★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 482.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の右傾化 左翼が夢物語ばかり掲げたからとウォルフレン氏(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/482.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 07 日 18:51:06: igsppGRN/E9PQ
 

               「日本の右傾化」について語るウォルフレン氏


日本の右傾化 左翼が夢物語ばかり掲げたからとウォルフレン氏
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150507-00000010-pseven-soci
週刊ポスト2015年5月8・15日号


 ジャーナリストでアムステルダム大学名誉教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、30年以上にわたって日本政治を研究し『人間を幸福にしない日本というシステム』をはじめ数多くの話題作を発表してきた。「真の独立国」になれないまま戦後70年を歩んできた日本には何が必要なのか、ウォルフレン氏が語った。

 * * *
(私は)京都精華大学人文学部専任教員の白井聡氏との共著で『偽りの戦後日本』(KADOKAWA刊)を出版した。白井氏は『永続敗戦論』(太田出版刊)で注目された新進気鋭の学者であり、戦後の歪んだ日米関係をわかりやすく表現できる優れた有識者だ。

 白井氏は「日本の右傾化」について強い危惧を示していたが、私はそれを許した左翼の罪が大きいと考えている。戦後日本では左翼が理想論ばかり唱えて現実的な対案を出せなかった。作家の大江健三郎氏や社会党の党首を務めた土井たか子氏が象徴的な存在だろう。ひたすら平和を唱え、国民に対して「戦争はダメだ」「軍隊を持ってはいけない」というだけで、議論を深めようとしなかった。

 左翼は「憲法を守ってきた」と自負しているが、大きな間違いだ。憲法9条が「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と規定しているにもかかわらず世界で最も高価な軍隊の一つである自衛隊の存在に目をつぶってきた。日本に軍隊はない、と主張したところで海外には全く説得力がない。自衛隊違憲論にしても理想論を掲げただけで、社会党は本気で政権交代を起こそうともしなかった。

 少しでも軍事力を持てば日本が戦争に突き進むという考えは、日本を一人前の国家と認めていないに等しい。その点において、日本の左翼はアメリカにとっても都合の良い存在だった。憲法は、アメリカが日本を従わせるのに都合が良いものとして作られたのだから。

 左翼が夢物語ばかり掲げてきた結果として生まれたのが、右派に支えられた安倍政権である。改憲の主導権を右翼に握らせてしまった罪は大きい。

 私は日本の憲法は現実に即したかたちに改正すべきだと考えている。たとえば9条は「日本は主権国家として、他国と同様に交戦権を有する。しかし、過去の歴史の反省に立ち、自らの領土が脅かされた場合を除き、武力に訴える行為は取らない」と明記すればいい。それだけで平和憲法として世界に誇れるものになる。

 思考停止した左翼の護憲でもなく、歴史を真剣に学ばない安倍氏の掲げる改憲でもない別の道がある。実現するには日本人自身が声をあげなければならない。それが「真の独立国」への道となる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月07日 19:03:57 : b5JdkWvGxs
そもそも日本人は何が左翼で何が右翼か理解できてないからな。

小沢みたいな極右を左翼だと勘違いしてるアホも沢山いるし


02. 2015年5月07日 19:16:21 : KzvqvqZdMU
安倍を極右と言う馬鹿もいる。


[32削除理由]:削除人:アラシ
03. 2015年5月07日 19:40:45 : Lb3miA1JcM
現行憲法でさえ守る気がないのだろう?
いくら条文をいじって変えたとしてもその条文を守れるのか(笑)
緩めれば結局さらに突っ走ることになると思うがな。

それなら十分ブレーキをかけておく方が安全だな。

日本での左翼とか右翼てのがよくわからんがとどのつまりは
右翼左翼の物語ではなくアメリカの現実が問題なんだろう。
そこを外してしまってはなんだかね〜。


04. 2015年5月07日 20:09:06 : yUDqv3T4uU
極右というのはバカのことだ。権力の犬、だから中国では共産党の手先が右翼、改革派を左翼。つまり天安門で戦ったのが左翼で鎮圧したのは右翼だ。そして2.26事件の反乱派は左翼にあたる。あれが極左だ。

ウォルフレンの見立ては謬りだ。もっともこれは彼が何かの手先としての誤用文化人でなければ、の話だが。現実には右翼が喜びそうなことは何一つとして起きておらず、逆に左翼の言い分を裏書きするようなことばかり起きている。

つまり例によって欧米が各国で虐殺と侵略と略奪を続けているだけでな。
リビアの件などはあまりにもひどかった。

そのうえアホが二人斬首獄門になったくらいでショックを受け、右傾化の役に立つと思うような連中は日本人の首狩族としての歴史を知らぬ奴だから日本人ではあるまい。こんな出来の悪い作り話が通ると思うのか?


