大名誉教授)、『韓国戦争の起源』(邦題・朝鮮戦争の起源)の著者、ブルース・カミングス氏(シカゴ大教授)、東アジア学界の元老格、入江昭氏(ハーバード大名誉教授)、ピーター・ドウス氏(スタンフォード大名誉教授)らが加わった。ハーバード大だけで12人、スタンフォード大が5人、ブラウン大が4人、コロンビア大とイェール大が各3人などだ。日系の学者33人も参加した。


米国だけではない。カナダからはエリック・カズディン氏(トロント大教授)、英国からはルシア・ドルセ氏(ロンドン大准教授)、ドイツからはラインハルト・ツェルナー氏(ボン大教授)、スイスからはマーティン・デューゼンベリ氏(チューリヒ大教授)、オーストリアからはセップ・リンハルト氏(ウィーン大名誉教授)、オーストラリアからはガミン・マコーマック(オーストラリア国立大名誉教授)、シンガポールからはプラセンジット・ドアラ氏(シンガポール国立大教授)、日本からはリチャード・タガート・マーフィー氏(筑波大教授)が加わった。欧州、オーストラリア、アジアそして日本の大学で日本やアジアを専攻する教授らは世界的に賛同した格好だ。


有名教授187人による声明は訪米を成功裏に終えたと自負している安倍首相に対する一撃となる見通しだ。


学者らは「私たちの多くにとって、日本は研究の対象であるのみならず、第二の故郷でもある」と日本への愛情を示す一方、安倍首相が周辺国との和解を目指す絶好の機会だった米上下院合同会議での演説で歴史問題を無視したことを受け、国家レベルの慰安婦強制動員、搾取などに対する検証は終わったとの点を明確にし、責任を取ることを求めた。


学者らは「『慰安婦』の正確な数について、歴史家の意見は分かれているが、恐らく永久に正確な数字が確定されることはないだろう。しかし、最終的に何万人であろうと何十万人であろうと、いかなる数にその判断が落ち着こうとも、日本帝国とその戦場となった地域において、女性たちがその尊厳を奪われたという歴史の事実を変えることはできない」と指摘した。


声明を主導したアレクシス・ダデン氏(コネチカット大教授)は「英語と日本語による声明を首相官邸に直接送った。安倍首相が読み、胸に刻んでほしい」と述べた。


安倍首相は第2次世界大戦70周年を迎える8月15日に発表する談話で、歴史問題には言及しないともようだが、国際社会の強い批判は一定の影響を与えるとみられる。


http://plaza.rakuten.co.jp/kakasinojamp/diary/201505070001/


日本、中国、韓国政府は、
慰安婦問題や領土問題を、自国の政治的ナショナリズムを高揚するための材料使用は止め、
国際的な歴史専門家などで構成された組織で、判断を仰ぐべきではと考える。


個人的には、日本軍及び大本営は、敗戦が決まった時点で、証拠書類や資料など、
すべて焼却したために分が悪いのではと感じる・・・。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月07日 14:56:58 : Nn2N6EG2XA
善良な納税者として安倍首相に要望したいことは、将来に言いがかりの元となる韓国人風俗嬢を入国違反による強制退去を早急に行って欲しいです。

世界の著名な学者様より日本国民の声を聞いてください。


02. 2015年5月07日 15:14:22 : RRHB3K9wS6
>>01さん

 韓国人風俗嬢なんて見たこともないよ。もっともこちらは関東の農村だがな。それはそれとして、貴方の主張は本文記事とは完全に切り離して、別問題として扱うべきだな。議論を逸らすようなことは慎んでいただきたい。もっとも阿修羅読者がそんな論争にのめり込むとも思えないが。

 そろそろ暴力的(非論理・非倫理・自慰的)な史観から卒業して慰安婦問題に決着(存在が確かであったということ、インドネシアでの証拠など余りにも明白すぎるので、言い逃れは最早不可能ということ)を付けて日本が誠実に対応しているという姿勢を示し、東・東南アジアとの真の友好を追及すべきだな。ただしそうなると困る(金儲けの機会が減る)という勢力もなかなかしぶとく対応するだろうな。


03. 2015年5月07日 15:21:01 : gAuS4kc0is

   国外から指摘される前に、安倍首相が旧日本軍の慰安所における強制的性行為の責任を認め、慰安婦問題から逃げるような態度をとるべきではなかった。

   戦時のいわゆる従軍慰安婦問題については、アジア各地に「慰安所」があり、そこで多数の日本軍の将兵に性交を強いられたという事実(裁判で事実認定が行なわれている)がある以上、日本軍将兵の管理者たる日本国政府に、その責任があるのは当然であろう。
   http://d.hatena.ne.jp/dj19/searchdiary?word=%2A%5B%BB%F1%CE%C1%5D

   一例を挙げれば「海南島戦時性暴力被害事件訴訟」では地裁と高裁の判決で被害の事実認定がなされている。賠償請求は認められていないが、それは時効や国家無答責など法律論からの理由によるものである。
   http://d.hatena.ne.jp/dj19/20120314




04. 2015年5月07日 16:20:55 : w3M1BHSquE
02さん
「議論を逸らす」 ような論理を展開するのは、ネトウヨの常套手段ですがな
慰安婦に限らず、南京虐殺 満州事変 重慶爆撃などなど ネトウヨの主張はその殆どが該当されますぞ
関係無い話にばかり議論を逸らそうとする 特に戦争犯罪 戦争責任とかって話になるとすぐそうです
02さんは、ネトウヨ慣れしていないようで^^;

