★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
防衛相と沖縄知事と初会談!会場前では県民らが猛抗議も!防衛相「辺野古移設が唯一」翁長知事「防衛相は高飛車」
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 09 日 21:15:05: igsppGRN/E9PQ
 

防衛相と沖縄知事と初会談!会場前では県民らが猛抗議も!防衛相「辺野古移設が唯一」翁長知事「防衛相は高飛車」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6431.html
2015.05.09 21:00 真実を探すブログ



5月9日午前に中谷元・防衛相が初めて沖縄県庁で翁長知事と会談しました。中谷氏の沖縄訪問は防衛相に就任してから初です。


中谷氏は翁長知事に対して、「名護市辺野古への移設は唯一の解決策」と安倍政権の方針を強調するも、翁長知事は「辺野古が唯一の解決策だと日米が固執すると日米安保体制に大きな禍根を残す。辺野古に基地建設は不可能だ」と反発。その後もやり取りは平行線状態が続き、特に大きな進展はありませんでした。


会談後に翁長知事は「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と感想を述べています。
会談が行われた沖縄県庁前では辺野古基地建設に反対している住民らが集まって、「帰れ!」「基地建設反対!」等と防衛相に抗議活動をしていました。


↓会談の様子。抗議運動も。







☆沖縄知事「防衛相は高飛車」 辺野古移設要請を拒否
URL http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015050901001029.html
引用:
 中谷元・防衛相と沖縄県の翁長雄志知事は9日午前、県庁で会談した。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題に関する中谷氏のこれまでの言動に関し「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と不信感をあらわにした。中谷氏が移設に理解を求めたのに対し「名護市辺野古への基地建設は不可能だ。絶対に反対していく」と拒否した。
:引用終了


☆防衛相、沖縄知事と会談 辺野古移設が「唯一の解決策」
URL http://www.asahi.com/articles/ASH593DGBH59UTFK001.html
引用:
中谷元・防衛相は9日午前、沖縄県庁で翁長雄志(おながたけし)知事と会談した。中谷氏の沖縄訪問は防衛相就任後初めて。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設は「唯一の解決策」という安倍政権の方針を改めて伝えた。県内移設反対を掲げる翁長氏は「かたくなに固定観念に固執するべきではない」などと強く反発し、会談は平行線のまま終わった。
:引用終了


☆翁長知事・中谷防衛相 初会談


☆中谷大臣「辺野古が唯一」 翁長知事「民意に耳を」(15/05/09)


☆中谷防衛大臣へ抗議 宜野湾市役所前 5/9沖縄


☆中谷防衛大臣へ抗議 県庁前 5/9沖縄


以下、ネットの反応












安倍政権が方針を変えない限りは、何度会談をしても同じ結果になりそうですね。というか、安倍政権側は「唯一の解決策」と繰り返しているだけで、話し合っているようには見えません。
もう少し親身な話し合いが出来ないのかと疑問に感じます。意見を上から押し付けられるだけでは、平行線にしかならないと言えるでしょう。





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月09日 21:32:10 : YxpFguEt7k
粛々バカの海苔タコはどうした?
粛々とは進められないと判断したのかな?

02. 2015年5月09日 21:44:28 : M0e0ZL7pOs
防衛相と沖縄知事 初会談も平行線
5月9日 14時42分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150509/k10010074151000.html

沖縄県を訪れている中谷防衛大臣と翁長知事が9日、初めて会談しました。中谷大臣がアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設について、日米同盟の抑止力の維持と普天間基地の危険性の除去を両立させるための唯一の解決策だと確信していると理解を求めたのに対し、翁長知事は移設は不可能であり、絶対に反対するとして計画を断念するよう求め、平行線に終わりました。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画を巡って、政府と沖縄県の対立が続くなか、中谷防衛大臣は9日午前、沖縄県庁を訪れ、初めて翁長知事と会談しました。

会談は30分余りにわたって行われ、中谷大臣は「沖縄の基地負担の軽減はアメリカと協議しながら実現可能なものから着実に実施しており、力を入れているが、一方で政府としては国民の命を守り、暮らしを守るため抑止力を維持するという安全保障上の責務も負っている」と述べました。

その上で中谷大臣は普天間基地の移設計画について、「市街地の真ん中にあり、住宅や学校が近接している普天間基地の危険性の除去は大変重要な問題だ。どう考えても、辺野古へ移設するのが唯一の解決策と確信しており、一日も早い返還に向けて全力で移設を進めていきたい」と述べ、日米同盟の抑止力の維持と普天間基地の危険性の除去を両立させるための唯一の解決策だと理解を求めました。