05. 2015年5月07日 20:22:32 : YxpFguEt7k
「社会党は本気で政権交代を起こそうともしなかった。」

自社さ政権を知らない?
村山総理を知らない?


06. 2015年5月07日 21:31:52 : mf9cNglPms
永遠に政権を取らないことを前提に非現実的なことを唱えていた旧社会党。
候補者全員が当選しても過半数に達しない候補者しか常に擁立しなかった。
つまり現状を認めておいて冷戦中、アメポチ日本はソ連圏にもいい顔ができた。
実際には裏、国体で談合し内政では社会党の言い分も若干取り入れて落としどころを探りそこへ落とすのが日本の政治のやり方だった。
実にうまくできた制度だった。実際に7党連立で自民党政権は一時政権の座から落ちたが、その立役者小沢から離れ、本性を表して自民党が政権復帰をするのに手を貸したのが旧社会党。唱えていた外交政策などすべてかなぐり捨てた。

今もなお、政権を決して取らないことを前提に正しい政策を掲げる唯一の党、日本共産党は全選挙区に候補者を立てる。

これでは実際の政権交代は起こらない。その前に検察、裁判所、マスゴミが総がかりでつぶす。これが日本。ある意味最高の制度、最低の民主主義。


07. 2015年5月07日 21:32:21 : fDG1cWsHyw
>>01

小沢が極右?

岩手県民以外がどうなろうと知ったことではないって考えの利権屋

の間違いでしょ?

>そもそも日本人は何が左翼で何が右翼か理解できてないからな。

当たり前
理解させないように在日コリアンや帰化ガイジンが不自然な日本語で騒いで日本社会を混乱させてきたんだからな。

その罪は罰せられるべきだ。


08. 手紙 2015年5月07日 22:38:06 : ycTIENrc3gkSo : UWlanYXlYQ

左翼は左翼であり続けなければならない。

狭い盤の上で領土を取り合うようなことをしているから誰も報われない。

時代が変わり政治状況が変遷しても、労働運動一本で実績を積み上げろ。

左翼が中途半端をしている内に、若年層の過労死が増え絶望が蔓延する。

労働運動は左翼の本懐やないか。つまりそれは左翼の義務と責任。

社会の上部構造に迎合し、ポピュリズムにひた走り、算数ばっかりしている。

そのような、ふニャふニャ左翼が世界のどこにある?

こころを失って真実の見えない左翼に未来はない。



09. 2015年5月08日 00:50:39 : LBtbDXFoS6
右翼、左翼にかかわらず、まあ(対等にではなくても)アメリカに物が言えるかどうかということだな。
それに尽きる。

10. 2015年5月08日 07:07:30 : RRHB3K9wS6
 戦前の反省から、知性を大切にしてきた戦後日本の文化界(?)に対して劣等感を懐き鬱屈してきた層が暴力的言論(非論理・非倫理・誹謗・中傷などなど)が許される状況になってきた(政治家の劣化・特に安倍政権の粗雑・乱暴な言論などが典型例であると思います)ことに気が付き、自分たち(反知性主義と言うようです)の主張を始めた・・・と言う風に考えています。また、マスコミも加担(否定し無い事も含む)しているようだし、発言の場が少なかった彼らがネットで自由に発言できるようになったことも大きな要因だと思います。

 左翼が理想論・夢物語ばかり語ったからだという主張は賛同できません。

 戦前に猛威を振るった暗い情念が潜伏していた状態から単に表面に現れただけということでしょう。(自分の能力の限界から、厳密に論証出来なくて申し訳ありません)


11. 2015年5月08日 09:09:02 : OHdkCiO8Z6
 
>左翼が夢物語ばかり掲げてきた結果として生まれたのが、右派に支えられた安倍政権である。改憲の主導権を右翼に握らせてしまった罪は大きい。
 
 
 ずっと小沢一郎の擁護(ようご)をしてきたウォルフレンだが、ついに本性(ほんしょう)を現したな。
 
 ウォルフレンは、小沢一郎と同類の屑(クズ)だ。

 ウォルフレンは、日本の左翼にシンパシーを寄せるフリをしながら、本当の狙い(ねらい)は日本の左翼の主張を潰す事だったということ。
 
 まさに小沢一郎と同じ。
  
 