慰安婦の話でも 常にそう 強制的かどうかと 軍が直接慰安婦集めに関わったかどうかなどと
本題から逸らそうと言う魂胆しか見えません だからあ奴らは嫌われるのです

さらに、「性奴隷」 という【訳された言葉】に 難くせ付けて これまた事の本質から話を逸らすのです

【事の本質とは、慰安婦の存在そのものへの 軍上層部と国家体制の責任が 有るか無いかです】

軍が直接慰安婦を集めた訳では無いのは それはあくまで“軍の沽券”に係わるから業者に委託しただけで
需要を作り出したのは軍そのものである事に変わりは無い訳です 要求したのは軍です

そして、慰安婦を集める時に 強制的手段を嵩じたのは 民間業者だったからといって
軍の責任が小さくなる事など これっぽっちも有りません。


05. 2015年5月07日 16:27:36 : LhvYHPMQvw
常連諸氏にぜひ聞きたい。
陸山会事件に理解のある阿修羅で、何故、慰安婦問題への日本の謝罪を求める声が大きいのか、
私はいつも理解に苦しむ。
重要なのは細かい争点での是非ではなく、総合的なバランスでしょ?

陸山会事件では
陸山会側の非が皆無だったとは思わないのだが、重要なのは、皆無かどうかではなく、
実質初の政権交代と期待された小沢政権が潰されるという被害を受けるほどの非があったのか、という点。
非とそれにともなう被害のバランスである。

同じように言えば、
慰安婦問題では
日本の非が皆無だったとは思わないのだが、重要なのは、皆無かどうかではなく、
ここまで延々と非難され、世界各地に、慰安婦像が建てられ、「日本によって20万人も強制的に性奴隷にされた」などと激しいバッシングを受けて、バッシングしてるもの達に謝罪するほどの非があったのか、という点。
これも非とそれにともなう被害のバランスである。
もちろん、バランスなんだから、同様の非を行っていた一般例(別の国の例)で検討されるべきことである。
歴史学者が研究するにしても各国の例を比較するような研究をすべきである。

陸山会事件でも、そもそも、比較的悪性の低い単なるミスでも、検察司法は自由に処罰対象とし、
政権交代潰しもクーデーターも自由に行って良い権利を持つ
というのが常識なら、司法への非難は当たらないだろう。
しかし、日本はそんな独裁国家ではないし、
そうでないからこそ(司法はそんなに悪くないと国民は思ってるかこそ)、
政権交代潰しも出来たわけです。

以上、当否判断を「非とそれにともなう被害のバランス」においたうえで、
なぜ、そこまで慰安婦問題で日本を非難するのか問いたい。


06. 2015年5月07日 16:38:54 : IJvOprfvDk
>>05さん
既知と思うが、まずはこちらを御覧ください:
http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20140909-00038966/
慰安婦関連は「強制連行」の話が議論されているだけで、現代の感覚では非人道的な扱いがあった証拠や証言は結構あるんですよ。

理解を示しているのを装いながら、中立を装って世論誘導をしようという姿勢が宜しくない。
そもそも、陸山会事件って、まともな証拠はありましたっけ?
大体「FAXで情報をやりとりしてた」と検察が主張したのに、「FAX履歴を調べましたか?」と聞かれて「調べてません」とか平気で言っちゃうような裁判だったのに、どこから「陸山会側の非が皆無だったとは思わない」なんて話が出ちゃうかなぁ…????


07. 2015年5月07日 17:13:41 : LhvYHPMQvw
>>06
レスどうも。
「非人道的な扱いがあった」とは私も確信してます。
問題は、他の例と比較して非常に悪かったかどうかです。
歴史的にも見て、戦時下では非人道的な例は多かったでしょう。
むしろ、非人道的な扱いがなかったなどということこそ信じられません。
悪や非があることは当然として、
歴史全体を見て、日本や日本軍という組織がそれほど悪かったかどうか、
ということです。

陸山会事件では、私は以前から一貫して完全無罪だと認識しております。
しかし、事務手続きにおいてミスがなかったかは分からないし、
そんなもん誰でもすることで、その有無を論じても意味がないと思うわけです。
だから、私は、「そんなもん(ミス)でこれほどの被害を受けるものか?」という
点を主張してるのです。
これは法治国家の基本である「法の下の平等」という大義の問題です。
「ミスでも虚偽であり法的に処罰可能だ」という論点もこれに含まれます。
この点を恐れるがゆえに、「ミスさえない」と言いたいのでしょうけど、
これは「法の下の平等」に反することになります。
正確に言いますと、ミスでの処罰自体は私も許容しますが、それは処罰する権力者側が、
無作為に取り締まってる限りの話であって、権力者側が意図的に処罰するなら話は別で、
それはまさに、「法の下の平等」に反するわけです。
この点が了解されれば、現行法にある「取り締まる側に便利な多義的な法律」が
「法の下の平等」に反するとして憲法違反になるはずです。
取り締まる側が「悪意のある人間」という前提にすれば裁量(多義性)は不平等と同じ事になるからです。

ここで重要なのは「法」という観念です。
あなたも理解されると思いますが、弱肉強食の原始時代に「非人道的だ」と言っても
言われた原始人はそれが悪いことだとは絶対思わないでしょう。
が、原始人に善悪とか「法」の観念がなかったかと言えばそうではありません。
原始人には「それはOKだ」というルールがあったわけです。
しかし、それでも原始人に対して「それは非人道的で悪だ」と言ってもかまいません。
その原始人を処罰してもいいでしょう。
ですが、問題は“その原始人は現代人と同じように処罰されるべきか”という点です。
また、同時に、その原始人の非だけを理由に、彼らの子孫や直径の組織が処罰されるべきでしょうか?
私は、それも結構だと思いますが、その場合は、他の原始人も同様に調査して「平等に処罰すべきだ」
と言いたいわけです。


