★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184 > 683.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争法案の危険性にフタするマスコミとお気楽与党(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/683.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 12 日 14:50:05: igsppGRN/E9PQ
 

戦争法案の危険性にフタするマスコミとお気楽与党
http://tanakaryusaku.jp/2015/05/00011146
2015年5月12日 11:52 田中龍作ジャーナル



与党協議。記者クラブのみ「取材可」だった。何とか潜り込んだ筆者は質問もせず沈黙を貫いたので、つまみ出されずに済んだ。=11日、衆院会館 写真:筆者=


 こんなにお気楽でよいのか? 与党とマスコミの危機感のなさに驚いた。


 11日、集団的自衛権の行使を容認する安保法制について自公が合意した。いつでも世界のどこへでも自衛隊が出かけて行って戦闘できるようになる。


 日本が戦後70年間、続けてきた専守防衛をかなぐり捨てたのである。歴史の転換点となった与党協議の場に入った。


 14日に閣議決定され、今週中にも国会に上程される法案が記者団に配布された。


 ホルムズ海峡の機雷封鎖などを想定した「存立危機事態法」。武器を使用して邦人を救出できるようにする「自衛隊法」・・・突っ込みどころ満載だ。


 にもかかわらず、記者団からは当たり障りのない質問が続いた。


 某紙の記者が「地球の裏側に行って戦争するんじゃないか、と心配する国民がいますが?」と質問した。問題意識のある質問はこれくらいだった。


 自民党の高村座長は「地球の裏側で新3要件(※)に合致するようなことは思い浮かばない」。


 公明党の北側座長代理は「自衛権の行使が世界的にあるとは思えない」。


 両氏ともお気楽だ。高村座長に至っては「不安を煽る人がいるからね」とまで言って鷹揚に振る舞った。



これが地球の裏側まで自衛隊を派遣して戦争させる法案だ。分厚い。


 ホルムズ海峡の機雷を除去すれば、イランと戦闘になることは避けられない。精強なイスラエル海軍を撃破した中国製の地対艦ミサイルを持つイランと戦えるのか?


 ISに囚われた人質は、アメリカの特殊部隊でさえ救出できなかった。ノウハウも経験もない自衛隊が本当に救出できるのか?


 質問した記者がなぜ突っ込まないのか、不思議でならなかった。


 配布された資料には日本の安全保障にとってコペルニクス的転換となる11法案が盛り込まれている。2冊で計191ページにもなる。


 大ベテラン政治記者の岸井成格氏(毎日新聞・特別編集委員)は「こんな厚い法案を見たことがない」と驚く。


 岸井氏は「これだけの(重要で大量な)法案は3つ位の国会を経て審議して当然」と指摘する。


 安倍政権はそれを後半国会だけで あげて しまおうというのだから拙速という他ない。


 問題点を追及する気概のないマスコミと安定多数にあぐらをかく与党。危機意識なき報道と政治が、「戦争法案」の本質に蓋(ふた)をしたまま、日本を危険な方向に導いて行く。


 ◇
※新3要件(武力行使の新3要件)


@ 我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること。


Aこれを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと。


B必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと。
〜出典:ウィキペディア〜



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 戦争とはこういう物 2015年5月12日 22:47:35 : N0qgFY7SzZrIQ : WJiCmAappI
事実上、非武装平和主義憲法を掲げた国が、超大国ののぞむままに戦争協力させられることができる「戦争法案」。しかし、「国際平和うんたら法」と称しておけば、ぬるま湯に慣れた国民たちは過半数が極右独裁政権を支持し続けてしまう。
 「戦争法案」を「戦争法案」といえぬなら、社会主義国以下の自由度に陥ったこの国の報道の最期だ。

02. 2015年5月13日 12:53:58 : S2AgMLjLgc
だってこれ、

戦前の統制派(満州派・天皇制資本主義派)が正体ですから。

マスゴミも、自民党「征和(倭)会」も。


03. 2015年5月13日 20:15:01 : v4dHaRkKr6
NHK籾井会長の歴史に残る至言〈政府がみぎだということを左だとは言えない」。が今後日本の大手メデイア全社の指針となつていくと思います。逆らえばテレ朝の幹部が報道を監視し査問する自民党の担当部門へ呼び出され、厳しく糾弾されたようになるか・朝日新聞の様に受難「以前に阪神支局記者2人が殺傷されたが犯人は逮捕されてない」する、最近では過去の記事に因縁をつけられ執念深く、テロまがいの脅迫や迫害にさらされたり、同業の読売や産経新聞らからの「追い落とし攻撃」を受けたり、「廃刊せよ」、などと日本会議の桜井よしこ、などに言われたりする。日本では、もうすでに真の言論の自由は死んだ。読売と産経新聞の様に「政権サポーター」として体制の太鼓持ちになる以外に、リベラルメデイアがいきのびるのは難しい政治状況だと思います。反論あれば聞かせてください。

04. 2015年5月14日 11:36:09 : t1eIpIm3vk
先の戦争もマスコミの影響が大だった事はもう誰でも知っている、マスコミとはそれ程、国民を洗脳させ狂わせてしまう。今の独裁安倍政権もマスコミさえ本来のジャーナリズムを守っていればとっくに安倍総理など辞任している筈、こんないい加減なやり方で国民に真を問う事もなく重要法案が通る事は在り得無い、それを許しているのも腐りきったマスコミ、本当に罪が重い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK184掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK184掲示板  
次へ