12. xyzxyz 2015年5月08日 10:22:44 : hVWJEmY6Wpyl6 : C5JyjuZzlY
>>10

>戦前の反省から、知性を大切にしてきた戦後日本の文化界(?)に対して劣等感を懐き鬱屈してきた層が暴力的言論(非論理・非倫理・誹謗・中傷などなど)が許される状況になってきた

ところが戦後の日本では、サヨクが一番暴力的なんだよねえ。
合法、非合法、どちらを比べても戦後サヨクの暴力性と比べたら保守、右翼なんて
子どものママゴトみたいなもの。平和、人権を声高に叫ぶ集団がこれなんだから
一般市民、国民が緩慢に「サヨクは危ない。」「サヨクは恐い。」と気付いてしまった。

一昔前なら言論弾圧=サヨクのお家芸みたいなもので、保守、右翼の言論は徹底的に
破壊、粉砕出来てたけど、インターネットが出来てからは自由に発言出来る場が
確保されて、若者から一斉にサヨクを見限り始めたのが大きいね。


13. 2015年5月08日 12:55:40 : cb0uFpkCxA
日本は近代化してからせいぜい150年弱くらいしか経っていないから英国のようにしっかりとした労働組合もないしそもそも産業革命の進展に従って資本家階級に対して労働者階級が力を付けて政治力を担い始めたというような歴史もない。あるのは士農工商という階級社会の名残とトップ階級と皇族・貴族・公家を巻き込んだクーデターによるレジームチェンジだけ。これでは政権交代が起きても違った政治を行うことは難しい。

14. 2015年5月08日 13:29:27 : RRHB3K9wS6
>>12

 いよお、お出ましですなあ、おじゃま一郎さん!

 ご苦労なこった。


15. 2015年5月08日 15:26:47 : IJjjrLkBu1
これ、訳が本当に正しいのか?
  これまでの氏の著書と内容的にかなり違うように感じるな。大体、左翼、右翼などとカテゴリー分けし、バイアスを掛けない冷静な分析が彼の信条では無かったか。これでは、自民党が野党を揶揄するのと全く変わらない。どうも怪しい。
  

16. 2015年5月08日 15:28:12 : f3wtFz9qJY
右翼もくだらん夢ばかり見てるけどね

17. shige 2015年5月08日 18:30:23 : jWD4XLQfLRLiM : w9lCcGRyC2
「少しでも軍事力を持つと日本が戦争に突き進むという考えは、日本を一人前の国家と認めていないこと。」(としかアメリカや世界は日本人を見ていない)

「憲法は、アメリカが日本を従わせるのに都合が良いものとして作られた。」

「思考停止した左翼の護憲」思想。


今回のウォルフレンは苛立っているのか、文章をきついモノにしているがメディアに登場する日本の言論人(左翼、右翼を問わず)からは聞くことのできない論旨だ。日本の言論人はつらくともこれくらいの自己客観視(自虐ではない)をせねばならない時期にきてしまった。


18. 2015年5月08日 19:39:01 : PHkuSka9vI
見た目良し 詐欺師と知らず 惚れた過去

19. 晴れ間 2015年5月09日 00:31:55 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
基本的に、ウォルフレン氏の見解に賛成します。

左翼を自称している人たちが、憲法九条死守のスローガンにしがみついている限り、日本は対米従属、植民地状態から脱することはできません。
国防や改憲を、右翼や極右の独占物にしてはならないのです。主権は誰にあるのですか?

右翼と左翼の違いは、明白です。
社会格差や身分制、人間の不平等を肯定する人が右翼。それに反対して、より平等主義的な社会を志向する人が左翼です。
この点は明確に認識する必要があります。

従って、天皇制や、(自民党の)世襲政治家による政治に疑問を抱かない人は、左翼ではないばかりでなく、およそ民主主義というものを理解していません。

対米従属と、憲法九条と、天皇制は、三位一体。不可分なのです。
憲法九条は、米国への国防依存を前提とする条項です。左翼が改憲を、右翼や極右に任せたままでは、日本は独立国にはなれません。
天皇制をタブー視し続けるかぎり、人間平等の精神は、日本に根付きません。
自民党の世襲政治家と官僚に政治を委ねたまままでは、国民は主権者にはなれません。