08. 2015年5月07日 18:09:00 : NCH3u6JaRw
安倍という世界最悪の「無能な働き者」のお陰でとんでもない藪蛇になったな。

09. 2015年5月07日 18:15:23 : aa86V1oKlA
> 世界的な歴史学者187人、安倍首相に慰安婦問題解決要求

英国人ジャーナリストのヘンリー・S・ストークス氏の主張を歴史学者187人へも主張しよう。

日本の戦時賠償は、米国は1951年のサンフランシスコ平和条約で、韓国は65年の日韓請求権・経済協力協定で、中国は72年の日中共同声明で「解決済み」だ。日本は過去を反省して謝罪し、戦後70年、平和国家として歩んできた。いまさら何の謝罪が必要なのか。[1]

米国は45年8月、広島と長崎に原爆を投下した。同年末までに計約21万4000人が死亡したとされる。同年3月の東京大空襲では、わずか数時間で約10万人が犠牲となった。「非戦闘員の殺傷」は国際法違反だが、日本人は米国に謝罪を要求していない。「恨みは恨みを招く」として、黙って耐えているのだ。

歴史学者187人が日本の歴史問題を持ち出すならば、自国の戦争犯罪についても、オバマ大統領に謝罪を要求するのか。ネーティブ・アメリカンや黒人に対しては、どうなのか。日本だけに謝罪を要求し続けるのは、公平ではない。

「世界的な歴史学者187人」は、1951年のサンフランシスコ平和条約、韓国との1965年の日韓請求権・経済協力協定を破棄せよと主張するのか?

[1] 英国人ジャーナリスト「ニューヨークタイムズは頭がおかしい!」
2015年04月27日
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51888314.html
英国人ジャーナリストのヘンリー・S・ストークス氏がニューヨークタイムズやワシントンポストに疑問の声を投げかける!
 ヘンリー氏「ニューヨークタイムズやワシントンポストは不見識かつ、不勉強だと思う。
日本の戦時賠償は、米国は1951年のサンフランシスコ平和条約で、韓国は65年の日韓請求権・経済協力協定で、中国は72年の日中共同声明で「解決済み」だ。日本は過去を反省して謝罪し、戦後70年、平和国家として歩んできた。いまさら何の謝罪が必要なのか。」

米紙報道に疑問、日本だけに謝罪要求は不公平 ヘンリー・S・ストークス氏

安倍晋三首相の26日からの訪米に合わせて、米メディアの一部が、安倍首相の歴史認識を批判し、反省を求める報道をしている。在米韓国大使館によるロビー活動も報じられるなか、米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長を歴任した、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏が緊急寄稿した。

 私がかつて所属したニューヨーク・タイムズは20日付社説で、安倍首相の訪米が成功するかどうかは、「戦時の歴史に安倍氏が誠実に向き合うかどうかにかかっている」と指摘した。米紙ワシントン・ポスト(電子版)も23日、米滞在中の元慰安婦のインタビュー記事を掲載し、「慰安婦、日本の謝罪を要求」との見出しを掲げた。

 不見識かつ、不勉強のそしりを免れないのではないか。

 日本の戦時賠償は、米国は1951年のサンフランシスコ平和条約で、韓国は65年の日韓請求権・経済協力協定で、中国は72年の日中共同声明で「解決済み」だ。日本は過去を反省して謝罪し、戦後70年、平和国家として歩んできた。いまさら何の謝罪が必要なのか。

 自著『連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)などに記したが、南京事件は中国国民党政府が作り上げたプロパガンダであり、慰安婦は朝日新聞の大誤報で明らかなように日本軍が強制連行をした事実はない。日本人はそんな野蛮な民族ではない。

 米国は45年8月、広島と長崎に原爆を投下した。同年末までに計約21万4000人が死亡したとされる。同年3月の東京大空襲では、わずか数時間で約10万人が犠牲となった。「非戦闘員の殺傷」は国際法違反だが、日本人は米国に謝罪を要求していない。「恨みは恨みを招く」として、黙って耐えているのだ。

 ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストが、日本の歴史問題を持ち出すならば、自国の戦争犯罪についても、オバマ大統領に謝罪を要求するのか。ネーティブ・アメリカンや黒人に対しては、どうなのか。日本だけに謝罪を要求し続けるのは、公平ではない。

 安倍首相は、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)で、先の大戦への深い反省を表明したうえで「平和と繁栄を目指す諸国の先頭に立ちたい」と演説した。欧米列強の植民地支配からの独立を宣言したバンドン会議の60周年に、実にふさわしいものだった。

 29日の米連邦議会の上下両院合同会議では、日本の首相として初めて演説を行う。ぜひ、未来志向の発言に期待したい。 (取材・構成 藤田裕行)


10. 2015年5月07日 18:17:03 : NCH3u6JaRw
だいたい、今のフクイチの労働者の扱いを見ればわかる。

明らかにヤクザが闊歩して脱法・違法状態のピンハネが横行していても
国は一切とりあわず、関与しようとすらしない。

この国は一切戦前から進歩していない。
同じことだろう。

少なくとも、慰安所の存在が軍にとって都合がいいから
業者を軍のすぐ近くで自由にさせていたのだ。
責任が無い筈がない。

それに、娼婦がスパイもしくは戦闘工作員といった可能性を考えれば
軍から見て信用のおけない業者なら、それこそ武力で排除されている筈。
逆に言えばそれほどの繋がり、信頼関係があったということになる。


11. 2015年5月07日 18:22:45 : 77Kno4ENaM
記事の出処が書かれていないが、朝鮮日報に5月7日掲載されたもので記者はワシントン=ユン・ジョンホ特派員。
つまり
南朝鮮のロビー活動によって、南朝鮮がお膳立てした内容にサインをしたというもの。日本の戦後歴史に通じた歴史家が180人もいるわけがないのに、数を頼んで、そのうえ「著名な学者」と付ければハクが付くと考えるのはレッテル儒教国家らしい。
だいたい、歴史家の役割は何よ?人数で政治に圧力をかけるのが‘歴史家’の仕事か?
だから、小銭稼ぎに名義貸しをしたにすぎないとすぐにわかる。