これに対し、翁長知事は「辺野古への移設が唯一の解決策だと日米両政府が固執するのは日米安保体制に大きな禍根を残す。防衛大臣の説明でも納得できない」と述べました。

その上で翁長知事は「辺野古に基地を建設するのは不可能であり、沖縄県として絶対に反対していきたい。地元の理解を得ることがないまま、計画が頓挫しても、すべて政府の責任だ。かたくなな固定観念から脱して、計画の中止を決断し、話し合いを継続してもらいたい」と述べて計画を断念するよう求め、会談は平行線に終わりました。

この問題を巡っては、先月の日米首脳会談で安倍総理大臣が移設の実現が唯一の解決策だという考えを示したことに翁長知事が反発しており、中谷大臣の今回の沖縄訪問には、政府として沖縄県側と粘り強く対話を続けていく姿勢を示すねらいがあるものとみられます。

防衛相「協議継続で一致は有意義」

中谷防衛大臣は会談のあと、記者団に対し、「お互いの立場は違うが、協議を行うことは大事なことで、今回、翁長知事の考えや意見を聞き、今後も協議を続けていくことでは一致したので、非常に有意義だった。きょう聞いた知事の考えを政府に持ち帰って検討したい」と述べました。

そのうえで、記者団が「ことし夏にも辺野古の埋め立て工事を始めるというスケジュールは変更しないのか」と質問したのに対し、中谷大臣は「政府としては1日も早く、普天間基地を移設するため、手順に従って作業を実施したい」と述べ、夏にも埋め立て工事を始めたいという考えを重ねて示しました。

沖縄知事「考え方を変えてもらいたい」

翁長知事は会談のあとの記者会見で、中谷大臣が「辺野古への移設が唯一の解決策と確信している」と述べたことについて、「この固定的な観念が変わらないのは、辺野古に基地が建設できると思っているからであり、これが私たちとの認識の大きな違いではないか。県民が一致結束してあらゆる手段を講じた場合には基地はできないと確信している。政府には考え方を変えてもらいたい」と述べました。

そのうえで翁長知事は、記者団が「政府が埋め立て工事を開始したいとしている夏までに、どのような手を打つのか」と質問したのに対し、「節目節目は毎月ある。そのつどそのつど、行政ができる手段をやっていきたい」と述べ、あらゆる手法を使って計画を阻止する考えを改めて示しました。

さらに翁長知事は早期に実現したいとしているアメリカ・ワシントンの訪問の時期について、「90%以上の確率で5月末を前提にしているが、向こうの政治情勢もある。来週初めぐらいまでには決めないといけない」と述べました。


03. 2015年5月09日 21:48:04 : M0e0ZL7pOs
翁長知事「建設中止決断を」 防衛相と会談
2015年5月9日 12:15 沖縄タイムス

 翁長雄志知事は9日午前、中谷元・防衛相と県庁で会談した。米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設について、翁長知事は県内世論の反発を取り上げ、「建設は不可能である。沖縄県として絶対に反対したい」と述べ、辺野古が唯一の解決策という固定観念から脱し、建設中止を決断するよう求めた。

 中谷氏は普天間の固定化回避は政府と国の共通認識で、その上で抑止力を維持するには「辺野古移設が唯一の解決策と確信している」と従来の方針を繰り返した。また、南西地域の島しょ防衛強化のため、宮古島市や石垣市への自衛隊警備部隊の配備を具体化させる考えを伝えた。

 中谷氏は沖縄の地理的優位性を説明するため、中国の南西海域での活動が活発化し、空自の緊急発進(スクランブル)が4年間で5倍近くに増えた状況などをデータで示した。

 翁長氏は就任後に会談を求めたが、中谷氏が「話し合っても溝が深くなるだけ」などと発言してきたことに「高飛車に聞こえた。沖縄県民の寄り添い、理解をいただくという方針とはほど遠い」と不快感を示した。

 普天間問題では、戦後、米軍が銃剣とブルドーザーで強制接収した土地に基地を造った経緯を説明。「自ら奪い、老朽化し、世界一危険になったから、辺野古に新基地を造る。嫌なら代替案を沖縄側が出せという考え方のどこに自由と民主主義、人権という価値観を共有する米国との約束を実現する資格が(日本には)あるのか」と語った。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114843