まずは、世襲政治を制度的に支えている、選挙での供託金制度をなくしましょう。


20. 一主婦 2015年5月09日 06:56:06 : rfKiZAFzfsBYA : 8lwcLsPSAE
私も、ウォルフレン氏のご意見に同意します。

ちょっと前まで私もバリバリの「護憲」主義でした。9条を持っていたから70年平和でいられたのだと確信してもいました。ですが、最近になって矢野宏治さんの本を読み、自国を守る為の自衛隊をちゃんと憲法で認めてアメリカに頼らない自衛をすべきと思うようになりました。そのためには9条2項を変えたほうが良いと思うようになりました。そうする事で、沖縄基地問題も解決に向かうと思いました。

アメリカからの真の独立を果たす為に、憲法に「外国の基地を国内に置かない」と明記する事も必要だと思います。ドイツもフィリピンもその様な内容を憲法に書き足し、真の独立を果たしたそうです。アメリカに頼りきっている限り、アメリカからの真の独立は果たせませんし、安倍の進めようとしているアメリカとの集団的自衛権による様な、世界中に自衛隊を派遣し、日本の若者の命と日本の軍費もアメリカに捧げる事になってしまうと思います。

私も左翼に属する考え方ですから、ウォルフレン氏のおっしゃる左翼としての責任があります。実際につい最近まで共産党支持者でした。長年現実と離れすぎたお花畑思想で生きてきてしまいましたので責任は大いにあります。憲法にしろ政治選択にしろ現実離れした夢思考ばかりでは現実に即していない考え方ですから、その積み重ねが今日の歪みとその結果生まれてしまった安倍政権なのだと自身の夢思考を反省しています。やはり現実に即して問題を考え解決するのが大切だと思います。

現在は小沢氏支持者でありますが、2009年以前は共産党や社会党の支持者でした。やはりその私の支持した二つの党はウォルフレン氏のおっしゃるように現実離れをした政策や夢思考の政策の党だったと思います。政治は生き物ですから、その時々の現実にあった政策や考えで政治を摂らなければ本当の国民の為の政治にはならないのだと改めて反省しました。

憲法の考え方でも「護憲」一辺倒ではアメリカとの従属から抜け出せず、沖縄の基地問題も独立国としての問題も解決できないのだと最近になって悟りました。共産党支持者だった過去もあり、共産党についての違和感も最近増しています。あの党はハッキリと左の党に属しますし、本当に現実離れした夢思考の党だったと思います。

マルクス主義や共産主義を掲げて、無政府主義を目指しているのだと最近知り驚きました。その理想は思想としてなら理解できますが、実現するには何十年、いいえ、何百年単位で時間が掛かると思うと疑問に思います。国境も無く国も政府も無くすものだそうです。でも、それって果たして実現可能なのでしょうか?それこそ夢物語に思えます。

今現在、苦しんでいる弱者を救うために野党連合を試み、頑張ろうとしている野党を横目に、あの独自性のあの党の夢思考は、かえって国民の害になっているように思えて仕方ありません。今苦しんでいる人々を差し置いていつ実現できるか分からない独自主義、そんな独自の夢思考で良いのでしょうか?奇麗な政策を掲げていても、政権を取りに行くでもなく野党協力もせずでは、苦しんでいる国民を見殺しにしているのと同じだと残念に思います。

現実の世界は自由経済、グローバル化した自由貿易の国が殆どですから、その世界の潮流に乗ってわが国も自由主義を摂っていますけれど、共産党は共産主義、共産主義経済を謳って独自路線を歩いています。世界中がその様な自由主義をとっている中で、日本共産党と言う小さな政党が、一国だけで果たしてその夢思考の実現は可能なのでしょうか?結局はその独自の思想と主義は、野党分断の結果になってしまっていると思います。万年自民党独裁の政治の手助けをしているようなものだと思います。

その上、選挙協力もなく、全国区に落選確実視される泡沫候補でも乱立させ、結局は野党共倒れの原因と結果を出しています。自民党独裁を早く終わらせ、国民の苦しみを救うために野党が纏まって二大政党制になる努力をしている時に、共産党のその独自性と夢思考は国民救済の足を引っ張り続けていると思います。その様な働きを長年してきたと言う事実もあって、左翼支持者だった過去の私も、ウォルフレン氏の左翼の責任と言う言葉に頷くばかりです。