「著名な歴史学者」として具体的な名も挙げなければウソがばれるから、そこはジョン・ダワーなど並べてみせてはいる。
彼の著書「悲しみを抱きしめて」は戦後日本を詳細にレポした内容でピュリツァー賞を受けたことで日本でも有名だ。しかし著作からは、客観的事実を検証する歴史家かと思ったが、話を聞いたらこれがトンデモおじさんだった。
慰安婦にしろ南京虐殺にしろ東京裁判にしろ、まったく事実を検証する態度はなくて、安上がりな既製概念をそのまんま信じて疑わない、ど素人なみの知性しか無いご老体だった。
なんにも資料など調べることをしてこなかった、それで本を書いたとはゴーストライターが居たのではないかと思わせるほど。それが「著名な」歴史学者なのだ。

南朝鮮は、慰安婦像の騒ぎがマンネリになったので、こんどは「アメリカの著名な学者」を使ってくる作戦にしたようだ。今後もあと2、3個こうした記事が出るだろう。たのしみ・・・HAHAHA


12. 2015年5月07日 18:39:34 : FfJjI5TaZg
>>05
小沢グループは河野談話の見直しと河野洋平の参考人招致を国会で要求した事も
あるし、最近の日本での動きは小沢グループにはプラスでしょう。

13. 2015年5月07日 19:11:18 : QmyrjoZuIs
04さん
>「議論を逸らす」 ような論理を展開するのは、ネトウヨの常套手段ですがな

これはアベの手法。
アベはネトウヨだという事です。


14. 2015年5月07日 19:18:18 : gAuS4kc0is

   慰安婦問題は対アジアの問題である。
   http://d.hatena.ne.jp/dj19/searchdiary?word=%2A%5B%BB%F1%CE%C1%5D

   原爆被害は対アメリカの問題であり、日本は原爆による虐殺に対し、黙って耐えるのではなく、はっきりと米国に抗議し謝罪を求めるべきである。
  
   また、「欧米諸国にも戦争犯罪行為があった、日本だけではない」として日本の戦争犯罪行為を肯定するのは、欧米諸国による戦争犯罪行為をも肯定するという間違いを犯すことになる。

   対アジアの慰安婦問題では、安倍首相は村山談話にならい『この歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。』と言うべきであろう。




15. 2015年5月07日 19:55:43 : 4Q80R8Zler
>世界の著名な歴史学者187人は6日、日本の安倍晋三首相に宛てた声明で従軍慰安婦問題の解決を求めた

でたらめ。原文のどこを読むとこんなことが書かれているのか!
韓国の捏造聯合ニュースでも信じているのだろう。お里が知れる


16. 2015年5月07日 20:42:16 : 6NC7VxWvE2

「偏見なき過去の清算を」=学者187人、安倍首相に声明
2015/5/7(木)7:22 時事通信社
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1578662?news_ref=nicotop_topics_topic

ニコ動で取り上げてるくらいだから、ネトウヨならみんな知ってるかとおもたよ。

ネトウヨのネトが泣くような情弱ぶりだな。


17. 2015年5月08日 01:07:14 : F6wJ83DJQw
韓国ロビーの署名キャンペーンでも

>、「被害にあった国で慰安婦被害者の苦痛を民族主義的な目的のために悪用する>のは国際的な解決を難しくし、被害女性の尊厳をさらに冒とくするものだが、被>害者にあったことを否定したり無視することも同じく被害者を冒とくすること>>だ」と明らかにした。

この文は譲らず削除しなかったのなら、新聞記者なんかと比べては失礼なのだが
アレクシス・ダデン氏は学者としては良心的なほうじゃないの?
日本の吉見氏も上部が「広義の強制」などという概念を生み出す前にはちゃんと
強制はなかったと嘘はついていなかったのと同じことか


18. 2015年5月08日 03:09:52 : w3M1BHSquE
>>05 さん
確かに、慰安婦については 他の日本軍による戦争犯罪に比較すれば あるいは他国の戦争犯罪と比較しても
言われる程の 酷い戦争犯罪とは言い難いと 私も思いますよ

むしろ、戦地での現地民に対する凌辱行為を 未然に防ぐ目的で作られたもので
他国の軍隊に比較すればよっぽどマシと言えます

しかし、だからと言って 「良い事か悪い事か」 と、問われたら
「悪い事」 と、答えざるを得ないのは当然の事です 「良い事」 などとは間違っても言えません

そして、事あるごとに 他国の戦争犯罪を持ち出し比較せよと言うのは
典型的なネトウヨの常套句で それを言うのは 日本の恥晒しとか言えません

現地民の婦女子を凌辱したのは ソ連軍など外国の軍隊の方がよっぽど酷いのは確かですが
それを論ったからって、日本の戦争犯罪の罪が軽くなる訳では無いし 問われているのは
日本が犯した戦争犯罪に 「向き合うか否か」 と言う事で、すぐに他国の事例を持ちだすのは
子供のダダ捏ねと一緒で 「あいつらが泥棒したのだから 俺たちが泥棒しても良いじゃないか」
と言ってるのと同じです。

そして、「時代」 のせいにする論理も同じです 確かに、第一次世界大戦ぐらいまでは
それまでの欧米諸国は 侵略するのが当たり前の時代だった 事は確かですが
第一次世界大戦の悲惨さを受け止め、戦争は良くない 侵略は辞めよう そいいう空気が作られ始めたのも事実で
少なくとも欧米諸国は中国大陸から減退し始めた事は間違いはなく
その隙に乗じて大陸に進出し 権益を独り占めしようと企んだのが日本と言えます