04. 2015年5月09日 22:12:50 : M0e0ZL7pOs
名護市長「国と妥協点ない」
2015年5月9日

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は9日、中谷元・防衛相が翁長雄志知事との会談で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を「唯一の解決策」と発言したのに対し「国と妥協点はない」と述べ、辺野古移設を拒否する意向をあらためて強調した。名護市で記者団に語った。

 稲嶺市長は中谷氏の沖縄訪問を「『辺野古が唯一』と主張することが目的で(沖縄の)意見を聴く状況ではない」と批判。「市長や知事の権限、県民運動によって移設を撤回させるしかない」と述べた。

http://www.daily.co.jp/society/politics/2015/05/09/0008009343.shtml


05. 2015年5月09日 22:27:19 : nGf9ojjzAA
沖縄知事「防衛相は高飛車」 辺野古移設要請を拒否
2015年5月9日 13時39分

 中谷元・防衛相と沖縄県の翁長雄志知事は9日午前、県庁で会談した。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題に関する中谷氏のこれまでの言動に関し「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と不信感をあらわにした。中谷氏が移設に理解を求めたのに対し「名護市辺野古への基地建設は不可能だ。絶対に反対していく」と拒否した。

 中谷氏は、名護市辺野古移設に関し「唯一の解決策だと確信している」と述べ、移設問題の溝は埋まらなかった。昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、両氏が会談するのは初めて。

(共同)

 中谷防衛相(左)と会談する沖縄県の翁長雄志知事(右)=9日午前、沖縄県庁
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2015050901001044.jpg

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015050901001029.html


06. 2015年5月10日 02:35:58 : XEacT7H4yQ
<沖縄知事>「辺野古中止、決断を」 防衛相に要求
毎日新聞 5月9日(土)23時42分配信

 中谷元防衛相と沖縄県の翁長雄志知事は9日、県庁で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題を巡り協議したが平行線に終わった。中谷氏が在沖米海兵隊の抑止力と普天間の危険性除去の重要性を強調して移設に理解を求めたのに対し、翁長氏は「工事の中止を決断してほしい」と要求。協議を継続することでは一致したものの、政府と沖縄の溝は一層深まった。

 両氏の会談は、翁長氏が昨年12月に知事に就任して以降初めて。約30分間行われ、冒頭の約20分が報道公開された。

 中谷氏は冒頭、沖縄県・尖閣諸島など東シナ海での中国の海洋進出が活発化していることを、資料を用いて説明。中国機への航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)が急増していることも挙げ「米軍の存在は自衛隊の抑止力を補完する不可欠なものだ」と在沖海兵隊の存在意義を説明した。移設問題について「問題の原点は、普天間を固定化させないことだ」と強調した。

 また中谷氏は、防衛庁長官として普天間問題に関わった過去に触れ「どう考えても普天間を辺野古に移設するのが唯一の解決策と確信している」と述べた。会談後、記者団に対し「一日も早く移設するように手順に従って実施している」と述べ、夏にも埋め立て工事に着手する予定を変えない考えを示した。

 一方、翁長氏は会談で、中谷氏が「今話し合っても溝が深くなるだけだ」などと述べて、会談に応じてこなかったことを「高飛車な発言だ。県民に寄り添って理解を得るよう努力したいという政府の方針とはほど遠い」と厳しく批判。「かたくなな固定観念から脱し、工事の中止を決断してほしい」と求めた。政府の移設方針堅持を「日米両政府が固執すると、日米安保体制に大きな禍根を残す」とけん制。会談後の記者会見で「あらゆる手段を講じた場合、辺野古基地はできないと確信するに至っている」と移設を阻止する姿勢を強調した。

 中谷氏は会談後、普天間飛行場に隣接する宜野湾市役所を訪れ、屋上から視察した。【飼手勇介、佐藤敬一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000066-mai-pol


07. 2015年5月10日 14:19:50 : YbBgMB0rk2
まあ今頃何しにってことだ。
安倍の首脳会談で勝手に約束してきた後に何があるということである。
ほとんどいやみを言いに来たのではとしか思えない。
辺野古移設が唯一の解決策ってのは何の解決策というのだろう。
普天間はそんなに問題の核心でもあるのか。
隣接する宜野湾市役所屋上から視察することに何の意味があるのだろうか、ポーズとしか思えない。
そもそも危険の除去ということについて何をしてきたというのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