こんな危機迫るこの国を思うなら、左翼もウォルフレン氏の この↓の苦言に耳を傾けるべき時だと思います。

>左翼が夢物語ばかり掲げてきた結果として生まれたのが、右派に支えられた安倍政権である。改憲の主導権を右翼に握らせてしまった罪は大きい。


21. 中川隆 2015年5月09日 08:17:23 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs
>その理想は思想としてなら理解できますが、実現するには何十年、いいえ、何百年単位で時間が掛かると思うと疑問に思います。国境も無く国も政府も無くすものだそうです。でも、それって果たして実現可能なのでしょうか?


このオバハン、時代錯誤なんだよね

TPPとかグローバリズムというのは国境も無く国も政府も無くすものだから、後10年で共産革命が起きる前提条件が満たされる時代になる

マスコミは1%対 99% とかいう表現で誤魔化しているけど、実際はマルクスが預言した階級社会がもうすぐ完成するという事さ

まあ、共産党や民青は似非左翼で小沢と同類だから本質がわからないんだろうな


22. 2015年5月09日 15:05:05 : lXGrF7OLvM
>21. 中川隆 b5JdkWvGxs

阿修羅名物のこいつは常に馬鹿丸出の恥知らずだから、人の批判する資格も権利もないはずだ。


[32削除理由]:削除人:言葉使い

23. 2015年5月09日 18:03:45 : lXGrF7OLvM
>>21. 中川隆 b5JdkWvGxs よ、お前が自重するべき問題だ。
怒り狂って他人のコメント削除するのは辞めろ。
悪いのはお前が垂れ流す間違った主張だ。
改めて訂正するか謝罪しろよ。
お前の主張のほとんどが間違ってるのだから、そもそも人をアホ呼ばわり資格などがない。
愚弄されても目覚めないお前が悪い。

お前みたいな精神異常者と変わらない奴が嘘ついて平然とするから阿修羅だけでなく世の中が荒れるんだ。


24. 2015年5月09日 21:30:17 : IJjjrLkBu1
  他国と同様に軍隊を持っても、交戦しないという意思を示せば良い、というのが彼の持論となるのだろう。自民党政権の建前論と同様である。
   確かに、何処の国で有ってもやたらに交戦権を振りかざすことはしておらず、必要な際に軍隊を出す、というのが不文律だろう。
   しかしながら、ここが問題であるが、戦前の日本も恐らくそのような構えでいた事は間違い無いが、結局のところ、先制攻撃の誘惑には勝てなかったのである。先制攻撃の誘惑に負けてしまうような統制の仕方であっては、やはり現行憲法を維持するのが妥当である。
   なぜなら、日本は戦後の急速な経済復興のために、とるものも取りあえず、政財官が護送船団を組み、兎に角優秀な官僚を育て、彼らが予算を握り、適宜支出を采配し、企業には天下りとしてポストを得、企業活動をも官僚主導で行うのが最適、という結論に至ったのである。
   その結果、確かに世界第二位の経済大国の地位は得たものの、政治から予算まで、全てを官僚に任せ、政財はそれをサポートすべく、擁護して来た。だが、最高責任者は主権国家であるところから、主権者国民に転嫁されるのである。
   これにより、どのような政治、財政支出、企業活動を行っても、最後は国(主権者)責任であることで、彼ら統治機構は全くと言って良いほど、結果責任の重さを体感することは無いのである。それが戦時に有れば急に責任を自覚するとは、全く想定出来ないのである。
   こうした政財官のもたれ合い、無責任体質が、今日の財政難を生みだし、次なる目標としての土建体質から軍事体質への転換を企図させている。
   これをして野党の責任と言い切るのは如何なものか。事態はもっと複雑怪奇であろう。何しろ、ウォルフレン氏は「統治エリートには説明責任の自覚が無い」と口癖のように説いて来たのであるが、これが曲解され、「国民の皆様に充分理解していただくよう、丁寧にご説明します」を繰り返せば良い、と彼らは思っている。「理解出来ない国民」というのを彼らは想定していない。力によってねじ伏せて理解させる、という手法を採る。
  ウォルフレン氏はそこまでの奇怪な日本の官僚主義を知らなかったのか。彼が今更に左翼を揶揄するならば、同様に、彼の著書では官僚主義とそれに寄生する右翼なるものを追い込めなかった、ということにならないか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