人間だれしも、間違う事は有るんです それは国家でも同じです その人間が営むのですから
長い歴史の中で、間違った事をしたことが無い国家など、おそらく皆無でしょう

しかし、本当に恥ずかしい人間は 間違う事ではなく 「間違いを認めない人間」 でしょう
そしてもっと恥ずかしいのは、「それを他人のせいにする人間」 です
国家においても同じ事が言えるはずです。


19. ピッコ 2015年5月08日 05:36:55 : ldyqn.PAmBFfI : t1Qf1Hujaw
"歴史「偏見なき清算を」 米の日本研究者ら187人声明"という新聞記事を見つけました。 翻訳された声明文が出ています。 必見です。 ↓↓ぜひご覧ください。

日本の歴史家を支持する声明(全文)朝日新聞デジタル/5月7日付
http://www.asahi.com/articles/ASH575KGGH57UHBI01Y.html?iref=comtop_list_int_n03


20. 2015年5月08日 06:10:09 : A7kUMAY7IQ
日本の右翼のアホーな勢力に同調する安倍政権は、まともな歴史家すべてから総スカンを食らったということ。親日的な学者も全員含まれる、

まだ自分を客観的に見られないネトウヨにそれと同程度の頭の安倍首相にはあきれるばかり。 01 15 のネトウヨ程度の頭。


21. 2015年5月08日 06:21:36 : 9bItsC3pqU
少なくとも、ソ連軍の戦争犯罪を
ウイグル人とかウズベク人とか、少数民族の兵や軍属のせいに押し付けて
正当化あるいは被害者ヅラして責任逃れしようなんて卑しい根性のロシア人は見たことがない。

だって、戦地を統率してるのは、軍司令官の責任に決まってるから。


22. 2015年5月08日 08:32:00 : z21ZXlbTkk
先ずは18さんご指摘のそこから始めてみようよ人間なら。
その上で、21さんのご指摘の通り、冷静な目で己をロシア含め、
世界という鏡に映して今一度確認してみたら如何か。

世界がこの島国で完結するなんてことがあり得ないのは、
火を見るよりも明らかだろう。


23. 2015年5月08日 08:45:43 : z21ZXlbTkk
いや、もしも最終的な列島内完結の可能性がこの国の秘められた
歴史の内にあったとしても
それは。。

世界史人類史に対する十二分の見識や感性をフルに使える日本出自の英知が、
つまり見識をグローバルに一巡できるまでのシードの発芽が起こり得ることを
想定し。
世界に侵透するその時を置いて他ないということかな。

和紙は、「火」を観る能力については、長けてる方かもね。


24. 2015年5月08日 15:03:05 : LhvYHPMQvw
>>18
レスどうも。

>問われているのは日本が犯した戦争犯罪に 「向き合うか否か」 と言う事で、
>すぐに他国の事例を持ちだすのは子供のダダ捏ねと一緒で
>「あいつらが泥棒したのだから 俺たちが泥棒しても良いじゃないか」
>と言ってるのと同じです。

よく耳にする論ですが、私は、これは最悪の論だと思います。
その理由は、いかなる国も最悪に仕立てて反証不能にしてるからです。
考えてみてください。
誰だって悪い面はあるでしょう。
あなたが完全無欠の善人でも、国となれば完全無欠はあり得ないでしょう。
で、私が、その一部の悪い面を指して、
「これは悪いか否か?悪いなら貴国は巨額の賠償をした上で延々と反省しろ」
と主張します。
それがたとえ軽い物損事故でもかまいません。
何兆円と賠償させて延々と反省させます。
あなたは当然、
「そんなの非常識だ、前例がない!」
と言うでしょうが、私は
「問われているのは国が犯した過失に向き合うか否かと言う事で、
 すぐに他国の事例を持ちだすのは子供のダダ捏ねと一緒」
と言うだけです。これが正論なら、非常識論も他国の例も無効です。
また、別の反論として、あなたは「法に基づかない要求だ」と言うかもしれませんが、
それが従軍違反婦問題において通用しないのは言うまでないでしょう。
韓国の要求は国際法に基づくものですか?

むしろ、法の下の平等を言ってるのは私の方で、他国でも共通に適用される法に基づくなら、
その法によって公平に対応するのは当然であると主張してます。
ただ、問題は明確な法があるわけでなく、常識とか価値観という曖昧なものであるこですが、
対応は基本的に同じです。
常識や価値観に基づくバランス感覚で公平対応すべきです。
それを妙な善意を振りかざして、過大に謝罪したりするのは適切ではありません。
「ごね得」
という悪しき慣例を作ります。

>問われているのは日本が犯した戦争犯罪に 「向き合うか否か」 と言う事で、
>すぐに他国の事例を持ちだすのは子供のダダ捏ねと一緒で
>「あいつらが泥棒したのだから 俺たちが泥棒しても良いじゃないか」
>と言ってるのと同じです。

というのは、ガッコウの先生が言いそうなことで、もっともらしい主張ですが、
少なくとも二重に間違ってます。
まず、他者に罰や非難を行う場合、公平であることが絶対的な原則です。
特定の個人のみを強く罰するのは不当です。
生徒にそれで文句を言われたなら、はっきりと、
「私は公平の処罰してる」と言うべきで、それでも生徒が不満を言うなら
「もちろん、私は全能ではないので全ての事例は把握できない。私が見落とした悪い子もいるだろう。しかし、それは私以外の誰でも同じ事であり、完璧じゃないとダメだというなら、取り締まりを不可能にさせます。だから、残念ながら見落としの存在は必要悪と思って諦めなさい。ただ、重要なのは、できる限り公平に取り締まるということです。意図性がないなら、不平は必要悪です」
と説得すべきで、生徒の大切な正義感を「ダダ捏ねと一緒で」などと茶化すべきではありません。
そもそも不平等の指摘は「駄々捏ねと一緒で」はありません。
これは法治の仕組みをきちんと説明できない無能教師の言い訳です。
次に、これと同じこととして
>「あいつらが泥棒したのだから 俺たちが泥棒しても良いじゃないか」
>と言ってるのと同じです。
としてますが、これは完全に飛躍ですね。
平等に罰しろと言ってるわけで、泥棒が良いなどとも言ってないし、
平等に罰しなくていいなんて言ってるわけではありません。
「A君もやってる」という生徒の不満にきちんと答えられず、
「A君はやってない」とも「A君も罰する」とも答えれなず焦ってしまった無能教師の言い訳でしょう。
「私は私の取り締まりで判明した罪のみを罰し、原則的に『告げ口』で直ちに罰することはしない」
とちゃんと説明すべきです。
そういう教育をしないと、政府をきちんと批判できないダメな国民が増えてきます。
それゆえ、私はこれが最悪の論だとして長文で反論しました。
「いかなる国も最悪に仕立てて」という語呂合わせではなく、本当に最悪だと思います。
政府の意図的な取り締まりや不平等な施策に対して批判する者を「子供のダダ捏ねと一緒」
などと言うのは最悪の論です。


