★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 593.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ユダヤロビーに頼った安倍首相の米国議会演説  天木直人
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/593.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 10 日 10:30:05: igsppGRN/E9PQ
 

ユダヤロビーに頼った安倍首相の米国議会演説
http://new-party-9.net/archives/1327
2015年5月10日 天木直人のブログ


 かつて私は書いた。

 安倍首相は米国議会演説の実現をユダヤロビーに頼ったのではないかと。

 私がそう考えたのは、4月23日の日経新聞 「経済教室」で、米ジョンズ・ホプキンス大学のケント・カルダー教授が次のように語っていたことを見つけたからだ。


「・・・オランダの『アンネ・フランク』家 の訪問、その後のエルサレム訪問などにより、安倍首相がイスラエルに対し、融和的な姿勢を示したことは非常に賢明なことであった。これらに触発されて米議会は安倍首相に演説の機会を与えるに至った。現駐米イスラエル大使のロン・ダーマー氏自身に米上院共和党スタッフとしての勤務経験があったことや、共和党が外交政策に及ぼすのに熱心なことも影響があった・・・」

 要するにユダヤロビーに頼って米国議会演説を実現させたと言っているのだ。

 これは凄い暴露発言だ。

 しかし、日本の新聞はどこを探してもこの舞台裏を明かすものはなかった。

 そう思っていたら、きょう5月10日の読売新聞が見事に書いた。

 すなわち、きょうの読売新聞は「訪米舞台裏」という検証記事を掲載している。

 その記事は安倍首相の議会演説が如何に周到に準備され、その結果大成功に終わったという提灯記事である。

 いまごろになってまだ安倍首相の議会演説を自画自賛する読売新聞を見ていると、まさしくこの安倍首相の演説ですべては終わった、後は安倍政権にとって褒めるところは何も出て来ない事を証明しているようなものだが、私がここで強調したいのは、その事ではない。

 安倍首相の米国議会演説が実現に至るまでの経緯を次のように書いたことだ。

 すなわち安倍首相は昨年4月のオバマ大統領の 来日直後から自らの訪米計画を練り、米議会における演説をその中核に位置付けて外務省に根回しを指示してきたという。

 しかし、良い感触は得られなかったという。

 そんな中で1月19日夕、中東訪問中の安倍首相はイスラエルのホテルで米国のジョン・マケイン上院軍事委員長ら上院議員7人に率直にこう頼んだという。


「議会で演説させていただければ光栄です」 と。

 この依頼に対してマケイン氏は「是非実現させよう」と快諾したという。

 読売新聞のその記事は、興奮気味に次のように 書いている。

 政府が公表しなかったこのやりとりこそ、「首相のイスラエル訪問の最大の成果(首相周辺)」だったと。

 ここまで安倍首相は頭を下げていたのだ。

 日経新聞はどこにもユダヤロビーに頼み込んだという表現は使っていない。

 しかし、このマケイン上院議員や、演説開催の決定権を握るベイナー下院議長への安倍側近による更なる働きかけがあった事を考えると、その背景にユダヤロビーの助力があったことは容易に推測できる。

 それにしても読売新聞はなぜこのような舞台裏を明かしたのだろう。

 今度の訪米と米国議会演説の実現が、安倍首相の政治指導力のたまものだったと自慢したかったとすれば逆効果だ。

 これほど私欲にかられた訪米と米国議会演説はない。

 それを白状したようなものである(了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月10日 11:27:15 : 7EfcIVwau6
日本人ジャーナリストを生贄して
米国議会での演説を勝ち取って
なんでこんな卑怯で私欲しかない奴が
でかい顔をしていのか
結局バカ総理支持のバカウヨの愛国心とは
自分の利益の為だけで
特攻隊を賛美しても
決して自分から自爆テロはしない連中だ
自分がしないことを唆すな
湯川氏も足りない思慮を
さとすのが大人の分別ではないか
田母神やバカ総理は
自分の為に煽ってる
麻原との違いは俺にはわからん

02. 2015年5月10日 12:58:58 : 4omqr2H1zc
皆さんはどうしてそんなに政治に興味があるの?

ぶっちゃけ日本は敗戦国なのだから
端から自主的な政治などないのはわかりきっている事。

「安倍さんがアメリカで演説する代わりに日本は譲歩する」というなら
それが正しいか間違っているかはともかく、既定路線ではないでしょうか?


03. 2015年5月10日 22:36:25 : qFBZAvwg0G

 いいのじゃ〜〜ないかな〜〜
 
 演説には 金がかかる
 
 

[32削除理由]:削除人:アラシ
04. 2015年5月11日 01:54:16 : IJjjrLkBu1
  と言うか、日本では公共の場で何かをやらせてもらうのに非常に手間がかかるのである。ヒエラルキーが厳密過ぎ、そもそも権力機構が睨みを効かせすぎて、日本社会の隅から隅まで非寛容が行き届き、結果的に下は幼稚園児から上は政治家まで、国民全てが萎縮しているのが原因だろう。
   いわば「長いものには巻かれろ」「寄らば大樹の陰」「場の空気を読んで大勢に付く」が処世術として誰の胸にもストンと落ちるのが日本社会である。
   だからして、常に自分が何かを為そうとする場合にも関係者の顔色を伺う癖が付いている。
   そして得てして、これをしたい、という者が自分より下位の位置に有る場合、簡単に許しては威厳が損なわれる、とばかりに快諾を渋るのが通例だ。
   もしくは、ヒエラルキーの最上級まで稟議しなければ、かと言って一々上に伺うのも面倒だ、と「それは多分許可下り無いんじゃ無いの?」で、依頼者の気勢を削ぐのが日常的な光景である。
   かくして、他者の希望や要望に不寛容であることが尤も自分の保身には都合が良い、という、不可思議な、停滞した社会構造が日本の特徴である。
   その点から言えば、米国とは言わず、大概は余程の不都合が無い限り、構成員が他者の要望に気を利かしてやることが歓迎されるか、当然視される。
   だから共通語さえマスターすれば、海外では案外生き易いのである。
   安倍氏の米国議会演説の要望も、首相が図々しく依頼したのであろうが、そんな性格は全くOKであろう。米国議会にとっては45分のスピーチは許容の範囲であり、それ位の時間は、強制でも無いから議員にとって何ほどのものでも無い、という事だ。安倍氏の演説の要望に対して、マケイン氏から上、何十人もの稟議は不要であったろう。日本であればあちこちで躓くか、誰もが用心を取って結局はとん挫する事になるのであろうが。
   日本の硬直した階級秩序維持優先の不寛容な社会構造から見れば、確かに、安倍氏の米国議会演説は「凄いこと」なのである。
   閣僚は国民の血税を湯水の如く使用して外遊に歩いているのだから、新興国ですらも当然の、寛容さや融通性が社会の隅々まで行き渡っている利点に学ぶべきであろう。
    
   


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