25. 2015年5月08日 17:56:07 : w3M1BHSquE
>>24
貴方それは、「平等に罰する事が出来ないのなら 罰を受ける謂れは無い」
と言っている等しい事 それを言い出したら どんな罰則も逃れられてしまいます
「公平でなければ罰してはいけない」 たとえ殺人を犯した人間でも 運良く捕まっていない人間は
必ずいる訳ですから 公平に罰しているとは言い難いのです

例えば交通違反の取り締まりで、それを言って 許してもらえた例が有りましたか?
スピード違反や一時停止違反しているヤツなんて そこいらじゅうにおります
それら全てを厳正に取り締まるなんて無理な話ですし 「前を走っていた奴だってスピード出してたぞ」
こうやってゴネたって、切符切られるのを許してもらえる訳は有りません
「前の人は前の人 あんたはあんた」 そう言われて終わりです

国家の犯罪だって同様です、世界の歴史は、「侵略と戦争犯罪の歴史」 と言っても過言では無い訳で
「平等に罰する」 なんて、交通違反と同じ位 いやそれ以上に無理な話です
過去に侵略や戦争犯罪を 絶対にやっていない国なんて 先進諸国の中には まず存在しないでしょう

例えば批判を展開したのが フランス人なら イギリス人なら スペイン人なら アメリカ人なら
必ず彼らに言い返すだけの 過去の戦争犯罪は 枚挙に暇はないはずです

しかし、そんな反論をマトモに受けてたら キリが有りませんよね どんな犯罪だって言い逃れできます

そして、慰安婦なんて(こういう言い方は語弊が有るかもしれませんが)
戦争犯罪としては 大した犯罪ではない事で、そんなに酷く言われる程の重大な戦争犯罪とは違います
むしろ戦争犯罪としてではなく、“女性の人権”という意味での 反感を買っている訳で微妙なのです
これにムキになって反論するのは返って みっともないのです

ただし、賠償するかしないか と言う話になったなら 話は違います それは拒否して当然です
外国に対する戦争犯罪は既に裁かれており、よっぽどの新事実が出て来ない限りは “済んだ話”です
みっともない反論はすべきでない と、言っているだけで 賠償せよと言ってる訳では無いのです

貴方が言いたいのは、「罪なき者 まず石を持て」 と言う事なのでしょうが
それを言えるのは【被害者あるいは第三者】の 立場の者だけであり 
【加害者の立場である】我々日本人が言える言葉では無いと思います。


26. 2015年5月08日 18:15:52 : IJjjrLkBu1
  安倍首相は対外的な演説では慰安婦問題については「人身売買」のカテゴリーに入れている。人身売買では全く様相が違うのではないか。
   例えば企業内において、自分の地位を利用して部下にセックスの強要をしたことをして上司が、「互いの合意であり、フィフティフィフティである」と強弁することは許されず、被害者の側が強制を感じた、と申し立てればセクシャルハラスメントという犯罪容疑が成立する。それと同じだ。
   人身売買という、売る側がいて買う側がいる、しかしながら、女性の性の売買であるからそれは許し難い、などと論点を逸らし、かつまた居直りとも言うべき態度を示しているのが安倍首相の対外的スタンスである。
   これは看過出来ないことだろう。というのは、こうした権力側による様々な行為の強要は、女性の問題に限らず、根本的に「個の尊厳の尊重」という近代民主主義の基本理念から大きく外れているからだ。
   例えば、姉歯事件や免震ゴム事件にも見られるように、行政の認可事務に関して多くの不正が発覚している。本来認可される筈の無い申請が認可されているのだ。こうした事務処理に関わる末端公務員も多いことだろうが、戦後70年も経ているのに、未だに部内の職務命令は絶対であり、部下による異論反論を受け付けない構造である。行政機関が一つの宇宙であり、主権者を留守に、冷遇から厚遇まで、そこで全てが完結するような世界である。
  そこで「この書類は問題が有り通せません」と部下が言えば、当然ながら、行政幹部は「職務命令だ」として強行するだろう。つまり、不服従には部内処分や冷遇が待っているのである。
   さて、世間ではこれを強制と呼ぶのであるが、彼ら行政機構の言い分は、「我々は部下に充分説明をしたが聞き入れないから処分したが、これは強制では無い。従うか否かの最終的な判断は部下がしたものだから」と言い放つのである。
  こうした行政機構の論理を見れば、当然ながら、70年前にも、銃剣を突き付けながら「最終的に身体を差し出したのは女の方だ」という居直り強盗の論理を展開していることは明らかであろう。
   折も折、自民党は憲法を一部改正しようというが、その骨子は、個人の尊厳の尊重理念の破棄であり、権威や権力を持つ者の居直り強盗が許される社会への転換である。個人の「嫌だ」という選択肢を国家権力が認めない事態が70年前に有った、そして今日、再び憲法をその方向へ変えよう、という自民党の目論見は世界が許さない、という強烈なメッセージでもあろう。
  

27. 2015年5月08日 23:28:40 : DXuaQPZzuQ
ここでの皆さんのコメントは主に歴史学者187人の「声明内容」に関するものと思われますが、内容以前に「歴史学者187人が声明を発したこと自体」に着目したら、どのように考えたらよいのでしょうか。かなり”ヤバい”ということではないでしょうか。

28. 2015年5月09日 01:44:27 : F6wJ83DJQw
>>27
西洋人はやはり中国、日本、韓国などを子供として軽蔑、説教の対象と見なしているという感じ?
(実際は中日韓ともその期待に十分応えたアホとか売国奴で構成されているんだけど)

29. 2015年5月16日 14:13:35 : QXR6gCGkOY
 zakzak
【目覚めよ日本】「慰安婦問題」韓・米・国連軍も糾弾されなければ筋が通らない (1/2ページ)

2015.03.30
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150330/dms1503301130001-n1.htm


(画像)空襲で焼け野原になった東京(神田上空から浜町、深川方面を望む)【拡大】

★(6)

 朝鮮戦争の休戦(1953年)後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で、米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が昨年6月、「米軍慰安婦」(ヤンコンジュ)として韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害されたなどとして、1人当たり1000万ウォン(約108万円)の国家賠償を求める集団訴訟を起こした。

 基地村は、旧日本軍の慰安婦制度と酷似していた。韓国国会では、朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の決裁署名入りの文書記録をもとに、野党議員が追及したこともある。彼女たちが国を訴えたのは、韓国政府や社会から虐げられてきたからだ。

 私は、仁川(インチョン)にあった米軍人と韓国女性との間に生まれた子供たちの施設を取材したことがある。慰安婦や子供たちは外を歩けば石を投げられ、汚い言葉を浴びせられていた。


● 慰安婦問題を糾弾するなら、日本だけがやり玉に挙げられるのは、公平ではない。韓国や米国、そして朝鮮戦争を戦った連合国軍(国連軍)も糾弾されなければ、筋が通らない。

● いわゆる「南京大虐殺」もそうだ。

● そもそも、日本人は都市をまるごと大虐殺などしたりしない。戦国時代に最も冷酷だった織田信長でさえ、城を攻める時に、期限を区切って女、子供を解放するよう勧告していた。大虐殺をするのは、他ならぬ中国であり、米国であり、西洋列強だった。

● 大戦時、中国共産党軍(八路軍)を率いた毛沢東は「日本軍は包囲はするが、殲滅(せんめつ)はしない」と、日本軍の弱みを指摘した。毛沢東は、文化大革命では6000万人余の自国民を粛清したとされる。

 米国も負けていない。

_______

【目覚めよ日本】「慰安婦問題」韓・米・国連軍も糾弾されなければ筋が通らない (2/2ページ)

2015.03.30
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150330/dms1503301130001-n2.htm


(画像)空襲で焼け野原になった東京(神田上空から浜町、深川方面を望む)【拡大】

 3月10日はもともと、日露戦争で、日本陸軍が奉天会戦で勝利した陸軍記念日だったが、米国はその日を狙って東京大空襲を行った。木と紙でできた日本の家屋をどうすれば効果的に襲撃できるか、実験を重ね、焼夷(しょうい)弾を開発した。

● B29の空襲は、まず東京の下町を四角く爆撃し、巨大な火炎の壁で包囲して、人々を逃げられないように閉じ込め、それからその中を焼き尽くした。
●10万人以上を数時間で焼き殺した大虐殺は、世界史の記録となっている。

● いわゆる「南京大虐殺」を捏造したのは、蒋介石率いる中華民国だったが、東京裁判で連合国側が大きくそれを取り上げたのには裏がある。
●東京大空襲をはじめ、日本全国100以上の都市を無差別で空爆し、広島と長崎に原爆を投下して、都市ごと市民大虐殺を行った自らの罪を、覆い隠すために米国が仕掛けた洗脳工作だ。

● 未開の野蛮の獣人を、白人(キリスト教)文明の人間が、愛と民主主義をもたらすために、実行した正義という傲慢極まる理屈である。
●この500年の世界の歴史は、そうした白人が有色人種を殲滅する歴史だった。 =おわり

 ■ヘンリー・S・ストークス 1938年、英国生まれ。61年、オックスフォード大学修士課程修了後、62年に英紙『フィナンシャル・タイムズ』入社。64年、東京支局初代支局長に着任する。以後、英紙『タイムズ』や、米紙『ニューヨーク・タイムズ』の東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人記者として知られる。著書に『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)、共著に『目覚めよ! 日本』(日新報道)など。



30. 2015年6月25日 02:17:21 : BuWK5f9k4s

知らされなかった日本

2008年6月29日 (日)
http://daikichi1966.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_0a72.html全文拝借

林教授の新発見−旧海軍の意図は?


共同通信の以下の記事をご紹介します。
敗戦後、慰安婦を看護婦に 旧軍の命令、文書で初確認

 第2次大戦での日本の敗戦直後、旧海軍が日本人慰安婦を、軍病院の補助的な看護婦として雇用するよう命じた通達が19日までに、連合国側が暗号解読して作成した英公文書で判明した。研究者らは、慰安婦が看護婦に雇用された際の身分が軍属だった可能性が高いとみている。敗戦時に軍属雇用するという配慮から、軍が戦中に慰安婦管理に事実上深くかかわっていたとする見方を補強する貴重な史料としている。

 従軍慰安婦問題では、政府の謝罪や補償の根拠となる当局の関与の度合いが問題となっており、今後の議論に影響を与えそうだ。「看護婦」とすることで、当局が慰安婦の存在を連合国側から隠ぺいしようとした可能性も指摘されている。

 慰安婦を看護婦としたことは元兵士らの証言や、オーストラリア人ジャーナリストの著書の中で出典不明で紹介されたことがあったが、その命令が原文に近い形で確認されたのは初めてとみられる。関東学院大の林博史教授(現代史)が英国立公文書館で発見した。(共同)2008/06/19 18:21 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061901000625.html

●戦争中違法でも何でもなかった慰安所についてこれ以上突っ込んで何になるのか知りたい所ですがこの問題を放置していてもいいとは思えません。
●そもそも旧軍に冤罪の可能性がある事を考えると、全文を公開しないままで印象操作的に悪者扱いをまず行うなどは研究者としてとんでもない事なのですが、この教授にはそんな正論は通じますまい。
●現状できることというのは実はあまりないのですが林教授は年内に「既刊戦争責任研究」において全文を紹介すると言っておられますのでそれを待つ事にいたします。


●慰安婦問題の権威、吉見教授の著書を細かく分析していくとトリミングや曲解が非常に多くて暗澹とした気分になったものですがこの林教授の研究もそういったものだと思っています。


●今回はこの話についての「るーた」さんのご意見を書き記させていただきます。

「るーた」さんは私がmixiで知り合った方でして、関西で福祉の仕事に携わっておられます。
ご職業がらお年寄りの貴重な表現を聞かれる事が多く、るーたさんご自身はお若いのですが語り部のように話を聞かせてもらっています。

ああ、この話し前元従軍看護婦から聞きましたよ。
慰安所退職後の職業訓練の一環で、色々と仕事を教えてたらしいです。
けど、慰安所の仕事は給料が高いので、世間の仕事をするのがバカらしくなるらしくて、

多数の慰安婦は、なかなか看護婦のいうことなんて 聞かなかったらしいですけどね。。。

●俗にいう看護婦見習いですよ。。。
看護婦について仕事をするんです。
●当然、文盲者には文字を教えるところから入ったそうです。
記録が出来なきゃ、外の世界へ出た時に雇ってももらえませんからね。。。
しかし慰安婦というのは、非番には買い物へ出かけたり、兵隊と歌を歌ったりして遊んだりとかなりの自由があったらしいので、なかなか自主的に参加したいという人はいなかったようですね。。。
看護婦という仕事は、当時はよりハードで重労働ですからね。。。
●しかし、慰安婦だったというより看護婦だったというほうが、帰った後のことを考えると良いわけで、そう言って参加を促していたという話を聞きますよ。。。
●朝鮮人や支那人に「自分の今後の人生や親兄弟や親戚のことも考えなさい」と言っても「帰ったらまた、親は私を他へ売り飛ばすに決まってる」 「もう故郷には帰りたくない。このまま死んだほうがマシ」と言っていたとか。。。

●その癖、親に手紙とお金を送っていたようで「その矛盾した行動が全く理解できなかった」と聞きましたね。

●もちろんこの証言は又聞きですし、検証も全くしていません。
まあしかし、徳川侍従長の発言メモの時の日経の報道を見ていますと、大新聞社でさえも裏を取った報道をせずに許されるようですから市井の個人が同じ事やっても差し支えありますまい(笑)。

みなさんはこの証言を聞かれてどう思われたでしょうか?
●私はこの報道を聞いたとき最初に思ったのは
「ああ、恩給が出るように計ってやったのだな」という事でした。
そしてるーたさんの発言を読ませてもらって「なるほど、終戦後も身が成り立つように便宜を計ったのだな」とも思いました。
●林教授はこれを「連合軍から問題を隠そうとしたのだ」などと頓珍漢な解釈をしておられますが、違法でも何でもなかった慰安所の存在をなぜ隠さなければならないのか(笑)。

●リベラルの方は清廉潔白の方が多いのか、この問題について「日本軍は悪の軍隊だったのだ」という資料を一生懸命探してこられます。
●ある意味当たり前の事です。誰しも目を背けたい男性のどうしようもない本能の問題に向き合った軍隊が旧日本軍だったのですから。
●汚れ仕事に手を染めた旧日本軍の指導部があったからこそ今中国には混血児の存在がほとんど確認できないのではないのですか?
目を背ける事は簡単でした。
旧ソ連軍のように暴行掠奪を黙認しておけばよかったのです。
監督不行届の誹りは免れませんが、そうすれば通常の戦争犯罪という問題にしかなりません。

●しかし日本軍はそれをしなかった。
性病、防諜、強姦防止の三点を解決するために敢えて汚れた仕事に手を染めたのが上海派遣軍の岡部、岡村両参謀だったのです。
●リベラルの方たちはこの画期的な発案に対して全く評価をしないどころか不備な所を見つけては大喜びしておられます。
●そんな人にいつも自分は「貴方が上海派遣軍の司令官だったらこの【防諜、性病、強姦】という、進駐につきまとう問題をどう解決できるのですか?」と尋ねます。
おおむね茶化した返答が帰ってきますが中には真面目に「撤退しかない」と答えをもらうこともあります。
性病を、強姦を予防できないから勝ってる戦争を退却しようなんて軍隊がどこの世界にいるものですか。

最後はるーたさんのこんな言葉で終わります。この問題の本質は新聞などでは得られません。目を背けたい問題の本質はひそやかに現れます。

●一つ気をつけなければいけないのは、この娼婦たちは、生活苦から保護者に売り飛ばされてやって来ていたわけです。。。
●儒教価値観から親や親戚等に対して向けられない怒りのやり場を、日本や日本軍という今の誰もが忌む存在へ向けるしかない。。。
ということも考慮に入れるとより現実的かと思います。
●そうでなくても、彼女たちは日本軍の協力者とされて、親兄弟・親戚・友人にまで、侮蔑されて苦しい時代を細々と生きてきたのですから。。。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